忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   

ビート・キッズ

ビート・キッズ Beat Kids (講談社青い鳥文庫)ビート・キッズ/風野潮
「おまえにはリズム巻がある!」呼びだされた音楽室で,いきなり同級生の菅野七生にそういわれた,横山英二。「たたいてみろ。」と渡されたバチで太鼓をたたいた瞬間,英二の中で花火がはじけた!
 マーチングってなに? ドリルフェスって? 吹奏楽や楽器をよく知らなくても,読んでいるうちにガツンと気持ちが熱くなる,涙あり笑いありの大阪ブラスバンド物語,登場!


図書館に寄贈されていたので借りてきました。絵が可愛い。
最近、青い鳥文庫といい角川つばさ文庫といい、別レーベルの作品を子供向けにするのが人気なのでしょうか……。
正直なところ、そういうことって時間稼ぎというか、新しい作品が生まれないからなのかなーとか思ったり。
閑話休題。

風野潮さんの作品は以前紹介した森へようこそを含めいくつか読んだことがあったのですが、作者の代表作であるこの作品は今回はじめて読みました。
読んでみて人気の理由がわかりました。
これはおもしろい。


「才能がある」と言われていきなり吹奏楽部に入部させられるところからはじまります。
吹奏楽とかよくわからないんですが、それでも楽しめました。

途中登場した細井先生にはかなりイライラしました。
先日読んだ少年少女飛行倶楽部でも似たような先生が登場してましたが、散々放置したのにも関わらずイベント直前で邪魔しにくるっていうのは主人公たちに感情移入していると本気でムカつきますね。

内申云々言って脅してくる先生ってサイテーだと思います。
普通、どんなに悪い子でも良い意味にとれる言葉に書き換えるもんだと思うんですけど。


英二と七生。
どちらも普通の子どもからはちょっと外れています。
自分ではどうしようも出来ないような問題を抱え、それでも逃げることなく進んでいきます。

父親がひどすぎます。英二が無意識のうちに父親がいない状態で今後を考えてしまうのもわかります。
けど、いくらひどい父親だとはいっても終盤の展開には本当にびっくりしました。

思わずこれ本当に児童書なのか確認してしまいました。
児童文学賞をいくつもとってるようなので、児童書なんでしょうけどあの展開はすごい。


英二を心配して東京から帰ってきた七生に萌えました。
児童書の男の子同士の友情ってなんでこう腐女子においしい展開多いんですかね。


最後、中学を卒業しそれぞれの道を歩き始めたところで終了。
この作品2巻も出てるらしいんですが、読んでみたい。
講談社文庫版でもソフトカバー版でもなんでもいいので、図書館にないかなー。
何年も図書館に通ってますが見たことないのできっとないと思いますが一応検索してみようと思います。

多分そのうち青い鳥文庫版が刊行されると思うのですが、そっちを待った方が現実的かな?

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へブログ王 ブログランキング

拍手[1回]

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 15 16 17 18 19
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2017年】
08 月( 02 ) 07 月( 01 ) 06 月( 04 ) 05 月( 05 ) 04 月( 02 ) 03 月( 07 ) 02 月( 02 ) 01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR