忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【小説】喬林 知」の記事一覧

閣下とマのつくトサ日記!?

閣下とマのつくトサ日記!? (角川ビーンズ文庫)閣下とマのつくトサ日記!?/喬林知
魔王ユーリ陛下に超絶熱烈忠誠(ぞっこんラブ)を誓う王佐・ギュンター閣下。
彼が申そうの暴走にまかせて書きためた「陛下ラブラブ日記」の評判が口コミで広がり、ついには眞魔国の出版社が本にしたいと申し入れてきた” 敏腕編集者の求めに応じ、日記からめぼしいネタを拾ううちに、陛下(ユーリ)と三男(ヴォルフラム)のこんな話や、長男(グウェンダル)と赤い悪魔(アニシナ)のそんな話、ついには次男(コンラッド)のあんな過去まで飛び出して……!?
抱腹絶倒ハイテンション・ファンタジー、捨て身の特別編!


今回はちょっと変わった短編集です。
というのも、今回はギュンターが編集者・バドウィックに自身の日記から抜粋した話(短編)を聞かせるって形になっています。
なので主人公であるユーリは少ししか登場しなかったり。


『じゃじゃクマならし』
ユーリとヴォルフラムの冒険話。

というか、ユーリがヴォルフラムを自分の部屋から追い出すために、迎賓棟にすみついた怪物をやっつけようとするんです。
でもそこにいたのは絶滅危惧種のクマハチ。

クマハチかわいいですよね。

ユーリとヴォルフラムのやりとりが読んでいておもしろかったです。
なんというか、この2人って温度差が激しいのでそれがなんだか楽しい。

ヴォルフラムがユーリ好きすぎてものすごい勢いで迫っているからなぁ。
陛下トトで「ヴォルフラムに押し切られる」が上位にあるのもわからなくもないです(笑)


『ロメロとアルジェント』
グウェンダルの襲った悲劇の話。

えっと、結婚というつまらないものに縛られるのがいやなアニシナが一計をめぐらす話。
アニシナが怖いです。

「ロメロとアルジェント」というのは眞魔国の古典。悲劇です。
タイトルからしてわかるかもしれませんが、内容的には「ロミオとジュリエット」。
「なるほどロミジュリのパロなのね」と納得してはいけません。
最後のオチがマジでグウェンダルにとっては悲劇です。


『終わりよければすべてよし』
コンラッドが魔王になるべき魂を地球に運ぶ話。

ユーリの魂が元スザナ・ジュリアであることが明かされます。
ジュリアとコンラッド、そしてアーダルベルトの関係がよくわかりませんね。

ジュリアとアーダルベルトは婚約関係にあったんですよね?
現在ユーリが持っているあの青い魔石もジュリアから貰ったもののようですし、ジュリアが死後自身の魂を預けることを望んだのもコンラッド。
そして、アーダルベルトが魔族を離れ人間のもとにいるのもジュリアの死は無関係とは思えません。
うーん、いつかちゃんと説明されるかな? というか説明してほしいです。

荒んだコンラッドという本編では見られることのないであろう珍しい姿が見られます。
コンラッドって今までの話だといつもさわやかに見守っている兄、みたいな印象だったのでギャップが大きかったですね。

その後の話(タクシー相乗りとか)も確か語られていたはずなので、楽しみにしていたいと思います。



ちょっと変わったかたちでしたが、なかなか面白かったです。
明日は何読もうかな。
ちょっと小説を読むのは厳しいくらい忙しくなってきたので、もしかしたら来月は漫画ばっかり紹介することになるやもしれません。
ご了承を。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

明日はマのつく風が吹く!

明日はマのつく風が吹く! (角川ビーンズ文庫)明日はマのつく風が吹く!/喬林知
16歳の誕生日を目前に、元の世界へ帰れなくなったおれ、渋谷有利。家族の顔を思い出すとちょっと胸が痛いけど、過保護で優秀な臣下たちに囲まれて、なんとか魔王業を続けている。
しかし、新魔国でのそれなりに平和な日々は「魔王様のご落胤」を名乗る少女の登場でうち破れた。……ところでさ、ゴラクインってなに。えっ隠し子? 誰の。――はぁ? おれのぉ!? 噂のハイテンション。ファンタジー、やけのやんぱち第4弾!!


約1月ぶりのまるマです。
脳内音声はほぼアニメ版なので、今回登場するグレタはちゃんとくまいもとこさんだったりします。


大脱走でミッションクリアしたものの、地球へ帰れなくなったところで終了していたと思います。
今回は魔王の隠し子を名乗る幼女が登場するところから始まります。


そういや、グレタってユーリ暗殺しようとしてたんですよね。
すっかり忘れてました。

ユーリの器がでかいというか。
いくら幼い少女だからって自分を殺そうとしたやつにたいしての扱いが優しすぎるかと。
まあ、ここでグレタを殺しでもしたら話が終っちゃいますけどね。


内容的には今回ちょっとおもいですよね。
さらっと書かれてますから、気になりはしないんですけどね。
家族のために体を売る少女、家族として認められたいがために危険をかえりみず暗殺を企てる少女。
死を望むのに死ねないがためにあえて危険に身をやつす男。

うーん、読んでるときはそう気にならなかったんですが、並べてみると暗い。

このシリーズってコメディなんですけど、テーマは重い。
人種差別だとか戦争だとか、そういうのが根底にあるじゃないですか。
さらっと読んでしまえるんですけど、ユーリが考えることってけして「よその世界」の出来事じゃないんですよね。


ちょっと突っ込みたくなった所。
ユーリがグレタに「赤い靴履いてないから~」とかいうところ。
少女を連れて行くのは「いいじいさん」じゃなく「異人さん」じゃないのかなーと。

まあ、これはユーリのセリフですから、単純にボケてるのかも。
ユーリならこういうボケたことを普通に言ってそうですよね。


今回知ったことなんですが、「新前」って言葉あるんですね。
「新前陛下? 新米じゃないの?」と首を傾げてしまったのですが、調べてみたところ同じ意味で新前が音変化して新米になったみたいです。
はじめて知りました。


地球へ帰れたところで今回は終了。次巻は短編集。
トサ日記ですね。楽しみです。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

今夜はマのつく大脱走!

今夜はマのつく大脱走! (角川ビーンズ文庫)今夜はマのつく大脱走!/喬林知
先日ひょっこり魔王に就任しちゃったおれ、渋谷有利。
水族館でイルカちゃんと握手!しながら水に落ちたおれは、そのまま眞魔国へと逆戻り。今度は魔王だけが吹けるという至宝・嵐を呼ぶ「魔笛」の行方を追うことに!?……ま、それはともかく問題は、指名手配の駆け落ちカップルになっちゃったおれとグウェンダル(趣味・あみぐるみ)の行く末だよな……。
抱腹絶倒ハイテンション・ファンタジー、まさかの第3弾!!


まさかのスケットダンスアニメ化にびっくりしたんですが、詳細がまったく発表されていないことにもびっくりです。
「アニメ化決定来春放送開始」だけでしたよね……。もう少し詳しい話が知りたかったなぁ。
声はドラマCDの配役をそのままで深夜枠2クールくらいかと予想しているんですがどうでしょう。
早く詳細が明らかになってほしいものです。


さて、まるマの感想をば。
あ、喬林さんの作品3つ目なのでカテゴリ作りました。

今回はユーリとグウェンダルが親交を深める話です。
そしてあの人がついに登場。三大魔女の一人フォンカーベルニコフ卿アニシナです。
ユーリとの接触は次巻だったかな?楽しみです。


砂熊も登場します。
砂熊、ゴアラ、クマハチといったマスコットめいたキャラクターの多いマ王ですが、たしか砂熊ってアニメでは普通に白黒だったような。


今回、砂熊のせいで妙な組み合わせで行動することになるんです。
ユーリとグウェンダル。
ヴォルフラムとコンラッド。

正直な話、ヴォルフラムと2人きりじゃなくて良かったね、と思ってしまいました。

コンラッドと2人旅だったらなんら問題ないと思うんですよ。
コンラッドっていつもさりげなくユーリには命をさしだす的なことをいうじゃないですか。
たとえどんな汚いことをしようともユーリを助けようとするでしょうし。

で、ヴォルフラムと2人だった場合、まともに情報収集も出来やしないと思うんですよ。
わがままプーだし、人間の文化だとか言葉だとかそういうものにあんまり詳しくないようですし。

そう考えるとグウェンでよかったね、と。

でもヴォルフがかなり可哀想です。
誤解に誤解がかさなって「兄に婚約者を寝取られた」ことになってしまうんです(笑)
うん、あれは可哀想。


無事にソプラノリコーダーをゲットし、そっくりさんを見つけてミッションクリアしたものの眞魔国から地球に帰れなくなってしまったところで今回は終了です。
次巻はもしかしてグレタ登場ですか?
うわ楽しみです。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

カレンダー

05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ad


ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2019年】
05 月( 03 )04 月( 01 )03 月( 03 )/ 02 月( 00 )/ 01 月( 04 )

【2018年】
12 月( 01 )/ 11 月( 00 )/ 10 月( 00 )/ 09 月( 00 )/ 08 月( 01 )/ 07 月( 00 )/ 06 月( 00 )/ 05 月( 04 )04 月( 04 )03 月( 06 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2017年】
12 月( 03 )11 月( 07 )10 月( 02 )09 月( 06 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR