忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【小説】喬林 知」の記事一覧

天にマのつく雪が舞う!

天にマのつく雪が舞う! (角川ビーンズ文庫)天にマのつく雪が舞う!/喬林知
開けば世に災厄をもたらすという禁忌の箱「風の終わり」を取り戻すため、素性(職業:魔王)を隠し、四年に一度、大シマロンで開催されるという「天下一武闘会(略してテンカブ)」に出場することになったおれ・渋谷有利(ユーリ)。えっ、旅の仲間の村田健(ムラケン)の正体って“アレ”だったの!? なんて驚くヒマもなく一行に襲いかかる苦難の波! でも最大の衝撃がこの後に控えていることを、おれはまだ知らなかった――。噂のハイテンション・ファンタジー!


読み終わって失敗したなぁ、と思いました。
それというのも、今回ものすごい中途半端なところで終っているんです。

このシリーズってここから先しばらく2巻で1つのエピソードを語るんじゃなかったかな?
読んでる途中で思い出したのですが、次巻の地にはマのつく星が降る!がめちゃくちゃ読みたくなります。

明日とか読んでしまおうかなぁ、と一瞬思いました(笑)


物語的には前巻から少し時間が飛んでいますね。

マキシーンが「地の果て」を間違った鍵であけたために壊滅状態に陥ったカロリアに戻っています。
そこに大シマロンの使者がやってきてテンカブ――正式名称は『大シマロン記念祭典、知・速・技・総合競技、勝ち抜き! 天下一武闘会』――の開催を告げにやってきます。

それどころじゃないからと出場を辞退しようとするのですが、優勝したら叶えられる願いに惹かれてユーリたちは参加を決めます。
優勝商品として、「風の終わり」を手に入れようとするのですね。

知・速は順調に勝ち進んで行きます。

途中でムラケンの正体や、ヨザックやコンラッドの過去なんかも語られます。

ムラケンの正体は双黒の大賢者。
あれですよ、肖像画で眞王陛下の後ろで本持って微笑んでた人。ってそれだとアニメ見た人にしかわかりませんね。
ようは眞王と共にあった人ってことです。大賢者が黒髪黒目だったから何の変哲もない日本人のユーリの髪色や学ランがありがたられるってわけです。

ムラケンの正体を知り、混乱していろいろ口走ってしまうユーリなんですが、それを止めたのはなんとヴォルフラムだったんですよ。
前巻あたりからのヴォルフの成長っぷりは本当にすごい。

ヨザックは濁してましたが、シュトッフェルに「忠誠心に疑問がある」と吹き込んだのはヒューブなんでしょうね。
ヒューブのフルネームは確かグリーセラ卿ゲーゲンヒューバー。
ヨザックが「グ」で言いよどんだこと、ニコラとヒューブの関係を知ったときのグウェンダルの反応、前巻のアニシナ&グウェンダルのやりとりなどからしてきっとそうなんでしょう。


途中、ナイジェル・ワイズ・マキシーンがフリンさんを人質にとったり、それをツェリ様が助けたりしてるんですが、ツェリ様をケバい露出狂の年増女呼ばわりしたマキシーンにびっくりです。
ツェリ様は別にケバくないと思うんだけどなぁ。まあ、露出は多いですが。


で、決勝は武器を持って闘うわけですが相手がすごい。
1人目は別にたいしたことないですよ。でも2人目からは……。
アーダルベルトがなぜ大シマロンの代表として登場してるんだとかそういうことも思わなくもないですが、1番の衝撃はあの人。

左手を切られてユーリを逃がすために生死不明に陥っていたあの人――コンラッドが大シマロンの兵士の格好をして登場し今巻は終了。
めちゃくちゃ続きが気になります。
早いうちに読んでしまいたいです。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

いつかマのつく夕暮れに!

いつかマのつく夕暮れに! (角川ビーンズ文庫)いつかマのつく夕暮れに!/喬林知
捕まっちゃって大ピーンチ!なおれ・渋谷有利(ユーリ)(職業:魔王)は、なにかの手違いでこっちに流れ着いた親友の村田健(ムラケン)と一緒に、魔族と敵対する人間たちの国シマロンを横断することになってしまった! 頼みの綱の臣下たちはといえば、王佐(ギュンター)がおキク人形と雪男に分離し、長男(グウェンダル)は赤のアニシナ(マッド・マジカリスト)に振り回され、三男(ヴォルフラム)は婚約者(おれ)を探して三千里、それから次男(コンラッド)は……きっと絶対、どこかで生きてるはずで……。痛快ファンタジー、怒濤の急展開!


つい先日、前巻きっとマのつく陽が昇る!を読んだのですが、続きが気になって仕方なかったので。
前巻は紅茶星人でフリンと狩ポニことマキシーン成敗して、ユーリがフリンに捕らえられて……ってところでしたか。


この作品ってコメディ色が強いイメージが非常に強かったんですが、ところどころ笑いが入るもの基本はシリアスです。

小シマロンと大シマロン。
人間の国の中でも大国のこの2つが手にした『箱』。
創主の力を封じ込めた4つの箱。
小シマロンが手にしたのは「風の終わり」、大シマロンが手にしたのは「地の果て」でしたか。
あと2つなんだったかなぁ……。

創主の存在はいまいちよくわからないものの、眞魔国の正式名称、
「偉大なる眞王とその民たる魔族に栄えあれ、ああ世界のすべては我等魔族から始まったのだということを忘れてはならない。創主たちをも打ち倒した力と叡智と勇気をもって魔族の繁栄は永遠なるものなり王国」
にもあるくらいなので過去にいろいろあったんでしょうね。

そして、「鍵」。
コンラッドの左腕は「風の終わり」の、ヒューブの左目が「地の果て」の鍵と似ているけど違うもの、とのこと。
ヒューブとグウェンダルがよく似ていたという描写があったはずですから、「地の果て」の鍵はグウェンダルってことなのかな?

アニメも「箱」の話とかほとんど見れてなかったんで正直あんまり覚えてなかったり。
BSで土曜9時にやってたと思うのですが、私当時高3で、模試とか講習とかそういうのが毎週のようにあって、泣く泣く諦めていた覚えがあります。

グウェンダルのヒューブへの対応。
確かにユーリに剣を向けたことは大罪でしょう。
あそこにユーリがいたら、怪我したわけでもないしとか、ニコラと生まれてくる子のことをあげたりしてヒューブのことなんてすぐに許してしまうのでしょうね。

グレタの思いが悲しかったです。


フリンさんがウィンコッドの毒を大シマロンに売ったわけが明らかにされます。
「カロリアの子どもたちを守りたかったから」。
小シマロンの属国であるカロリアは12歳になったら兵役につかなければならないんです。
徴兵され訓練を受け、そして、すぐに死んでいく。
その状況を変えたかったというのは嘘ではないのでしょう。

優しいユーリには非難しづらい理由です。


カロリアに入ってからこっちユーリはけっこう酷い目にあっているのですが、村田の存在があったから泣くことも嘆くことも出来なかったんですよね。
村田はこの世界のことを知らないでずっと地球にいると思っていたから。

よく読まなくてもいろいろとおかしな点は多々あるんですけど、状況が状況なのでユーリはそこまで頭回ってないです。
「魔術を使おうとしているから」とかヨザックの「睨下」呼びとか。

でも、そこにヴォルフがあらわれてしまったから堰が壊れてしまったんでしょうね。

あのヴォルフはかっこいいです。
どこまでいっても貴族なあの少年は、ユーリの背中を強く押すという意味では最適なのでしょう。
優しく押すならコンラッドなのでしょうが、コンラッドの生死はいまだ不明。

村田の正体もコンラッドの生死も次巻へ持ち越しです。
サラレギーが登場したあたりまでは読んだ覚えがあるのですが、すっかり忘れてしまっているのでものすごい楽しみだったりします。
早く続きが読みたいな。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

きっとマのつく陽が昇る!

きっとマのつく陽が昇る! (角川ビーンズ文庫)きっとマのつく陽が昇る!/喬林知
真夏の海でアルバイト中、またまた流されて眞魔国にたどりついた毎度おなじみ、おれ・渋谷有の職業は魔王。
ところが出迎えてくれたコンラッドたちの様子が変だ。どうやら今、“こっちの世界”では大変なことが起こっていて、俺が喚ばれたのもその陰謀によるものらしい。――なんて言ってるうちに、おれは敵国のどまんなかに転送されてしまった! おいおい、笑えなくなってきたぞ!? 痛快ファンタジー、驚愕の新展開!


これからどシリアスに向かっていくまるマです。
箱とか、シマロンとか、コンラッドの生死とか気になるものが大量にちりばめられているので、続きが非常に気になります。
いや、1度読んでいるのでさすがにコンラッドの生死くらいは覚えているのですけどね。

細部はすっかり忘れてしまっているので、思い出しつつ読んでいきたいと思います。
だって刈りポニとかマキシーンとか存在すらすっかり忘れてましたから。

物語はいつものごとく、ユーリが眞魔国にやってくるところからはじまります。
今回のトリップ場所は海なので、比較的マシな方かも。

が、今回はユーリを呼ぶ予定はなかったのだとか。
なのに、眞魔国にやってきてしまったユーリ。

急いで地球に返そうとするものの、間に合わずギュンターは射られ仮死状態に。
コンラッドはユーリを守るため左腕を切断されて生死不明。

さらにユーリは人間の国・カロリアに流れ着いてしまいます。
しかも、ムラケンこと村田健も一緒。


アーダルベルトとユーリのやりとりが深読みしてしまうとちょっと悲しかったです。
ユーリはなんとなくではありますが、ジュリアとアーダルベルトとコンラッドの間で何かあったということは理解しています。

でも、自身の魂が元ジュリアだということは本人知らないんですよね?
知っているのは、眞王廟の巫女・ウルリーケと魂を運んだコンラッド、そして「トサ日記」でメモから推測してみせたギュンター。
くらいなものでしょうか。

でも、アーダルベルトが知っていてもおかしくない気もするんですよね。
だからこそ、ユーリがジュリアの子どもかも知れないということは本気にしなくても、魂が同じユーリにジュリアの面影を探してしまうってことはあるのではないか?とか思ってしまいました。

本当にこの3人の関係はよくわかりません。


ウィンコットの末裔を名乗ってしまったが故に道具として使われそうになっているユーリ。
死後もウィンコットの縁者なら操られるという「ウィンコットの毒」。
カロリア領主を勤めていたフリンさんの思惑だとかは未だまだよくわかりませんが、最後のユーリは読んでいて辛い。
次巻では実は今巻でも登場していたあの人と合流できたと思うのですが、それまでつらそうです。

そして、ムラケンの正体もそろそろ明かされそう。
ヴォルフもギーゼラ、ダカスコスらとともに“慰安旅行”に出発したし、次巻が非常に楽しみです。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

カレンダー

05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ad


ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2019年】
05 月( 03 )04 月( 01 )03 月( 03 )/ 02 月( 00 )/ 01 月( 04 )

【2018年】
12 月( 01 )/ 11 月( 00 )/ 10 月( 00 )/ 09 月( 00 )/ 08 月( 01 )/ 07 月( 00 )/ 06 月( 00 )/ 05 月( 04 )04 月( 04 )03 月( 06 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2017年】
12 月( 03 )11 月( 07 )10 月( 02 )09 月( 06 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR