忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   

終焉のコドク

終焉のコドク/百舌巌
某国で致死性ウイルスのパンデミックが起こり、それはやがて引き籠りの青年、栗林友康の住む街にまで広まった。患者は無制限に増え続け、街は支社であふれていく。しかし、悪夢はそれで終わりではなかった。ウイルスで亡くなったはずの遺体が突如動き出し、人間に噛みつき始めたのだ。強靭な力を持ち、無差別に人を襲うゾンビは「不死者」と呼ばれるようになる。街では避難場所や食料の奪い合いが始まり、生き残りをかけたサバイバルへと変容した。友康は隣家に住んでいる中学生の少女、日下部空海とともに、安全は場所を目指して避難することを決める。襲い来る不死者を掃除のラバーカップでなぎ払い、息を殺して路地裏を駆け抜ける。明日の生き延びるために、二人は知恵と工夫と日用品で戦い続けていく――。


本が好き!さんを通じて作者さんから頂戴しました。ありがとうございます。
これ、主婦の友社からの発売なんですが、主婦の友ってこういう本も出しているんですね。


あらすじにある通り、ゾンビもの。
作中では不死者と呼ばれていますが、ある日インフルエンザやエボラ出血熱にも似た奇病が発生し、多くの死者が出てしまいます。
けれど、自体はそれでは終わりません。その死者たちが起き上がり、生者に噛みつきどんどん仲間を増やしていくという世界規模でのパンデミックが起こります。

そうなれば、インフラはめちゃくちゃになり食料をはじめとしたものが不足し、引き籠りの青年・友康も外に出ることを余儀なくされてしまいます。
不死者の群れから隠れつつ、どうにかこうにか生き延びていく様が描かれています。

はじめ、友康は自分さえどうにかなればいいと思っているのですが、途中で隣家の幼なじみの妹である中学生の空海(くみ・作中ではくーかと呼ばれています)と遭遇し、くーかを守るため成長していきます。

読み終わってまずはじめに思ったのは「え、これで終わり?」でした。
なんともまあ、すごく中途半端なところで終わっているのです。
ニュアンスとしては「俺たちの旅はまだまだ続く!」みたいな。ジャンプの打ち切りを想像してもらえれば近いかもしれない。

すごく気になったので、ちょっと調べてみました。
この小説って元々小説家になろう!で投稿されていたものなんですね。
それに大幅な加筆修正を加えて出版されたそう。で、Amazonのレビューを見るとどうやらWeb版とはだいぶ違うものになっているようです。
作者のツイートからして、もしかしてWeb版にはくーかは存在すらしてないのかも?というレベル。
うーんこれはちょっと読んでみたいかも。


他に作中でちょっと気になったこと。
途中で友康の同級生の女性・英子が登場します。
英子はいわゆるヤンママで、ニュースを見ないってのはまだわかるんですよ。
だけど、そういう人ってSNSとかで情報得るんじゃないかな?と。
そういうことをしてる様子がないので、ちょっと調べてみました。
なろうの発表が2014年。
しかしながら総理大臣が大泉だったり(多分小泉総理をイメージ。在任期間は2001~2006年)、粉ミルクに化学薬品が混入されていた事件(2008年)に触れられていたりするので執筆自体は結構昔からしていたのかな?と。
それであればちょっと納得。

中々面白かったです。
ゲームや映画なんかでは、簡単に銃火器が手に入り、主人公たちはそれらを簡単に扱ってゾンビたちをなぎはらっていきます。
でも、実際はそうはいきません。そういうリアルさと不死者の存在という非リアルさがうまく交わった作品だと思います。

あと、タイトルを拝見した時から、「コドク」部分がカタカナなのは「孤独」ではなく「蠱毒」の意味が隠されているからでは?と思っていたのですが、そういうわけでもなさそう。
ちょっと残念。

続編があるのかわかりませんが、とりあえずWeb版読んできます。

拍手[0回]

ソードアート・オンライン 5、6 ファントム・バレット

ソードアート・オンライン 5 ファントム・バレット/川原礫
 《SAO》事件から一年が経った。
 ある日。キリトは総務省《仮想課》の菊岡誠二郎から奇妙な依頼を受ける。
 銃と鋼鉄のVRMMO《ガンゲイル・オンライン》で突如発生した《死銃》事件。漆黒の銃を持つ謎のアバターに撃たれたプレイヤーは、実際に現実でも《死》に至る……。その不気味な事件の捜査を断り切れなかったキリトは、《仮想世界》が《現実世界》へ物理的に影響を及ぼすことに疑いを抱きつつも、《GGO》へとログインする。
 《死銃》の手がかりを掴むべく、不慣れなゲーム内を彷徨うキリト。そんな彼に救いの手をさしのべたのは、長大なライフル《ヘカートⅡ》を愛用するスナイパーの少女・シノンだった。
 新エピソード突入!
ソードアート・オンライン 6 ファントム・バレット/川原礫
 鉄と鋼のVRMMO《ガンゲイル・オンライン》で発生した《死銃(デス・ガン)》事件を調査するため、《GGO》にログインしたキリト。
 一見超美少女キャラと見間違えるアバターにコンバートされるトラブルに遭った彼だったが、スナイパーの少女・シノンのナビゲートにより、全ガンナーの頂点たる対人トーナメント《BoB(バレットオブバレッツ)》に無事参戦を果たす。
 キリトは銃が支配するこのゲームで唯一《光剣》を駆使、《BoB》を勝ち進む。その奇抜な戦闘スタイルが話題となり、徐々にゲーム内での知名度は上がっていった。
 そして《BoB》決勝。数多の強敵がひしめく《バトルロイヤル》の中、ついに《死銃》が姿を現す。果たして《死銃》とは何者なのか。本当に《仮想世界》へと影響を及ぼすことができるのか……キリトは単身、《死銃》へと挑む!!
 『ファントム・バレット』編、完結!!


久しぶりに図書館で借りてきました。
このシリーズ、ずっと貸し出されていたんですよね。


SAOALO編に続くシリーズです。
今回もまた2冊上下巻構造になっているので、一気に紹介していきたいと思います。

SAOから、そしてALOからも解放されたキリトとアスナはリアル世界での生活を満喫していました。
とはいえ、二人の娘であるAI・ユイのこともありALOにホームを構え、VRの世界も満喫しているようですが。
(2巻で登場したサブヒロインたちもきちんとALOに移行したようです。口絵で名前すら紹介されていないクラインさんマジクライン)

そんなある種幸せなキリトの元に「《死銃》を名乗るものを調査してほしい」と依頼が入ります。
今回、舞台となるゲームは銃と鋼鉄の世界《ガンゲイル・オンライン》通称GGOです。
そこで、ゲームの世界の銃撃された人物が実際に死亡していることが判明し、その関連性を探っていくことになります。


今回のヒロインは、トラウマを抱えそれを乗り越えようと葛藤する氷の狙撃手・シノン。
――のはずなんですが、まあ今回キリトさんのアバターが一見美少女でですね(笑)
見た目だけなら百合っぽくてなんだかすごかったです。ええ。


今はだいぶ廃れてきてる感がありますが、いわゆる俺TUEEEEE系といわれても仕方ないぐらいキリトのスキルが半端ない。
銃と鋼鉄の世界でひとりビームサーベル的な《光剣》と呼ばれる武器を使い、SAO時代に培ったスキルで銃弾を切り裂いていきます。


この作品って近未来を舞台にしているのですが、本当に近い未来なのでちょっとリアルで驚いてしましました。
作品開始時で2022年ぐらいなのかな?この巻では2025年と表記されていたんですが、まあとあるキャラクターの小さいころにポリゴンショックが起きたとかあるんです。
名前こそぼかされてましたが、おおっ!となってました。
ローカルなHTMLファイルとか登場してびっくり。HTMLファイルとかかなり久しぶりに聞きましたよ。
今って何が主流なのかはわかりませんが、HTML、XHTML、CSSなどは個人サイト最盛期にちらっとかじった程度なのでもう何がなんだか。


キリトとシノンの二人の共通点は、過去に人を殺したことがあるか。
キリトはSAO時代にPKギルドのメンバーを、シノンは幼いころに強盗を銃で。
傷のなめ合いではなく、乗り越えていこうとするさまは良かったです。

が、完全に安心?というか油断していたとはいえ、シノンさん不用心すぎないですかね。
一人暮らしの家に自分に好意を寄せる男子をノーブラ状態で家にあげちゃうとか色々どうよ?とか気になってしまいました(笑)
まあ助かったから良かったですけど。


ラスト、シノンは過去のトラウマを乗り越えることができました。
さて、次はどんなお話なのか楽しみです。

拍手[0回]

ぼくが死んだ日

ぼくが死んだ日/キャンデス・フレミング
「ねえ、わたしの話を聞いて……」偶然車に乗せた少女に導かれてマイクが足を踏み入れたのは、子どもだけが葬られている、忘れられた墓地。怯えるマイクの周辺に現れた子どもたちが、彼らの最期の物語を次々と語り始めた。廃病院に写真を撮りにいった少年が最後に見たものは。出来のいい姉に悪魔の鏡を覗くよう仕向けた妹の運命は。ノスタルジー漂うゴーストストーリーの傑作。


本が好き!さんを通じて東京創元社さんからご恵贈いただきました。
(本が好き!さんについてはこちら)
本当、よく当たるので実はもう1冊到着済みだったりします(笑)


【マイク】
【ジーナ】1949-1964
【ジョニー】1920-1936
【スコット】1995-2012
【デイヴィッド】1877-1893
【エヴリン】1877-1897
【リリー】1982-1999
【リッチ】1965-1981
【エドガー】1853-1870
【トレイシー】1959-1974

10篇が収録されています。
章タイトルの後ろは彼らの生没年です。

キャロルアンと名乗るずぶぬれの少女に導かれ、マイク少年が忘れられた墓地を訪れるところから始まります。
墓地で眠る少年少女たちが語る最期の物語をマイクは聞き遂げます。

面白かったです。
幽霊がたくさん登場するのですが、幽霊よりも彼らの死の原因となった存在たちの方が怖いです。
どこか不気味で哀愁ただよう一晩の物語です。
タイトルがタイトルなので、もしかして最後マイク少年は死んでしまうんじゃ……とか思っていたのですが、そうはならなくて良かったのか悪かったのか。

ちょっと不思議なのは、マイクを導いたキャロルアンの生没年が1941-1956年なんですね。 そこから56年の年月が経っている――つまりマイクが墓を訪れたのは2012年の10月のことだとうのがわかります。
廃病院で亡くなったスコットの没年が2012年なんですね。高校最後の展覧会がどうのと語っているので夏ぐらいまでにはなくなっているのだろうなということが推測できます。
たかだが数か月でそこまで荒れ果てるかな?荒れ果てた墓に自分の子どもを埋葬するかな?なんてことを考えてしまいました。
スコットだけ没年が若いので何か裏があるのだろうか……と。
もしかしたら何か意味があるのかも知りませんが、私にはわかりませんでした。

そして、死にかけた人間を導き、幽霊たちの話を聞かせることを何年も続けているキャロルアン。
最期を語った幽霊たちは順番にこの世を去っているようですが、彼女だけは違うよう。
いつか彼女も天へのぼることができるのでしょうか。

拍手[0回]

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
2
4 5 6 7 8 9 10
11 12 14 15 16 17
19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR