忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   

グレッグのダメ日記

グレッグのダメ日記/ジェフ・キニー(訳/中井はるの)
これは、すごーくダメな少年の日記です
毎日いろんなことがあるけれど……
これを読めば、みんな元気になると思うよ。
全米で240万部突破の大ベストセラーが日本に上陸!!


本が好き!の企画に参加するために図書館で借りてみました。
多分、企画がなければ手にとることはなかっただろうなぁ。


この本の主人公はグレッグ・ヘフリー。
6年生の少年です。

この本はそんなグレッグが、将来自分が有名になった時に質問されるのが面倒だから、と書き始めた"記録"です。
けれど、実態はタイトルにもある通り『日記』ですね。
新学期から1年間の様子がイラストとともに描かれています。
全部のページがノート風の罫線があるのですごくそれらしいです。

アメリカの話なので、新学期のはじまりは9月。
そして、ハロウィンやクリスマスへの力の入れ具合にはやっぱり文化の違いを感じてしまいますね。


すみません。読み始めてすぐに、この話は私には合わないなと感じてしまいました。
最後までグレッグ少年へ感情移入することもできなかったし、帯にあるように元気になれるような気もしませんでした。

スクールカーストの下の上、あるいは中の下あたりに位置するグレッグ少年の行動は、とても褒められたものではありません。
自分がやりたくないことやられたくないことは徹底的に避けて通るし、自分よりも下に位置する友人・ロウリーにやらせることも多いです。
悪だくみというか、ちょっとしたズルをしてもたいてい失敗するし、その失敗を人のせいにばっかりしているのは器の小ささが透けて見えます。

オチとして使われているあれは、『チーズはどこへ消えた?』を意識しているのでしょうが、全く笑えませんでした。

多分、作者が対象に想定している読者は小学生男子。それも普段本を読まないような子。
反面教師というかあまりにもバカバカしいので、クスクス笑いながら読むイメージ。
そういう子が本好きになるためのきっかけとしてはいいのではないでしょうか。

映画にもなっているようですし、この本自体も発売されてから10年もたっていない本なのにボロボロで修復されながら利用されているようなので子どもたちには人気なのでしょうね。

拍手[0回]

アンティークFUGA 番外編 澳門骨董譚

アンティークFUGA 番外編 澳門(マカオ)骨董譚/あんびるやすこ
火事で燃え残ったアールヌーボーの鏡台。
風雅たちは、買い取ったその鏡台のつくも神に手紙を届けてくれと頼まれる。目的地はマカオ。そこでみつけたお宝とは?
待望のFUGAシリーズ番外編。


図書館で借りてきました。
これでこのシリーズは終了です。いやー長かった。


番外編ということですが、時間軸は本編終了前か後かはちょっとよくわかりませんでした。
いや、多分季節とかきちんと覚えていたらわかるのかもしれませんが、そこまできっちり読みこんでなかったので(;´・ω・)
すみません。

今回は、あらすじにもある通り、火事で焼け出され力を使い果たしたつくも神の願いを叶えるためにマカオにわたります。
都合よくスーパーの抽選会の商品にマカオの旅行券があったり、デジタル機器につくも神の力が効いたり(!?)してますが、まあそこらへんのご都合主義はつっこんじゃいけませんね。


マカオにわたった3人は鏡台に隠されていたハルからタケシへ宛てた手紙を届けるためにタケシが当時滞在していたホテルを探すことに。
とはいっても、マカオは開発によって様変わりしており、中々見つかりません。
どうにかこうにかホテルのあった場所を見つけることに成功し、タケシが残したらしい紫檀の船箪笥を見つけるものの、それは買い取るには高額すぎました。

基本、FUGAはカツカツというか。そこまで余裕があるわけじゃないんですよね。
そこでちょっとズルではあるものの、賭けをして船箪笥の中身だけを手に入れる権利を手に入れます。

が、船箪笥には特殊な鍵がかかっていて……。

今回もまた悲しい話といい話が交互にやってくるような話でした。
というか、ちょっと驚いたんですが、つくも神たちが明確に風雅に敵意を向けるのってレッドアイを除くと今までそうなかったですよね?

いつもは『木霊の王たちの貴き弟君』ということでどちらかと敬われていたわけです。
が、レストランで偶然出会った漢緑釉のつくも神は風雅に、人間全体に向けて害意をあらわにしているんですね。
つくも神のいうことはわからないわけじゃありませんが、そんなこと風雅に言われてもという気もしないでもないわけです。
そう思うと、その後に登場する犬の漢緑釉のセリフに少し救われた気がしました。


スナッフボトルのつくも神・福ちゃんは小さな"福"の存在を知らせてくれる存在のようですが、力がそこまで強いわけではないのでほんのりとしたいいことしかわからないよう。
でもなんだかそれがすごく風雅らしくていいな、と。

エラく時間がかかってしまいましたがシリーズ最後まで読めて良かったです。

拍手[0回]

アンティークFUGA 6 永遠なる者たち

アンティークFUGA 6 永遠(とわ)なる者たち/あんびるやすこ
もう一息というところで、レッドアイに逃げられてしまった風雅たち。ロンドンからやってきた間宮のおかげで、三人は「大英博物館と王宮の至宝展」の倉庫に入りこむ。
はたして封印することはできるのか?


図書館で借りてきました。
また借りられなくなるのはいやなので、番外編も一緒です(笑)


前巻は両親を封印した存在が判明し、逆に犯人を封印し両親を助け出そうとするものの失敗してしまうって所まででした。
今回は最終巻だからか、十十夜さんの漫画であらすじ紹介がされています。
私みたいに間が思いっきり空いていても読めるような親切仕様ですね。

今回は4巻で登場した間宮さんや2巻の三枝シェフ、1巻のガレのスタンドのつくも神・アイリスなどなど総まとめといった登場の仕方をしています。

前巻での失敗を受け、悪しきものを封印することに長けたつくも神『封魔の番人』を探しに「大英博物館と王宮の至宝展」に3人は出かけます。
そこでクリスタルスカルのつくも神・ミシュテカと知り合い、封印の協力を取り付けます。

レッドアイが求める自身のカケラ。
残す所はあと少しというところで、再び風雅たちの前に姿を現したレッドアイ。
奇しくもそこは「至宝展」の会場ということもあり、展示品の中にそれがあるのかと思われたのですが、実際にはそうではなくて。

その時、風雅が持っていた預かりもののイヤリングに反応していたのです。
封印には絶好の機会であったもののミシュテカはレッドアイに善なる部分が残っていたことで封印を拒否してしまうのです。
そしてイヤリングはレッドアイと一体になってしまいます。

残るカケラはあと一つ。 残りのカケラのありかはなんとラリックのペンダントの中!
前巻で風雅の母が持っていたとされるルビーの指輪がそれで、封印された時にそれを身につけていたのです。

レッドアイ自身に封印を解かせることで両親を救い出そうとしますが、それだけでは両親の命の危機は去りません。
その懸念をぬぐうために、シャナイアはレッドアイに取引を持ち掛けるのです。

なんやかんやあって、風雅の両親は無事に風雅の元へ戻ってくるのですが、それは別れの合図でもありました。
しばらくの間、兄としてともに暮らしいていた紗那と唯のことを覚えているのは風雅と両親のみ。
直後の間宮さんとの会話は、本当に寂しい。


けれど寂しいだけでは終わりません。
意気消沈する風雅のもとに、紗那が帰ってくるのです。
そして、ユイマールへ一生に一度の願い事をして再び唯を兄とすることに成功。
命の危機を超えた両親は、ブローカーとして世界中をめぐる生活を始めることになり、再び兄弟3人の暮らしが始まります。

「シャナイアとユイマールがいいと思うまで」ということで今度は期限に怯えることなく生活していくことができます。
まだまだトラブルは巻き起こりそうですし、前述の通り番外編もありますから実際巻き込まれているのでしょう。
でも、この3人ならどうにかこうにかうまくやっていくのでしょうね。
まさに大団円ってやつですね。良かったです。

拍手[0回]

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2017年】
12 月( 01 )11 月( 08 )10 月( 02 )09 月( 06 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR