忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   

虹色ほたる 永遠の夏休み

虹色ほたる 永遠の夏休み/川口雅幸
 一年前に交通事故で父親をなくしたユウタは、小6の夏休みに一人、父との思いでの地を訪れていた。よく一緒にカブトムシをとりに来ていた山奥のダム。今は使われていないそのダムで、ユウタは突然の雷雨に襲われ、足をすべらせて気を失ってしまう。
 やがて目覚めたユウタの前には、一人の小さな女の子とダムに沈んだはずの村が……。タイムスリップした三十年以上前の村。 かけがえのないもう一つの夏休みのはじまりだった。


図書館で借りてきました。
去年、レンタルで見た映画の原作になります。


ある夏の日、ユウタはダムに沈んでしまったタイムスリップしてしまいます。
ダムに沈むことが決まった村で最後の夏休みを過ごす少年たちの生と死の狭間を描く、奇跡の物語です。

アルファポリスから出版されていることからも想像はついたのですが、元々はネット小説だったようです。
作者が個人的に連載していた小説が書籍化、しばらくしてから映画化となったようです。


先に映画を見ているので大まかなストーリーは知っていたのでさらりと読むことができました。

ただ結構細部は違うんですね。

どうもさえ子のお兄ちゃんがすごく大人っぽくて高校生~大学生ぐらいの印象だったので、中学生だったことに驚きました。

そして、ヒロインであるさえ子の抱える闇。
原作ではその闇が少しずつ晴れていく様が描写され、ゆるやかな死を願っていたさえ子の心が変わっていき、自分から再会の約束をねだります。
どちらかというと、ユウタの方がさえ子の"今"の様子を知って生を願うことに躊躇いを覚えるほどなんですね。
けれど、映画ではその描写はなくユウタがさえ子に生を願わせるように尽力しています。
ここの違いってかなり大きいと思います。

また、ラストの"奇跡"が起きたシーン。
映画のラストは正直興ざめしてしまったんです。
タイトル通り、ほたるがキーとなっている作品なんですが、いくら"虹色"とはいえほたるはほたる。
あまりきらびやかに電飾のようにひかり輝いてさらにはダムの(水の)上を歩いてしまうのはなんだかなーと思ってしまったんですね。
ですが、原作程度の奇跡なら十分許容範囲内だと思います。

ただやっぱり気になるのは、ユウタとさえ子の年齢差が過去と変わらないのにも関わらず、ケンゾーだけ世代が違うこと。
これからいい関係を築いていけるんだとは思うのですが、それでもケンゾーだけひどく年上なのがちょっとな、と。
まあ、誰も過去の体験を知りませんからそこは深く考えても仕方ないんでしょうけどね。

うん。中々楽しめました。
同作者の作品はもう1冊地元図書館にあったんですが、そちらは多分読まないかな?
いつか気が向いたら読むかもしれませんが、今のところは読むことはなさそうです。

拍手[0回]

蛍火の杜へ&愛蔵版蛍火の杜へ

愛蔵版 蛍火の杜へ/緑川ゆき
蛍火の杜へ/緑川ゆき
妖怪たちが住むと言われる"山神の森"へと迷い込んでしまった少女・。泣き出してしまった彼女の前に、突然姿を現した一人の青年…。決して触れることのできない、その彼への恋心は――!? 四季が織りなす、切なさいっぱいのラブロマンス♡ 待望のコミックスついに登場!!


もうとっくに紹介していると思ったのに、実は未紹介だったようです。
自分でもびっくりしました。

元々通常コミックスで発売されていたのですが、映画化した際に、愛蔵版が発売されました。
蛍火って実は短編なので、どちらも短編集になるのですが、通常版と愛蔵版って実は収録作品が違います。
通常版には表題作含む4作が収録されています。
『花唄流るる』はギターを通じて思いを寄せていく2人を描いた作品。
腕を怪我したことで細かな動きが出来なくなった少年が、ヘアピンを拾おうと奮闘する様に心打たれました。
『くるくる落ち葉』は緑川さんにしては珍しいちょっとポップな作品。でも忍者はちょっと違和感がありました(笑)
『ひび、深く』は両親の都合で翻弄される兄妹の話。ある種悲恋ですがこればかりは仕方ないのかな。

『体温のかけら』は関係性が変わることに怯える幼なじみのお話。
『星も見えない』はお調子者の青年が恋した少女の事情ゆえに中々うまくいかなくてすれ違っていくお話。
の2作と『蛍火の杜へ』『特別篇』。さらに映画のビジュアルポスターが愛蔵版に収録されています。


『蛍火の杜へ』は、祖父の家へ遊びに来ていた少女が妖怪の住む山神の森へ迷いこみ、そこに住むギンという妖と知り合い、毎年交流していく様が描かれています。
ギンは元々人だったものの、力が弱く人に触れられると消えてしまう儚い存在で、けして触れ合うことが出来ないもののお互い思いを寄せ合っていくのですが……。

もうね、ラストは思わず涙します。
めちゃくちゃ切ない。
もうちょっとどうにかならなかったのかと思うのだけれど、どうにもならなかったのだろうなとも思うのです。

『特別篇』は蛍が何歳ぐらいかな?
最後の夏から数年前ってところだと思うのですが、蛍と同じもの一緒に味わいたいと奮闘する様が描かれています。
ギンもギンの周りにいる妖たちも優しいだけに悲しくなるお話でした。


ラストはどうしても素直に喜べないのですが、それでも二人にとってこの終わり方は良かったのかなとも思います。

拍手[0回]

言葉屋 言箱と言珠のひみつ

言葉屋 言箱と言珠のひみつ/久米絵美里
小学5年生の詠子のおばあちゃんのお仕事は、町の小さな雑貨屋さん。
……と思いきや、本業は、
「言葉を口にする勇気」と「言葉を口にしない勇気」を提供するお店、言葉屋だった!

言葉屋の成り立ちと使命を知ることとなった詠子は、その夏、言珠職人の見習いとして、おばあちゃんの工房に入門する――。


図書館で借りてきました。
この本を読むきっかけはAmazonのおすすめ商品だったりするので意外とバカにできません(笑)


【第一章 言葉屋工房入門】
【第二章 「お世話になります」のつめ合わせ】
【第三章 オシャレ戦争】
【第四章 一言惚れにご用心】

が収録されています。
章立てされていますが、実質短編集なので気軽に読めると思います。

物語は帯にもある通り、詠子とそのおばあちゃんが営む言葉屋がメイン。
とはいえ、言葉屋については本当にさわりしか触れられていないので、ほぼほぼ詠子の学校生活の方が主に据えられています。

『言葉屋』とはなんぞや?って感じですが、おばあちゃんの説明によると、言葉を口にする勇気をつかさどる言珠と、言葉を口にしない勇気をつかさどる言箱を取り扱っているのだとか。
ベネチアングラスがルーツの言箱と言箱を材料に作られるとんぼ玉のような言珠はとてもきれいに描写されています。
けれど、言葉というのは人を傷つける凶器にもなりえます。
そういう一面もあるという説明もされていますが、詠子がそういうものに触れるのはもっと後のことになるのでしょうね。

【1章】は言葉屋に入門することになるきっかけ、【2章】ではある意味現代らしいお客さんの話、【3章】【4章】ではクラスの様子が描かれています。

クラスの女子が始めたテーマを決めて毎日おしゃれをするということ。
確かにオシャレをすることは身だしなみの一種なのでしょう。でもたくさん服を持っていることが"正義"となってしまった【オシャレ戦争】はクラスをギスギスさせてしまいます。
それを新たな火種になる可能性はあったとはいえ、上手におさめてみせた詠子。
そんな詠子に寄せられた賞賛の言葉が書かれた「言葉の首飾り」。
そこから始まる本の貸し借りの間に挟まれる手紙のやりとりにはもう読んでいてニヤニヤしてしまいました。
今時、小学生でもLINEやらなにやら使うからこういうことって実際はないんだろうなと思いつつ、読んでいてとてもかわいい。

途中どうなるのか、とハラハラしてしまいましたが、丸く収まってよかったです。

クラスメイトで親友のしぃちゃんもかわいいし、書道教室のお家の須崎くんが持つ言珠紙も気になるし、この子たちの様子をまだまだ見たいなと思ったのですが、どうやら続編が何冊か出ているようです。
折を見てまた借りてきたいと思います。

拍手[2回]

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
9 10 11 12 14
16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2017年】
10 月( 02 )09 月( 07 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR