忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   

紙片は告発する

紙片は告発する/D・M・ディヴァイン(訳/中村有希)
周囲から軽んじられているタイピストのルースは、職場で拾った奇妙な紙片のことを警察に話すつもりだと、町政庁舎(タウンホール)の同僚たちに漏らしてしまう。その夜、彼女は何者かに殺害された……! 現在の町は、町長選出をめぐって揺れており、少なからぬ数の人間が秘密をかかえている。発覚を恐れ、口を封じたのは誰か? 地方都市を起きた殺人事件とその謎解き、筆者真骨頂の犯人当て!


本が好き!さんを通じて東京創元社さんからご恵贈いただきました。
最近、翻訳ものが多いのは何かと頂戴する本が多いからだったりします。


物語はキルクラノンという町が舞台。その町の議会運営を行うタウンホールがメインです。
大小様々な秘密を抱える人々を相手に、なりゆきで自身の身を守るためにも副書記官のジェニファーが探偵役を務めます。


基本的に私は、順番通り本編を読んだあとに解説やあとがきを読むのですが、解説を読んで驚きました。
それというのも、この作品というのは1970年に発表された作品をこの度邦訳したものなんだとか。
発表からおよそ半世紀もたつ作品だというのにそういう古臭さが全く感じられない作品でした。
いや、タイピストとか携帯電話が登場しないこととかそういう点では時代を感じないこともないのですが、全然気にせずさらりと読めました。

どちらかというと、すっごい普通に飲酒運転してたり、今なら絶対騒がれるセクハラ発言だったりLGBT問題だったりそちらの方に時代を感じてしまいました。
あとは、日本人だとお見舞いに菊の花を持っていくことなど、文化の違いの問題なんでしょうがそちらの方が気になってしまいました。

私自身が大掛かりな仕掛けの施された新本格やライトミステリーばかりを読んでいるせいか、ミステリーとしては、地味というか物足りない印象を受けました。
ジェニファーの一人称で進むがゆえに、犯人の正体にはなるほどなーとは思いましたけども。


この作品、冒頭はルースの視点で語られるんです。
ルースは警察官のボーイフレンドとのデートを楽しみにして、うきうきと準備をしている最中に殺害されています。

このボーイフレンド・クリスは全編を通じて登場するのですが、まあルースとどうこうする気はなかったようですしそういう意味ではルースは幸せの中で死ねたのかな?なんてことを思ってしまいました。
恋は盲目というか、ルースはこのままクリスと付き合っていても傷つく未来しかなかったでしょうしね。
でもまあ、殺されるほど悪い子ではなかったでしょうし、その辺は辛いところです。


後半になって見えるようになるジェニファーの弱い部分。
彼女を呪縛のようにとらえていた「泣くのは明日にしよう」という言葉。
それから解放されたのは良かったんじゃないかな、と思います。


この方は故人で、そう多くの作品を残しているわけではないようなのですが、ほとんどの作品が邦訳されています。
シリーズもの等はないようですし、いつか別の作品も読んでみたいなとおもいました。

拍手[0回]

ゴールドフィンチ 全4巻

ゴールドフィンチ 1/ドナ・タート
美術館爆破テロ――少年は母を失い、1枚の小さな鳥(ゴールドフィンチ)の名画を持ち去った。
美術館爆破テロで母を亡くした少年・テオは、その時美術館から1枚の名画を持ち去った――レンブラントとフェルメールを結ぶ画家、ファブリティウスの「ごしきひわ」。 孤児となったテオはそのオランダ黄金時代の小さな名画とともに、波乱万丈の運命を辿ってゆく。友情と裏切り、恋と失望、ドラッグとギャング、そして名画をめぐる恐れと魅了……。現代という災難を前に、不器用にも生を貫く人物たち。「21世紀のディケンズ」とも称された長編大作全4巻、刊行開始。
ゴールドフィンチ 2/ドナ・タート
舞台はカジノと砂漠の街へ――
悪友・ボリスと出会い、テオの運命は回りだす
突如現れた父とその恋人に連れられ、テオはようやく希望を見出しかけたニューヨークを後にした。ラスベガスの突き抜けるほど青い空、砂漠、ギャンブル、そしてドラッグ。そこではじまる新たな学校生活――ニューヨークとは全く異なるその地で、テオは生涯の友となるボリスと出会う。数ヶ国語を操るボリスとの狂騒的日々のなか、テオの運命は周り出し、物語は意外な方向へと動き始める……。世界32カ国で翻訳された大ベストセラー、待望の第2巻。
ゴールドフィンチ 3/ドナ・タート
激動のベガスから8年。再会と死別、詐欺と脅迫、そして人生の決断へ――
8年後、天才家具職人ホービーのもとで骨董ディーラーとしての道を歩みはじめたテオはある日、かつて身を寄せたバーバー家の長男プラットと出会った。そしてバーバー家の変わり果てた姿を目にする。一方で、骨董店の顧客から何度も届く手紙に、テオは焦りをつのらせる。運命は残酷で、生きるとは災難なのかもしれないが、この世界から退却するわけにはいかない――寡作の世界的ベストセラー作家による11年ぶりの超大作、第3巻。
ゴールドフィンチ 4/ドナ・タート
「流血」、「殺人」、そして物語は最終章(クライマックス)へ
人生は災難だ――だがぼくは、決して世界から退かない
ボリスとの再会で絵が奪われたことを知ったテオ。裏社会のルートを流れた絵を追い、キッツィとの結婚パーティーの最中、テオはボリスとともにアムステルダムへと飛んだ。流血と殺人、そして「独房監禁生活」……、テオの運命は1枚の名画とともに、ついに最終章へ――運命は残酷だが、でたらめではない。「死」はつねに勝つが、ぼくたちはそれにひれ伏せなければならないわけではない。全世界絶賛、当代最高のストーリーテラーによる大長編、ついに最終巻。


先日の感想でちらっと書いていた本が好き!さんからすでに頂いていた次の本というのはこちらでした。
いやー、色々大変でした。


テオことシオドア・デッカーが主人公。
彼の少年期から青年期にかけての運命と小さな絵画「ごしきひわ」に翻弄される様が描かれています。

この作品のタイトルでもあるごしきひわ(ゴールドフィンチ)はカレル・ファブリティウスによって描かれた作品のことを指します。
表紙のイラストがそうです。全体を見たい方は「ごしきひわ」で検索してみてください。
ファブリティウスは17世紀前半の画家で、あのレンブラントの弟子でもあった存在とのことで将来を有望された画家だったんだとか。
しかしながら、彼は大規模な爆発事故に巻き込まれ、わずか32歳で亡くなったそうです。その時に彼の作品の多くは失われ、現存するのはこのごしきひわをはじめ10点あまりといわれています。

テオはある日、母とたまたま訪れた美術館で爆破テロに巻き込まれます。
混乱の最中、謎めいた老人に絵を持っていくように指示され実際に持ち出してしまうのです。
様々なことに翻弄されながらもどうにかこうにかテオが生き抜いていく様子が描かれています。


いったいどうなってしまうのだろう?とドキドキしながら読み進めることができました。
が、作品全体に漂う欝々とした死の雰囲気に読んでいてちょっと疲れてしまったのも事実です。
テオの経験は悲惨ですし、PTSDに苦しむのもわかります。
それでも現代日本人として普通に生活している身としては次々出てくる麻薬(ドラッグ)がどこまで合法でどこからか違法なのかもわからず、テオが転落していく様を見ているのもつらかったです。

このブログのカテゴリわけを見ていただいてもわかると思うのですが、私は翻訳作品を読むことはあまりありません。
せいぜいがYAや児童書のファンタジーぐらい。 翻訳独特の雰囲気というか、文化圏の違いによる常識や基礎知識の違いなどが目に見えないながらも存在しているように感じられてしまって。私はそれがどうも苦手で(汗)
多分、数をこなしていけばそういった違和感も薄れていくのでしょうけど、そんな機会もないまま今を迎えています。

そんな私が読むにはこの本は非常に難しかったっていうのもあるんですが、時間制限があったこともあり物語の表層程度をなぞっただけの私が何か語るのはおこがましい気がしてなりません。

短いですが、今回はこんなところで。
いつの日か、じっくり時間をかけて読み直したいと思います。

拍手[0回]

聖エセルドレダ女学院の殺人

聖エセルドレダ女学院の殺人/ジュリー・ベリー(訳/神林美和)
十代の少女7人が在籍する小規模な寄宿学校で、ある日の夕食中、校長先生とその弟が突然息絶えてしまう。それぞれの事情から家族の元へ帰されたくない生徒たちは、敷地内に死体を埋め、事実を隠して学校生活を続けることにする。翌日、科学の得意なルイーズの分析により、ふたりは毒殺されたと判明。生徒たちは得意分野を活かして大人の目をあざむきつつ犯人を探り始めるが……。


この本は書評でつながる読書コミュニティ・本が好き!さんを通じて東京創元社さんから頂戴しました。
実は昨年末に登録していたのですが、本が好き!については後日、別記事で解説しますね。


物語の舞台は1890年イングランドにあるとある寄宿学校。
そこで校長とその弟がなくなってしまいます。
少女たちは大人たちにそのことを告げず2人の死を隠蔽し、学校生活を続けようと奮闘する様が描かれています。

メインとなる登場人物は女学院の生徒たち、『機転のキティ』『奔放すぎるメリー・ジェーン』『愛すべきロバータ』『ぼんやりマーサ』『たくましいアリス』『陰気なエリナ』『あばたのルイーズ』の7人。
それに+αで多くのキャラクターが登場します。

たくさんのキャラクターが一度に登場すると混乱してしまうのですが、本編開始前に【この物語に登場しない、少女たちの親戚及び知人たち】という項で彼女らについて語られ、さらに特徴をとらえた呼び名が最初から提示されているのもだいぶわかりやすかったです。
カバーの折り返しにも簡単な登場人物紹介がのっているのもいい感じ。


創元推理文庫から発売されていて、タイトルにも殺人なんてついているものだから、ミステリーを連想してしまう方が多いと思いますが、ミステリーだと思って読み始めると肩すかしを食らうかもしれません。

校長たちは毒によって殺されていますし、作中で犯人探しも行われていますから一応はミステリーなんでしょう。
ですが、犯人探しよりも彼女たちがいかにして大人たちの目を欺き続けるかという方が主題に思えてなりませんでした。

嘘に嘘を重ねて、無理のある行動を続ける彼女たちは、薄氷を踏むどころかその上で優雅にダンスなんか始めちゃったりして読んでいるこっちはとてもハラハラさせられました。

作中、勇気と無謀をはき違えた行動にどことなく、海外YAっぽいなーと思いつつも海外作品を読むことはほとんどないので私の気のせいかも?なんて思って読み進めていました。
が、大矢博子さんの解説を読んで納得しました。
それというのも、この物語元々は児童書として発表されたもののようなんです。
それが日本に入ったらいきなり一般書扱いされたのかはわかりませんが、私の感じた海外YAっぽさは間違いじゃなかったんだなと(笑)

物語の終わりのあっけなさには逆に驚きました。
彼女たちが幸せに暮らせることはいいことだけれども、それでいいのか、と。
彼女たちが犯した罪をなかったことに出来てしまうのも時代のせいなのかな?なんて考えてしまいました。

色々と思うところはありましたが、楽しめました。
東京創元社さん、本が好き!さん双方ともにありがとうございました。

実はもうすでに次の本を頂いているのでそちらも読み進めなければ(汗)

拍手[0回]

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 4 5
7 8 9 10 11 12 13
15 16 17 18 19
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR