忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   

君の膵臓をたべたい

君の膵臓をたべたい/住野よる
偶然、僕が拾った1冊の文庫本。
それはクラスメイトである山内桜良が綴った、秘密の日記帳だった――
読後、きっとこのタイトルに涙する


図書館で借りてきました。
前々から読みたいと思っていたので読めて良かった。


物語は、主人公である少年と少年のクラスメイトである少女・山内桜良の交流を描いた青春小説。
なんともショッキングなタイトルでカニバリズム的な想像をされて読むことを避けている方がいるのなら安心してください。
そういうカニバリズム的描写はありません(笑)


主人公の少年の名前は終盤まで登場しません。
桜良やクラスメイトの会話に少年の名前は登場しているようなのですが、

「だから、結局【秘密を知ってるクラスメイト】くんにしか頼めないのよ」(p7)
「死ぬまで元気でいられるようにってお願いしたよ。【仲良し】くんは?」(p87)
「【目立たないクラスメイト】こそ、どうしてこんなところに?」(p159)
「【?????】くんの名前もよくあってるよ」(p187)

のように、一環して名前は描かれません。
1冊通して読み終わった今なら、これは一人でいようとする少年から見て、言葉の主が少年をどう思っているかを表しているものなのだろうな、と。
上のセリフは3番目をのぞき、すべて桜良のものです。

だからこそ、その変化が顕著です。
はじめはただの【秘密を知ってるクラスメイト】でしかなかったものの【仲良し】になり、少年には理解の出来ないもの【?????】に変わったと。
最終的に普通に少年の名前・志賀春樹が登場するのですが、それは少年が成長し、人とかかわるようになり記号としての他人から見た自分だけに意味を見出すという行為をしなくなったからなのかな、なんて想像してしまいました。


物語序盤で、桜良がすでに亡くなっている描写がされていること、病気により余命が幾ばくも無かったことが語られていたことなどからして桜良の死は避けられないことではありました。
けれど、ああいう変化球めいた死を迎えることになるとは……。
まあ、確かにあのニュースはどこか唐突な感が否めませんでしたからどこかでもしかして?と思う気持ちがあったことも否定しません。
でも、せめてきちんとした最期を迎えてほしかったなという思いも強いです。

死を描いた物語ではあるのですが、さわやかでどこかすっきりとしたお話でした。
久しぶりに青春小説らしい青春小説読んだ気がします。

面白かったです。
作者さんの他の話も読んでみたいと思います。

拍手[0回]

ぼくの不思議なダドリーおじさん

ぼくの不思議なダドリーおじさん/バリー・ユアグロー(訳/坂野由紀子)
え、おじさんは魔法使い!?
天真らんまんな少年と風来坊のおじさんの出会いから生まれたおかしなおかしな大冒険


図書館で借りてきました。
本が好き!さんのユーザ―企画に参加しようと思って普段読まない翻訳小説を読んでみました。


物語は、11歳のダンカン少年の家におじさんがやってくるところからはじまります。
ダドリーおじさんは、風来坊で変わり者。
子どもにとっては魅力的な存在かもしれませんが、大人から見たら関わり合いになりたいとは中々思えないような存在です。

ある日、両親が遠く離れた地にすむおばさんの元にいくことになり、おじさんと二人で留守番をすることになります。
そんな留守番の日々の中で起こった不思議でおかしな、そしてワクワクするようなことが描かれています。

シャボン玉で空を飛んだり、ゴブリンを呼び出してみたり、惚れ薬を使ってみたりと様々な魔法を使っていきます。
が、その魔法はどれもこれも失敗ばかり!
おじさんと二人で大騒ぎしています。まあ、楽しそうではありますけどね。

この作品を読んでまず思ったのは、もっと幼いころに読みたかったなということ。
ユーモラスたっぷりなこの作品を楽しむには私はもう大人になりすぎてしまったかな、と。
残念ながら物語の中に入り込みきることができませんでした。

というか、この本って作者紹介によるとヤングアダルト小説ってこと。
地元図書館には、一般、一般文庫、YA、児童、幼児とすべてに翻訳小説コーナーがあるんですけど、この本は一般コーナーに並んでいました。
これ、YAコーナーに置いてあったら多分大人になる前に読めたと思うのでちょっと残念でした。


ダンカン少年を11歳という子どもの無邪気さと大人になりかけの冷静さを併せ持つ年齢に設定したのはうまいなと思います。
ひと夏の終わりにすこし成長した少年の姿はなんだかすがすがしい。

宣言通りにダンカン少年が将来おじさんと同じような魔法使いになるのか、それとも全然違う道に進むにしろ、少年の中にこのひと夏の経験はとても大きなものになったのではないでしょうか。
とはいえ、ダンカン少年の手元にはセニョール・ミヤゲの干し首とゴブリンの女の子、ヘティ・バックルからの手紙がありますからおじさんと同じ道に進む可能性の方が強いのかな?

普段読まない翻訳小説でしたがたまにはこういうのもいいですね。
今まで出入りしていなかった翻訳小説コーナーもこれからたびたび行ってみようと思います。

拍手[0回]

水の都 黄金の国

水の都 黄金の国/三木笙子
海に浮かぶ街、ヴェネツィア。この地で友を亡くし、同じ悲しみを知る君と出会った。
時は明治。 日本語講師としてイタリアに赴任した誠次郎は、下宿先の料理店で働く美青年・ルカとともに、迷宮都市で起きる様々な事件にかかわることになって――?
温かくてせつないミステリー
水上都市で起きる難事件を、二人は"智慧(ちえ)"と"情"で解き明かす。


図書館で借りてきました。
三木さんの本も3冊目なのでカテゴリ作りますね。


【第1話 黄金の国】
【第2話 水の都の怪人】
【第3話 錬金術師の夢】
【第4話 新地動説】
【エピローグ】

が収録されています。

帯のあらすじにもある通り、舞台はイタリアのヴェネツィア。
日本語講師としてヴァネツィアに滞在する誠次郎が主人公。
難事件、というかちょっと不思議な事件の謎をこっそり解いていくストーリー。


メインとなる登場人物は、誠次郎と、彼の下宿先で働く美青年・ルカ。
これだけ聞くと、耽美系?プロマンス?ニアホモ?とうがった見方をしそうですが、そこまでそういう要素は見えません。

どちらかというと、誠次郎の前任日本語教師であり幼なじみでもあった故人・古水清人、通称キヨ先生に向けるルカの感情が強すぎてそちらの方でうがった見方をしたくはなりましたね 。

過去に何があって、ルカはそこまでキヨ先生を心酔するようになったのか。
どこか警戒心の強そうなルカをなつかせるにあたって何かエピソードがあったのでしょうが、この作品だけではそこまでは見えてきません。

キヨ先生が登場するのはエピローグのみ。
彼がきちんと登場する話も読んでみたかった気もします。


帯あらすじでは、ミステリーとなっているのですが、ミステリーとしての要素は薄いです。
ミステリー目当てで読み始めたら多分、物足りなかったと思います。

かくいう私は、三木さんの独特なあの幻想的な世界観に浸りたかった、のdすが、今回はそういう雰囲気はほぼありませんでした。

うーん、三木さんの作品ってああいうものだと思っていた人間からするとちょっと残念でした。
いや、これはこれで嫌いじゃないですけどね。

また別の作品を見つけたら借りてきたいと思います。
が、今調べたら地元図書館には私がすでに読んだ作品しかないよう。
まあ、いつか別の作品も購入されるかもしれませんしね。いつかを楽しみにしたいと思います。

拍手[0回]

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 15 16 17 18 19
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2017年】
08 月( 02 ) 07 月( 01 ) 06 月( 04 ) 05 月( 05 ) 04 月( 02 ) 03 月( 07 ) 02 月( 02 ) 01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR