忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   

櫻子さんの足下には死体が埋っている 蝶は十一月に消えた

櫻子さんの足下には死体が埋っている 蝶は十一月に消えた/太田紫織
北海道・旭川の冬は長い。僕、正太郎と、骨を偏愛するお嬢様・櫻子さんは、雪が降る前に森でフィールドワークをすることに。
成り行きで、担任の残念イケメン・磯崎先生も一緒に、森へ入った僕たち。そこに、先生のかつての教え子が行方不明だという報せが届く。しかも彼女の親友も、数年前に失踪していて……。(「蝶は十一月に消えた」)
そこに骨がある限り、謎を解かずにいられない、博識ヒロイン櫻子さんの大人気ミステリ!


図書館で借りてきました。
このシリーズ、読むの久しぶりですね。


【プロローグ】
【第壱骨 猫はなんと言った?】
【第弐骨 私がお嫁に行く前に】
【第参骨 蝶は十一月に消えた】
【エピローグ】

が収録されてます。
もうだいぶ記憶は曖昧になっているんですが、【第参骨】はアニメ終盤でやってましたね。
【第弐骨】もなんとなく覚えがあるんで、多分アニメでやってたんでしょう。


ページをめくって驚きました。
鴻上さんってこんなロングだったっけ?と。
セミロングぐらいのイメージだったので、思わずググってしまいました。

やっぱりアニメで髪形変更がなされたみたいですね。
イラストの鉄雄さんはどうやらモノクロイラストでトーンを使わない方らしく、櫻子さんは黒ベタ、舘脇少年、鴻上さんは白抜きなんです。
舘脇少年が明るい茶髪なのでそんな色味が想像できるイラストです。
原作が茶髪超ロングだったのに、アニメでは黒髪セミロングですから原作から入っていた人からしたら違和感あったんだろうなぁ。


さて、本編の感想をば。
まずアニメ化していない【第壱骨】。未アニメ化の話は相も変わらず胸糞悪い。
どんどん外堀を埋められている感のある舘脇少年に思わず笑ってしまいました。
ばあやさんの親戚だという旭山の飼育員さんが登場してますが、なんというか舘脇少年の電話帳(というか人脈)がどんどんカオスになっている気がします。

【第弐骨】は、鴻上さんのお話。
鴻上さんのおばあさんが孫に渡したかった絵とはいったいなんだったんでしょうね。
鴻上さんがその思いをわかる日が来ることを願っています。

表題作である【第参骨】は、アニメでは締めに使われていましたね。
磯崎先生の元教え子たちが関わってしまった事件。
なんというか、恐ろしいというか普通に怖い話でした。
ただ、ここで彼女たちの罪が明らかになったのは、彼女たちにとっては良かったことなのかな、と。

気になるのは彼女たちの心をうばって去って行った謎の画家・花房。
アニメではCV子安だったので、まあ恐ろしいわーと思ってみていたのですが、彼は本当になんなのでしょうね。


さて、最後に北海道あるあるネタを。
序盤のいくらの下りには「あーわかるわー」と。
いくらってそんなにいらないんだけど、たまに無性に食べたくなるんですよね。
例年であれば シーズンになると鮭の1本や2本は頂けるのでいくらも一緒に食べることが出来たのですが、ここ数年は不漁やら漁の禁止やらでおすそ分けもないのでなかなか。
買うにはそこそこ高いですしね。

あとはカツゲンかな。
ただ私はカツゲンはあまり好きじゃないのでめったに飲まないです。どちらかというとナポリン派。
シトロン&ナポリンもいつか登場しそうですよね、この作品。

花房の正体というか、彼の目的と行動がすごく気になるのでまた続きを借りてきたいと思います。
今度はこんなに間をあけずに読みたいです。

拍手[0回]

ノラのボクが、家ネコになるまで

ノラのボクが、家ネコになるまで/ヤスミン・スロヴェック(訳/横山和江)
ボクってさいこう!
気ままなノラネコぐらいだからね!
自分のすきなように生きればいいだけ。
気まぐれなボクに、ぴったりなんだ。
ヒトには、ソクバクされたくない。
でもね……。


普段中々こういった本は手に取らないのですが、本が好き!の企画に参加するため図書館で借りてみました。


先日紹介したグレッグのダメ日記と同じく、横書きの物語になります。
表紙イラストの関係もあり、無意識だと反対に置いてしまうw

イラストもかなり多いので小さな子供でも楽しめるかも?と思ったのですが、裏表紙に小学中級からとあることもあり、ルビは少なめ。
100ページちょっとあるので読み聞かせするにはちょっとページ数が多い気もします。


物語は、保護センターの職員に警戒しながらも気ままなノラネコ生活を楽しんでいるボクが主人公。
ボクが寝床にしていた木の向かいにある家にある家族が引っ越してきたことで、ボクはその家に出入りするようになります。

人間の女の子をボク好みにしつけつつ、お母さんの機嫌を取ったりといろんなことをするのです。
プレゼント(虫やヘビ)をあげては悲鳴をあげられたり怒られたりしながらもそれでも楽しそう。
ボク的には、女の子に飼われているのではなく、飼わせてあげているんでしょうね。
ウルウルおめめで上目遣いでおねだりしたりとなかなかしたたかです(笑)

そうやってボクと楽しくすごす女の子でしたが、女の子は引っ越しによって友達と別れてしまったんですね。
悲しみに暮れる女の子のために、ボクは友だちのネコや犬、ネズミと協力して新しい友達を作ってあげようと奮闘したりとものすごくほほえましかったです。


さらりとブラックな要素もあったりするのですが、気にせず読めました。

最後になってボクの名前が決まり、女の子の呼び名も決まりきちんと家ネコになったってところで今巻は終了。
どうやら続編もあるようですが、まだ未翻訳なのかな?
ちょっと調べた限りでは、続刊の情報は見つけられませんでした。
いつか読みたいものです。

拍手[0回]

神隠しの教室

神隠しの教室/山本悦子
私っちは、今、もうひとつの学校にいます。
そちらの学校とそっくりです。
でも、私たち以外はだれもいません。
神隠しなのかもしれません。
先生、教えてください。
私たちは、どうすれば帰れるんですか?

第55回野間児童文学賞受賞作
小学校で起きた、子どもたち5人の「神隠し」。
5人はいじめや家庭環境などに問題を抱えていた…。
「もう一つの学校」とは?謎が謎を呼ぶ、長編ミステリー!


図書館本。
380ページほどとそこそこ長い本なんですが、一気読みしてしまいました。


主人公というかメインの登場人物は表紙イラストの子どもたち。
ドアの影から体を出している黒髪ロングの少女・加奈、5年生。
その隣にいる背の高い少女がブラジル人のバネッサ。同じく5年生。
加奈と手をつないでいるツインテールの小さな女の子が1年生のみはるちゃん。
眼鏡の少年が4年生の亮太で、床に膝をついているのが最年長6年生の聖哉。

この5人がふとした瞬間に"もうひとつの学校"に閉じ込められてしまい、帰るすべを探すお話。
ミステリーと銘打たれてますが、一見するとホラーかもしれません。
誰もいない学校、あることを思いだすと現れるものたち。
要素だけ見るとちょっと怖い。
それでもあまり怖さを感じないのは、子どもたちがたくましくそれぞれ知恵をだしあって過ごしているからかもしれません。
無印デジモンしかり、十五少年漂流記しかり、無人惑星サヴァイヴしかりそういう話大好きなので読んでいて楽しかったです(笑)


「だって、そりゃあ、あなた、昔から古いものに、魂が宿るのは当然のことじゃないですか。」
「『思い』とでも言い直した方がいいかな。ぼくはね、隠れ家があると思うんです。学校自身が作り上げた」
「校舎は、私たち教員より長く、子どもたちを見ているんです。それこそ、あらゆる場面を目の当たりにしている。そんな校舎が、子どもたちのピンチに手を差し伸べたくなるのは当然でしょう。自分の中の隠れ家に子どもたちを引き入れて守ろうとしたって、なんら不思議はないと思いませんか?」
(p256~257)

定年間近だという川島先生の言葉です。
それぞれに問題を抱える彼ら。
いじめだったり家庭の問題だったりと自分自身でどうにか出来ることもあれば出来ないこともあるのですが、それでも彼ら心持が変わり自身の力で問題を乗り越えていく決意を固める様は見ていて心地いい。

仮校舎が建設中で、もう少しで最後を迎えることが決まっていた校舎。
多くの生徒を隠し助けてきた校舎が最後に助けることを選んだ子どもたちが校舎の助けを借りて成長できたのは本当に良かったな、と。

最後の展開はなんとなく読めてしまいましたけど、最悪の展開もありえると思っていたのでそうはならなかっただけ本当に良かったです。

拍手[0回]

カレンダー

06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2018年】
05 月( 05 )04 月( 04 )03 月( 06 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2017年】
12 月( 03 )11 月( 07 )10 月( 02 )09 月( 06 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR