忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   

アンティークFUGA 5 バビロニアの紅き瞳

アンティークFUGA 5 バビロニアの紅き瞳/あんびるやすこ
ついに、探し求めていたペンダントを手に入れた風雅たち。三人は両親を封印した邪悪なつくも神のおそるべき正体を知る。
はたして封印することはできるのか?
物語は、いよいよクライマックスへ!


図書館で借りてきました。
ようやく借りられました~汗


前巻を読んだのがなんと2014年!
1巻にいたっては2012年のことなので、細部はかなり忘れてしまっています。

とりあえずは前巻は、風雅の両親が封印されたレリックのトカゲのアクセサリーを手に入れたってところまでだったようです。

とうとう両親と再会できる!と喜んだのもつかの間。
両親の封印を解くことどころか、姿を垣間見ることもかないませんでした。
それというのも、封印を施したものの力が強まってしまって、紗那や唯の力を持ってしても二人とコンタクトをとることが出来なくなってしまっていたのです。

落ち込む風雅でしたが、犯人を探し出して両親を助ける!と決意を新たにしています。

それと時を前後して、FUGAにルビーを探す不思議な客がやってきます。
その客の正体はソロモンの象徴、バビロニアの薔薇、シバの第三の目などと様々な名で呼ばれる存在であり、自ら紅き瞳――レッドアイと名乗ります。

レッドアイはなんと、風雅の両親を封印した犯人だったのです。
どうにかレッドアイを消滅させようとしますが、ものすごい力を持つ存在であり、唯も心の闇をつかれて囚われそうになってしまいます。

唯はなんとか自身を取り戻しますが、レッドアイを取り逃してしまいます。
レッドアイの正体を探る三人でしたが、そう簡単にはわかるはずもない――はずが結構あっさり判明しています。
店の常連となったジュエリーデザイナーの加奈さんが持ち込んだ情報が正解を導き出します。
この辺のご都合主義は、まあ仕方ないですね。

レッドアイを封印するための器物として瑪瑙のジービーズを手に入れようと画策します が、アンティークとしての価値が高いそれは高値で取引されるものです。
呪いの鏡を安価で手に入れる→つくも神を祓う(あるいは改心させる)→正規の金額で売るという金策に乗り出します。


そんな金策の中で手に入れたアンティークミラーに宿るつくも神・アンジェと持ち主であった小夜さんとのあれこれがあるんですが、そこは割愛。
復讐を望む小夜さんってことでちょっと某刀剣を連想してしまいました(私、某刀剣ほとんど知らないんですけどねw)
一度は、姿を見ることもかなわなくなった存在が再び心を通わすことが出来るようになったっていうのは良かったです。

長い年月を存在するゆえに、人間の醜いところも見る機会が多いつくも神たち。
今回のゲストが鏡だっただけに、余計に醜い所も見てしまったのかな、なんて思ってしまいました。

手に入れた瑪瑙のジービーズでの封印は失敗してしまいます。
しかしながら、レッドアイに与えたダメージもそれなりのもの。
最終決戦はもうすぐです。

次巻が最終巻、でもう1冊外伝があるようですね。
また近いうちに借りてきたいと思います。

拍手[0回]

時計坂の家

時計坂の家/高楼方子
何度体験しても、慣れるということのないできごとがあるとしたら、これもそのひとつだった。言いようのない不可思議さに、初めてのときと同じ眩暈をおぼえるのだ。そしてやがて、目の前に、ぼんやり、ぼんやり、緑色の景色があらわれる。牡丹色の霞の中から、ふうわり、ふうわり、立ちあらわれてくるのだ。


図書館で借りてきました。
作者さんはたかどのほうこさんと読みます。


12歳の夏休み、フー子は同い年のいとこ・マリカに誘われて二人の祖父が暮らす町・汀舘へ訪れることになります。

そこで見つけたのは、妙なところに設置された開かずの扉と精巧な細工の施された懐中時計。
懐中時計が時計草へ、かつて物干し台があった閉ざされたはずの扉の向こうが緑の園へと変わり、フー子は抗いようのない欲求に負け、緑の園へと足を踏み入れてしまうのです。

不思議な世界に紛れ込んだフー子はこの秘密を憧れの少女であるマリカと共有したいと望むもののうまくいきません。
それというのも、どうも二人の親が小さいときに亡くなった祖母が関わっていると知れたから。
それゆえに二人の親は汀舘に寄り付かず、祖父はお手伝いであるリサさんと二人で静かに暮らしていたのでした。

近所にある時計塔を作った職人であるチェルヌイシェフを調べていたマリカのいとこである映介とともに、チェルヌイシェフや祖母の真実に徐々に迫っていくのですが……。


前半はいったいどういう展開になるのか読めず、中々ページをめくる手が進まなかったのですが、後半は一気に読んでしまいました。

こうはいっては何ですが、この本はだいぶ古い本です。
1992年が初版らしいので、平成になってちょっとしたぐらいでしょうか。
まだ携帯なんて一般的ではなく、友達と連絡を取るのも家に電話して家族の人が出ないといいな、なんて思いながら連絡していたころです。
施設の電話番号を調べるのもインターネットではなく、電話帳ですし、物事を調べるのも図書館や自分の足を使っての聞き込みがおもです。

今の子が読んだらよくわからないことも多いでしょう。
作者の実姉である千葉史子(ちかこ)さんが描かれたイラストもけして現代的とはいえません。
木炭で描かれたであろうそれらはむしろ少し怖いくらいです。


それでも、フー子が心惹かれた「マツリカの園」はとても美しく、危険ゆえに非常に魅力的に見えるのです。
祖母が抗うことができなかったそれに、フー子が飲み込まれたなかったのは彼の存在ゆえであり、そのことを祖父には告げなかったフー子がなんだかひどく大人に見えました。

賭博師はようやく賭けに勝つことができたのでしょうが、妖術使いは自らの所業を見せつけるのをやめることが出来るのでしょうか。
汀舘から姿をけした懐中時計。
次はいったい誰の元へ向かうのでしょうね。

拍手[0回]

別府フロマラソン

別府フロマラソン/澤西祐典
尖った別府の「フロマラソン」には"裏"が存在する!?
別府市在住作家による書き下ろし痛快小説。
もちろん小説の舞台は別府。別府八湯を圧倒的なスケールで描き、市内の温泉施設や名所が多数登場。
読み終わると、温泉には入らずにはいられなくなり、別府に行きたくなる!注釈を読むだけで別府温泉のことがぜ~んぶわかるよ!


本が好き!さんを通じて出版社さんからいただきました。
ちなみに出版社さんは書肆侃侃房さんーーしょしかんかんぼうと読みます。


物語は帯にもある通り、別府温泉を舞台にしたお話。
痛快というかはちゃめちゃというか、もう訳がわかりません。
たぶん、これが頂きものではなく図書館で借りていたとしたらたぶん途中でページを閉じていたと思います。

主人公の青年・明礬湯太郎とサークル「温泉研究会」の先輩・十三(じゅうざ)先輩とともに「別府フロマラソン」という過酷なイベントに挑む姿が描かれています。

実際に、別府温泉をいくつもめぐる『べっぷフロマラソン』なるイベントもあるのですが、それとは別物。この作品はあくまでフィクションですので。

「別府フロマラソン」のルールは下記の通りです。
別府の代表的な温泉郷である別府八湯からそれぞれランダムに選ばれた8カ所、プラス扇山のどこかに現れる特設露天風呂、普段は入れない隠し湯の計10カ所に入ること。
期限は日の出頃から火まつり(野焼き)が終わるころ。
10湯すべてにつかりおえたものにのみ、ゴールが提示される。

そして、一番にゴールにたどり着いたものの願いが何でも叶えられるというものなのです。
バスや自転車等、文明の利器の使用が禁止されているのでまさに勝負は知力体力時の運といった感じ。

もうこの設定を読んだだけではちゃめちゃ具合が伝わるのではないでしょうか。

このはちゃめちゃ具合を楽しめる人にはこの本はおもしろいだろうし、楽しめなくて白けてしまう人ではこの本は楽しめないと思います。
ちなみに私は後者。

本編は130ページとかなり薄く、脚注一覧、後書きをいれても160ページほどしかありません。
それなのに読み終わるのに4時間以上かかったのは単純に私がこの作品の世界に全くといっていいほど浸れなかったからだと思います。
主人公である湯太郎にも十三先輩にも、ヒロインである愛夢ルナにもまったく感情移入できなかったのもつらい。

またこの作品、脚注がめちゃくちゃ多いんですよ。 そのNPO法人八湯温泉道名人会と別府大学学生有志の協力のもと作成された脚注はある意味力作。
けれど物語の世界に入り込むには現実の世界に引き戻す脚注が邪魔です。
でも脚注は非常に細かな情報まで網羅されているので、読まないのは勿体ないんですよね。
難しいところです。

本としての出来はともかく、別府温泉に行ってみたくなりました。
自分では絶対手に取ることがなかったでしょうから、いい経験になりました。

拍手[0回]

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2017年】
12 月( 01 )11 月( 08 )10 月( 02 )09 月( 06 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR