忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   

14歳のバベル

14歳のバベル/暖あやこ
バベルの塔は崩落する。
それが合図だ!
担ぎ込まれた病院の診察台。
夢うつつの14歳の脳裏に現れた光景は鮮烈だった。

巨大な樽の林立する地下工場。
指揮を執る少年王の姿――。

同い年という彼は囁くのだった。
間もなく地上は消滅する。代わって自分たちが人類史をやり直すのだ……。

ビール会社のキャンペーンと、黙示録的計画の関わりに気づいた二人の14歳は、秒読みの中で知恵を絞り、そして行動した。


本が好き!さんを通じて作者さんから頂戴しました。
はじめて読む作家さんですね。


物語は、何らかの問題(サイバーテロ?)があって懐古というか科学技術の一部を捨てた近未来が舞台。
そのため、作中で固定電話は登場するものの携帯やメール、インターネットはなくなってしまっています。
イエローフライデーなる7月の第三金曜日のイベント――黄色いものを身に着けたり、飲食したりすると幸せになれるというがあったりと中々に謎な世界観ですね。

主人公は中学生の少年・冬人。
いわゆる保健室登校をしている彼は、精神的なものなのか時たま発作を起こして倒れてしまうのです。
そんな発作の際に夢かうつつかたどり着いた少年王がおさめる不可思議な工場と彼らの計画を知り、それを阻止するために奔走します。

少しずつ謎というか計画が明らかになっていき、それを頓挫させるために奔走するというのは中々に好みな設定です。
腐女子である身としては少年同士のアレコレというのも大好きです。

けれど、なんだか物語に入り込めないまま終わってしまいました。

8年前の事件もそのうち語られるのかな?と思っていたら、結局きちんと語られないまま物語が終わってしまいました。
もしかしたら、この物語って作者さんが長く温めてきたお話なのかもしれませんね。

なんとなく二次創作読んでる気分とでもいいましょうか。
二次創作ってある程度の設定を読者が知っているため、描写が省略されがちなんですね。
大元となるシュメール人の物語が作者の中にあったがゆえの描写不足なのかも、なんて思ってしまいました。

設定は中々に面白いだけにもったいない気がしてなりませんでした。

拍手[0回]

ジュディ・モードはごきげんななめ ジュディ・モードとなかまたち1

ジュディ・モードはごきげんななめ ジュディ・モードとなかまたち1/メーガン・マクドナルド(絵/ピーター・レイノルズ 訳/宮坂宏美)
今日から新学期。 でも、ジュディは、朝から「ふきげんモード」。
なぜって、休みのあいだにトクベツなことをなんにもしてないから。br
おしゃまなジュディと弟のスティンク、親友のロッキーがくりひろげる楽しい物語。


図書館で借りてみました。
でも、先に読まなくちゃいけない本もあるんですよね汗


主人公はタイトルにもなっているジュディ・モード。
ジュディは新学期から3年生になる女の子。

不機嫌だと「ガオ!」とか言っちゃうし、思い出のTシャツがないからと自分でマジックで「あたしはサメを食べた」なんて書いちゃうようなちょっと変わった子なんです。
でも、読んでいてすごく懐かしくなれるそんなお話でした。

ひとつ下の弟・スティンクの扱いがすごく雑だったり、変な噂のある男の子のことを毛嫌いしてみたり(でも実際に関わりあって友達になれるんだから根はいい子なんですよね) 。
ガチャガチャでレアものを狙ってみたり、綺麗な石をみつけて喜んだり、。
秘密のクラブを作ってみたり、よくわからないものをコレクションしたり。

と、小学生の時のアレコレをものすごく思いだすお話でした。
でも、ジュディの行動ってどっちかというと女子というより男子小学生っぽい気がします(笑)

「マウス」というネコを飼っていたりしてなんだか捻くれてるなーと思いつつ読んでいたのですが、このマウスはおばあちゃんなんだとか。
おばあちゃんと言われる年齢のネコってことは、もしかしてマウスって名づけたのはジュディの両親なのでは?なんて想像してしまったのですが、ある程度の年齢で拾ったり迎え入れて いればジュディが名づけていてもおかしくはないんですよね。
どちらにしろ、ちょっとめんどくさいジュディを受け入れているおおらかな両親ですから、まああんまり気にかけても仕方ないですね(笑)


学校の課題である「自己紹介コラージュ」を作りながらすすむエピソードの数々は読むうちに、はじめはなんだか生意気だなと思っていたジュディが可愛く思えてくるのです。

不機嫌だったりご機嫌だったり作中で登場する『ヘッダ・ハヤク・ヨクナッテ』のようにクルクル変わるジュディの何気ない日常がこんなに楽しいのはこの年代の特権だと思います。

続きが何冊も出ているようですね。
地元図書館にも何冊かあるようなので機会があれば借りてきたいと思います。

拍手[0回]

死ぬほど読書

死ぬほど読書/丹羽宇一郎
もし、あなたがよりよく生きたいと望むなら、「世の中には知らないことが無数にある」と自覚することだ。すると知的好奇心が芽生え、人生は俄然、面白くなる。自分の無知に気づくには、本がうってつけだ。ただし、読み方にはコツがある。「これは重要だ」と思った箇所は、線を引くなり付箋を貼るなりして、最後にノートに書き写す。ここまで実践して、はじめて本が自分の血肉となる。伊藤忠商事前会長、元中国大使でビジネス界きっての読書家が、本の選び方、読み方、活かし方、楽しみ方を縦横無尽に語り尽くす。


本が好き!を通じて、出版社から頂戴しました。
人生で二度目の新書になります。


この本の冒頭に、2017年3月に朝日新聞に掲載されたとある大学生の投書が載せられています。
大学生の半数は読書時間が0分にという調査結果に対して『読書はしないといけないの?』と疑問を呈したものですね。
そこから議論をはじめ、著者が読書についてああでもないこうでもないと語っている1冊になっています。

ものすごく読みやすいです。
200ページもない本だということもありますが、1時間~1時間半程度でさらりと読み切れる程度の分量ですし、使われている言葉もそこまで難しいものではありません。
あまり読書をしない人でもとっつきやすいとは思います。

こういった本だと、小説や漫画ってバカにされるといったらアレですが、下に見られているのでは?と戦々恐々としながら読み進めていたのですが、そういうことはありませんでした。
小説でも漫画でも作者との対話は出来る、と。そこから新たな本への出会いがつながっていると。


読んでいてものすごく納得してしまったのは、タイトルと内容のギャップの話。
面白そうなタイトルだな、と思って読みはじめものの中身はそうでもなかった……ということは読書をする方なら一度は経験したことがあると思うのです。
著者はそれを避けるために目次が参考になるとしていますが、小説だとあんまり意味がない気もします。
漫画だとシュリンクかけられてるから目次すら見えませんけどね(笑)

あとはそうですね。「人がすすめる本は当てにならない」とか「読書は無償のものである(=効果や効能を期待して読むものではなく楽しいから読むとかでいいとのこと)」とか。
その辺は一読書家としては、うんうん頷きながら読めました。

書店の息子であったという著者は売物をこっそり綺麗に読んで戻していたとか「おいおいいいのかよ」と思わずツッコみたくなることはあったのですが、普段なかなか読まない種類の本なので勉強になった気がします。

書評は読者にとってあまり参考にならないし、当てにならない。その程度のものと思っていたほうがいいと思います。(p60)

こう述べている著作を書評を書くことが条件のサイトに献本するというのはちょっと矛盾というか皮肉というか(笑)
書評サイトとのアレコレに著者が関与しているとは思えませんが、ちょっとなーと感じてしまいました。

拍手[0回]

カレンダー

06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2018年】
05 月( 05 )04 月( 04 )03 月( 06 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2017年】
12 月( 03 )11 月( 07 )10 月( 02 )09 月( 06 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR