忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   

おしかくさま

おしかくさま/谷川直子
おしかくさまはお金の神様です
バツイチ子供なしの49歳・ミナミ。
先行き不安な彼女が見つけた希望とは!?
第49回文藝賞受賞作
現代日本の"お金"信仰を問う痛快小説


鳥居の向こうにATMというなんとも不思議な世界観のイラストに興味を惹かれて借りてきました。
ちなみにイラストはテッポー・デジャインさん。


物語はミナミとその妹・アサミ。
二人の両親、そしてアサミの娘・ユウの視点で語られます。
浮気を疑われた父がなぜか『おしかくさま』の使者として説法してることを知ったことから、お金の神様であるおしかくさまに触れていくことになるのです。

160ページちょっととけして長い話ではありません。むしろ短いぐらい。
だからこそ、視点がコロコロ変わってもそこまで混乱に陥ることもなく読み進めることができました。

作中に登場するお金の神様・おしかくさま。
日本では八百万の神が宿るといわれているわけですから、お金に神様がいてもおかしくないのかも?と読み進めていて思いました。
ATMがお社で、ATMにあずけいれて引き出すことでお清めとなる、というのはなるほどなぁ、と。
お札が1万円なのはぼったくりとみるか他の寺社仏閣と比べてもそこまで高額ではない気もするので、信じているならいいのかも?と思ってみたり。

それでも、おしかくさまの言葉を聞くために行うという『おしかくさん』には笑ってしまいました。
おしかくさんといいますが、実態はコックリさんです。
普通、コックリさんだと鳥居のある場所にATMがあるのがおしかくさんのそれなんだとか。
ATMとかどうやって描くのかと思ったら、きちんと公式サイトからダウンロード出来るようになっているあたりすごく現代っぽい(笑)


この作品の作中時間軸って震災から少したってからの話なんですよね。
それゆえに、品切れしていたろうそくが普通に買い求めることができるようになっていたり、義援金の話だとかが登場するんです。
タブー視されがちなお金の話、しかも寄付の話にまで言及してるのはなんというかすごいな、と。

作中では結局明言されることのなかったおしかくさまが本当に存在するのか否か。
少女は本当に啓示をうけたのでしょうか。

それらが明かされることはないでしょう。
けどそれはそれでいいかな、と。

短いお話でしたけど考えさせられました。

拍手[0回]

窓から逃げた100歳老人

窓から逃げた100歳老人/ヨナス・ヨナソン(訳/柳瀬尚紀)
 お祝いなんてまっぴらごめん!
 100歳の誕生日パーティの当日、アラン・カールソンは老人ホームの窓から逃走した。ひょんなことからギャング団の大金を奪ってしまい、アランの追手は増えていく。けれども、当の本人はなるようになるさととこ吹く風。
 それもそのはず、アランは爆弾つくりの専門家として、フランコ将軍やトルーマン、スターリン、毛沢東ら各国要人と渡り合い、数々の修羅場をくぐりぬけてきた過去の持ち主だったのだ。20世紀の歴史的事件の陰にアランあり!
 過去と現在が交錯するなか、次々展開するハチャメチャ老人の笑撃・爆弾コメディ、日本初上陸!


図書館で借りてきました。
もうタイトルからしてどういうことなのかと気になって仕方ありませんでした。


ストーリーとしては、あらすじにもある通りひょんなことから大金を手に入れてしまった老人・アランが追手から逃げながら仲間を増やしていく様が、過去のアランの体験と交互に描かれています。

読み進めていってうーん?と。
帯に『史上最高(齢)ヒーロー誕生!』ってあるんですね。

で、私の中でヒーロー=悪を倒す、例えばウルトラマンとかアンパンマンとか、戦隊ものでもいいです。とにかくそういうイメージがありましてね。
まあ、ヒーローの中にはダークヒーローなんかもいるでしょうが、それでもそれは一部例外というやつとでもいいましょうか。
それゆえに、結構序盤でついうっかり追手を殺してしまっている姿にどうも納得ができなかったんです。

読み進めていってこのヒーローは『悪を倒す存在』という意味のそれではなく、ただ単純に『男性主人公』という意味だったのかな、と。
それならまあ納得、かな。

正直、うっかりといえども人を殺すことにまったく罪悪感を覚えず、かつ積極的に人を殺す様を笑って読み進めることはできませんでした。
笑えたのは終盤の検事さんとのやりとりぐらい。

読者は今までアラン老の経験を読み進めていますから、それが本当であることを知っています。
けれど、それを知らない検事さんからするとそれらはボケた老人のたわごとでしかなく、しかも自身の名誉を守るためのタイムリミットのせいでたとえ話が気になったところで具体的に聞くわけにはいかなくて。

大混乱に陥る検事さんの様はちょっと面白かったです。


歴史的事件の裏で意図せず暗躍、世界の指導者たちと対面していたアラン。
彼の人生は数奇なものだったのでしょう。けれど持前の「なんとかなるさ」精神で乗り越え続けてきたわけです。

年齢的にも彼の最期はもうすぐでしょう。
けれど、きっと最期まで彼は世間を人知れず騒がせ続けるのでしょうね。

拍手[0回]

井上ひさしジュニア文学館 ブンとフン

井上ひさしジュニア文学館 ブンとフン/井上ひさし
フン先生が書いた小説の主人公ブン。
なにひとつ不可能のない四次元の大泥棒ブンが小説から飛び出して大暴れ!
世界中で摩訶不思議な事件がおきて大騒ぎ……。
アンパンのヘソが蛙の腹に…、あらゆる権威や常識に挑戦、痛烈な風刺と笑いがいっぱいの奇想天外の物語。


図書館で借りてきました。
本が好き!の企画用だったので普段自分じゃ読まないような本ですね。


ソ連が存在し、東京ドームはまだなくて、月面着陸の話が登場しこの作品がはじめて発表されたのが1970年とのことなのでそれぐらいの時代背景のようです。

売れない作家であるフン先生の書いた小説『ブン』。
大ヒットとなった『ブン』から主人公である大泥棒ブンが飛び出してしまったからさあ大変。
不可能のない大泥棒は様々なものを盗みまくるようになり、世界は大混乱に陥ってしまう――。
っていう感じのお話です。

本1冊からブンが一人飛び出すので、その数なんと12万!
禁書目録あるいは超電磁砲の妹達は2万人+α(内1万人は本編初出時ですでに死亡)ですから彼女らもびっくりな数です。

ブンたちの盗むものは本当に馬鹿らしいもの(アンパンのへそを盗んでカエルにつけてみたり)から、まさに不可能のないブンだから出来ること(テムズ川の水を一滴残らず盗んで見せたり)だったりするのですが、話が進むにつれそんな盗みの様相が変わってきます。

偉い人の虚栄心だったり記憶であったりと目に見えないものへとシフトしていくのです。
それゆえに訪れる大混乱にはもうびっくり。

この本にはいくつか、きりとり線やのりしろがあるのですが思わず笑ってしまいました。
でも、時代の流れでそのシーンよりも他の部分の方が問題だよな、と思いながら読み終えました。
男尊女卑だったり、LGBTへの差別だったりそういうのですね。
まあ、当時はそれが普通だったのでしょうけどね。


『一億総活躍』って言葉が声高に叫ばれていたのがまだ耳に残っていたためオチでもある『一億総泥棒』というワードはすごく皮肉っぽく思ってしまいました。
明らかにこちらの方が先に発表されてますから意図したものではないと思うのですが。
バカバカしいぐらいぶっ飛んだ言葉遊びの楽しい作品でした。

拍手[0回]

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2017年】
12 月( 01 )11 月( 08 )10 月( 02 )09 月( 06 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR