忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ぼくの、ミギ

ぼくの、ミギ/戸森しるこ(絵/アンマサコ)
ぼくらは、今までも、これからだってずっと、
ふたりでいっそくだ。
いっしょにいなくちゃ、意味がない。

たいせつなきみを見つける小さなくつ下の大冒険
ぼくたちは、ふたりでいっそく。br ぼくのたいせつなミギを、かならず見つけてみせる。
産経児童出版文化省フジテレビ賞受賞作家の最新作!


図書館でたまたま目にしたので借りてみました。
児童書というより、絵本といった方がいい感じの内容でした。


物語は人間たちが寝静まった深夜。
小さな赤い靴下のヒダリ側である"ぼく"。
赤い靴下は三人兄弟の真ん中である男の子の靴下です。

けれど、ここのところ男の子に履かれることもなく、チェスト番地の奧の方で身を縮めていました。
だって、長いこと片方しかないって分かったら捨てられてしまいます。
小さな赤い靴下のヒダリ側である"ぼく"は唯一無二の相棒である"ミギ"を探しに家の中をあちこち探しにいきます。


人に履かれることで歩くことが出来るようになるという靴や靴下たち。
そのため、相方のいない大きな靴下ビッグは歩くことが得意でないとか(クリスマスのプレゼントが入れられる靴下だから)、
デンセン病にかかりやすいストッキングさんとか、
右も左もない決まったペアのいない通学用のハイソックス・制服シスターズとか、

なるほどわかりやすいし面白いな、と序盤は関心していました。
(デンセン病が子どもに伝わるかはともかく)


"ぼく"は家中を探す中、上の方から声をかけられます。
人間に動いてる所を見られるともう二度と動けなくなってしまうという噂がある靴下界。
"ぼく"はとってもびっくりするのですが、そこにいたのは人ではなく、立ち上がっていたはずの耳がくたりと折れてしまったうさぎのぬいぐるみでした。
うさぎは男の子のお気に入りで、耳を持って歩かれていたのでくたりとしてしまったのだとか。

うさぎから、ヒダリの手がかりを手に入れ、"ぼく"は男の子の部屋を訪れるのです。
そこで待っていたのは、少し悲しい真実でした。

序盤であった伏線は、ごめんなさい。
そういうことでなくて、お姉ちゃんの思春期的なアレコレかと思ってしまいました。
(だって、お父さんの靴下と一緒に洗濯しないで!って結構メジャーなやつですよね?)

最後の最後に、一番下の女の子・エリちゃんの言葉で新たな役割を与えられた赤い靴下の彼ら。
彼らはこれから先も、この兄弟たちを見守るんだろうなと思うとなんだか胸が温かくなりました。

拍手[0回]

ナニュークたちの星座

ナニュークたちの星座/雪舟えま(絵/カシワイ)
舞台は、地球人によるこの宇宙のどこかの移民星。子どもの目にしか見つけられない石を採取するのが仕事の、クローン少年たち。
やがて成長して、その役目を果たせなくなる時が。主人公の37922号は都会へ出て、宿舎からある日忽然と姿を消した、かつての彼の相棒を探す旅に出ました。

いまを生きる多感な10代~すべての大人たちに贈る!
ハッピーな新感覚SF★


SF苦手なんですが、この薄さなら問題ないかな?と思って図書館で借りてみました。
結果、全然大丈夫で良かったです。


物語は、帯にもある通りどこかの星が舞台。
その星では隠児石(かくれごいし)という光る石がいろんなものに使われているのです。
ただし、その採掘方法が少し特殊で。
石は子どもにしか見分けることが出来ず、見えていた子供たちも成長とともにその力を徐々に失ってしまうのだとか。

その石を採掘するために、作られたクローンたちは祖となった少年の名を取って、ナニュークと呼ばれていました。
そんなナニュークの一人である主人公の少年37922号が相棒である37923号を探しに街へ出るというお話。


SFというと大長編のイメージがあったんですが、実はこれ100ページもない本です。
途中見開きイラストだけのページや、イラストの上に文章が配されたページがいくつもある構成なので文字の量もそこまで多くありません。
30分そこそこで読み終えることが出来ました。
SF苦手な私ですが、SFらしい説明はクローンであることと、高度に発展した街並み程度の描写程度です。
これぐらいなら全然気にせず読めました。

なんといったらいいかな。
番号で呼ばれる存在というとどうしてもとある魔術の禁書目録というか超電磁砲の御坂妹たちシスターズを思いだしてしまったのです。
彼女たちとは産み出された経緯が全く違うので、似たような存在でありながらもその幸福度というか満足度?はだいぶ違うのではないのかな、と。
いや、シスターズの存在意義も徐々に変わっていくので序盤と比べると、ってことなんですけどね。

ナニュークたちは採掘できる時間を増やすためにと成長具合が普通の3倍程度ゆっくりであるとか、そういう製作者のエゴみたいなものがあるんです。
ですが、本人たちはそんなことを気にしていないんですよ。
同じ遺伝子を持つはずのナニュークたちもちょっとずつ身長や体型が違ったり、ほくろがあったりなかったり、性格が違ったりとそれぞれに個々をきちんと確立しているんですね。

それは2号3号の時代からそうだったからなのか、苦悩を乗り越えた指導役となった過去の少年たちの努力があったからなのかはわかりません。
それでも、彼らは自分は自分だと認めることが出来ているからこその、こんなハッピーな物語になったのかな、と。

とにかく気軽に読めるのに、読み終えるとほっこりするそんな素敵なお話でした。

拍手[0回]

ドエクル探検隊

ドエクル探検隊/草山万兎(絵/松本大洋)
 時代は一九三五(昭和十)年。小学校を卒業した竜二とさゆりは、風おじさんの家に招かれる。動物の言葉がわかるおじさんの家には個性豊かな動物たちがいっしょに暮らしていた。ある日、一家のもとにアンデス山脈にいるズグロキンメフクロウから手紙が届く。危急を知らせる差し迫った内容に、すぐさま探検隊が結成され、一行は南米ペルーへと向かう。
 古代ナスカ王国とは? なぜ巨大哺乳類は絶滅したのか? それは、数々の「謎」を追う大冒険の始まりだった――。

古代ナスカ王国の秘密、巨大哺乳類絶滅の謎――。
南米ペルーを舞台に、血湧き肉躍る大冒険の幕が開く!
渾身の書き下ろし×入魂の挿画 息もつかせぶスペクタル・ファンタジー誕生!!


先日、図書館の新刊コーナーに見つけたのですが、その分厚さにしり込みしていたのです。
が、ちょうど図書館側の都合で貸出期間が延長されるとのことだったので借りてきてみました。


物語はあらすじにもある通り、昭和十年が舞台です。
とはいえ、日本が舞台だったのはほんの序章にすぎず、世界へと飛び出していきます。

730ページ超の大長編ですので読み応えはすごいです。
文字サイズもそこそこ大きいですし、挿絵も多いのですがずっしりしてるので長時間持ってるのは結構辛いです(笑)
内容的には面白いですし、冒険はワクワクするし、動物たちが力を合わせてそれぞれ自分の長所を生かすさまなんかは大好きです。
ファンタジーだとわかっていても読み終えた時には非常に感慨深いものもありました。

動物好きにはぜひとも読んでもらいたい作品ではあるんですが、
非常にとっつきにくい。

そもそもこれを手に取ろうと思う子はよっぽどの読書好きですよ。
まず見た目からして第一に分厚すぎる。読み始めてみれば結構するする読めるんですよ。
でも比較的読むのが早い方だと思うんですがそれでも読了まで7、8時間かかりました。
これは読書好きでもしり込みするページ数だと思います。
(ついでにお値段も3500円+税とそこそこするので、自分で買うにしろ買ってもらうにしろハードルは高いです)

そして文体が古いんですね。思わず、古典作品を読んでいるんだろうか?と発行年(というか奥付)を確認してしまいましたから。
実際には帯にある通り、書き下ろしなんですよね。文体になれるまでちょっと時間がかかってしまいました。
視点というか、誰についての描写なのかが一瞬わからなくなるぐらいコロコロ変わるのもちょっと曲者かな。

他にも『誰に感情移入していいのかわからない』とか『最後の展開に納得がいかない』とかまあ色々あるんですが、図書館にあればぜひとも夏休みなんかの長期休みにぜひとも腰をすえて挑戦してもらいたい1冊だと思います。

そして最後に余談。
私ずっと、『ドクエル』だと思ったまま読み終えてしまいました(*ノωノ)

拍手[0回]

カレンダー

01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

ad


ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2019年】
07 月( 01 )/ 06 月( 00 )/ 05 月( 03 )04 月( 01 )03 月( 03 )/ 02 月( 00 )/ 01 月( 04 )

【2018年】
12 月( 01 )/ 11 月( 00 )/ 10 月( 00 )/ 09 月( 00 )/ 08 月( 01 )/ 07 月( 00 )/ 06 月( 00 )/ 05 月( 04 )04 月( 04 )03 月( 06 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2017年】
12 月( 03 )11 月( 07 )10 月( 02 )09 月( 06 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR