忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   

吟遊詩人の魔法 上下

吟遊詩人の魔法 上下/イラマ・C・マイヤー(訳/鍛冶靖子)
かつてエイヴァールでは、吟遊詩人の学院の<視者>たちが魔法の力をふるい、強大な権力を握っていた。だが<視者>の一部が禁断の魔法に手を染めたために争いがおき、学院は弱体化し、吟遊詩人の魔法は失われてしまった。そして年月が経ち、都では最も優れた吟遊詩人を選ぶための競技会が開かれようとしていた。秘められた魔法と陰謀。吟遊詩人の戦いを描く本格ファンタジィ。
競技会を前に、都には吟遊詩人たちが集まっていた。優勝の呼び声も高いダリエンとマーレン、女ながらに吟遊詩人をめざすリン。そんななか、当代最高の吟遊詩人ヴァラニル・オクーンが姿をあらわし、宮廷詩人に牛耳られた現政権を糾弾する歌を、人々の前で歌う……。友情と裏切り、血の呪術、秘められた来い。マキリップを思わせる、歌に満ちた世界を描きだす驚異の新人の話題作。


本が好き!を通じて出版社から頂戴しました。
本当に両者にさまさまです。


舞台は吟遊詩人がかつて魔法の力を持っていたエイヴァール。
その魔法の力は遠い昔に失われてしまったのですが、それでも宮廷詩人が権力を握り、12年に一度の競技会は大盛り上がり。
けれどそれと時を前後して、当代最高の吟遊詩人ヴァラニル・オクーンが現政権を糾弾する歌を披露し投獄されてしまうのです。

脱獄したヴァラニル曰く、現宮廷詩人のニッコン・ジェラルドは禁じられた魔法を使っているというのです。
ニッコンを止めるため、女吟遊詩人リンをはじめとした面々は過去に失われた魔法を求め旅をすることになる、というお話。


とはいえ、群像劇めいた話でもあるので、スポットライトがあたるのはリンだけではありません。
競技会の優勝者にして、過去のパートナーでありリンと行動を共にするダリエンを追う裏切者でもあるマーレン。
都の大商人の娘ながら、様々なことが重なり苦労を重ね、さらに物語の中心へと巻き込まれていく少女・リアンナ。
あたりがメインといえるでしょうか。
その他、リアンナの婚約者のネッドあたりにもそこそこスポットがあたります。


ごめんなさい。
正直、そこまでのめりこめませんでした。
結局、魔法って何なのか理解しきれなかったというのもあるし、メインであろう女性二人のどちらにも感情移入できず、そのうえ「こいつ結構好きかも」と思ったキャラにことごとく死なれてしまいまして(笑)

それでもただの令嬢でしかなかったリアンナの変貌には目を見張るものがありましたし、リンの身の振り方には驚きました。
リンの夢はかなっているわけですが、こういう夢の叶い方は不本意ではないのだろうか、とも思ってしまいました。


いつかもう一度ゆっくり読み直したいです。
作者デビュー作であるこの作品、どうも3部作の1冊目にあたるらしく。まだ2作目が発表された、ってあたりのようですがどのような展開になるのかちょっと気になります。

拍手[0回]

雪の夜は小さなホテルで謎解きを

雪の夜は小さなホテルで謎解きを/ケイト・ミルフォード(訳/山田久美子)
12歳のマイロの両親が営む小さなホテル<緑色のガラスの家(グリーングラス・ハウス)>に、ある冬の日、5人の起毛な客が現れる。彼らは全員が滞在予定日数を告げず、他 の客がいることに驚いていた。なぜ雪に閉ざされたホテルに来たのか? マイロは客の誰かが落としたと主四季古い海図を手がかりに、彼らの目的を探ることにする。それはホテルの秘 密につながっていた……? 心あたたまる聖夜のミステリ。


本が好き!さんを通じて出版社からいただきました。
時期的にもう少し前に読みたかったかなーと思いますが、まあ仕方ないですね。


宿<緑色のガラスの家>を営む、マイロの両親。
そこの常連客たちはいわゆる密輸人たち。
彼らは自身の取り扱うものに合わせて移動するため、ある程度宿を利用する時期が決まっているのです。

そんな宿に時季外れの、しかも初見のお客さんがなんと5人もやってくるのです。
客たちにはどうもそれぞれ秘密があるらしく、ひょんなことからマイロ少年はTRPG《オッド・トレイルズ》になぞらえて作り上げたキャラクター・《ブラックジャック》のネグレとして 秘密を解き明かしていくことになります。

そんなマイロの、ネグレの相棒というべき存在である少女・メディ。
彼女もまた《注解学者》のサイリンとして、謎に挑むことになるのですが、彼女にも大きな秘密があったんです。
メディの秘密は、途中で「もしかして?」と思っていたので、当たっていて良かった。


序盤の物語が動き出すまで――客たちが宿にやってきて、それぞれ落ち着くまでは少し単調というか。
ご恵贈いただいたのに読み切るのが大変かも?と思っていたのですが、泥棒が現れて盗まれたものたちを探し出そうとしはじめたあたりでしょうか。

時計はともかく、なぜメモ帳や小さな古いバッグが亡くなったのかさっぱりわかりませんから、その隠し場所を見つけ、盗まれたものに隠された秘密が明かされるうちにどんどん物語が面白くなってきたのです。
後半のスリリングな展開は、一気読みしてしまいました。


実はマイロと両親は血がつながっていません。
作中の説明によるとマイロがアジア系(というか中国系)の少年であり、それは一目でわかることなんだとか。
それでも、彼らきちんと家族です。

父・ベンも母・ノーラも客の相手で忙しくても息子の存在を忘れていることはなく、きちんと様子を見て声をかけて、クリスマスにはプレゼントを用意してと非常にあたたかな家族であ ることが見て取れます。
まあ、ノーラが作中で何度も「問題ない?」と聞いていたのは、ちょっと意味合いが違う気もするんですけどね。

どうやらこの作品、続編が発表されているようです。
とはいえそれは、2017年とのことですから、日本語で読めるようになるのはもっと先の話でしょうね。
ただ、そのタイトルがものすごく本書のネタバレくさくてちょっと笑ってしまいました。
それでもその本で再び、マイロとメディが出会えていればいいな、と思いました。

拍手[0回]

弥栄の烏

弥栄の烏/阿部智里
断末魔のような悲鳴が響き渡った――
未曾有の大地震が山内を襲い、禁門の扉がひらく。
失った記憶を必死にさがし求める日嗣の御子・若宮
真赭の薄は、浜木綿の決意に衝撃をうける。
宿敵・大猿との最終決戦がついに始まったその時、八咫烏の軍を率いる参謀・雪哉のとった作戦とは。
壮大な世界の謎が、いま明らかになる!

八咫烏と猿、最終決戦。
若宮の記憶は戻るのか
大ヒット和風ファンタジー完結


購入されているのは知っていたのですが、何かとタイミングが悪くて。
今回ようやく図書館で借りてくることが出来ました。


今回もいつも通りといっていいでしょうか。
前作玉依姫の八咫烏側のストーリーになっています。

この作品を読むことでようやく、なぜ山神の配下に八咫烏がついていたのか。
さらに、若宮や山内衆といった面々はまあともかくとして、神域に真赭の薄がいた理由などが明らかになります。

ずっと言われ続けてきた『真の金烏』が持つという初代からの記憶。
それがないゆえに、若宮は真の金烏として認められず即位できずにいたのですが、今回それがようやく解決します。
さらには猿たちとの戦いにも決着がつきます。

ラスト、大猿が若宮に求めたこと。
そして、それに対しての大猿の行動は読めました。むしろなんで若宮は簡単に大猿の話を聞いてしまったのか。
まあ若宮も大混乱の最中だったでしょうし、仕方のないことなのかもしれませんが。


私ずっと言っているんですが、このシリーズで一番好きなキャラクターは雪哉です。
今回、雪哉がたくさん登場してはいるんですが、なんというかな。
可愛げがなくなったというか、擦れてしまったというか。
きっと、雪哉が軍師であろうとしているがゆえのことなんでしょうが、ずっと気を張っている様子が見ていて痛ましい。
それゆえにラストでそれがほどかれた様子には安心しました。

……でも、茂さんの存在が大きなものだったことを思うと、今後の雪哉が心配ではあります。


ゆるやかに破滅していくことが余儀なくされた山内の世界。
若宮がただの烏になるまで、最後まで見届けたいものですね。

今回、『完結』の文字があるのですが、前巻ではそれに『第一部』の文字があったので『第二部』があるものと信じています。
現在は外伝が発表されつつあるようですから、そちらの書籍化も楽しみにしつつ第二部を待ちたいと思います。
それまでに1巻から読み返したいものです。

拍手[0回]

カレンダー

01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
12 13 14 15 16 17
19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2018年】
02 月( 03 )01 月( 05 )

【2017年】
12 月( 03 )11 月( 07 )10 月( 02 )09 月( 06 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR