忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   

ザ・ヘイト・ユー・ギヴ あなたがくれた憎しみ

ザ・ヘイト・ユー・ギヴ あなたがくれた憎しみ/アンジー・トーマス(訳/服部理佳)
少女の勇気が社会を動かす一歩になる!衝撃と感動の物語。
ギャングがはびこり、さまざまな問題を抱える黒人街ガーデン・ハイツ。そこに暮らす自分と、裕福な白人ばかりのウィリアムソン校に通う自分。
それぞれの世界での自分を仕立てて暮らしていた高校生・スターの日常は、ある夜一変してしまう。幼なじみのカリルが、白人警官によって射殺されてしまったのだ。スターの眼前で起こった恐ろしい事件は、まるで見えない力に歪められるかのように、真実とは異なって広まっていく。
悩み、怯えながらも、スターは立ち上がる覚悟を決める。
カリルの声となるために。


本が好き!を通じて出版社さんから頂戴しました。
本当にすさまじかったです。


物語の舞台は帯にある通り、黒人街ガーデン・ハイツ。
そこに暮らす16歳の黒人の少女・スターは嫌々ながら誘われたパーティに参加しました。まさかあんなことが起こるとは思わずに。
パーティで偶然再会したちょっと疎遠になっていた幼なじみ・カリルと帰宅しようと車を走らせていたところ、パトカーに呼び止められてしまいます。
それだけで済めばよかったのですが、白人警官はスターに「大丈夫か」と声をかけようとしたカリルを射殺してしまうのです。

そうこの物語は、死人に口なしとばかりに歪んで伝えられてしまうカリルを、カリルの正義を守るために声をあげた少女の物語なのです。


正直、気軽な気持ちで読み始めたことを後悔しました。
ドラッグや銃、暴動が起きて云々といった問題は日本で暮らしていては正直ピンとくるものではありません。
白人と黒人の間にわだかまる人種差別問題も、こういってはなんですが遠い世界のお話でしかありませんでした。

それでもスターは友達や恋人との関係に悩み、複雑な兄弟関係にも思うところのある等身大の16歳の少女です。
そんな少女が、傷を抱えながら、新たに傷つきながらそれでも立ち上がり声をあげる様は涙で文字が歪んで読めなくなったり、読み進めることがつらくなりページを閉じてしまったりと中々読み進めるのが辛い本でした。

470ページほどあり、普通の本より一回り二回り大きいサイズの本なのでそこそこ長く文量のある本ではありますが、けして読みにくいわけではないんです。
それでも読み終えるのに一日半ほどかかってしまいました。


スターの頑張りもむなしく、カリルを射殺した警察官が罪に問われることはありませんでした。
そこが妙にリアルで、実際そうなってしまうのでしょうが、せめて物語の中でぐらいうまくいっても良かったんじゃないのかな、と。
でもリアルだからこそこの本が全米でベストセラーになり、映画化も決まったのかなとも思います。
これが一種の問題提起として生きてくるといいのですが。


読んでいる途中は、辛かったものの読み終えた今はとてもすっきりしています。
スターは確か辛い経験をしていますが、それでも家族にも友人にも恵まれているので、彼女はこの経験を乗り越えてさらに成長していくのが語るまでもなくわかるからかもしれません。
本当に読んで良かったです。

拍手[0回]

お師匠さま、整いました!

お師匠さま、整いました!/泉ゆたか
享保十一年、茅ケ崎は浄見寺。
今は亡き夫の跡を継ぎ、桃は寺子屋で子供たち相手に師匠をして暮らしている。ある日、酒匂川の氾濫で両親を亡くした春が訪ねてくる。
すでに大人の身でありながら、もう一度学問を学び直したいという。はじめは戸惑っていた桃だったが、春の素直さと見え隠れする才能に次第に魅せられていく。
しかし、寺子屋一秀才な生意気娘・鈴が黙っているはずがなく……。
爽やかでほんのり温かい、"時代×お仕事"エンターテイメント!

見守り、育ててくれる人がいる。そのぬくもりを、幸せを、あなたはきっと思い出す。
算術も、子育ても、色恋沙汰も私にまるっとまかせなさい!


可愛らしい表紙イラストにひかれて図書館で借りてきました。
ちなみに装画はMinoruさんとのこと。


物語の主人公はお江戸の寺子屋で算数や文字の読み書きを教える"お師匠さま"である桃。
夫の仕事を手伝い、夫である数学者・清道が亡くなったあともそれを続けていました。
そんな桃の寺子屋に、とうに寺子屋を卒業している娘・お春がやってきて学び直したいと言い出して。
お春と数学の才がある少女・お鈴、桃の三人はそれぞれ数学にかかわっていくことになるが――。
といったところ。

この作者さん、見たことない方だなーと思っていたらどうもこの作品で第十一回小説現代長編小説新人賞を受賞され、この作品でデビューされたのだとか。
道理で見たことがないわけですね。


清道によって大事に、可愛がられていた桃。
しかしながら、「お桃さま」と称され仲間内に自分亡き後のことを頼まれていたなんて、プライドの高そうな桃からしたら憤慨ものですね。

お鈴の質問やら難題やらをボロが出ないように答えていく様は、中々に愉快です。
清道に見初められた経緯を思うに桃自体とても要領がいいというか地頭はいいのでしょう。
それでも、今でいう小学校の算数を教えていた桃にとって、自らも習ったことのない中学高校あるいはそれ以上の数学を教えるというのは手に余るというもの。
最終的に、自らの手元からお鈴を手放した時には驚くと同時にすごく成長したな、と。


数学には苦手意識のある身としては途中の説明を半ば読み飛ばしてしまったのですが、中々に面白かったです。
序盤から秋波を寄せていた平助と結ばれてめでたしめでたしと。
まあ、交合交合言い過ぎな気もしましたが(笑)

前述の通り、これが作者さんのデビュー作。
これがシリーズ化するのか、それとも全然違う作品を描かれるのか。楽しみです。

拍手[0回]

テディが宝石を見つけるまで

テディが宝石を見つけるまで/パトリシア・マクラクラン(訳/こだまともこ)
詩人のシルバンさんは言ったんだ。
きみが、宝石をひと粒か、ふた粒、見つけられるといいなって。br ――さて、その宝石とは?

吹雪の中、迷子になり、途方にくれる幼い兄妹。
救いの手をさしのべたのは、1ぴきの詩人の犬だった。
詩人の犬、テディが語る、小さな奇跡の物語。


図書館で借りてきました。
予定外の借り物だったんですが、すごく良かったです。


ひどい吹雪が続く中、そこで迷子になった幼いニッケルことニコラスとフローラの兄妹と詩人の犬・テディのどこか寂しくて悲しくて、でもあたたかい。
そんなお話です。

この本のページをめくると、目次よりも先に作者の言葉が書かれています。
犬は言葉をしゃべります。
でも、詩人と子どもたちにしか聞こえません。

帯にある『詩人の犬』って二通りの意味がとれると思うんです。
『詩人に飼われている犬』という意味と『犬が詩人である』という意味。
この物語に登場するテディは、そのどちらも当てはまっています。

詩人であるシルバンさんと生活を共にし、詩を解し言葉を覚えたテディもまた詩人なのでしょう。

100ページもない短くて薄い本です。
文字もだいぶ大きいので1時間もかからず読めてしまいます。

現在と過去が交差しながら降りしきる雪のように静かに描かれていくのですが、その様が美しくて柔らかくて。
不安や悲しみを覆い尽くしてそして外の雪たちよりも一足早く溶かしてしまったのでしょう。

タイトルでもある宝石は、ギラギラと光るようなものではありません。
ガラス玉のようなほんのりと柔らかな光を放つ宝石なのでしょう。

テディが宝石を見つけたときには思わず涙がこぼれそうになってしまいました。
ここのところ、図書館で借りた本を手元に置いておきたいと思うことは少なくなっていたのですが、今回はついつい値段を確認してしまいました。
ハードカバーだから多少高いけれど、これは手元に置いて何度も読み直したいです。

拍手[0回]

カレンダー

06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2018年】
05 月( 05 )04 月( 04 )03 月( 06 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2017年】
12 月( 03 )11 月( 07 )10 月( 02 )09 月( 06 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR