忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【ノベライズ】その他」の記事一覧

アイシールド21 幻のゴールデンボウル

アイシールド21 (JUMP J BOOKS)アイシールド21 幻のゴールデンボウル/長谷川勝己(原作/稲垣理一郎・村田雄介)
泥門高校のアメリカンフットボール部に入部するはめになってしまったセナ。
体力も度胸も自身もないが、その俊足だけは、誰にも止められない。
アイシールドをつけて正体を隠した彼のコードネームは、「アイシールド21」!
ジャンプフェスタで上映された特別編アニメをノベライズ。
コミックスでは描かれなかった幻の対戦に、村田雄介書き下ろしイラストも多数収録、スペシャル版で、タッチダ――ウン!


先日言っていたアイシールドのノベライズです。
アイシールドのノベライズは確かもう1冊あったと思うんですが、ちょうどjBOOKSのサイズ変更時期でこちらは大きなサイズなんですが、2冊目はコミックサイズになってるんですよね。


あらすじにもあるとおり、ジャンプフェスタで上映された短編アニメーション(多分30分ないくらい?)を小説にしたもの。
時間軸的には4巻に収録されている入部試験の時期です。
入部希望者が殺到したあとから東京タワーでの入部試験が行われるまでに間にあった出来事。

静岡代表が集団食中毒にかかり、関東大会の敗者復活戦として「ゴールデンボウル」を泥門デビルバッツと裏原宿ボーダーズで試合を行う、って話。

この一文だけでももう訳わかんないし、おかしいってすぐわかりますよね(笑)
だからこそタイトルが「“幻”のゴールデンボウル」なんですよ。
まもり姉ちゃん疑問を口にしているんですが、前日に浦原塾ボーダーズのメンバーとひと悶着あったこともあり、試合を挑むわけなんですね。


時間軸が時間軸なので、ハァハァ三兄弟はまだ自発的ではなく、脅されていたころです。
なので、十文字がセナとモン太と普通に会話していることに違和感が……。
まあそうでもしないと話が進まないんでしょうけど。
でも、だからこそ試合最中の一矢報いるためにモン太に任せたりするのは燃えるんですけどね(笑)


正直な話、あまりおもしろいとはいえませんでした。
アニメであれば、勢いでどうにかなったかもしれませんが、小説だとちょっと微妙。
多分、アイシールド21という作品自体が、小説にあまり向いていないんだと思うんですよ。

原作からして非常にスピード感や爽快感に溢れる作品です。
それを文章で表すのは相当難しいんだろうな、と。

ついでにいうと、ノベライズを担当されている方があまり上手とはいえなくてですね。
キャラクターのイメージがすでに固まっていますから若干の違和感を覚えつつも読めたってかんじ。
ノベライズとオリジナルの作品ではまたいろいろ勝手が違うでしょうから、仕方ないことなのかもしれませんが。


この作品を読んで改めて「ヒル魔すげぇ!」と。
東京タワーで入部試験を行うために、都知事の弱みを握ったりしちゃうとか(笑)
もうさすがとしかいいようがないですね。

拍手[0回]

魔人探偵脳噛ネウロ 世界の果てには蝶が舞う

魔人探偵脳噛ネウロ 世界の果てには蝶が舞う (JUMP j BOOKS)魔人探偵脳噛ネウロ 世界の果てには蝶が舞う/東山彰良(原作/松井優征)
ネウロ&弥子が笹塚刑事と街で出くわしたある日、一匹の蝶が舞う。
蝶は、笹塚に遠い日の出来事を思い出させた。10年前、南米。
笹塚は一人の少女に出会い、マフィアがらみの事件に巻き込まれる。
笹塚と少女が南米の街を疾走する! 笹塚衛士の過去を描く小説(ノベル)版!


かなり前に購入していたのにも関わらず、今回はじめて読みました。
これを読んだ今、アニメで南米が登場した理由がようやく少しわかった気がします。でももう1回アニメ見直したいなぁ。
アニメ放送当時、原作はジャンプで読んでいただけだったはずなので、あの展開についていけなかったんですよ。


あらすじにもあるとおり、笹塚さんの過去を描いた物語です。
笹塚さんの家族はサイと思われる強盗に家族を惨殺されています。
その数ヵ月後の話で、これはヒステリア事件のときに披露された銃の腕前を磨いた話であり、筑紫さんが語った事件後に姿を消したときの話でもあるわけです。


あらすじだけ読むと笹塚さんと少女――エマの逃走劇というか、そこから恋が芽生えてしまいそうに思いますが、実際は何にもなし。
エマはどうも笹塚さんというか男性を恋愛対象としてみれるほど精神的に成長していなかったのかなー、と。

冒頭はちょっと辛かったです。
たまたま外出していたがために、強盗の魔の手から逃れた笹塚さん。
妹の誕生日であったその日、変わり果てた家族の姿を見つけたのも笹塚さんだったんですよ。
20歳そこそこの青年が経験するにはかなり辛いですよね。
笛吹さんがどうにかして奮起させようとしているのもわかるのですが、傍から見たらかなり酷いこと言ってます。
この人は本当に不器用です。


笹塚さんにとって南米で経験した出来事は本当に人生における転機だったのだな、と。
この話におけるテーマは「家族」と「復讐」な訳です。
家族を殺した人物を殺してやりたいと思っていた笹塚さん。
家族を殺されながら被害者のみならず加害者の冥福をも祈るエマ。
家族を殺され復讐に生きた人物と様々なパターンが描かれているわけですが、ちょっと考えさせられました。

犯人を恨みながらも笹塚さんはそこまで堕ちていくことはできなかった。
だからこそ、ネウロ最終巻間近の話に繋がっていくわけですね。


なかなか楽しめました。
こんな感じの過去編で、吾代さんの話も読みたかったですね。
そうしたらわずかなシーンしか出てなかったのにも関わらずエライ人気のあった早乙女社長とかも出せただろうし。
でも、ネウロのノベライズはこれだけだったはず。ちょっと残念です。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

ムヒョとロージーの魔法律相談事務所 七色の魔声

ムヒョとロージーの魔法律相談事務所 七色の魔声 (JUMP j BOOKS)
ムヒョとロージーの魔法律相談事務所 七色の魔声/天羽沙夜(原作/西義之)
魔法律学校(MLS)時代、ムヒョとヨイチは、「MLS七不思議」の解決に乗り出した! 噂に聞いたビコとエンチューも加わって、四人が向かった先には…!? 他に「五嶺霊異記」「ロジロジキッチン」を収録。オリジナルストーリーで贈る『ムヒョとロージーの魔法律相談事務所』の小説(ノベライズ)版!


結構久しぶりのムヒョロジです。
今回は漫画ではなくノベライズです。あまり知られていない気がしますが、ムヒョロジのノベライズは2冊あるんですよ。


あらすじにもあるとおり、
【第一章 七色の魔声】
【第二章 五嶺霊異記】
【第三章 ロジロジキッチン】

の三話が収録されています。


まずは、『七色の魔声』
ムヒョ、ヨイチ、ビコ、エンチューの4人の学生時代の話です。
MLSの七不思議を解決して、名声や成績の加算を狙う話。

時間軸は、リオ先生がビコをかばって怪我をしたすぐ後の話のようです。
だから、リオ先生は自宅療養中で、ビコの包帯がまだ取れてませんし、ムヒョ&ヨイチはまだおちこぼれで、エンチューのお母さんはまだ生きていたけれどだいぶ悪くなってきているらしい描写があります。

なんというか、やっていることがすごく無謀です。
魔具庫の封印といちゃったりしてるわけですが、よく生き残れたなぁ、と。
まあ、生徒たちを危険から救うために七面犬がいたんでしょうけどね。

七不思議のひとつを解決しているらしい、今井さんがすごいなと思いました(笑)
この時代から不死鳥伝説あったんですね。

というか、廊下ですれ違っている「どこかの御曹司と噂の上級生」ってもしかして五嶺さんでしょうか?


次は『五嶺霊異記』
五嶺さんとエビスさんが刑を執行する話。

こちらは五嶺さんたちが本編に登場するほんの少し前の話のようです。
冒頭でエビスさんが五嶺さんに傘を差し向けるっていう描写があるんですが、身長差的に厳しくないか?と思いながら読み進めたらちゃんとその辺も言及されていました。
そうですよね。

時間軸的に仕方ないことではあるんですが、五嶺さんがかなりひどい人です。
エビスさんの扱いというのもそうですが、依頼人のもとから去るときの行動がちょっと。

でもまあ、五嶺家襲撃のあとからは少し性格が変わったようですし、ここまでひどいことはしないようになると思いますけどね。


最後は『ロジロジキッチン』
ロージーの日常めいた話。

こちらの時間軸は協会から帰ってきて1級仮面となったあとの話のよう。
2週間後ってことらしいです。

ぶっちゃけロージーが専業主婦やってる話といっていいかもしれません。
ロージーが魔法律を覚えるより先に、近所のスーパーの安売り情報を覚えるのに走ってるのは死活問題なんでしょう。
でもそれってどうなの、って思わなくもない。
底値とか、あの年齢の男の子に使われるとすごく可哀相になってしまいます。

内容的にはすごくロージーらしい話だな、と。
ロージーは優しくて、運がいいってイメージがあるので。
恩返しされたのはロージーが優しいからであり、あのタイミングで油揚げを持っていたのは運がいいとしかいいようがないですよね。


ノベライズって基本的に軽い話が多い気がするのですが、これは思っていたよりもしっかりしていてちょっとびっくりしてしまいました。
本編とは全く関わってこない話だけれど、十分楽しめました。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

カレンダー

05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ad


ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2019年】
05 月( 03 )04 月( 01 )03 月( 03 )/ 02 月( 00 )/ 01 月( 04 )

【2018年】
12 月( 01 )/ 11 月( 00 )/ 10 月( 00 )/ 09 月( 00 )/ 08 月( 01 )/ 07 月( 00 )/ 06 月( 00 )/ 05 月( 04 )04 月( 04 )03 月( 06 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2017年】
12 月( 03 )11 月( 07 )10 月( 02 )09 月( 06 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR