忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【ノベライズ】その他」の記事一覧

先生と少女騒動

先生と少女騒動/美雨季(原案/マイナスP(ワンダフル☆オポチュニティ!))
「昔、あの旧校舎で、女性とが亡くなる事件がありました」
加々峯リンは、旧校舎でメモを見つける。従姉妹の美来には、深煎りする事を止められたが、「鏡音蓮の事件」に辿りつき!?
ニコニコ動画で熱狂的な崇拝者を持つ「ワンダフル☆オポチュニティ!」のマイナスPが贈る「先生と少女騒動」が、クリプトン・フューチャー・メディア公認で、ビーンズ文庫に登場!!
痛みを伴う「本当の純愛」の結末を描いた、衝撃の問題作!!


人から借りた1冊。
こういう本は中々買える地域に住んでないので、借りられて良かったです。


この作品はあらすじにもある通り、『先生と少女騒動~第一審公判~』『先生と少女騒動-第二審-「被害者の日記」』 のノベライズです。

BGM変わりにボカロの曲はよく聞くんですが、この曲は全く知りませんでした。
マイナスPは名前だけは知ってたけど、曲は全く聞いたことないかも?ってレベルですね。
なので、いっそのこと全部読んでから曲を聞いてみようと思い、さっきこの感想を書き始める前に上の2曲を聞いてみました。

曲自体は狂気的?な感じだったんですが、小説はどちらかというと耽美系。
後半になるに従い、若干狂気が見え隠れしてましたが、前半は完ぺき耽美。
なので、リンはともかく、薫子と蓮が平成の時代の人だったことに驚きました。


小説は、曲内での少女=東條薫子の記憶と加々峯リンの現実パートの2つで成り立ち進んでいきます。
曲では薫子と蓮(=鏡音レン)しか登場しないのですが、小説にはその他に加々峯リン(=鏡音リン)、初音美来(=初音ミク)、青部海都(=KAITO)も登場しています。

交互に織りなされるそれは雰囲気が真逆で、すごい不思議な感覚でした。
耽美系ってどっぷり浸れる反面、ものすごく読んでいて疲れるのでリンパートは息抜きにはちょうど良かったです。
でも、個人的にはリンパートは最初と最後だけでも良かったかも?なんて思ってしまいました。

過去の出来事に対して迫る人物が必要だというのはわかるんですが、美来と海都の存在意義が薄いのでとってつけたような感覚が離れないんですよね。
特に美来の霊感少女っぷりにはちょっとなぁ、と思ってしまいました。

小説としての完成度は今まで読んできたボカロ小説の中では1番かな。
というか他がひどすぎるだけだとは思うんですが(汗)

バットエンドでしかなかった蓮と薫子が、十数年の時を経てようやく通じ合えたのは良かったんじゃないでしょうか。

拍手[4回]

いちろ少年忌譚

いちろ少年忌譚/黒史郎(原作/ねこふろしき)
学校が夕闇につつまれる時間(とき)――
七不思議がやってくる。あなたを殺しにやってくる。
関連動画再生数累計1,000万超!!
人気フリーホラーゲームノベル化!

を開けた者が、扉を閉めるしかないんだ
彼がやらなければ、僕らは永遠にこの黄昏刻学校から出られないんだよ
八十上学園の高校生・佐々木いちろは、放課後にこっくりさんをしていたが、ある質問をしたことで校舎から出られなくなる。閉じ込められたのは、いちろ、幼馴染のとおこ、怪しい先 輩の清丸のほか4人。
《階段のブリッジ女》《校長室のソンビ犬》……黄昏刻の学校に巣食う恐怖の七不思議といちろは戦うことになるが!?


図書館で借りてきました。
図書館もこういう本買うんならログホラ とか青鬼 とか買ってくれないかな。読んでみたいんですが。

『いちろ少年忌譚』は、帯のあらすじにもある通りフリーのホラーゲームです。
原作のねこふろしきさんのサイトで配布されているそうです。実況動画が数多くあるそうですが、私は見たことありません。
まあ、私が見る実況はフリーゲームではなくテレビゲームのものがほとんどだし、ニコニコ動画では最近はTRPGばっかみてるからなー。
(クトゥルフとか。TRPGではないかもしれないけど人狼ゲームとかも面白いですよね)

この作品はそんなフリーゲームのノベライズになります。
作者&原作者のあとがきを読んだ感じだと結構オリジナル要素が多めのようですね。
ゲーム本編では登場しないオリジナルキャラクター、ゲーム内に登場させることが出来なかった裏設定なんかが満載、らしいです。


物語はななめの時間の中に閉じ込められた少年・いちろと幼馴染みのとおこが、学校の七不思議と遭遇、戦いながら元の世界に帰ろうとする話です。
物語の舞台となる八十上学園に伝わる七不思議は他とは一風変わっています。

《怪談のブリッジ女》《理科室の魔》《女子トイレの異次元の鏡》
《校長室のゾンビ犬》《家庭科室の熱子(あつこ)さん》《三年二組の首吊り君》
そして《屋上の憑き子さん》の計7つとなります。

場所こそよくある場所ですが、怪談自体はかなりオリジナリティ溢れる感じなのは、名前だけでもわかりますよね。


読み始めて、初っ端のいちろの「趣味:こっくりさん、ギザ十集め」というものにどういう設定?と首を傾げてしまいました。
でも、これ元からの設定なんですね(笑)
それでいいのかwww

あとはそうですね。
ヒロインで幼馴染みのとおこの喋り方が想像していたよりボーイッシュというか、粗っぽくてびっくりしてしまいました。
表紙を見ると可愛い女の子なだけにちょっと残念な感じ。

もうひとりのメイン登場人物である清丸先輩ですが、この人本当に怪しすぎる。
この人がいたから、真相に近づくことが出来たんでしょうけど……。
えー、私は腐女子ですが清丸先輩といちろのCPには全く萌えませんでした。ええ。


正直、小説としては特段面白いとも思わなかったですが、まあ普通に読めます。
ぶっちゃけ、単純にホラーとして楽しむならpixivの二次創作の方が、ドキドキワクワク感があって面白いです。

ただ、ノベライズ担当の黒史郎さんがホラー系の小説ばかり書かれてる方なので安定感はありますね。

いつか、ゲームの実況動画も見てみたいなと思いました。

拍手[0回]

学校の怪談

学校の怪談 /岡崎弘明
夏休みを明日に控えた終業式の夜、取り壊しが決まり、立ち入り禁止の旧校舎に、一人の先生と数人の生徒が迷い込み、閉じ込められる! なぜか出られない校舎の中、ト イレから聞こえるのは行方不明の女の子の声、追いかけてくるのは死んだはずの用務員さん……!? 子供たちの間で囁かれる恐ろしい噂話が、現実となって彼らを襲う! ある夏の夜に 子供たちが経験する、謎と、恐怖と、友情の物語。


去年の夏の文庫フェアで購入してた1冊。
キャンペーン対象店で購入したので、カバーがナツイチバージョンだったりします(笑)
購入後すぐ紹介したかったんですが、時期を外れてしまい(どうせなら夏に読みたかった)今の紹介になりました。


去年のナツイチはAKBがキャンペーンを担当していたみたいなんですが、メインで出てるメンバー7人中3人が引退してるとかなんだか不思議な気分になりました。
時代が移るのは本当にめまぐるしいですね。


この作品は劇場版学校の怪談を元に書きあげられた1冊です。
映画版は見てないんで何とも言えないんですが、Wikipediaを見た限り、劇場版1作目と大筋は同じもののオリジナルの展開になっているようですね。
Wikipediaみたらキャラ名が違っていたりするみたいですね。

物語としては、終業式の日に小学生たちが旧校舎に閉じ込められ、幽霊に驚かされたりしながら脱出を目指すというもの。

正直、物足りなかったです。
集英社文庫で発売されていますが、内容はジュブナイルといってもいいくらい。
1時間程度で読み終えることが出来ました。
元々の映画が子ども向けだってこともあるからある程度は仕方ないんでしょうけどね。

ぶっちゃけ集英社みらい文庫でこのまま出せそうな気がします。
(みらい文庫ってラノベも再版してるから普通にいけそう)

序盤で主要登場キャラクターたちの紹介を兼ねて、ちょっとしたエピソードが描かれてるんです。
映画ならそれでいいのかもしれませんが、小説だと一気に情報が出てくるしキャラが把握しきれないまま次へ進んでしまうのでちょっと読みづらかったですね。
まあ、私の理解力が足りないだけなのかもしれませんが。

そしてちょっと気になったのは、この学校って以外と生徒数多いのかな、と。
ヒロインである亜樹が東京から田舎に引っ越してきたという説明があるんですが、それゆえに生徒数がそんなに多くないんだなと勘違いしてしまったんですよね。
実際のところ、亜樹は5年3組となってますから各学年100人はいたと見るべきなんですよね。

登場した瞬間、明らかに怪しいと思ってしまった人物を登場キャラクターたちは不思議に思わず受け入れているのでそこに疑問を覚えたんですが、よく読むとそうなるのも仕方ないのか もしれませんね。

前評判が高い印象があっただけに、辛口評価になってしまいましたが、それなりに楽しめました。

拍手[0回]

カレンダー

05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ad


ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2019年】
05 月( 03 )04 月( 01 )03 月( 03 )/ 02 月( 00 )/ 01 月( 04 )

【2018年】
12 月( 01 )/ 11 月( 00 )/ 10 月( 00 )/ 09 月( 00 )/ 08 月( 01 )/ 07 月( 00 )/ 06 月( 00 )/ 05 月( 04 )04 月( 04 )03 月( 06 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2017年】
12 月( 03 )11 月( 07 )10 月( 02 )09 月( 06 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR