忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   

EME BLACK 1口を開く魔王の迷宮

EME BLACK〈1〉口を開く魔王の迷宮 (富士見ファンタジア文庫)EME BLACK 1口を開く魔王の迷宮/瀧川武司
「海を見たい」
 少女は言った。生まれてから一度も海を見たことがないからと。
 少年は彼女の表情(かお)に見とれた。広く青い海原への憧れを映した、澄んだ瞳に。
「……ここから出たら、いくらでも見られるよ、海なんて……」
 しかし、少年――乾紅太郎は知っていた。この怪物の蠢く暗闇の迷宮から脱出することが、いかに困難かということを。
 池袋から新宿に広がる巨大な地下街(ジオフロント)。そこに突如発生し、人々を襲い始めた多数の怪物――現象生物(フェノメノン・クリーチャー)たち。原因不明の事件に立ち向かえるのは、怪異を闇に葬る秘密組織・八百万機関(エイト・ミリオン・エンジン)のGA紅とその先輩・黒部だけであった。はたして紅は少女を護り地上へと脱出できるのか?
ハイ・エッジ・アクション第一弾!


このEMEはBLACK、BLUE、REDの3つのシリーズがあります。
基本はBLUEなのかな?

BLACKは主人公である紅が高1のときの物語。
BLUEは紅が高3。
REDは時間軸的にはBLUE同じ程度で短編集です。

REDは完結しているのですが、それ以外は5巻くらいまで出るとのことだったんですが、BLACKは2005年、BLUEにいたっては2003年以来出ていません。
きっともう出ないと思うので売ろうと思います。

謎は謎のまま残っているんで気になるんですけどね。


主人公である紅は特殊能力を持っているのですが、その能力がなんか地味だなと。
“力場干渉能力”。
ようはサイコキネシスなわけなんですが、能力の限界値が自分の筋力と同程度なので、動かせるものなどが小さくて。
小説だってこともあるんですが、絶対可憐チルドレンやPSYRENなんかと比べて地味だな、と。
同じ小説であるサイコバスターズなんかだと隕石引っ張ったりしてたので、EMEでの能力はかなり地味な印象をうけます。

能力を使ったことによる代償(疲労)が他の作品に比べて大きいのも特徴かもしれません。
なので、この作品は基本ガンアクションになるんですかね。

内容的には可愛そうな少女の話です。
父の妄執に囚われてしまった少女。紅たちに見せていた姿は偽りだったと告げているのですが、一体どこまでが偽りだったのかな、と。
「海が見たい」ってとこだけは本当だったと言っていたのですが、それ以外も結構ホントだったんじゃないかな、と思います。


紅の性格がかなりツンツンしてます。
BLUEでは結構柔らかくなっているのでBLACKからBLUEの間にいったい何があったのか。
どうせならきちんと読みたかったですね。

明日はBLUEが読めたらいいな、と思います。

ブログ王 ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

拍手[0回]

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 15 16 17 18 19
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2017年】
08 月( 02 ) 07 月( 01 ) 06 月( 04 ) 05 月( 05 ) 04 月( 02 ) 03 月( 07 ) 02 月( 02 ) 01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR