忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【小説】瀧川 武司」の記事一覧

EME RED 6 BLUE MOTHER VS RED BABY

EME RED〈6〉BLUE MOTHER VS RED BABY (富士見ファンタジア文庫)EME RED 6 BLUE MOTHER VS RED BABY/瀧川武司
「紅くん口で……して頂戴……」
 絶世の美女、蒼からのたってのお願いに17歳の童貞・紅は激しく動揺した。
「……ご、く、り」
 蒼の太ももが妙に艶めかしい……。
 ああ、いろいろ緊急事態すぎます。
 チュパカブラと闘い、牛に注射をしたり、喋ると爆発しそうになったり、ぷにぷに肉人事件に巻き込まれたり、鳥の妖怪とバトったり――。
 普段仕事をしているようなしていないような、一応怪異を闇から闇へ葬る機関EMEに所属するサラリーマン高校生・紅の――やべ、忙しすぎるぜ! な毎日を描く短編集第六弾!


やっぱり、前作のBLACK3のしんみりしたラストをふきとばしてくれました。
さすが、RED。


【CASE26 やぎしゃぶり】

チュパカブラと闘う話。
ハイジおばあちゃんが強いです(笑)

おばあちゃんの訴えが聞き入れられなかったってのは、実際にありそうだなぁ、と思いました。
キャトルミューティレーションの真偽がどうのってより、人って自分の見た事以外中々信じませんからね。

ちなみにあらすじの紅と蒼さんのやりとりはこの話からです。


【CASE27 牛鬼ごっこ】

絶滅危惧種の保護指定PC・牛鬼(うしおに)に予防接種をする話。
名前だけですが、BLACK2に出てきた露草(体内で薬を作り出せるマッドドクター。謎の老人たちの命を受けていたっぽい人物)が出てきます。

確かに露草のせいで危ない目にあったわけですから、注射がいやになるのもわかります。
まあ、乱の巨大注射で何度も刺されるってのもいやですけどね。


【CASE28 字限爆男(じげんばくだん)】
良子の発明によって紅が人間爆弾になってしまう話。
100文字分喋ったら爆発してしまう、というとんでも設定の発明品が出てきます。
めちゃくちゃだな、と思いつつも中々好きですね。
数えてはいないのですが、100文字分実際にありそうですね。

そして、良子の恋心が可愛い。茜ちゃんも好きですが、良子にも頑張って欲しいです。


【CASE29 肉人】
茜ちゃんが肉人なるPCを発見する話。
表紙で良子の手のひらにいるやつがこれかな?

この話はあんまり好きじゃなかったりします。


【CASE30 八咫烏(やたがらす)】
三木也と紅でカラス退治をする話。

ヤタガラスって神さまの使いとかじゃなかったですっけ?
サッカー日本代表ユニフォームのマークの鳥もヤタガラスだったはず。
それなのに、退治しちゃうあたり凄いなぁ。
まあ、今回登場するヤタガラスは人に危害を加えてますからね。仕方ないのかもしれませんが。


【三色ショート その1 勉強開始】

紅が試験前に勉強しようとする話。
読んでて「そうそう」とちょっと懐かしく思いつつうなづいてしまいました。
そうなんですよね。勉強しようと机に向かうものも整理整頓始めちゃったり、少し休憩しようとして漫画を読みふけったり。

なんでなんでしょうね。


【三色ショート その2 睡魔戦(すいません)】
上の勉強開始と対になっているのかな?
こちらは茜ちゃんがテスト中に睡魔と戦う話。

実際、テスト中にそこまで眠くなったことってありません。
まず、文章を読むスピードが早いので数学以外は開始30分ほどで終わってましたし。
まあ、早く終わっても正解かどうかは別問題なんですけどね。


【三色ショート その3 食べる辞書】
良子の発明品「食べる辞書」の話。
食べることで内容を覚えられるという辞書。

これは途中でオチに気づいてしまいました。
オチ部分を読んで「ああ、やっぱり」と。


【OFF RED06 BLUE MOTHER VS RED BABY】
表題作。アオママと赤ちゃんたちの話。
RED3のあとがきで「相棒はお気に入り。OFF REDじゃなかったら表題にしたかった」といった内容が書かれていた覚えがあるのですが、なんでこれは表題作になってるんでしょうね。

アオママが意外とすごいことが分かりました。
とんでもないことしか考えていないようで、ちゃんとしたことも考えてるんだな、と。

流されていった蒼さんはどうしたのか……。



何度か挿絵の三木也が女の子に見えるといっていたのですが、その原因が分かったような気がします。
挿絵を描かれているのは尾崎弘宣さんって方なんですが、この方の絵だと男女の骨格に違いがないんです。

絵で男女の違いは肩幅、首の太さ、眉などがあるって何かで見た覚えがあるのですが、その辺ほとんど変わらないんですよ。
黒部などはさすがにがっしりとした男だとわかるのですが、REDに登場するようなキャラクターはそのほとんどが10代で細身です。
なので、男女の差があまりあらわされてないんでしょうね。

三木也の髪型がつるっとしたショートなので、紅と違い「男の子」と断言できないんだと思います。


次もまたRED。っていうかあとREDしか残ってないですね。
2、3冊で終わるはずなので、さっさと読んじゃおうと思います。

ブログ王 ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

拍手[0回]

EME BLACK 3血に飢えし妖刀の夜

EME BLACK (3) 血に飢えし妖刀の夜 (富士見ファンタジア文庫)EME BLACK 3血に飢えし妖刀の夜
 月が厖(ぼう)と宵闇を照らす。歩道橋の飢え、少年がロングコートの男と対峙していた。にらみ合い、二人は微動だにしない。
 男の手にはひとふりの佩刀(はいとう)。少年――紅は、EME最強の拳銃使いを屠った刺客だと、瞬時に察した。
 非番時、ジャージ姿を紅は、相手の気に押され動くこともできず、ただ自らに問う。
 ――どうすれば、生き残れる? 生き延びられる?
 最強と呼ばれるEMEのエージェントたちが次々に謎の刺客に襲われる。襲撃者は刀の使い手だった。そして、その魔手は紅と黒部にも迫る。血煙るハイ・エッジ・アクション<過去編>第三弾!


これが事実上EME最後の長編かな?
平成17年7月刊ってことは丸5年たつんですね。
このあとにRED(短編集)が出てるとはいえ、ラノベでこれだけの年月がたってしまったら続きも出ないでしょう。

有栖川有栖さんとか、田中芳樹さんとか何年もたってからシリーズの続編が出るってことがありましたけどラノベですからね。
難しいと思います。

いろいろと続きが気になるんですけどね……。
この巻を読んで余計気になってきました。


この巻では吸血鬼たちが登場します。
弱点は太陽の光。日の元に引きずり出すか、血の循環を止めるかしないと死なないなんともめんどくさい化け物です。

EMEが襲撃されそれに反撃したりするので、多くのGAたちが登場します。
なので、当時見習いだった紅はあんまり目立たないですね。

巻頭でRED2で紅が使った魔剣が登場します。
これだけでも紅の成長っぷりがわかりますね。
2年ほど前には魔剣に取り込まれてしまった紅がわずか2年ほどでそれに打ち勝ってる訳ですから。

三木也もちらっと登場します。本当にちらっとでしたが、三木也なりに紅を慰めようとしてて可愛かったです。


黒部とスミレのベットシーンとまではいかないまでも事後を匂わせるシーンがあるんですが、それなかった方がよかったな、と思いました。
スミレのイメージがそういう行為とは無縁な感じだったもので、どうも受け入れがたいというか。
別に黒部とそういう仲だってことは気にならないんですけどね。

普通に本部でコーヒー飲みながらの会話じゃダメだったのかな?と思ってしまいました。

ちらっとしか登場しないのにも関わらず、カラーになっている硝子ってBLUE2で登場したOP課の丁子さんの親族なんでしょうか。
名前や口調が似ているので、そうかなぁ、と思うのですがどうでしょう。


5人の吸血鬼たちが登場し散っていくのですが、作中では明確にはされていないもののきっと新撰組なんでしょうね。
歴史に詳しくない私が分かったので、たいていの人はわかるんじゃないでしょうか。

吸血鬼のオリジナル体・清光が沖田。
黒部と戦った之定が土方。
数に執着していた国重は多分斉藤一かな?
興友は原田だと思います。
兼常は誰だかわからないんですが、調べるのも面倒なんでまあいいか、と思って。


これ名前が違う上に途中までそんなバックグラウンドが分からないので大丈夫だったんですが、これが最初から名前出されていたらイメージが崩れてまともに読めなかっただろうな、と思います。
銀魂の影響は強すぎますorz

最後、灰となって消えていく清光にはちょっと物悲しい気分になりました。


次巻はRED。きっとそんな物悲しい気分なんて吹き飛ばしてくれると思います(笑)

ブログ王 ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

拍手[0回]

EME RED 5 ghost town

EME RED〈5〉ghost town (富士見ファンタジア文庫)EME RED 5 ghost town/瀧川武司
 恋ってなに? もてるってどんな感じ? キスって美味しい?
 経験不足の紅くんは恋に恋するおとしごろ……で、す、が。
 ちょっと年上のおねえさん。蒼にからかわれたり。年下の後輩・茜から慕われたり。幼なじみの桃からキスされそうになったり。和装のお母さんアオママに海に流されそうになったり!
 怪異を闇に葬る秘密機関EMEに所属するエージェント紅太郎は、心から叫ぶ。
「こんなの恋じゃない。ただイジられてるだけだ!」(←たぶん正解)
 いろいろ大変な紅くんの毎日と、淡い恋とたま~の任務を描く短編集第五弾!


【CASE21 アオママが行く】
アオママが上京してくる話。
この人はEMEで最強かとおもいます。
なんだろう、このメンドくささ。


【CASE22 ghost town】
紅と三木也がスライム退治する話。
スライムというとドラクエのあの青いのを思い浮かぶんですが、そんな可愛らしいものじゃないです。

三木也の財布はいったい誰から譲り受けたものなのか。ちょっと気になりました。
わざわざ触れてるってことは作者は何かしら思うところがあったんでしょうけど。

この話の1場面が巻頭にカラーであるんですが、やっぱり三木也女の子っぽく見えるんですよ。なんでだろ?


【CASE23 オギャンオス!】
オギャンオスのタイトルで分かるかもしれませんが、Ωとその妹αが再登場します。
αちゃんはブラコンなのかな?
両親に内緒で家のものを動かしたってことは、両親はΩを連れ戻そうとはしていなかったってことなのかなぁ、と。
それがいやで、αちゃんはΩを連れ戻そうとしていたのかな?とか思いました。

実際のところ、Ωは謎だらけです。けど、こいつに限ってはこのままでもいいと思います。


【CASE24 豆腐の角に頭ぶつけて殺人事件】
桃が活躍する話。
結構好きな話だったりします。
内容はタイトルそのままですね。

マフラーに対して桃は紅に文句をいうのかと思ったのですが、言いませんでしたね。無茶なこと押し付けそうなイメージがあったんですけど、それは蒼さんかな?

緑が未だ名前のみ、早く出ないかなぁ。


【CASE25 EME大辞典】
紅の体質が明らかになる話。
“変人招来体質”らしいです。
一通り読み終えたあとに瑠璃姫の天啓をもう一度みると「なるほど」となりました。


【三色ショート その1 赤ちゃん青ちゃん】
アオママの作り話。
5ページほどのショートショートなんですが、ほぼアオママの語りです。
若干読みづらいんですが、短いのでそこまで気になりません。
西尾維新さんの「君と僕の壊れた世界」だったかな?あれの電話に比べたらどうってことない感じ。


【三色ショート その2 水と鉄砲と因果と応報】
PC課課長の能力の片鱗が垣間見える話。
水鉄砲が因果応報によって鉄砲水になったってことなんでしょうが、この比例?の仕方は若干怖いものがあります。
ポケモンのがまんを思い出しましたが、あんなものとは比べ物になりませんね。


【三色ショート その3 金髪毛羽毛現】
三木也が良子の発明によってひどい目にあう話。
やっぱり三木也はハゲを気にしてたのか、と。

紅が三木也に気づいたのはたいしたものです。が、あれが本当に凶暴なPCだったら命ないよなぁ、とも思いました。

そして、陣課長が普通に生きててびっくりしました。いたんだこの人って感じ。


【OFF RED05 ツール】
タイトルがルーツじゃなくツールなのは、主人公が“あれ”だからなんでしょう。
読み終えて「ああ、なるほど」と。こういう言葉遊びじみたものは結構好きです。

良子の父親にたいしても何か仄めかされていたはず。なんだったかなぁ。



あとがきにてBLUEとBLACKのタイトルが明らかにされてます。
ポートプロジェクトや塔の事件など、作品内で仄めかされてる言葉が出てきて非常に気になります。
読みたかったなぁ。

ブログ王 ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

拍手[0回]

カレンダー

05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ad


ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2019年】
05 月( 03 )04 月( 01 )03 月( 03 )/ 02 月( 00 )/ 01 月( 04 )

【2018年】
12 月( 01 )/ 11 月( 00 )/ 10 月( 00 )/ 09 月( 00 )/ 08 月( 01 )/ 07 月( 00 )/ 06 月( 00 )/ 05 月( 04 )04 月( 04 )03 月( 06 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2017年】
12 月( 03 )11 月( 07 )10 月( 02 )09 月( 06 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR