忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【漫画】椎名 高志」の記事一覧

絶対可憐チルドレン 13

絶対可憐チルドレン 13 (少年サンデーコミックス)絶対可憐チルドレン 13/椎名高志
夏の暑さも冬の寒さにも負けない最強エスパー"ザ・チルドレン"♥
13巻は"爆笑! 恐怖のハエ男"編のほか、"ハウンドと新米指揮官"編&"さぷりめんとSP"を収録。
そして物語は、大注目の"出会い"編へ突入――!!


ちょっと間があきましたね。
こちらも、発売順からするとノベライズを先に紹介すべきでしたね。そのうち紹介したいと思います。


【1st sense. 蝿の王(1)】【2nd sense. 蝿の王(2)】
【3rd sense. 蝿の王(3)】

予知されたバイオハザードを防ぐため、チルドレンたちが頑張る話。

タイトルになっている「蝿の王」。悪魔的なあれかと思ったら全然違っていて。
まさに「蝿の王」の話でした。

というか、いくら操られているとはいえ、まさか皆本さんにスカトロ発言させるとは思いませんでした。
笑いましたけど。いろいろびっくりしてしまいました。

今回、兵部が陰ながら協力しているんです。まあ紫穂に脅迫されてってのが大きいんですが、見た目あんなんだけど兵部少佐って80オーバーでしょ?
もう枯れてもいい気がするんですが。ダメ?(笑)

最後の兵部のモノローグが気になりました。
「(額の)傷が消えるまでこの力はエスパーのためにしか使わない」。
それって、兵部の傷が身体的にも精神的にも癒えたら皆本さんたちノーマルと協力するのも吝かじゃないってことなんでしょうか。
深読みしすぎかな?


【4th sense. もののけ姫によろしく(1)】【5th sense. もののけ姫によろしく(2)】
【6th sense. もののけ姫によろしく(3)】

ザ・ハウンドの新指揮官を初音ちゃんに認めさせる話。

なんか久しぶりな気がするハウンドです。
この2人好きですよー。

明くんからしたら、皆本さんって憧れの大人なんだろうなと思って読んでいました。
頭良くて、仕事できて、見た目も良し。自分たちを導いてくれる力も持っている。
自分と同じようにチームのメンバーに振り回されていながらも指揮権は失っていない。
なんとなく女性の力が強い気がするBABELの中で、尊敬できる身近な存在だと思うんですよね。
閑話休題。

なんだかんだで、指揮官不在だったハウンドにちょっと頼りない女性新人指揮官・小鹿主任がつきます。
一生懸命なんだけど、空まわっているというか、明くんが小鹿主任のフォローに回ってしまうから悪循環に陥るというか。
そんな感じ。

ちょっと荒療治だったけれど、犬のしつけと同じように小鹿主任を自分より上位の存在であることを認めさせることで事なきを得ます。
今度は明くんがちょっと寂しそうでしたけど、まあどうにかなるでしょう(笑)


【non sense. [増補版]さぷりめんとスペシャル】
全編さぷりんめんとな話。

さぷりめんとってのは、話と話の間に収録されている4コマのこと(たまに4コマじゃないことあるけど)。
サンデー誌上ではどうなっているのかな?
さぷりめんとやるようになってからサンデーで絶チル読んでないのでちょっとわかんないのですが。

基本おまけめいた話なんですが、最近では本編の裏話というか「そのころ○○は」みたいな話もあるので、けっこう見逃せなかったりします。

今回は、チルドレン(大人ver)の3サイズだとか皆本さんと票部の身長体重なんかが明かされています。
そこまでいったら賢木先生も!って思ったのは私だけじゃないはず(笑)


【7th sense. そのエスパー、凶暴につき(1)】【8th sense. そのエスパー、凶暴につき(2)】
【9th sense. そのエスパー、凶暴につき(3)】

皆本さんとチルドレンの出会い編。

確かアニメでも出会い編やっていたような気がしましたが、それとはまた違う話。
大分前に1度見たっきりなのですっかり忘れてしまっていますが、アニメ版は確か地下鉄やマッスルが登場していたような気がします。

須磨なる主任にまるで動物のように管理されていたチルドレン。
逆らえば「首輪」から電気ショックを流されて。
しかも自分自身だけじゃなく紫穂や葵を傷つけるといわれて薫が逆らえるわけもなく。

リミッターの出力を上げるように言われてもそんな状況に皆本さんが従うはずもないですよね。

その様子を見ていたチルドレンは、皆本さんに電気ショック機能を解除させて……。
ってところで今巻は終わり。

そして過去編突入前の皆本さんと局長たちの会話が実は結構大事だったりします。
「予知に基づいて未来を変えると別の何かが必要になる」というもの。
トレーラーが事故を起こし死者20名を出す→ヘリコプターが墜落し軽症者3名を出す、とかってことですね。

さて、過去編の結末はなんとなく覚えていますが楽しみです。

拍手[0回]

絶対可憐チルドレン 12

絶対可憐チルドレン 12 (少年サンデーコミックス)絶対可憐チルドレン 12/椎名高志
特務エスパー3人娘・"ザ・チルドレン"!
犯罪組織%黒い幽霊(ブラック・ファントム)%との死闘は、さらにヒートアップ!!
強い洗脳を施された第二の刺客が送り込まれた――戦いの中でさらに深まる3人の絆…熱さ満載の第12集。
ほんわかエピソード"ランチをめぐる冒険"も収録♥


不二子さんの一言で、兵部×皆本が再燃しそうです(笑)
個人的に賢木×皆本の方が好きなんですが、どちらもあんまりないんですよね。
私の探し方が悪いだけかもしれませんが。


【1st sense. 黒い幽霊(ブラック・ファントム)(5)】【2nd sense.黒い幽霊(ブラック・ファントム)(6)】
VSバレットの続き。

黒い幽霊に操られ、攻撃を続けるバレット。
兵部を力をもってしても洗脳(ヒュプノ)をとくことが出来なかったことから、兵部はバレットを殺すことを決めたところに薫がやってきて、ってところからです。

チルドレンと皆本さんは彼をとめようと頑張ります。
しかしながら、バレットの力は強く、苦戦を強いられます。

膠着状態に陥ったチルドレンに、皆本さんは切り札をきります。
それは「トリプルブースト」からの「強制解放(フォース・オブ・アブソリューション)」。黒い幽霊の洗脳を破壊するんです。
が、それは薫がエスパーの女王としての覚醒を促すものでもあって。
……皮肉なものですね。

洗脳のとけたバレットは過去の記憶と超能力を失ってしまいました。
最後の皆本さんのセリフの通り、未来だけでも残ったのはよかったんでしょうね。


【3rd sense.ビー・マイ・フレンド(1)】【4th sense.ビー・マイ・フレンド(2)】
【5th sense.ビー・マイ・フレンド(3)】【6th sense.ビー・マイ・フレンド(4)】
【7th sense.ビー・マイ・フレンド(5)】【8th sense.ビー・マイ・フレンド(6)】

VSティム。

黒い幽霊の新たな刺客がやってきます。ティム・トイ。
バレットの能力が鉛なら、こちらはおもちゃ。

幻覚とサイコキネシスを同時に使うことでただの車を変形ロボのように見せる能力。ニセモノだからとバカには出来ません。
幻覚だと頭ではわかっていても、攻撃をくらってしまうと体がブロックやぬいぐるみに変わってしまったりするわけですね。

別行動をしてい薫が到着し、ブーストでティムを解放するんですが、このときのティムの扱いがかなり悪いなぁ(笑)
薫がいないときに2人をいじめたからですかね?

で、このとき現場にかけつける際に、新型戦闘機1台ダメにしてるんです。
その借金は皆本さんのものとなり、彼は一生政府の、ひいてはB.A.B.E.Lのものってことらしいです。


【9th sense.ランチをめぐる冒険(1)】【10th sense.ランチをめぐる冒険(2)】
小学校で遠足にいく話。

お弁当を楽しみにしているチルドレン(というか薫)だったんですが、ひょんなことから転がっていってしまったんです。

それを原因となった東野くんと一緒に探す話なんですが、かわいかったです。

紫穂が「東野くんが薫ちゃんを女の子として意識してしまったら」云々言って、ちさとちゃんが焦るというか怒るんですが、東野くんは大丈夫だと思うなぁ。
いや、ドキくらいならするかもしれませんよ?
でも、結局彼が好きなのはちさとちゃんだし、ちさとちゃん以外とどうこうなるってことはないと思うのです。

なんだかんだいってちゃんとチルドレン3人のリクエストを叶えてあげてる皆本さんが偉いなと思いました。
ていうか、皆本さんって20歳そこそこですよね?こんな女子力高くてどうすんでしょうね。

そういや、この話ってハヤテとネタかぶったんでしたっけ?だから、ハヤテの方の高尾山編の最後はオチが違うんですよね。


おまけのその後のバレットとティムの話も好きです。
この2人可愛いです。というか、バレットってもうちょっと年上のイメージあったんですけど、この頃ってまだそこまで大人っぽくないんですね。

楽しかったです。
ちなみに再燃しかけた不二子さんの一言は「あいつ「チルドレン」とあんたにご執心だもんね♡」でした(笑)

拍手[0回]

絶対可憐チルドレン 11

絶対可憐チルドレン 11 (少年サンデーコミックス)絶対可憐チルドレン 11/椎名高志
怖いものなしの特務エスパー3人娘・“ザ・チルドレン”!
そんな彼女たちを襲った驚愕の事実!! そ・れ・は、皆本の女性問題…?
皆本と“キャリー”の純情を描いた感涙のエピソード「面影」に涙し、“兵部”をも凌駕する犯罪組織“黒い幽霊(ブラックファントム)”との激闘に手に汗握る、大興奮の第11集。
ガンガン加速する3人娘の成長から、もう目が離せないッ!!


ぱらぱらーとめくっていってキャリーにバレットが登場していてテンションがあがりました。


【1st sense. 面影(1)】【2nd sense. 面影(2)】
【3rd sense. 面影(3)】【4th sense. 面影(4)】
【5th sense. 面影(5)】【6th sense. 面影(6)】

皆本さんの元にコメリカ時代の彼女がやってくる話。

ところどころにギャグを挟みつつも、本筋はシリアスな恋愛話です。
能力開発の過程で偶発的に生まれたキャロラインの別人格“キャリー”。

キャリーは、皆本さんが大好きで。
でも、キャリーとキャロラインが1つになってしまうとその気持ちも変質してしまうらしくて……。
ちょっと切ない話でした。

というか、キャロラインってもしかして年上?
院生ってあったし、皆本さんってスキップしてるはずだし。
だから、皆本さんの評価が「可愛い」だったのかな?

キャロラインが見た「皆本を包む天使」=薫のようなのですが、これはクイーンの力を暗示しているってことなのかな。


【7th sense. 黒い幽霊(ブラック・ファントム)(1)】
【8th sense. 黒い幽霊(ブラック・ファントム)(2)】
【9th sense. 黒い幽霊(ブラック・ファントム)(3)】
【10th sense. 黒い幽霊(ブラック・ファントム)(4)】

殺し屋・黒い幽霊が来襲する話。

今はもう影チルとしてティムと一緒に頑張っているバレッドです。
この頃はまだ、黒い幽霊の洗脳化にあるわけですね。

兵部はチルドレンたちを遠ざけて、汚れ仕事を請け負おうとします。
兵部の気持ちもわかります。

チルドレンたちは確かに力があります。が、まだ10歳の少女たちでしかないんですよ。
いずれはその手を血で汚すこともあるかもしれません。
ハガレンのエド(というか国家錬金術師)のように命令されれば、兵器として出動しなければいけないことになるのかもしれません。
でも、なるべくなら……、そう思うのは自然なkとですよね。

兵部の力をもってしても洗脳はとけませんでした。
真木ちゃんの制止を振り切り、薫が戦いの場に乱入!ってところで次巻へ続きます。

なんとなくは覚えていますが楽しみです。

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

カレンダー

05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ad


ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2019年】
05 月( 03 )04 月( 01 )03 月( 03 )/ 02 月( 00 )/ 01 月( 04 )

【2018年】
12 月( 01 )/ 11 月( 00 )/ 10 月( 00 )/ 09 月( 00 )/ 08 月( 01 )/ 07 月( 00 )/ 06 月( 00 )/ 05 月( 04 )04 月( 04 )03 月( 06 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2017年】
12 月( 03 )11 月( 07 )10 月( 02 )09 月( 06 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR