忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【漫画】椎名 高志」の記事一覧

絶対可憐チルドレン 7

絶対可憐チルドレン 7 (少年サンデーコミックス)絶対可憐チルドレン 7/椎名高志
超能力者(エスパー)の存在が、国家および世界の勢力図を一変させる時代に登場した最強の美少女超能力者“ザ・チルドレン”!!
念力で物体を動かせるサイコキノ(念動能力者)・明石薫る、空間を瞬時に移動できるテレポーター(瞬間移動能力者)・野上葵、触れた相手の情報を読めるサイコメトラー(接触感応能力者)・三宮紫穂。
そんな3人組と最凶の超能力者・兵部京介が、ついに全面抗争へ――――


2ヶ月ぶりくらいなら大したことないと思うことにしました。そういう作品が多すぎる。
半年とか開いたら久しぶりと思うことにします。


【1st sense いつか王子様が(3)】
前巻の続き。変身した末摘さんと皆本さんが一緒にいるところにチルドレンがやってきて――という話。

末摘さんが蕾管理官の命令でチルドレンの10年後の姿に変身するんですが、それぞれ自分の10年後に対する評価が低い。
というか辛辣。きっと同族嫌悪なんだろうなぁ。

管理官の「チルドレンと皆本をくっつけちゃおう作戦」は皆本さんの理性もさることながら、チルドレンがお子さますぎてまだ成功しなさそうですね。
これがナオミちゃんくらい大人なら話は変わってくるんでしょうけど。


【2nd sense 葵まつり・京都ぶらりテレポート(1)】【3rd sense 葵まつり・京都ぶらりテレポート(2)】【4th sense 葵まつり・京都ぶらりテレポート(3)】【5th sense 葵まつり・京都ぶらりテレポート(4)】
葵ちゃんとケンと皆本さんの3人で京都に行く話。

そういや、外人って差別用語か何かになるんだよなーと。
「黙っとれガイ○ン!!」と伏せ字にされてて思い出しました。
本当は「外国人」っていわなきゃまずいらしいですよ。

今回は世界遺産をあらす自称アーティストのコメリカ人エスパーを捕まえます。
なんというか、ケンが邪魔。

ケンがいない方が任務的にもうまく行ったんじゃないのかな、と思いました。


【6th sense タッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(1)】【7th sense タッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(2)】【8th sense タッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(3)】
「葵まつり・京都ぶらりテレポート」の東京サイド。東京に残った薫と紫穂、賢木先生の話。

メインは2人のサイコメトラーですね。
賢木先生はレベル6、紫穂はレベル7。高レベルのサイコメトラーって立場から見ると今回のタイトルはすごく意味深です。

賢木先生は大人げないなぁ、と思う反面、自分の轍を踏んでほしくはないと思っているのでしょうね。
そして、皆本さんみたいな「良き理解者」に子供のころに出会えたってことを羨んでみたりとかしてるんだろうなぁ。
賢木先生の性格がああだからわかりにくいですが、いろいろ考えてるんだろうな。

賢木先生と紫穂で教授を救うわけですが、そこはとくに触れなくてもいいかな。
この2人のタッグはなかなか強力だと思いますよ。

で、やっぱり疑問に思うこと。
賢木先生はいつ能力に目覚めたんでしょう?
今回の背景に使われているカットは小学生だってことがわかりますが、その「ぐだぐだ」が超能力に関するものなのか明言されてないんですよね。
もしそれが超能力に関するものだとして、レベル6である賢木先生が特務エスパーとして働いていなかったことにすごく疑問があるのですが。
だって、チルドレンが生まれてある程度成長するまで実質国内最高レベルだったわけでしょう?
当時そこまでレベルが高くなくて(それこそレベル2くらい)成長とともにレベルがあがったとか?もしくは親が反対したとかでしょうか?
うーん、よくわからん。


【9th sense パンドラからの挑戦状(1)】【10th sense パンドラからの挑戦状(2)】
パンドラの電波ジャックを防ごうと奮闘する話。

冒頭で薫が東野くんとちさとちゃんをからかうんですが、読んでてにやけてしまうくらいかわいい。
いやーいいですね。幼なじみカップル。
なんだかんだ言ったって東野くんはちさとちゃんのこと好きですからねー。

電波ジャックの犯人はパンドラのエスパーで電磁波義兄弟ことエレキ・照とマグ・熱人。
もう名前だけで能力がわかりますね。さすが使い捨てキャラ。

電磁波義兄弟はチルドレンたちの映像を凶悪そうに加工して流すわけですが、それにチルドレンたちがキレて――ってところで次巻へ。

管理官と皆本さんに何か考えがあるようですね。

おまけマンガにはふきました。
紫穂ちゃんの性格がもうすごいですね。
本当にイイ性格してます。



次巻は今年中に紹介できればいいかな?

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

絶対可憐チルドレン 6

絶対可憐チルドレン 6 (少年サンデーコミックス)絶対可憐チルドレン 6/椎名高志
そう遠くない未来、超能力者(エスパー)が当たり前のものになり、しかし、普通人(ノーマル)との軋轢が完全になくなったわけではない世界。ついに猛攻を開始した反人類の超能力テロ組織・パンドラに、最強の特務エスパー「ザ・チルドレン」の3人と天才科学者・皆本光一はどう立ち向かうのか!? パンドラ第一の刺客、澪&コレミツとの一戦を描いた「パンドラの使者」他4編を収録。

微妙に間のあいてしまいましたね。
皆本さんと賢木先生がホントに仲良くて微妙に楽しい。

【1st sense. パンドラの使者(4)】【2nd sense. パンドラの使者(5)】
チルドレンVS澪、賢木VSコレミツ。

前巻の続きです。
なんか賢木先生がかっこ悪い。
いや、そんな賢木先生も好きですけどね。

澪は部分テレポートが得意なテレポーター。
その能力を応用して分身してるらしいです。皆本さんが理屈を説明してますが、ぶっちゃけよくわからん。
まあ、わからなくても特に問題はなさそうなので、そのまま進んでしまいます。

澪が薫に突っかかる理由は嫉妬。
家も家族も恋人も薫にはあって、自分にはないと思ってしまったんですね。

澪の今までの生活を考えるとそう思ってしまうのも仕方ないのかもしれませんけど、実際は『何にでもなれるしどこにでも行ける』んですよね(笑)

オチの皆本さんと賢木先生の会話には笑ってしまいました。


【3rd sense. 荒野のエスパー(1)】【4th sense. 荒野のエスパー(2)】
パンドラサイドの話。

なんか最近の兵部と比べるとかなり印象が違いますね。
すごく子どもっぽい。

自分自身を神と仄めかしちゃうようなちょっと痛い人になってますからね。
コレミツに関しては、口うるさくないと澪の世話なんて出来ないよと思いますよ。

「無口だと思ったからつれてきた」→口うるさい人が嫌だった→口うるさい人=真木ちゃん?
とか考えてしまいました。

薫に似た地元の少女はまた登場したらおもしろそうだな、と思いますが、きっと登場しないんだろうなぁ。


【5th sense. 浅き夢見し(1)】【6th sense. 浅き夢見し(2)】【7th sense. 浅き夢見し(3)】【8th sense. 浅き夢見し(4)】
【9th sense. いつか王子様が(1)】【10th sense. いつか王子様が(2)】
蕾管理官登場編。

見た目年齢20代の彼女ですが、実年齢は兵部より上。
ほんとこの漫画の見た目年齢ほどあてにならないものはないですね。

管理官は伊号の最悪の予知(皆本さんが破壊の女王となった薫を撃つ)を回避するために「皆本とチルドレンがデキてしまえばいい」と思っている人なので、チルドレンたちの味方をします。
でもまあ、チルドレンたちがまだまだ子どもであることも事実。
まだ皆本さんとどうこうってことには程遠い感じ。

賢木先生と皆本さん、仲いいなーとか思ってみてました。
比較的出番の多いサブキャラ・末摘さんも登場してます。
末摘さんの能力は催眠能力(ヒュプノ)。催眠能力者ってこの人と兵部くらいしかでてないんじゃないのかな?
まあ合成能力者が主流になってきますから仕方のないことかもしれませんね。

ガラスの仮面ネタは今の子わかんないんじゃないのかなーとか思ってみてました。

次巻は催眠能力で10年後のチルドレンの姿をした末摘さんと皆本さんが一緒にいるところにチルドレンがやってくる模様。
また一波乱ありそうですね。

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

絶対可憐チルドレン 5

絶対可憐チルドレン 5 (少年サンデーコミックス)絶対可憐チルドレン 5/椎名高志
そう遠くない未来、超能力者(エスパー)の存在が当たり前のものになり、しかし、普通人(ノーマル)との軋轢が完全になくなったわけではない世界。最強の超能力者・チルドレンと普通人の少年の淡い恋を描いた「ガール・フレンズ」編をはじめとする3篇を収録した、超能力少女育成コメディー、第5巻!!


結構久しぶりな気がしたのですが、実際は1月ぶりなんですね。
てっきり何ヶ月も紹介していない気がしていました。

【1st sense. ナショナル・チルドレン(2)】【2nd sense. ナショナル・チルドレン(3)】【3rd sense. ナショナル・チルドレン(4)】
コメリカとの合同任務にあたります。

メアリーとケン、そしてグリシャム大佐の登場です。
コメリカって聞くと失笑してしまうのはなんでだろ。
なんか気が抜けますよね。

グリシャム大佐が無断で離脱してしまい、それを追いかけるかたちになるのですが、その目的は水底に沈んでしまった村を一時的に引き上げること。
戦争が終って65年とありますから、大佐が助けられたのはそれより数年前だろうと思うのです。
およそ70年前越しの恩返し。

こういうのいいなぁ。


【4th sense. ガール・フレンズ(1)】【5th sense. ガール・フレンズ(2)】【6th sense. ガール・フレンズ(3)】【7th sense. ガール・フレンズ(4)】
志穂と葵がデートするのを監視、妨害する話。

本気で大人気ないです。桐壺局長。
兵部さんを近づけさせたくないのはわかりますよ?
でも同年代の子どもたちとのデートくらい……って思うのですが。

とばっちりを受けたAチームの皆さんが可哀相です。

本気で志穂と葵ちゃんに惚れてるっぽい男の子たちですが、この子たちってこのあと登場してましたっけ?
まったく覚えてないってことは出番ないんだろうな。

東野くんとちさとちゃんの幼なじみカップルはかわいいです。


【8th sense. パンドラの使者(1)】【9th sense. パンドラの使者(2)】【10th sense. パンドラの使者(3)】
皆本さんがパンドラのメンバーに誘拐される話。

澪とコレミツが登場します。
澪の登場ってこんなに早かったんですね。

賢木先生と皆本さんホント仲いいな。
というか、賢木先生の方が年下っぽい。
いや、皆本さんがしっかりしすぎってだけなんでしょうけどね。

コレミツ襲撃時の、皆本さんと賢木先生のやりとりが好きです。
澪に手出したらきっとこういう状況になるんでしょうけど、さすがに賢木先生も澪には手出さないでしょうからこういう状況になることはないですね(笑)

チャットしてる時のアバター(?)、ロボットぽいのが真木さん、猫が紅葉さん、カエルが葉くんかな?
若干口調に違和感があるのですが、シルエットといい、幹部っぽい感じといいきっとこの3人なんでしょうね。

澪が超能力で分身し、チルドレンそれぞれと1対1の状況を作り出したところで次巻へ。
澪の能力は変則的なテレポーターなわけなんですが、チルドレンがどう打破していくのか楽しみです。

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

カレンダー

08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

ad


ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2019年】
07 月( 01 )/ 06 月( 00 )/ 05 月( 03 )04 月( 01 )03 月( 03 )/ 02 月( 00 )/ 01 月( 04 )

【2018年】
12 月( 01 )/ 11 月( 00 )/ 10 月( 00 )/ 09 月( 00 )/ 08 月( 01 )/ 07 月( 00 )/ 06 月( 00 )/ 05 月( 04 )04 月( 04 )03 月( 06 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2017年】
12 月( 03 )11 月( 07 )10 月( 02 )09 月( 06 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR