忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【漫画】椎名 高志」の記事一覧

絶対可憐チルドレン 10

絶対可憐チルドレン 10 (少年サンデーコミックス)絶対可憐チルドレン 10/椎名高志
超度(レベル)7の巫女エスパー、セラとの死闘がついに決着!!
小学5年生に進級した3人娘(チルドレン)の前に兵部京介が現れ、緊急事態に!!
さらに美人女子高生エスパー・梅枝ナオミの大活躍などを収めた怒濤の第10集!!


ちょっと久しぶりの絶対可憐チルドレンです。
表紙はナオミちゃんです。


【1st sense.国王陛下のチルドレン(4)】【2nd sense.国王陛下のチルドレン(5)】【3rd sense.国王陛下のチルドレン(6)】
オババさまVSチルドレン。

国王陛下と巫女セラの結婚を認めてもらおうと戦います。
えっと、この巫女ってセラでいいんですよね?
目次ページの「前巻までのあらすじ」だとサラになってるんですよ。私の持っているの別に初版じゃないんだけどなー。

勝負はなんとも力の抜ける終わり方をします。
ちょっと気になったのは超度7の説明。

「超度は6を超えると計測不能」つまり「計測不能=超度7」ってことのよう。
99の力まで計測できるとしたら100でも1000でも計測できないから超度7と判定されるってことなんですね。
何度も読んでいるはずなんですが、読み流していたみたいですね。

薫たちの未来。
あの予知をしているのは伊号だけではないんですね。
歴代おばばさまたちもそう予知し、兵部がそれを知るのは伊-八号なる物体から情報を得ているからのよう。
それの正体はこの巻の最後のわかるのでそのときにでも。

兵部曰く、不二子さんの考えは間違っていないんだとか。でもチルドレンたちはまだ子供すぎるので早すぎるってことらしいです。


【4th sense.絶対可憐ワイルド・キャット(1)】【5th sense.絶対可憐ワイルド・キャット(2)】【6th sense.絶対可憐ワイルド・キャット(3)】
非行に走ったらしいナオミちゃんを監視する話。

えっと、冒頭の賢木先生のつっこみはたぶんほとんどの人がしたんじゃないかな。
なんでおっさんのシャワーシーンなんて描写あるんでしょう。これが皆本さんや兵部、賢木先生あたりならそこまで気にならないかと思うのですが、谷崎主任だからなぁ。

……ナオミちゃんはもう谷崎主任訴えればいいんじゃないかな?と思いました。
ストーカーであり、セクハラでパワハラでともういいとこないじゃん。
そんな最低な谷崎主任でもちゃんと感謝の念を覚えるあたり本当にナオミちゃんはいい子です。

二面性がありすぎますけどね(笑)


【7th sense.とっておきの日(1)】【8th sense.とっておきの日(2)】【9th sense.とっておきの日(3)】【10th sense.とっておきの日(4)】
兵部少佐とチルドレンが遊園地に遊びに行く話。

チルドレンたちが4年生から5年生へ進級し、それのお祝いと称してデートというかおでかけというか、そんなことをします。

学ランじゃない兵部という珍しいものが拝めますよ。
これ、体格的にも趣味的にも葉くんが貸したんだろうなぁ。
桃太郎も再登場してます。ちなみに私の脳内では桃太郎はちゃんと釘宮ボイスで再生されてます(笑)

チルドレンたちは、強い超度のエスパーであるがため遊園地で遊ぶということができなかったよう。
この世界は高超度エスパーに対する制限がけっこうあるんですよね。
それだけエスパーがすごいってことなんでしょうが、遊びたい盛りの小学生であるチルドレンが遊園地にも行ったことがなかったってのがちょっと悲しかったです。

遊園地で遊んだあと、皆本さん家でご飯食べたりともう兵部がやりたい放題なんですが、やってることは間男な兵部を見張っていた真木ちゃんが可哀想でした(笑)

兵部の過去も少し明かされています。
額の傷の理由、犯罪者としていきることになったであろう原因などがわかります。
そして、伊-八号の正体も。

伊-八号は死んだイルカの脳。伊九号の仲間のエスパーイルカで、兵部がパンドラのリーダーとして世界を滅ぼすという予知がなされていたのですね。
だから、危険を排除するために慕っていた隊長に殺されかけたってことらしいです。
皮肉にもそのときの銃弾が原因で複数の能力に目覚めたってようですけどね。

あまりにもさらりと語られていますが、そう簡単に語れるようになるまでは長い時がかかったんだろうなぁ。

実は、チルドレンと皆本さんが出会って(というか担当になって)1年がたったのだとか。
その記念に、と写真フレームがついたオルゴールが残されます。
それを見て過去に思いを馳せる未来の薫たち。
本当にこれから先どんな未来が待っているのか気になります。

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

絶対可憐チルドレン 9

絶対可憐チルドレン 9 (少年サンデーコミックス)絶対可憐チルドレン 9/椎名高志
ますます絶好調の最強特務エスパー“ザ・チルドレン”!!
待望の第9巻は個性的なキャラが続々登場――超能力少年“タケシ”の運命は!? 銀行を襲うパンドラの“兵部”“澪”“マッスル”の目的は!?
そしてインパラヘン王国“パトゥラ17世”の野望は!?
さらにメイド服の美女“末摘花枝”の驚愕の新事実も明らかに……!!


今回の表紙は賢木先生ですね。
この人と皆本さんの大学時代がすごく気になります。
いつかやってくれないかな。


【1st sense.ギフト・オブ・チルドレン(3)】【2nd sense.ギフト・オブ・チルドレン(4)】【3rd sense.ギフト・オブ・チルドレン(5)】
超能力に目覚めたばかりの少年・タケシくんの話。

前巻は能力が発動したところで終わったんでしたか。
それの続きから始まります。

タケシくんはいつも威張り散らしているガキ大将のもとに向かい、仕返しをしようとします。
ガキ大将とその仲間、カードをとられていた少年は国民的アニメのキャラクターを彷彿とさせますね。
というか、明らかにそれがネタ。セリフとか結構そのまんまだし。
タケシくんもタケシくんで某有名アニメに登場する戦闘民族みたいになってます。この辺は元ネタわかりやすいですね。

過ぎる力を子どもの喧嘩に使っちゃダメですよね。

タケシくんのお父さんがちゃんと超能力を理解を示せる人でよかった。
「普通の人々」の協力者らしいとされていたので、どうなることかと思ったのですが。

そういや、これってアニメだとお父さんテレビ出演しているところに皆本さんたち迎えにいってませんでしたっけ?

「普通の人々」の北練馬支部にはびっくりしてしまいました。
いったいどれだけ支部があるんだか。そして支部があるってことは本部もあるってことですよね?

チルドレンたちは皆本さんから新しいリミッターをプレゼントされてます。
これがこれからいろいろと大事になてくるんですよね。
そして、賢木先生のトリプルブッキングは自業自得です。


【4th sense.スキャンダルの館(1)】【5th sense.スキャンダルの館(2)】
管理官の別荘に遊びにいく話。

えっと、メンバーはチルドレンと皆本さん、ダブルフェイスと賢木先生、ナオミちゃんと谷崎さん、局長に柏木さん、ハウンドの2人とあとは末摘さんに屋敷の主である管理官の総勢15人?
多いな。

まあ、明くんと局長とかほとんど空気だし、賢木先生はそうそうに意識刈り取られているし、実際動いているのはそう多くないのかな。

この話は皆本さんの恋バナ伏線と、末摘さんの素顔についてがメインなのかな。
正直、高レベルの精神感応系エスパーである紫穂と賢木先生にどれだけ効いているのかがちょっと気になりました。

とりあえず、賢木先生の扱いが悪すぎて笑ってしまいました。


【6th sense.マジック・ガールズ(1)】【7th sense.マジック・ガールズ(2)】
パンドラの澪たちと協力して銀行の金庫から脱出する話。

銀行の金庫室にエスパー犯罪者が来るという予知があり、それを防ぐためにチルドレンたちが出動するんです。
そこにやってきたのはパンドラの澪とマッスル。

あらすじでは兵部も来たみたくなってますけど、今回兵部は澪を影から見守っていたってだけですよね。
なんかニュアンス違う気がする。

「普通の人々」の手によって、金庫内に閉じこめられて徐々に空気を抜かれていっていまうという状況で一時的に協力することに。

そのときに、マッスルに皆本さんを襲わせる必要はあったのか……。
澪もドン引きしてますけど。
オカマキャラだからこそありな話ですよね。

リミッターの新機能・トリプルブーストでなんとか脱出します。

兵部の「正しければ」云々はかなり意味深。
今後いろいろあるんだろうなぁ。


【8th sense.国王陛下のチルドレン(1)】【9th sense.国王陛下のチルドレン(2)】【10th sense.国王陛下のチルドレン(3)】
インパラヘン王国のバトゥラ17世の要請をうけて、インパラペン王国のエスパーと戦う話。

冒頭の東野くんとちさとちゃんの幼なじみカップルに思わずにやけてしまいました。
東野くんがものすごく「小学生男子」って感じで。もうにやけずにはいられませんよね。

レアメタルには残留思念が残りやすく、王国の巫女はサイコメトリーを使ってレアメタルの結晶「賢者の像」に宿る代々の巫女たちの力を引き出しているってことらしいです。

皇太子と今代巫女・セラはお互い好きあっているにも関わらず先代の巫女・マサラに交際を反対されるんです。
いくつか理由はあるんですけど、ノーマルとエスパーであること、年齢差があることなどがチルドレンたちには人事じゃなくて。

古の作法にのっとって、エスパー対決に勝てば交際を認めるというマサラの言葉に従って対決する、ってところで次巻へ。

改めて読むとこの作品では様々な情報が小出しにされていることがわかりますね。
対決の結果はなんとなく覚えていますが楽しみです。

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

絶対可憐チルドレン 8

絶対可憐チルドレン 8 (少年サンデーコミックス)絶対可憐チルドレン 8 /椎名高志
最高レベルの超脳力を持った、特務エスパー3人娘“ザ・チルドレン”!!
その3人の前に1匹のモモンガ“桃太郎”が現れ、緊急事態発生。
桃太郎の過去と薫、兵部の過去が交錯する長編「逃亡者」、超能力少年“タケシ”が登場する「ギフト・オブ・チルドレン」ほかを収録した絶好調第8集!!


前巻を紹介したときに「次は年内に紹介できたら」とかいってますが、普通に紹介できましたね。これで今度こそ年内最後かな?


【1st sense.パンドラからの挑戦状(3)】
VS電磁波義兄弟の続き。

テレビの電波ジャックをやって偽の特務エスパー情報を流していたんです。その情報のあまりの酷さにチルドレンがぶちぎれて……ってところでしたか。

皆川さんが毒電波にやられているんですが、毒電波と聞くとフルーツバスケットの花ちゃんを思い出します(笑)
もうこの作品のヒロインって皆本さんでいいんじゃないか、ってくらい守られてますね。

そして「真実はこれでーす」とされている特務エスパーはもうエスパーというより、魔法少女ですね。
逃亡者の冒頭での話なんですが、内容的にはこっちなのでこっちで語らせてください。


【2nd sense.逃亡者(1)】【3rd sense.逃亡者(2)】【4th sense.逃亡者(3)】【5th sense.逃亡者(4)】【6th sense.逃亡者(5)】【7th sense.逃亡者(6)】【8th sense.逃亡者(7)】
戦前の軍の研究施設跡から実験動物が逃げ出す話。

結構、シリアスな話なはずなんですが、笑ってしまいます。
皆本さんって別に小さいわけでもなんでもないのに、初音ちゃんに小動物扱いされてたりしてます。

そして、皆本さんが管理官から所持することを強要されているものが明らかになります。
「高出力熱線銃(ブラスター)」。銃のきかないエスパーを殺すために開発された別名「エスパー・ハンター」。伊号の予知で薫を撃つ銃がこれなんですよね。

それがわかっているから皆本さんは持つことを嫌がるわけですが、管理官は何か思うところがあるようですが、皆本さんは嫌がるよなー。

逃げ出したエスパー動物――戦争のためにエスパーとされたモモンガ・桃太郎。
人間に作られ、人間(というかノーマル?)を憎む桃太郎。
皆本をかばったからだとはいえ、明くんに怪我をさせてしまった桃太郎を皆本の立場としてはそのままにしておけないんですよね。

自分たちと桃太郎をかさねてしまう薫たちの気持ちもわからなくもないんですが、難しいですよね。

結局、桃太郎は兵部少佐というかパンドラで保護することに。
パンドラならエスパーしかいないだろうし、人間を傷つけたから云々の問題も気にしないでしょうからね。

兵部少佐を撃てなかった皆本さん。
頭がいい人だから、兵部を殺すことは仕方ないことだとはわかってはいるんです。
でも、それを子供たちの前で出来るか、と聞かれたら皆本さんには無理だろうなぁ。
良くも悪くも皆本さんは優しすぎるんですよね。

その優しさはチルドレンたちにはいいんでしょうが、これから先のことを考えるとどこかで非情にならなければいけないのかもしれません。
でも皆本さんには優しいままでいてほしいなぁ。

マッスルに貞操を狙われる皆本さんには笑ってしまいました。
兵部少佐が皆本さんを助ける形になってるんですが、このシーン兵皆好きの腐女子としてはすごくおいしいです(笑)


【9th sense.ギフト・オブ・チルドレン(1)】【10th sense.ギフト・オブ・チルドレン(2)】
学校でのESP検査の様子と検査の結果が気になる子の話。

ESP検査が普通に行われる話なんですよねこの作品。
賢木先生がエスパーだとわかったのもこの検査が原因だったらしいです。
幼児のころからではなくても賢木先生がエスパーとして目覚めたのは小学生のころっぽいですから、やっぱり子どものころに特務エスパーやってないことが疑問なんですよね。
まあ、いいや。

チルドレンたちの検査結果はもちろんレベル7。
問題は3年生のタケシくん。

エスパーではないけれど数値が異常に高い。
つまりはもうすぐエスパーとして目覚めるかもしれない、しかも潜在能力はレベル6以上と強力である、と。

そんなタケシくんの様子を見るという目的で、タケシくんの家に遊びにいくわけです。
小学生男子が超能力に興味ないわけないし、結構細かな説明まで聞いているわけですが、タケシくんのお父さんに問題があって。

反エスパー団体「普通の人々」の支援者で、「超能力が世界を破壊する」なる本の著者。
そんな家庭環境で超能力に目覚めてしまったら……。

タケシくんがエスパーとして目覚めて……ってところで次巻へ。
目覚めたばかりだから、まだ能力が固定されておらず、サイコキネシスやテレポートを使えているよう。
彼が結局どんな能力の持ち主になるのか、そしてお父さんはどんな反応をしめすのか楽しみです。

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

カレンダー

08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

ad


ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2019年】
07 月( 01 )/ 06 月( 00 )/ 05 月( 03 )04 月( 01 )03 月( 03 )/ 02 月( 00 )/ 01 月( 04 )

【2018年】
12 月( 01 )/ 11 月( 00 )/ 10 月( 00 )/ 09 月( 00 )/ 08 月( 01 )/ 07 月( 00 )/ 06 月( 00 )/ 05 月( 04 )04 月( 04 )03 月( 06 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2017年】
12 月( 03 )11 月( 07 )10 月( 02 )09 月( 06 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR