忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【漫画】椎名 高志」の記事一覧

絶対可憐チルドレン 16

絶対可憐チルドレン 16/椎名高志
新しい学校に新しい友達、広がってゆく世界。
エスパー普通人(ノーマル9を取り巻く現実に向かい合いながらきれいごとだけでは済まない社会の中でたくましく成長を続ける薫、葵、紫穂の3人娘はどんなオトナになってゆくのか!?
皆様の温かいご声援を受けて、チルドレン、ついに進学。
大注目の中学生編スタート!!


結構久しぶりの気がする絶チルです。
前巻の紹介が今年の5月とかちょっと間があいてしまいましたね。


【1st sense. 犯行作戦第一号(1)】
【2nd sense. 犯行作戦第一号(2)】

チルドレンが小学校を卒業し、皆本さんのもとから離されそうになる話。

まあ、色々あってチルドレンと皆本さんは一緒に暮らしていました。
能力的にもコントロールがうまくいくようになったわけですから、「家族のもとに」って話はわからなくはないんですよね。

そうなると、紫穂と葵は実家に。家族が芸能人で不規則な生活になってしまう薫はバベルの寮にって話だったんですね。
小学生時代ならともかく、中学生でそれはどうなんだってことですね。

まあ、話はわかるんですが、そうなると葵だけ京都になってしまうわけです。
個人的には、チルドレンとしてチームを組んでいる以上、3人まとめておいたほうがいいと思うんですけどその辺どうなんでしょう?
だって、任務の度に一人長距離移動させて合流して――って話になるわけですよ。
まあ、任務前の移動はヘリだとかを使うんでしょうけど。

結果的に、感情の高ぶりからか葵の能力が暴走してしまい、「成長期の不安定なレベル7は今までどおり管理下におくように」というお達しが下ったようです。
チルドレンたち、本当に嬉しそうでした。


【3rd sense. スクール・デイズ(1)】
【4th sense. スクール・デイズ(2)】
【5th sense. スクール・デイズ(3)】
チルドレンたちの中学校生活がはじまり、薫が陸上部に勧誘される話。

悠理ちゃん登場回でもありますね。
初期の悠理ちゃんがなんとなく好きになれないのは何故だろう?

中学校になると部活動が本格化しますからね。
有望そうな新入生に目をつけるのは基本か。

この世界におけるスポーツについて触れられるのってこれが初かな?
超能力が普通に存在しているこの世界において、エスパーがスポーツをするのは中々難しいようです。
観戦すら制限があるようですが、まあそうですよね。

例えば、テニスの試合でテレパシーを使って相手の思考を読み取ってしまえば試合を有利に進めることができるでしょう。
テレポーターなら消える魔球をリアルで再現することができるでしょうし、
射撃で銃のクセなんかをサイコメトリーして完璧に扱ってみせることが出来るのは紫穂が実証済みです。
他にも重量あげなんかで、ばれないようにこっそりサイコキネシスを使っていたらずば抜けた記録が出るでしょう。
そう考えるとそれがプレイヤーだとしても観戦者だとしても制限があるのは仕方ないことなんでしょうね。

リミッターは高レベルエスパー相手だと全てを封じることはできないし、高レベルエスパーでも無効化できるECMを使ったとしても、ECCMなんてものもあるし、費用的な面でもそうとう大変でしょう。
そう考えると、スポーツはノーマルのためのものとなってしまうのは仕方ないのかもしれないなぁ。

薫は自分の意思で部活動を行わないことを決めるわけですが、皆本さんったらからかわれてることに気づかず悩んでいるのでちょっと可哀相でした。


【6th sense. シャドウ・オブ・ザ・チルドレン(1)】
【7th sense. シャドウ・オブ・ザ・チルドレン(2)】
【8th sense. シャドウ・オブ・ザ・チルドレン(3)】
【9th sense. シャドウ・オブ・ザ・チルドレン(4)】
影チルプロジェクト始動話。

以前、チルドレンたちと戦った、黒い幽霊(ブラック・ファントム)の刺客だったティムとバレットたちが再登場しています。
時間はかかったけれど、2人の洗脳はとけたってことのようです。
ただし、記憶は戻っていません。
けれど、チルドレンたちに助けられたことは心のどこかでわかっているってことらしいです。
なんかいいですよね。そういうの。

影チルとはつまりは影武者ですね。
元々は九具津が担当する予定だったらしいのですが、九具津がパンドラに寝返ったんで、凍結されていた計画だったらしいです。
九具津の代わりにティムの能力「おもちゃを操ること他」でチルドレンたちに似せて作られた人形を操作し、光学迷彩を着たバレットが警護するっていうことですね。

ティムの知識が変に偏っているので、ものすごくおかしなことになっていました(笑)
一生懸命なのはわかるんですけどね。

怪しい少女も現れて、なんだか不穏な雰囲気です。


【10th sense. ファントム・イン・パラダイス(1)】
ちさとちゃんの誕生日を祝おうとする話。

まあ、1話しか収録されてないんで導入話です。
なんでも今までチルドレンはちさとちゃんの誕生日パーティーを開こうとしたものの、急な任務が入ってしまってかなり悲惨なことになっていたそうです。

いくら仲がいいとはいっても、他人の家で家主たちがいないのに騒げるわけないよね(笑)

予定をいれないようにスケジュールをくんだチルドレンたちでしたが、重大な事件が発生するという予知されて?ってところで今巻は終了。

今回ほど間をあけずに次巻を紹介したいです。

拍手[0回]

絶対可憐チルドレン 15

絶対可憐チルドレン 15/椎名高志
己の肉体をガス化する黒い幽霊(ブラックファントム)の刺客・パティとの死闘に決着。
そして、任務中に負傷した皆本が子供になってしまう"オーバー・ザ・フューチャー"編を経て、「絶チル」小学生編は感動の卒業式へ……
時の流れと共に変わるもの、変わらないものが交錯する感動の第15集!!


5月ももう終わりなんですが、今年全然小説読めてないです……。
この調子だと普通に無理そうなんでちょっとペース上げてきたいです。


【1st sense. ファントム・メナス(4)】
【2nd  sense.  ファントム・メナス(5)】
【3rd sense. ファントム・メナス(6)】
VS黒い幽霊・パティ。

前巻の続きです。
あらすじでパティの能力が「ガス化」になっているんですが、ガスでしたっけ?
私ずっと粒子状になれる、だと思っていたんですが。
うーん、私の勘違いだったのかな?

戦いは終始、パティ有利ですすみます。
が、最終的にはパンドラメンバーたちとともにブーストしてパティを黒い幽霊の呪縛から解き放ちます。
しかし、それは完璧なものではなくて。

それが、チルドレン3人が揃っていなかったからなのか、薫が本調子じゃなかったからなのかは不明です。

この時の薫の記憶は兵部の手によって消されてしまいます。
薫がカズラやカガリと再び出会うのはもうちょっと先の話です。


【5th  sense オーバー・ザ・フューチャー(1)】
【6th sense. オーバー・ザ・フューチャー(2)】
【7th sense. オーバー・ザ・フューチャー(3)】
【8th sense. オーバー・ザ・フューチャー(4)】
【9th sense. オーバー・ザ・フューチャー(5)】
【10th sense. オーバー・ザ・フューチャー(6)】
【11st sense. オーバー・ザ・フューチャー(7)】
皆本さんが記憶を失って小学生になってしまう話。

正確にいうと、とある超能力者によって10年分記憶を壊された皆本さん。
兵部はそんな皆本さんの記憶年齢と外見年齢を合わせた、と。

チルドレンたちと学校生活を満喫する皆本さんが可愛くて、可哀相で。
というのも、記憶を失った皆本さんにとっては「今」は学校をやめさせられたばっかり、ってことなんですね。

天才である皆本さんは、天才であるがゆえに周りから浮いてしまい、教師たちから突き放された。
だからこそ、チルドレンや東野くん、澪あたりとワイワイやってるのは相当嬉しかったんだろうなぁ。

そんな幸せを満喫する皆本さんを誘惑しにやってきた兵部。
もし、皆本さんがあのまま記憶を失っていたらいったいどうなっていたんでしょうね。

確かにあの未来予知は訪れないかもしれません。
だけど、それ以上にひどいことが起きるんじゃないかな、と漠然と思いました。

というか、兵部のあの提案は相当酷いですよね。
葉くんや真木ちゃんが作中で怒ってましたが、あれは殴ってもいいレベル。


そしてあらすじにもあるとおり、チルドレンたちが卒業式を迎える、ってところで今巻は終了。
うわー、次巻から中学生編? ってことは悠理ちゃん登場かな?
楽しみです。

拍手[0回]

絶対可憐チルドレン 14

絶対可憐チルドレン 14/椎名高志
いつでもどこでも大の仲良し、最強特務エスパー"ザ・チルドレン"
14巻は、3人娘(チルドレン)と皆本とのファースト・コンタクトを描いた"出会い"編が完結!
禁断のエピソード…"その通りになるのです帳"で爆笑!!
薫が澪に寝込みを襲われる…"ファントム・メナス"でドキドキ!!


昨日、何故か怖くない幽霊の話(=感動系)を読んでいるうちにいつの間にか怖い話にシフトしてて、続きが気になって気になって。
丑三つ時まで起きてました(笑) 起床6時なので超眠いです。


【1st sense. そのエスパー、凶暴につき(4)】【2nd sense. そのエスパー、凶暴につき(5)】
【3rd sense. そのエスパー、凶暴につき(6)】【4th sense. そのエスパー、凶暴につき(7)】
チルドレンと皆本さんの出会い話後半です。

この当時のチルドレンのすさみっぷりが半端ない。
まあ、動物のように(というかそれより酷いかも)管理され、痛みでさからうことを許されず、すさむなという方がおかしいんですよ。

予知にもとづいて火災現場に向かったチルドレン。そこで爆発に巻き込まれて須磨主任のもとから逃げ出します。
しかし、そう簡単には脱走できません。
というのも須磨主任、ジャケットにも電気ショックを搭載していたんですね。紫穂あたりが気づいてもいい気がしますが、まあいいや。

一方、皆本さんも桐壺局長に引っ張られて現場入り。

九具津さんもちらっと登場してますが、相変わらずモガちゃん好きですね。
でも初音ミクや綾波レイのフィギュアもあるんで、美少女モノならなんでもいいのかもしれないなぁ。
閑話休題。

暴走する薫でしたが、皆本さんにほだされてどうにか事故現場が鎮火させることに成功します。
皆本さんにとってはそれが普通なんだろうけど、薫からすると優しくされることに慣れなくて本当に猫みたいです。
紫穂と葵からしてみると、薫がほだされた時点で皆本さんは警戒する対象じゃなくなるんだろうな。

ちょっと気になったこと。
ダブルフェイスや賢木先生はヘリでチルドレンのもとに向かっているんですが、賢木先生はそこに皆本さんがいたこと気づいてるんだろうか。
普段の賢木先生ならなんか一言二言ありそうな気がするんですが。
まあ、いっか。

そうして、2度目の「はじめまして」をしたチルドレンと皆本さん。
こういうのいいです。


【5th sense. その通りになるのです帳(1)】【6th sense. その通りになるのです帳(2)】
【7th sense. その通りになるのです帳(3)】
DEATH NOTEパロ。

その名も「その通りになるのです帳」。
書いたことがその通りになるんですが、能力的にはかなりしょぼくて。

「巨万の富を手に入れる」で「1000円発見」ですからその程度がわかるかと思います(笑)

チルドレンたちはお互いの目をかいくぐっていかにして「皆本さんをひとりじめにする」と書き込むかを試行錯誤しています。
怖いけど、可愛いですね。

その裏で、兵部は皆本さんに化けてBABELに潜り込みます。
狙いは自身のデータを書き換えることだったわけなんですが、最初管理官にキスするのかと思いましたよ。
実際全然違いましたけど(笑)
この2人は姉弟みたいなもんだからだと今ならわかるんですけどね。


【8th sense. ファントム・メナス(1)】【9th sense. ファントム・メナス(2)】
【10th sense. ファントム・メナス(3)】
薫とパンドラのメンバーが黒い幽霊(ブラック・ファントム)のエスパーに対抗する話。

任務の最中にケガをして安静を言い渡された薫は1人留守番してました。
そこに澪がやってきて連れ出されるわけですが、その理由はなんとも物騒なものでした。

小型ジェットを爆発させて黒い幽霊のエスパーをいぶりだし、倒そうというもの。
他の乗客の安全なんて考えていないあたり、パンドラとBABELでは考え方が違うんだなぁ、と考えさせられてしまいました。

そんなこと、皆本さんのもとで育てられている薫が許せるわけなく。まずは乗客の救出から始めたようですが、本当に爆発させた意味ないなぁ。

カズラとカガリの2人がちゃんと登場するのは今回が初かな?
カズラはテレポートペースの合成能力者。体を触手に変化させて敵を拘束したりすることが出来るわけですね。触手はサイコメトリーも使えるとのこと。
カガリは複合能力者。念能力(サイコキネシス)、火炎発火能力(パイロキネシス)、ついでに予知能力(プレコグ)と結構もりだくさん。

ついでに紅葉姉さんの能力も説明されています。テレポートペースの合成能力者で空間固定が出来るとのこと。
怪力はその応用らしいんですが、いまいちよくわかりません。

黒い幽霊のエスパーはあのパティです。そういや、最初敵だったんですよね。
すっかり忘れてました。

戦いがはじまる、というところで今巻は終了。
テレポーターばかりのこの戦いですが、どうなるかはなんとなくしか覚えていないので次巻が楽しみです。

拍手[0回]

カレンダー

05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ad


ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2019年】
05 月( 03 )04 月( 01 )03 月( 03 )/ 02 月( 00 )/ 01 月( 04 )

【2018年】
12 月( 01 )/ 11 月( 00 )/ 10 月( 00 )/ 09 月( 00 )/ 08 月( 01 )/ 07 月( 00 )/ 06 月( 00 )/ 05 月( 04 )04 月( 04 )03 月( 06 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2017年】
12 月( 03 )11 月( 07 )10 月( 02 )09 月( 06 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR