忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【小説】七穂 美也子」の記事一覧

1/2のヒーロー 鵺の巻

1/2のヒーロー 鵺の巻 (コバルト文庫)1/2のヒーロー 鵺の巻/七穂美也子
伝説の妖怪「鵺」を祓ってほしい――。
ある神社からの依頼を受けた“神殺しの巫女”聖。
とりあえず形だけ神事をこなせばいいと、ちょっとした出稼ぎのつもりで譲葉と従兄の鷹矢とともに現地を訪ねた。
しかし聖は鷹矢に告白されたことで、どうにも心落ち着かず…。
そんな中、目の前で謎の「光」に襲われる住民が続出する。
聖の新たな“ギャンブル”の相手の正体は!?
新・怪感ファンタジー!


前巻の土蜘蛛の話と続いてます。

鵺というとキメラみたいな複数の動物が合わさったような妖怪を想像するんですが、この本で扱われるのは寂しげな声で鳴く妖鳥、としてです。


表紙の弓をひく聖がかっこいい。
後ろの鷹矢がちょっと意味深な感じなのは本物じゃないからなんですが、あんまりいうのもどうかと思うんでちょっと自粛。

子どもたちのが金儲けに関してうまいってことは前巻でも軽く触れられてましたが、今回もそういう面が出てました。
百目の巫女たちは本当に頭がいいですね。頭のいい子は好きです。


今回はあまり賭けって感じがしませんでした。
どちらかといえば、聖の心の葛藤の方が印象に残りましたが、それもそこまで重くはないし。

BL的な要素としてはかなりの発展しました。
けどまだ流されてるだけかなぁ、って感じはしますが。


美少年・ユキちゃんのビジュアルが楽しみだったのですが、全く出てきませんでした。
そのおじいさんなんかは出てるんですけどね。うーん。

作中で血まみれの女性が出てくるんですが、その正体とそれに対するユキちゃんの言葉に「確かに」と思いました。
そうなんですよね。
鵺の正体が「恐怖」でトラウマや後ろめたい事を強制的に思い出させるのに、あの人には鵺はただの光にしか見えなかった。
イコール、罪の意識なんて微塵もなかったってことじゃないですか。なんか他にもいろんなあくどいことしてそうです。
基本的にこの話って怖くはまったくないんですが、ここだけは意味は違うかもしれませんが、ちょっと怖いな、と思いました。

ブログ王 ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

拍手[0回]

1/2のヒーロー 土蜘蛛の巻

1/2のヒーロー 土蜘蛛の巻 (コバルト文庫)1/2のヒーロー/土蜘蛛の巻
「人生はギャンブルだ」がモットーの高校生、瑞垣聖。
大学生の従兄の鷹矢に誘われ、従妹の譲葉と東京へやってきた。
憧れの都会での日々、なにより焦がれてやまない彼との時間に胸を高鳴らせていた聖。
ところが、じつはかれらが“神殺しの巫女”であるとの噂を聞きつけたとある筋から、妖怪退治をしてほしいとの依頼が来ているらしく…!?
人生を賭けた勝負がはじまる。
新怪感ファンタジー!


この巻のあらすじにはそれっぽい表現が出てきましたね。
買うとき1巻のあらすじしか見なかったからなぁ。

あ、さっさと読んで奥に片付けちゃうことにしました。しばらくこのシリーズの感想が続くと思いますがご容赦ください。

<第二話 付喪神の章>と<第三話 土蜘蛛の章>が収録されてます。

つくも神好きですよ。というかしゃばけシリーズに出てくる屏風のぞきが好きなんですが。
畠中恵さんの書くつくも神は生意気なんですが憎めなくって、可愛らしいんです。
閑話休題。

第二話は日陰村での話なので鷹矢はでてきません。
百目様を追い払ってしまったがための弊害が出てきました。
以前は百目様に伺うだけでよかったのに、百目様なき今は人力で探すしかありません。
「鼻が欲しい」ってだけで、鼻緒の切れた下駄の付喪神だとわかるなんて、ちょっと無理あるんじゃないかなぁ、と思いました。
人外のもの、ってのはわかってもそこまで飛躍した思考にはならないんじゃないかな、と。
鼻緒の切れた下駄だからこそ、「結ぶ」ということに過剰反応したんですね。


第三話は東京に遊びに行く話。
東京の地下鉄は確かにごちゃごちゃしてますよね。
修学旅行で行ったのですが、地図の読める子のいない班は中々に苦労したようですよ。


安倍晴明が登場しますが、私の頭の中では少年陰陽師でほぼ固定されているので、若干違和感が。
まあ、銀魂よりはマシですけどね。
銀魂読んだあとに新撰組の登場する作品とか読める気がしませんもん。
あそこまで強烈な印象を与えられる作品ってなかなかないと思います。そう考えると銀魂ってすごいな。


土蜘蛛の軍団はリアルに想像したら気持ち悪いので、想像しないようにしながら読んでました。

聖が、鷹矢に関することだけ小学生並ってのは、『置いていかれた』って思いが強すぎるからなんでしょう。
えっと、聖と鷹矢が3歳差ですか?
中学進学とともに村を出て行ったみたいですから、当時9歳とか。……傷つくかもしれませんね。

焦りすぎて失敗するってのはともかく、それを従妹にさらっと相談しちゃう鷹矢に驚きました。
中学生の女の子、って一番そういうことに興味がありつつ、嫌悪感を覚えるんじゃないかと思うんですが、そういうのないんですかね。
“譲葉”だからってことなのかもしれませんが。うん。きっとそういうことなんでしょうね。


次巻は作中で話だけ出ていた『鵺』の話みたいですね。
鵺といえば、キメラみたいな方しか知らなかったので、どういう扱い方をされるの楽しみです。
ついでに、聖が鷹矢に対してどうするのかとかも。

ブログ王 ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

拍手[0回]

1/2のヒーロー

1/2のヒーロー (コバルト文庫)1/2のヒーロー/七穂美也子
瑞垣聖。高一。
好きなもの――ギャンブル。
「人生はギャンブルだ!」と口癖もあざやかに、さまざまな賭けをしかける日々。
そんなある日、いとこの大学生の鷹矢が突然東京から六年ぶりに帰ってきた。
瑞垣家が氏子総代をつとめる百目神社の“巫女”になるというのだが、聖は御神体である「百目様」の正体に疑問を持ち……!?
この世とあの世の因縁を解き放つ、勝負(ベット)。
新怪感ファンタジー!


これは古本屋でシリーズ全部売られているのを見つけて表紙を見て、上のあらすじを読んでシリーズタイトルを見て、自分好みだったため買ったものでした。
妖怪好きのツボをことごとくとらえているというか。

この巻に収録されているのは、<第一話 百目の章>、<番外編 最初のギャンブル>、<番外編 赤まむしの章>の3話。


第一話でハラハラドキドキほろりとして、1つ目の番外編でほんわかして、2つ目の番外編で「え、BL!?」と驚愕しました。

上の表紙を見て、あらすじを読んでBLだとわかる人がいたらすごいと思います。
いや、七穂さんの他の作品を読んだことがある方ならわかるのかもしれないですけど、読んだ事のない私はまったくわかりませんでした。


表紙に女の子がいる時点でBLとは思いにくいですよねぇ。
BL=表紙は男(の子)2人ってイメージがあります。

ここ数年、コバルトなんて読まなかったのでコバルトは少女向けとBLが混在してるってことをすっかり忘れてました。
何年か前に千代菊でも同じような失敗してるんですけどね。当時、BLを受け付けなかったのでびっくりしたものです。

確かホワイトハートは背表紙が違うんですよね。レーベルロゴの背景が微妙に違ったんじゃなかったかなぁ、と。
コバルトも住み分けきっちりしてくれればいいんですけど。

私自身はもう別にいいんです。BLだろうがNLだろうがGLだろうが、ある程度までならどうってことなくなりました。
けど、私はあくまでも隠れ腐女子なので妹や弟に見つかるとヤバイんです。
今まで普通に本棚に並べてたのですが、兄弟たちが勝手に本を持っていくのでどこかに隠さないとまずいですね。


さて、そろそろ本編の感想を。
普通におもしろかったですよ。
百目様なる神なのか妖なのかすら定かではないものを神としてまつり、憑坐として子どもを捧げる。
現代まで続く忌むべき因習を打ち切ろうと奮闘する話ですから。

聖と譲葉と鷹矢のいとこ3人が本当に仲がいいから途中辛かったです。
年上である鷹矢が犠牲になることで聖と譲葉を助けることになるわけなんですが、納得できるわけがないじゃないですか。

けど、大勢の犠牲を生むかもしれないといわれたら抵抗も難しい。
そんな重大な局面で賭け事にはしれる聖は本当に度胸がすわってます。

この話、1話はBL要素皆無なんです。ただ仲のいい兄弟みたいなイトコってだけでそこに恋愛感情は見出せません。
<最初のギャンブル>も同様。鷹矢が村を出て行ったあとの聖武勇伝を譲葉が語るかたちですから。
<赤まむしの章>ではじめてそういう表現が出てくるので、ちょっと唐突ではありました。

わざわざBLにする必要があったのかは、ちょっと疑問です。
BLって読む人を選ぶというか読めない人って多いじゃないですか。おもしろいのにもったいないなぁ、と思いました。
BL大丈夫って人にはオススメです。

ブログ王 ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

拍手[0回]

カレンダー

05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ad


ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2019年】
05 月( 03 )04 月( 01 )03 月( 03 )/ 02 月( 00 )/ 01 月( 04 )

【2018年】
12 月( 01 )/ 11 月( 00 )/ 10 月( 00 )/ 09 月( 00 )/ 08 月( 01 )/ 07 月( 00 )/ 06 月( 00 )/ 05 月( 04 )04 月( 04 )03 月( 06 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2017年】
12 月( 03 )11 月( 07 )10 月( 02 )09 月( 06 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR