忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【漫画】福地 翼」の記事一覧

うえきの法則 11、12

うえきの法則 11/福地翼
チーム戦である二次選考に臨む、植木達。
二次選考当日、五人は神の遣いの指示に従い、鈴子の別荘に集まって、待機していた。
ところが、現れた神の遣いによって告げられた、選考の内容は思いもよらぬもので…!?
新たなるバトルが、いよいよ始まる!!
うえきの法則 12/福地翼
いよいよ始まった、三次選考!
残る25人の能力者が一堂に会し、第一試合スタート!!
早速、戦うことになった植木達5人は、今までと桁違いな強さの相手に直面するのだが…
初戦のグラノチーム戦、佳境へ!!
そして、植木には大きな変化が訪れようとしていた…


多くの方々は今日が仕事納めでしょうか。
私の勤める会社は明日が仕事納めなんで、それがすぎればまだ大分楽になるかなーと思いますが、どうでしょう。
それにしても12巻表紙の森可愛いですね。


11巻には
【第96話 アイス】【第97話 出発!!】
【第98話 開始…!!】【第99話 敵の能力(ちから)】
【第100話 知恵VS(たい)力!!】【第101話 連携プレー】
【第102話 ケンカ】【第103話 最強タッグ】
【第104話 本当の強さ】【第105話 リーダー戦】
が、12巻には
【第106話 決意の強さ】【第107話 戦士達の急速?】
【第108話 激突!植木VS(たい)李崩!!】【第109話 力と器】
【第110話 監獄ライフ】【第111話 マリリン戦、開始!】
【第112話 植木の作戦】【第113話 強さの違い】
【第114話 最善の戦い方】【第115話 互角の戦い?】
が収録されています。


内容的には二次選考から三次選考第二試合途中まで。

植木たちは前巻でヒデヨシを勧誘していましたが、勧誘した理由というのは二次選考がち5人までのチーム戦だったからなん ですね。


二次選考に関しては、ぶっちゃけてしまうとくじ。
一次選考を突破したメンバーは25人。
チーム数的には7チーム。
植木チーム、グラノチーム、マリリンチーム、カプーショチーム、バロウチーム。
そしてチームではなく個人で参加する李崩とロベルトで7チームですね。

二次選考はアイスのあたりくじ。
あたりを選んだチームはシードとでもいいましょうか。
二次選考を免除されて、三次選考に進むことが出来るってことなんですね。

あたりを選んだのは李崩とロベルト。
他の能力者たちはチームバトルで総当り戦です。

まずは植木チームVSグラノチーム。
グラノチームは森曰く、「勘違い芸術家軍団」。
いろいろとバカだろ、お前らって感じなんですが、一次選考を勝ち抜いただけあって結構強い。
リーダーの「模型を実物に変える力」とかある意味、夢かもしれない(笑)

今回、森の冒険とでもいいたいぐらいいろんなバトルに巻き込まれてるんですが、森って未だ能力不明な状態なんですね。
それでも生き残れているあたりすごいです。

グラノの考え方「弱いものは強いものの役にたつしかない」ってのは植木たちからしたら到底受け入れられないものですから、植木が怒るのもよくわかりますね。


グラノチーム戦後、李崩と植木の手合わせが行なわれているんですが、李崩の言葉になるほどなーと思わされました。
言われてみれば、植木の戦い方は能力に頼りっきりなんですよね。
トリッキーな攻撃をしてみたりすることはあるけれどそれはあくまでも能力を利用してのもの。
能力と体術を組み合わせて云々ってのはありませんでした。
この時点では植木は李崩には敵わないわけですが、それでもいい経験になったと思います。


そして、李崩と手合わせから一夜明けてマリリンチームとの戦いが始まります。
廃墟みたいなステージで戦うことになるんですが、なんというか相手に有利すぎるなぁ、と。
いかにもなお嬢さまと部下たちっぽいマリリンチームですが、実は幼い頃から戦闘の訓練を受けていたんだとか。
マリリンたちの祖国は長い間戦争をしていて、兵士として戦うためにってことですね。
しかし、マリリンたちが戦場に出る前に戦争は終わったと。
そのためマリリンたちは方向性こそ違いますが李崩と同じように戦う術を知っているわけですね。

開始早々、鈴子ちゃんは気絶。
植木は足止めをしようとするも失敗。森たちのもとにマリリンチームが迫るってところで今巻は終了。
なんとなく内容は覚えているものの、次巻が楽しみです。

拍手[0回]

うえきの法則 10

うえきの法則 10/福地翼
一次選考が終了した、能力者バトル!
三週間後に始まる二次選考は、五人までの仲間で戦うチーム戦であることが告げられた。
選考会氏に向けて、植木と森は、仲間探しに出発。
しかし、その先で思いがけない事件に巻き込まれ…!?
優勝目指す植木達のバトルは、新たなる展開に突入!!


いろいろやりたいことがあるのに、時間が足りなくて何もかも中途半端になってしまっているのがすごい嫌です。
1日が27時間くらいにならないかなー。


【第87話 ヒデヨシ登場】
【第88話 ザックの謀略】
【第89話 ヒデヨシVS(たい)ウーゴ】
【第90話 防衛戦】
【第91話 二次選考級(クラス)の戦い(バトル)】
【第92話 ヒデヨシの過去】
【第93話 補佐への道は一日にしてならず】
【第94話 最後の覚醒臓器】
【第95話 止めなきゃ】

が収録されています。
ストーリー的にはあらすじにもあるとおり、二次選考までの植木達の様子が描かれています。
前半は勧誘で、後半はテンコの話です。

二次選考は5人までのチーム戦が可。
植木、佐野、鈴子ちゃん、森の4名がチームを組むのは確定ですが、残り1枠を埋めようと植木と森の2人で勧誘へ出かけます。
まあ、佐野と鈴子ちゃんは大怪我をしてますから、そうなるのも必然ですね。

植木達が勧誘しようとしたのは、宗谷ヒデヨシ。
一言でいうと、ずるい奴です。
ずるい奴ではあるんですが、施設の子どもたちの面倒をみてあげたりと根はかなりいい少年です。

ヒデヨシは、自身の担当神候補・ザックにとあるチームにはいるよう強要されていました。
ザックはヤクザとつるんで好き放題やっているような人物で、空白の才にも興味のないヒデヨシはザックの言いなりになるつもりはない、と。
そして、施設の子どもたちが心配だからと、植木たちの仲間になって戦うつもりもない、と。

理由に納得して植木たちは、帰ろうとします。が、そう簡単に終わるわけがなく。
ザックとカプーショをはじめとする能力者たちがヒデヨシがこだわり続ける施設自体を壊してしまおうと戦いをしかけてきます。
施設がなくなってしまえば、子どもたちはバラバラの施設に引き取られることになるでしょう。そうなれば、ヒデヨシは子どもたちを守り続けることができないから、脅しも有効になると説明されているんですが、マジゲスい。

そんな状況を見逃せるわけもなく、植木も参戦します。
「ゴム玉を濃硫酸に変える能力」のウーゴ、
「美しい髪をドリルに変える能力」のニコ、
「体をビリヤード玉に変える能力」のマリオ、
「声を冷凍ガスに変える能力」のカプーショ
の4人を相手に植木たちは苦戦します。
というか、この4人ってカプーショ以外馬鹿ばっかな気がするんですけど大丈夫なんだろうか?

ザックはヒデヨシの「声を似顔絵に変える能力」だけでは勝てないと踏んで、カプーショの能力と組み合わせて利用しようとしていたよう。
ヒデヨシの能力は半径10m以内好きなところに似顔絵を描くことが出来るなので(しかも保護色も可)、確かに組み合わせて利用すると中々厄介な能力ですね。

ザックは「ヒデヨシは弱い」とかいってますし、ヒデヨシはヒデヨシで「ザックに協力する気はないし、空白の才に興味がない」と言っているので、じゃあなんでヒデヨシは能力者になっているんだ?と疑問だったんですが、ヒデヨシも植木や佐野と同じでザックは後任の神候補だったと説明されて納得しました。
元担当のネロのために、能力者となったヒデヨシでしたが、ネロは能力者同士の戦いに割って入ってヒデヨシをかばったために地獄落ちしてしまった、と。
そのせいで齟齬が発生していたわけですね。

最終的にカプーショチームはいつの間にか七ツ星までクリアしていたらしい植木の神器で一掃され、子どもたちに後押しされる形で植木チームの仲間入りすることになります。


94、95話はテンコの話です。
植木は八ツ星の試練もクリアし、とうとう6巻で語られていた「天界獣が上げられる天界レベルは六つが限度 七つ上げた時点で、天界獣(オレ)は死ぬ」に到達してしまうわけです。
テンコは植木が力を求める理由を聞いて、天界獣の限界を植木に教えることなく自分の身を厭わず九ツ星の試練を開始しようとするんです。
しかし、植木の現担当よっちゃんが天界獣の限界を森に教えたことでどうにかテンコを失わずにすみました。

ヒデヨシの合流が間に合って本当に良かったな、と。
これヒデヨシがいなかったらたとえ間に合ったとしても、森の叫びは植木に届かなかったんでしょうからね。


そして、神が二次選考の内容を決定したというところで今巻は終了。
二次選考ってなんでしたっけ?
マリリンチームとサバゲーみたいなのやったのと、新天界人のいたチームに鈴子ちゃんがぶちぎれたのとか、巨大ロボと戦ったりしたのは覚えてるんですが順番とかはさすがに忘れてますね。
読むのが楽しみです。

拍手[0回]

うえきの法則 8、9

うえきの法則 8/福地翼
宿敵ロベルト・ハイドンを追って、地獄界のドグラマンションにやって来た植木達!!
そこに待っていたのは、特殊なフィールドで戦う、世にも奇妙なバトルゲームだった!!
果たして植木達は勝利できるのか?
そして佐野清一郎がロベルト十団に入団した理由とは…!?
熱きバトルとドラマが満載の、ドグラマンション編!!
うえきの法則 9/福地翼
ドグラマンションのバトルゲームに勝利し、ロベルト・ハイドンに勝負を挑んだ植木耕助!!
だが、ベールを脱いだロベルトの能力(ちから)は、思いもよらぬものだった…!!
圧倒的な実力差があるロベルトを相手に、植木はいったいどう戦うのか……!?
植木VSロベルト、宿命の対決!!!


今日はちょっと時間があったので2冊一緒に紹介します。
8巻だけだとキリが悪かったので、1冊だけだと微妙だったかも。


8巻には、
【第67話 大間違いですわ!!!】【第68話 本気で来いや!!】
【第69話 力比べ】【第70話 なわとび勝負】
【第71話 佐野の秘密】【第72話 犬丸の誇り】
【第73話 負けねえ!!】【第74話 十団の能力(ちから)VS植木耕助】
【第75話 オレの思考だよ】【第76話 天界から来た子供】
が、9巻には
【第77話 闇に響く笑い声】【第78話 植木の正義】
【第79話 二人の差】【第80話 ダメージ】
【第81話 佐野と鈴子】【第82話 戦える理由】
【第83話 そうだ!!】【第84話 しょーがない】
【第85話 アノン】【第86話 遭遇】
が収録されています。

ストーリー的にはほぼ全編ドグラマンション編です。
後半若干、繋ぎ回がありますが繋ぎといえどかなり大事な話だったりするので見逃せませんね。


ドグラマンションでの命をかけたバトル、ネコフィールドで第3戦、鈴子VSカバラ戦の戦いからはじまります。
動物好きの鈴子ちゃんの知識と、お金持ちの技術力で勝利します。
そういや、鈴子ちゃんお金持ちのお嬢さまっていう設定ありましたね。すっかり忘れてましたけど。


続いて、第4戦はなわとびフィールドで行われる植木VS佐野。
「天才」扱いされる理由がよくわかるバトルでした。
佐野の能力は「手ぬぐいを鉄に変える」というもの。
地味というか微妙に感じられる能力ですが、佐野の能力の使い方がかなり上手いんです。
盾として利用してみたり、槍やブーメランとして投擲してみたり、鉄化を解除して布をまとわりつかせて相手の動きを止めてみたりとまさに変幻自在。

というか、なぜ佐野はロベルト十団に入団しているのか、って話ですよ。
佐野の初登場は「負けそうになっている植木を助け、銭湯の煙突にのぼってしまった女の子を助ける」というかなりの好青年っぷりを披露していたわけです。
味方サイドとして登場するならともかく、敵として登場するようなキャラ設定じゃなかったんですね。

そんな佐野が十団の一員として登場した理由。
それは、佐野の担当神候補・ワンコこと犬丸を助けるため。
ワンコには「死の蛭(デス・ペンダゴン)」なる吸血生物が仕掛けられていたんです。
死の蛭は十団の司令官・カルパッチョが命じると10秒足らずでワンコを死に追いやるという危険な存在なんだとか。
佐野はカルパッチョの出した条件「能力者20人狩り」を達成するために、十団に入ったってことだったんですね。

どちらか片方を助けれればどちらか片方が死んでしまう。ワンコも森たちも助けたい佐野と植木はどうにも動けなくなってしまうんです。
それを知ったワンコの行動は本当に潔い。

ワンコは神候補の最重要禁止事項「一人の神候補が二人の能力を与えること」を犯して自ら地獄に落ちることを選ぶんです。
この禁止事項を破る=死刑囚とのことなので、カルパッチョの脅しは意味を成さなくなるってことですね。
正直、見開きの「僕の"誇り"です。」には泣きそうになりました。
……コバセンといいワンコといい笑顔で地獄に落ちるとかもうなんなの。

涙する佐野たちですが、決着はまだついていないので戦いは続くわけです。
が、植木はカルパッチョの安い挑発にのってしまうんです。
それは佐野とカルパッチョの選手交代というもの。
実質、勝敗が決していた4回戦でしたが、交代とすることで植木はボロボロの体でカルパッチョの相手をすることになるんです。


ゲスいカルパッチョの能力はなんと「他人の能力を自分の能力に変える能力」。
ただでさえ面倒で攻撃力の高い能力ばかりだった十団の能力を全部使えるんです。
さらに十団以外にもコピーしている能力が2つもあって「相手の思考を電子メールに変える能力」と「自分の位置と相手の位置を逆の位置に変える能力」と、めちゃくちゃ厄介な能力者だったんですね。
しかし、そんなカルパッチョ戦も植木の機転で勝利をおさめます。
これで3対1で植木チームの勝利!

勝利した植木はロベルトに勝負を仕掛けます。
「力に差がありすぎる」と戦いをしぶるロベルトの過去が鈴子ちゃんの口から語られます。

2歳で地上に落とされたロベルトはすでに神器が使えたようなんですが、自分の身を守るために普通の人間に神器を使ってしまえば化け物扱いされてしまいますよね。
8巻だけ読むとロベルトを守っていた孤児院の院長先生がすごいいい人に見えるんですが、9巻冒頭でそれは建前でありお金のためであったことがあかされるんですね。
あれは辛い……。


そうして、植木VSロベルト戦がはじまります。
ロベルトの能力がマジチート。
それは「理想を現実に変える能力」。能力を付加すると「何でも切れる理想のナイフ」、「思ったとおりの理想の絵が描ける理想の絵筆」なんてもものも作れるらしいです。
多分、創作されてる方の多くが一度は思ったことがあるだろう「脳内に出来てるものをアウトプットできる機械」が出来るってことですね。
リアルであったら超欲しいって人結構いるんじゃないでしょうか。

植木は佐野、カルパッチョ、ロベルトと連戦な上、ロベルトはかなりの強敵でいくら手加減されているとはいえ、苦戦を強いられます。
途中、新天界人にのみある「レベル2」の存在があかされたりとバトルの合間の会話も結構大事なんですよね。

戦い自体は、植木が一矢報いたところで強制終了。

コバセンがやってくるもんだからもうびっくりですよね。
コバセンは神の代理として通達を持ってやってくるんです。
なんでもドグラマンションは地獄界にあり、神はそこに行くことが出来ないんだとか。
ならば、元々地獄にいるコバセンに行ってもらおうぜ、って流れらしいです。

バトルが止められた理由。
それは候補者の残り人数が25人になり、第一次選考が終了したから。
カバラが倒れた時点で残り25人になっていたものの、仲裁が間に合わずカルパッチョも倒され残り24人になってしまったらしいです。
そこで植木は神相手に交渉して「コバセンを森のワンコを佐野の神候補に(戻)し、どちらかが神になれば両方助けることが出来る」という状況にもっていきます。
これを目標に植木たちはこれから先の戦いに挑んでいくわけです。

何故コバセンが森の担当かというと植木の担当はコバセンの後任・よっちゃんがいるために、よっちゃんをクビには出来ないからってことらしいです。


新たに能力者の仲間入りした森ですが、今まで散々首を突っ込んでいました。
しかし、今までは「能力者たちは才が失われることを恐れて能力者以外には攻撃してこない」という前提があったからで、能力者としてバトルに参加するのが躊躇われてしまうのも仕方ないでしょう。

これにてドグラマンション編は終了。

植木との戦いで、今までの目的であった「世界を滅ぼすこと」に疑問を抱いてしまったロベルト。
ロベルトもまたかわいそうな被害者であったことが9巻で明かされます。
今までロベルトが実父だと思っていたマーガレットは偽者。さらに謎の少年・アノンに自身の体を乗っ取られてしまいます。
アノンの強さは未知数。ただ、全力のロベルトを7分程度で倒し、植木の攻撃をことごとく除け続けるだけの力を持つというのだけはわかります。

この得体の知れない少年の正体が明かされるのはもっと後の話ですね。
ロベルトの現状を知った植木はアノンを倒すことを誓って、森もそれに同意して今巻は終了。

次巻は第2選考の準備期間だと思うんで、そろそろヒデヨシが登場するかと思うと楽しみです。

拍手[1回]

カレンダー

05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ad


ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2019年】
05 月( 03 )04 月( 01 )03 月( 03 )/ 02 月( 00 )/ 01 月( 04 )

【2018年】
12 月( 01 )/ 11 月( 00 )/ 10 月( 00 )/ 09 月( 00 )/ 08 月( 01 )/ 07 月( 00 )/ 06 月( 00 )/ 05 月( 04 )04 月( 04 )03 月( 06 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2017年】
12 月( 03 )11 月( 07 )10 月( 02 )09 月( 06 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR