忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【漫画】福地 翼」の記事一覧

うえきの法則 4

うえきの法則 (4) (少年サンデーコミックス)うえきの法則 4/福地翼
"自分でゴミと認識した物を木に変える能力(ちから)"を与えられ、不思議な能力者バトルに巻き込まれた火野国中学1年C組・植木耕助。
最大最強の能力者、ロベルトとの戦い(バトル)で絶体絶命の植木を担当神候補・小林(コバセン)はルール違反を犯して助け、地獄に堕ちた。
小林が助けてくれた理由(わけ)を知り、バトル優勝を決意した植木!
だが、後任として現れた新・神候補の淀川(よっちゃん)はロベルトの神候補・マーガレットと裏取引している天界人だった!!


【第29話 勇者様現る!?】【第30話 正々堂々!】
【第31話 ガップリ四つ】【第32話 鬼紋の特訓】

植木VS鬼山紋次郎。

鬼山紋次郎。略して鬼紋の能力は「蹴り飛ばした"土"を"鉄球"に変える能力」をもっています。

勇者様云々はちょこちょこ登場している小学生から見た鬼紋のこと。
このフクスケくんは、いつの間にか登場しなくなってしまいましたね。
まあ、バトルが激化して、メインキャラクターが登場していったらこういう脇役が消えてしまうのは仕方ないのかもしれませんね。

最終的に植木が鬼紋の隙をついてバトルに勝利します。
そして、鬼紋は植木の勝利を願って"黒影の男"の対策特訓をして去っていきます。

再開の約束をして、鬼紋は去っていきますが、この子はこれ以降登場することはなかったような気がします。


【第33話 再開と予兆】【第34話 訪問者だらけ】【第35話 "黒影の男"】
【第36話 むくわれぬ正義】【第37話 オキテ破り】【第38話 こいつだけは】

植木VS"黒影の男"。

鬼紋との特訓時に、もたらせた情報。
それは「ロベルト十団」の存在。
黒影の男もその一員なんだとか。

黒影の能力は、「"影"を"粘土人形(クレイマン)"に変える」。
巨大なクレイマンによる破壊力抜群の攻撃を加えることも出来るし、自身は隠れて遠距離攻撃もできる。
ナルトの影分身のように大量の分身を用意したり、自由自在に姿かたちを変えられるので同士討ちなんかも狙えるかな。
かなり使い勝手がよさそうな能力ですね。

BJ再登場していますが、まあ彼もこれが最後の登場かなー。
むしろ再登場していたことに驚きました。

植木たちが偶然助けた黒影の弟によって、黒影がああなってしまった事情が明かされます。
事情はわかるけど、だから?って思ってしまったのは私が冷たいからなのかなー。


植木の諦めない姿に触発されて、歪んでしまった心が正されて。
正々堂々決着をつけよう。ってところで横槍が入ります。

それはカムイ=ロッソによるもの。
ロベルト十団の一人で。「"影"を"鉄人形(ロボット)"に変える能力」の持ち主で通称・白影の男。

その卑怯な手段に怒りを覚えた植木は、カムイ=ロッソを倒して今巻は終了。
黒影の弟により、その後の黒影の話なんかも知らされてます。
よかったね。


本当は勢いで5巻まで読んでしまったのですが、時間が足りないのでまた今度読み直して感想を書こうと思います。
次はメインとなるキャラクターが何人か登場しますよ!

拍手[0回]

うえきの法則 3

うえきの法則 (3) (少年サンデーコミックス)うえきの法則 3/福地翼
“自分でゴミと認識した物を木に変える能力(ちから)”を与えられた中学生・植木耕助。
“中学生に世界を託し、とんな法則(才能の設計図)を持つ奴が世界を変えるのかを見るバトル”で、次々にやってくる能力者たちと戦う!
小林先生(コバセン)の家で“植木の法則”を見つけ、才が減ったり増えたりすることを発見した植木たち。
彼らの前に…ついに最大最強の能力者、ロベルト・ハイドンが現れた!!


ちょっと久しぶりのうえきです。前巻が昨年12月ですから。
これでうえきも3冊目なので、福地さんのカテゴリ作りますね。


【第19話 初めまして!】【第20話 赤と青】
【第21話 ある一瞬】【第22話 ホントの出会い】

植木VSロベルト、そしてコバセンと植木の出会いについての話。

優勝候補とされるロベルト。
ロベルトはBJを倒しているのですが、そのときにBJは植木の名を語ったんです。
そこからロベルトは植木に興味を持ち、接触してきます。

しかしながら、コバセンが忠告していた通り、ロベルトと植木では力に差がありすぎました。
一方的にやられ、上空から落とされこのまま地面に激突したら死んでしまう、というところにコバセンに助けられます。

が、神候補はいかなる場合もバトル中の手助けを禁じられています。
ラファティ(水を炎に変えた平のところの神候補です)と同様、コバセンも地獄行きになってしまいます。

植木救出から地獄行きまでのわずかな時間に語られた植木とコバセンの出会いが語られます。

コバセンが認識していたのは、植木が小6の冬の話だったんですが、しかし実際はもっと前に2人は接触していたんです。
植木の台詞と情景から小5夏くらいの話なのかな。
このときも、植木は落下したところをコバセンに助けられていたんです。

コバセンは植木に「こんなバトルやめちまえ!! お前の好きなように生きろ!! お前の人生だ!!」と言葉を残し、ロベルトを道連れに地獄へ落ちていってしまいました。


戦う相手がいなくなったことで、森が植木を引きずって帰っていったってところで次話へ。


【第23話 木の大魔王】【第24話 コバセンの遺言(メッセージ)】【第25話 新担当】
【第26話 215対8の戦い】【第27話 よっちゃんの正体】【第28話 頭には頭だ!】

新神候補が登場する話。

24話のタイトルが酷いですね。コバセン死んでないのに(笑)
後々登場しますから。

新担当はよっちゃんこと淀川。
この人は植木に棄権してほしいんです。
それというのもロベルトの神候補・マーガレットとの裏取引で参謀として神補佐の地位が約束されているんだとか。

そして、植木のおかれている状況がひどく厳しいことが明らかになります。
「植木の法則」にある植木の才の数は11。
他の能力者の平均値は160。
それだけ見ても植木の才の少なさがわかります。
しかも、子どもを助けるためにさらに3つ減らしてしまって、残りの才は8つ。

その状態でボーロ・Tと戦うことに。
ボーロ・Tの才は215。能力は「頭をダイヤモンドに変える」。

計算上とても勝てるとは思えなかった相手ですが、植木はなんとか勝利します。
そして、コバセンが願っていた正義を持ってバトルを突き進んでいくことになるんですね。


おまけに「清一郎くんとオッサン。」なる2ページの漫画が収録されています。
タイトルでわかるとおり、佐野とおっさんしか登場しないんですが、嫌いじゃないです(笑)


バトルはこれからどんどん加速していくんだろうな。
楽しみです。

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

うえきの法則 2

うえきの法則 (2) (少年サンデーコミックス)うえきの法則 2/福地翼
“自分でゴミと認識した物を木に変える能力(ちから)”を与えられた中学生・植木耕助が巻き込まれた不思議なバトル――それは手にした者がひとつだけ好きな才能を書き込め る“空白の才”をめぐる戦いだった!
いきなり始まった、植木にとって初めての能力者とのバトル。
敵の能力者・平は強いうえに卑怯な手を使ってきた!!


昨日、更新できなったのでその分もあわせて今日2つ目の更新です。
昨日のうちに1つ目を半分以上完成させていたからできたことですね。


【第9話 佐野清一郎という男】
能力者・平とのバトルに決着がつく話。

前巻は神候補・ラファティが手出ししてきて植木をかばった佐野を動けないようにしてしまったところまで終わったんでしたか。
佐野が植木の盾になってやろうと決意を決めたところで、注意のそれていた植木が平を攻撃して決着はつきます。

佐野の口から語られたのは植木の知らなかった「空白の才」の存在について。
空白の才は自分の欲しい才を1つ貰えるという権利なんだとか。
それがバトルに勝ち抜いた中学生に与えられるらしいです。
佐野が手に入れたいのは「発掘の才」。自分だけの温泉を掘りたいらしいのですが、「発掘の才」なら遺跡とかそういうのも発掘してしまいそうですよね。

佐野は大阪に引越しするということで一時退場。次に登場するのはロベルト十団としてかな?

そして、ルール違反を犯したラファティの末路も明かされています。
ルールを犯した神候補は地獄行きとのこと。この地獄行きってのは結構何度も出てくるので詳細はそのときにでも。


【第10話 怒る理由】【第11話 ライバル誕生】
合同練習した陸上部の少年・足立と戦う話。

実は陸上部だった植木。余裕で日本新記録が出せちゃうレベルらしいです。
ただあの性格ですから、そういうことには興味がないわけですね。単純に走るのが好きであると。

一方の足立は記録が中々伸びないことに悩んで、才を手に入れようとした、ってことらしいです。
ちなみに足立の能力は「綿を杭にかえる」というもの。
バトルは植木の勝利で終わるのですが、コバセンと森の会話を聞いた足立は、次に植木が失う才能が「走りの才」であることをしり、才を失くさせようとするんです。

しかし、植木は「走りの才」を足立の意図したものとは違う失い方をして。植木の「才能よりも好きだという気持ちが大事」という考え方に影響されて改心して終了。


【第12話 植木の法則】【第13話 世界を託す戦い(バトル)】【第14話 体術の男・李崩】
【第15話 能力(ちから)使わぬ理由(わけ)】【第16話 能力(ちから)を越えた戦い】

植木を消滅させない方法と神様が注目する中学生の名前が明かされ、李崩とのバトルする話。

神様がすごいファンキーなおじさんなんですが、エレベーターの表示が階と階の間だったりすることからちゃんとすごいんだろうなぁ。
そして神様が注目する5人の中学生があげられています。
李崩、マリリン・キャリー、佐野清一郎、ロベルト・ハイドン、そして植木耕介。
李崩たちはともかく、マリリンが名前だけとはいえ、ここで登場していたことはまったく覚えていませんでした。
こんな初期に登場していたんですねー。

風邪をひいたコバセンのお見舞いにいった植木と森。
そこにあったパソコンに「植木の法則」なるタイトルのファイルを見つけるんです。
それは植木を構成する才の一覧で、能力者を倒すごとに新たに才が追加されることが明かされます。

植木を消滅させないためにがんばっている森にとってそれはすごく重要な情報で。
ちょうどやってきた能力者・李崩とのバトルに向かわせます。
もうなんというか態度変わりすぎですね。

しかし、李崩は強敵でした。
あくまで修行だからと「自分の髪の毛を伸縮自在のこん棒に変える」能力を使わないわけですが、かなり苦戦を強いられます。
バトルは李崩の渾身の一撃をとめたことで、李崩はひく形になります。去り方が味方フラグっぽいんですが、李崩は味方にならないんだよなぁ。

最後の森の意見に全面的に賛成です。


【第17話 嘘つきHH(ヒップホッパー),B・J】【第18話 こいつがロベルト!】
隣町でロベルト・ハイドンを名乗る人物と戦う話。

はじめ、B・Jと名乗った彼は強者であるロベルトの名をかたり、はったりをかましていたよう。
ちなみに彼の能力は「硬貨を風に変える」というもの。
しかし、神候補(コバセン)にあまり情報をもらえていない植木にはそれが通用しなくて。

B・Jをぶっ飛ばしてバトルは終了。
植木が去り、そこに本物のロベルトが登場して次巻へ続きます。

次巻が気になります。
楽しみです。

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

カレンダー

08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

ad


ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2019年】
07 月( 01 )/ 06 月( 00 )/ 05 月( 03 )04 月( 01 )03 月( 03 )/ 02 月( 00 )/ 01 月( 04 )

【2018年】
12 月( 01 )/ 11 月( 00 )/ 10 月( 00 )/ 09 月( 00 )/ 08 月( 01 )/ 07 月( 00 )/ 06 月( 00 )/ 05 月( 04 )04 月( 04 )03 月( 06 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2017年】
12 月( 03 )11 月( 07 )10 月( 02 )09 月( 06 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR