忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【小説】有栖川 有栖」の記事一覧

モロッコ水晶の謎

モロッコ水晶の謎 (講談社文庫)モロッコ水晶の謎/有栖川有栖
とある社長宅のパーティに招かれた推理作家・有栖川の目前で毒殺事件が発生! 邸内にいた10人の中でグラスに毒物を混入できたのは誰か、そして動機は……。犯罪学者・火村が超絶論理で謎に挑む表題策ほか「助教授の身代金」「ABCキラー」「推理合戦」を収録。本格推理の醍醐味に満ちた<国名シリーズ>第8弾。


かなり久しぶりの有栖川さんの作品です。
今日はエイプリルフールということもあり、ツイッターのbotが片桐さんになっていたりと茶目っ気ある試みに楽しませてもらっていました。
それを見ていたら最近読んでないなーと思い出して引っ張り出しました。


まずは、『助教授の身代金』
作者もあとがきで触れていますが、なんとも語弊を招くタイトルですよね。

てっきり火村先生が誘拐されてしまったのかと思ってすごくワクワクしながら読んでいました。
読みはじめてすぐに助教授≠火村助教授だとわかりましたけど。

まさかの展開といっていいんじゃないでしょうか。
そして、珍しくまともな発言しているな、と思った有栖の発言も伏線でしかなかったんですね(苦笑)


次、『ABCキラー』
これは「ABC」殺人事件なるアンソロジーに収録されたもの。
あとがきで語られていましたが、はじめは「ABCD殺人事件」だったんですって。
うん?って思う方いると思うんですが、赤川次郎さんの四文字熟語殺人事件シリーズと同名なんですよ。
だから『ABCキラー』に変更されたんだとか。
閑話休題。

アガサ・クリスティーの『ABC殺人事件』の模倣というか、それが連想される事件がおこります。
絶叫城殺人事件と同じく、架空のものを現実世界に持ち出したように見えたから、ああも名前が出ているんでしょうね。

何のつながりも見えない4つの事件。
いかにして謎を解いていくのか見物です。

思わず、なるほどと思わされました。
逮捕されることのない3人目の罪、実はこれが一番罪深いんじゃないかなと思いました


3つ目は『推理合戦』
これは掌編――SSですね。

久しぶり(?)に朝井女史が登場しています。
彼女が連載を開始した週刊誌の小説の話から何故か、推理合戦というかお互いの行動をあて始めた火村先生と朝井さん。

それにちょっと納得がいかなかった有栖がわざわざ現地に確認までしにいくんです。
現地で確認したところ、2人の推理の過程がわかります。

そして、ちょっとした意趣返しにと、連載を開始したばかりの推理小説の犯人をあてます。

たまにはこういう話もいいですね。


最後は表題作の『モロッコ水晶の謎』
有栖が取材にいった先でホームパーティーに参加することになるのですが、そこで1人が毒殺されてしまいます。

事前に毒を混入したならば、いかにして被害者が毒入りグラスを選ばせたのかがわからなくて。
被害者がグラスをとってから毒を入れたんだとしたら隙が見当たらなく。
火村先生は苦戦を強いられます。

動機というか、犯行を実行した犯人の心境がまったく理解できませんでした。
なぜ、たったそれだけの理由であんな賭けめいたことが出来るのでしょうか……。

若干、不安定っぽいな、と読んでいて思ったのは確かですが、あそこまでひどいことになっているとは思いませんでした。
なんというか、すごく怖いなと思いました。
ただそれだけです。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

白い兎が逃げる

白い兎が逃げる (光文社文庫)白い兎が逃げる/有栖川有栖
ストーカー行為に悩む劇団の看板女優・清水伶奈。彼女を変質者から引き離す計画は成功したはずだった。ところが、ストーカーが兎小屋の裏で死体となって発見される。追いかけていたはずの彼が――。鉄道に絡むトリックを用いた表題作ほか、火村とアリスが挑む三つの事件。ミステリのエッセンスをふんだんに盛り込んだ、これぞ正統派の推理小説。


台風が北海道を通過していってちょっとほっとしました。
みなさんのところは大丈夫だったでしょうか。
本当に今年は天災が多いですね……。

今日は有栖川有栖さんの中編集(作者あとがきより)。
同じ中編とはいいつつも、表題作の占める割合がかなり大きいです。


【不在の証明】
双子の両方と交際のあった女性の部屋で弟が殺されているのが発見される話。

現場では、兄らしき人物が目撃されているが兄にはアリバイがあって……というもの。

ミステリーにおける双子、イコール入れ替わりと目撃者の誤認だとかそういうものにばかり目がいってしまいますよね~。
そちらにばかり気を取られていて簡単なヒントを流してしまいました。
登場人物少ないし、ちゃんと考えればわかったんじゃないかと思います。
ちょっと悔しい。


【地下室の処刑】
森下刑事がシャングリラ十字軍なる過激宗教団体によって監禁されてしまい、その目の前で不可解な殺人が起きる話。

シャングリラ十字軍とは「カルテルの光」という新興宗教団体から派生した過激分子で、テレビ局や競馬場、野球場に爆弾を仕掛けたりした団体なんだとか。
あらかたは逮捕できたものの代表を含む幹部4名が全国指名手配されているんだそうです。
名前だけは暗い宿内の『異形の客』でも登場していました。

森下刑事はその幹部のうち1人を街中でみかけ、応援を呼ぼうとしたところで拉致監禁されてしまうのです。

森下刑事の目の前で起きようとした処刑。
「どうせ殺される人間を先んじて殺す意味は何か」
人を殺す理由で、こういう理由もありなのか、と薄ら寒くなってしまいました。

でも昨日紹介した地獄堂霊会通信を連想してしまいました。


【比類のない神々しいような瞬間】
ダイイングメッセージもの。

はじめに殺された先生が残したダイイングメッセージは珍しく、火村先生よりも先にわかりました。
いや、調べはしなかったので「これだ!」と断定できませんでしたけど。
そういう遊びがあり、かつああいう表記の仕方をするのは知っていたので「きっとそうなんだろうな」程度でしたけど。

最後にあかされた1000円札の秘密については「うまいなぁ」という他ありませんでした。
このネタは期間限定だからやったもん勝ちですね。
今じゃもう当たり前すぎて使えないですもんね。


【白い兎が逃げる】
ストーカー加害者の男が死体となって発見される話。

表題作です。
前述の通り、収録されている4編の中で1番長いです。
200ページ弱くらいかな? 1冊の半分程度がこの作品です。

あらすじにもあるとおり、時刻表も若干絡んできます。

途中、警察のストーカー犯罪への対処の遅れについてアリスが憤っているんですが、これってきっと「登場人物の有栖川有栖」の意見でもあり「作者の有栖川有栖」の意見でもあるんだろうなぁ。
だって、あの法律に関するやりとりは物語の本筋には影響してきません。
「ストーカー被害者の関係者が逆上して犯行に至った可能性もある」ぐらいはどこかにいれなきゃいけないかもしれませんけど。
そう考えると作者の憤りって考えたほうがすんなり理解できるかなぁ、と。

ムンちゃんと呼ばれる男性が登場するんですが、裏京都ミステリーを思い出してしまいました(笑)
裏京都のムンちゃんよりこちらのほうが頭は良さそうです。

そういえば、科学捜査研究所の中森さんが登場するのですが、有栖川さんの作品で鑑識さんが登場したのってはじめてですか?
ちょっと不思議な感じがしました。
だいたいが刑事さんたちから情報をもらうからそういう鑑識さんから情報を得るってこともなかったんですねー。

ストーカー加害者が殺されるってことも、アリバイ崩しもおもしろかったです。
まさに盲点というか、前提条件が違うからこそできるトリックです。
見事にだまされました。



これからたこ焼き作るんで今日はこのへんで。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

スイス時計の謎

スイス時計の謎 (講談社文庫)スイス時計の謎/有栖川有栖
二年に一度開かれていた“同窓会(リユニオン)”の当日、メンバーの一人が殺され、被害者のはめていた腕時計が消失! いったいなぜか……。火村の示した間然するところのない推理に「犯人」が最後に明かした「動機」とは。表題作ほか謎解きの醍醐味が堪能できる超絶の全4篇。ご存知国名シリーズ第7弾、これぞ本格だ!


実は3ヶ月ぶりの有栖川有栖さんの作品です。
しばらく読んでないなぁとは思っていたのですが、そんなにあいているとは思いませんでした。


『あるYの悲劇』
ダイイングメッセージもの。

ダイイングメッセージに対してありがちな問題――そんなわけのわからんダイイングメッセージを残すくらいなら云々ってやつ――はこれにはないです。
被害者が息絶える直前に尋ねてきた幼なじみに犯人を伝えようとしたってことなので。

これ「Y」の悲劇というアンソロジーに収録されていたものです。
私これ持ってるなぁ。すっかり忘れてましたけど。
4篇収録されてるんですけどすごく豪華ですね。有栖川さんに篠田真由美さん、二階堂黎人さんに法月綸太郎さんと本格好きにはたまらない感じですね。
まあ、私二階堂さんとか法月さんとかあんまり読んだことないんですけど。

すごく納得してしまうダイイングメッセージでした。
そして漢字というか日本語って難しいよな、と思わされました。


『女彫刻家の首』
女性芸術家が殺害され、彫刻と首をすげかえられて発見される事件です。

これ、小説だからいいものの、実際に見たら気持ち悪いだろうなぁ。
犯人に関してはまあ、そこまで驚くべきことでもなかったです。

最後の後味はあんまりよくない感じ。
そして、そういや火村先生は無神論者であったなぁ、と。
ああいう天罰めいたものって火村先生には許せないんだろうな。


『シャイロックの密室』
犯人視点とアリス視点がある話。

これはタイトル通り密室もの。
はじめアリス視点なのかと思ってびっくりした。
だっていきなり銃を突きつけてる男と突きつけられてる男の描写からはじまるんですよ。
いったいどんな状況なんだ!?と。
実際は犯人視点だったから起きたことだったんですけどね。

MRIの仕組みなんて全く知らなかった(というか興味ない)ので、へえそうなんだと。
専門家でもなければこれのトリックはなかなか見抜けた人っていないのではないでしょうか。


『スイス時計の謎』
アリスの同級生が殺され、何故か時計がなくなっていた話。

表題作です。
フーダニットであると同時にホワイダニットも兼ねてます。

論理的に可能性を消去していくのですが、頭があまり働いてないときに読むもんじゃないです。
無駄に時間かかる。

アリスの同級生たちが登場し、アリスが小説を書くにいたったきっかけを作った少女のその後が少しだけ明かされています。
名前すら明かされない彼女は今度登場することはあるのかな?
アリスの根底は高校生のあの日からあまり変わっていないのだろうな。だから、ああも揺れてしまうのでしょう。

「偽美少女アリス」にはちょっと笑ってしまいました。
そうだよなぁ。“アリス”って名前だけならそういう想像を掻き立てられるのもわからなくもない。
事件の終わったあと、火村先生に問い詰められているといいよ、とか思ってました。

誰かそんな話書いてないですかね?今度探してみよう。

おもしろかったです。
作家アリスシリーズも残り少なくなってきたので、学生アリスシリーズもそろそろ読もうかな。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

カレンダー

05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ad


ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2019年】
05 月( 03 )04 月( 01 )03 月( 03 )/ 02 月( 00 )/ 01 月( 04 )

【2018年】
12 月( 01 )/ 11 月( 00 )/ 10 月( 00 )/ 09 月( 00 )/ 08 月( 01 )/ 07 月( 00 )/ 06 月( 00 )/ 05 月( 04 )04 月( 04 )03 月( 06 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2017年】
12 月( 03 )11 月( 07 )10 月( 02 )09 月( 06 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR