忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【小説】有栖川 有栖」の記事一覧

臨床犯罪学者・火村英生の推理 暗号の研究

臨床犯罪学者・火村英生の推理 暗号の研究/有栖川有栖
明晰な頭脳と洞察力を持つ天才犯罪学者・火村英生にかかってきた、一本の電話。それは、かつて火村が解き明かした暗号の製作者・山沖からの挑戦状。「あんたの時計、 遅れてるぜ」意味深な言葉に隠された旋律の計画とは……(「ジャバウォッキー」)。ほか、暗号を元に美しい英国庭園を駆け巡る「英国庭園の謎」など、火村と、盟友の推理作家アリスの無敵コンビが大活躍! 著者・有栖川有栖が厳選した暗号ミステリ集登場!!


昨日読み終えることが出来なかった1冊です。
思ったより読むのに時間がかかってしまいました。


【第1話 ジャバウォッキー】
【第2話 英国庭園の謎】
【第3話 暗号を撒く男】
【第4話 あるYの悲劇】
【第5話 比類のない神々しいような瞬間】

が収録されています。
前巻同様、テーマアンソロジー形式になってます。
今回は「暗号」です。
暗号といってもダイイングメッセージから宝をかけた暗号まで様々です。

【ジャバウォッキー】【英国庭園】は「英国庭園の謎」に、
【暗号を】は「ペルシャ猫の謎」に、
【あるYの】は「スイス時計の謎」に、
【比類のない】は「白い兎が逃げる」に元々収録されていました。

ちなみに【あるYの】はアンソロジー「Y」の悲劇 にも収録されていました。
有栖川さん、篠田真由美さん、二階堂黎人さん、法月倫太郎さんと中々に豪華なメンバーの1冊なのでそっちで読んでる方もいるかもしれませんね。
ちなみに、私は「「Y」の悲劇」も「スイス時計」も持ってるので、【あるYの】に限っていえば3冊目だったりします(笑)


正直、どれも比較的印象に残っていたので肝心の暗号に関してはだいたい覚えていました。
細かいことは覚えてなくても、解読方法を覚えていたので……。
まあ、細かな点は結構忘れてるんで面白いことには面白いんですけど。


イラストを担当されている麻々原さんが暗い宿のコミカライズされるらしいです。
正直、表紙イラストとかは別に気にならなかったんですが、挿絵いらないよなーと思って読んでました。
朝井さんとかイメージと違って「えっ」ってなってしまいましたし。
まあ、いいんですけど。

次はコミカライズに合わせてくるのかな?
そうなると、次は「館モノ」のアンソロジーとかでしょうか。
そろそろ、ビーンズ文庫版以外のものも読まないと追いつかれちゃいそうですね。
折をみて紹介していきたいと思います。

拍手[2回]

臨床犯罪学者・火村英生の推理 密室の研究

臨床犯罪学者・火 村英生の推理 密室の研究/有栖川有栖
推理作家の有栖川有栖と、クールな天才犯罪学者・火村英生。学生時代からの盟友である彼らには、常に難事件が寄ってくる。たとえば、人を招く魔性の多軌で起きた殺人事 件。死の滝目指して突き進む足跡に隠された真実とは……(「人喰いの滝」)。ほか今世紀最高に冴えてる名探偵・火村英生が、怖くて華麗、切なくて美しい、ミステリーの華「密室」を解き明 かす! 著者・有栖川有栖厳選、名作がコラボした、奇跡の密室アンソロジー!!


発売当時に購入していたんですけど、いろいろあって読むのがこんなに遅くなってしまいました。


【第1話 人喰いの滝】
【第2話 蝶々がはばたく】
【第3話 壺中庵殺人事件】
【第4話 雪華楼殺人事件】
【第5話 シャイロックの密室】
【第6話 あるいは四風荘殺人事件】

が収録されています。

前回までは再版というか新装版めいたものだったんですが、今回はちょっと趣きが違います。

あらすじにもあるとおり、密室アンソロジーといいましょうか。
過去に発表した火村シリーズの短編の中から密室ものを作者自身が厳選した1冊となっています。

元々、【人喰い】【蝶々】は「ブラジル蝶の謎」に、
【壺中庵】【雪華楼】は「絶叫城殺人事件」に、
【シャイロック】は「スイス時計の謎」に、
【四風荘】は「火村英生に捧げる犯罪」に収録されていました。

実は全作読んだことありました。
「火村英生に捧げる犯罪」だけはこのブログで紹介してませんが、図書館で借りてハードカバー版を読んだ記憶があります。
ちょっと時期は定かじゃありませんが多分ブログ開設前に読んだんでしょうね。


正直、【雪華楼】は後味が悪いなぁ、と。
未失の故意とはまたちょっと違いますが、悪意があったわけじゃないので、不幸な事故だったんでしょうが……。


読んでみて自分でもちょっと驚きましたが、以外と覚えているもんですね。
密室モノの肝でもあるトリックですが、【雪華楼】【四風荘】以外は覚えていました。
まあ、その2編もトリックこそ覚えていませんでしたが、展開はだいたい覚えてましたけど。

それでそれなりに楽しめました。 このシリーズは事件自体もそうですが、火村先生とアリスの会話を楽しむってのもありですからね。


次巻については不明ですが、この感じだとまた別のテーマのアンソロジーが発売されそうですね。
密室の次はなんだろう?
暗号とか時刻表とかでしょうか。
でも時刻表ものって火村シリーズではあんまりないような……。

何が来るかは不明ですが楽しみです。

拍手[0回]

臨床犯罪学者・火村英生の推理3 ダリの繭(下)

臨床犯罪学者・火村英生の推理3 ダリの繭(下)/有栖川有栖
高級宝石チェーンの社長・堂条秀一殺人事件。その容疑がかかったのは、推理作家・有栖川有栖の友人・吉住だった。彼が警察で語り始めたのは、驚くべき事実。なんと目覚めた時、既に秀一は死んでいたという。動転し疑わしい行動を取ったが、殺してはいない。そう言う彼に、天才的犯罪学者の火村英生は、信じると告げる。更に発見された凶器により、事態は混迷を深め……。手掛かりを求め、火村とアリスが旅に出る、解決編登場!!


早速読みました。元々1冊だったものを2冊にしているんで、大したページ数ではないんですが、やはり平日に読むものではないですね。
2日かかってしまいました。


先日紹介したものの下巻です。
下巻の方には今までのような初回限定の「おまけ」はありませんでした。
ちょっと楽しみにしていただけに残念でした。

その変わりといってはなんですが、角川文庫版には収録されていなかった掌編「シュルレアリスムの午後」が収録されています。
初出はハードカバーの愛蔵版に読者サービスとして加えられたものなんだとか。

私が持っているのは文庫版だったのでこれ初めて読みました。


作者があとがきで語っているとおり、この作品は元々1993年に発売されたもの。
そのためスマホどころか携帯自体なかったり、パソコンではなくワープロ。
北海道に球団がないがために火村先生が冗談に使ったりしています。

そういう微妙な違和感こそありますが、発売から20年たった今でも十分楽しめます。
だからこそ、今こうして新レーベルで発売、なんて運びになったんでしょうね。


この作品を始めて読んだときから気になっていた「靴」について。
直されてますね。
私が前から持っていた角川文庫版では「靴は下駄箱に入っていたそうだ」とあったものが「靴はなかったけれど」に変わっていてなんか感動(笑)

それを確認するために、わざわざ角川文庫版を引っ張り出しましたよ。
まあ、手元にある角川文庫版は第11版で平成9年――1997年のものなので、前述の愛蔵版(発売は1999年)の時に直されていた可能性が高いんですが。


あとがきで、冒頭の火村先生とアリスのディナーシーンについて言及されていてなんか驚いてしまいました。
うーん、やっぱり男性と腐女子じゃやっぱり違うんだろうな、ってのが正直な感想です。
腐女子はなんてことない一言からでもそういう方向に妄想を膨らませることが得意(というかもう職業病みたいなもの)と言っていいでしょうからね。

多分、「どうよ?」って言って騒いでいるのは女性が大半だと思うんで、男性の意見を聞いてみたいなとちょっと思いました。
あと個人的には男3人でフレンチディナーにおける「どうよ」具合は、男2人より弱まるんじゃないか、と思います。


次巻は何が発売されるのかはわかりませんが(奈良かスウェーデンかな?)、発売時期は今秋のよう。
おまけがあるのか否か、あるなら何がくるのか。今から楽しみです。

拍手[0回]

カレンダー

05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ad


ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2019年】
05 月( 03 )04 月( 01 )03 月( 03 )/ 02 月( 00 )/ 01 月( 04 )

【2018年】
12 月( 01 )/ 11 月( 00 )/ 10 月( 00 )/ 09 月( 00 )/ 08 月( 01 )/ 07 月( 00 )/ 06 月( 00 )/ 05 月( 04 )04 月( 04 )03 月( 06 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2017年】
12 月( 03 )11 月( 07 )10 月( 02 )09 月( 06 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR