忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【小説】有栖川 有栖」の記事一覧

乱鴉の島

乱鴉の島/有栖川有栖
犯罪心理学者の火村英生は、友人の有栖川有栖と旅に出て、手違いで目的地と違う島に送られる。人気もなく、無数の鴉が舞い飛ぶ暗鬱なその島に隠棲する、高名な老詩人。彼の別荘に集まりくる謎めいた人々。島を覆う死の気配。不可思議な連続殺人。孤島という異界に潜む恐るべき「魔」に、火村の精緻なロジックとアクロバティックな推理が迫る。本格ミステリの醍醐味溢れる力作長編。


ちょっと久しぶりな気がする有栖川さんの作品です。
再録本であるビーンズ文庫版は3月に紹介してるんですけど、それを除くとモロッコ水晶以来、2年ぶりですか。
道理で久しぶりな気がするわけです。


今回はひょんなことから事件に巻き込まれます。
下宿のばあちゃん推薦の羽休めの旅行なはずが、連絡不可能な孤島にとじこめられてしまいます。

文庫ではなくハードカバーで出たときに、図書館で借りて読んでるので実は今回読むのが2回目だったりします。
すっごくどうでもいいことは覚えてましたが、事件の真相だとかは忘れていたので楽しめました。
500ページ超のミステリなので、読み終えるまで3時間ちょっとかかりましたが、休みの日に読むにはちょうどよかったです。


今回はいわゆる孤島ミステリです。
この火村シリーズって、基本的に警察関係者から「先生好みの事件が起きましたけど来ますか?」とお誘いを受けて捜査に参加することになるってのが常なんです。
ごくたまに、アリスが呼び寄せたり、火村先生自身が事件現場に居合わせたりしますがそれらは少数といえます。

ですが、今回の舞台は陸の孤島。
携帯は圏外な上、電話線が切断され、島に持ち込まれていたはずの衛星電話は行方不明。
殺人事件が起きてある程度の時間が経過しているのにも関わらず、外部に一切連絡が取れないため警察関係者が登場しないという珍しい自体に陥っています。

島の中では火村先生とアリスは招かれざる客です。
何かしらの秘密をかかえ、島に集まった他の人々からすると予期せぬ闖入者であるわけですから、それ故に、2人は微妙な立場に立たされたりします。


ハッシーのオタク談義だとか、クローンがどうのという説明を読むのがちょっときつかったですがどうにか乗り切りました。
作中で語られる万能細胞がES細胞だったり、首相が小泉さんだったりと時代を感じましたが、特に気にせず読めました。
まあ、初期の火村シリーズは携帯が登場しなかったりするので、携帯もインターネットもポータブルのゲーム機も登場している様が描かれてるのであまり気になりませんね。


章の冒頭に引用文が掲載されているんですが、その中に鉄腕アトム があったんです。
天馬博士がアトムを作った理由を思えばここで引用されるのもわかりますね。

作中でも語られていましたが、事件自体は取るに足らないごく普通の(といったら弊害がありますが)殺人事件です。
アリバイトリックがあるわけでもなし、死因にも不可解な点はありません。
でも、その背景にある出来事が不明なまま進んでいくだけで、こうもややこしいことになるのだな、と感心してしまいました。


久しぶりに長編ミステリを読んだ!って感覚になってなんだか満足です(笑)

拍手[1回]

臨床犯罪学者・火村英生の推理 暗号の研究

臨床犯罪学者・火村英生の推理 暗号の研究/有栖川有栖
明晰な頭脳と洞察力を持つ天才犯罪学者・火村英生にかかってきた、一本の電話。それは、かつて火村が解き明かした暗号の製作者・山沖からの挑戦状。「あんたの時計、 遅れてるぜ」意味深な言葉に隠された旋律の計画とは……(「ジャバウォッキー」)。ほか、暗号を元に美しい英国庭園を駆け巡る「英国庭園の謎」など、火村と、盟友の推理作家アリスの無敵コンビが大活躍! 著者・有栖川有栖が厳選した暗号ミステリ集登場!!


昨日読み終えることが出来なかった1冊です。
思ったより読むのに時間がかかってしまいました。


【第1話 ジャバウォッキー】
【第2話 英国庭園の謎】
【第3話 暗号を撒く男】
【第4話 あるYの悲劇】
【第5話 比類のない神々しいような瞬間】

が収録されています。
前巻同様、テーマアンソロジー形式になってます。
今回は「暗号」です。
暗号といってもダイイングメッセージから宝をかけた暗号まで様々です。

【ジャバウォッキー】【英国庭園】は「英国庭園の謎」に、
【暗号を】は「ペルシャ猫の謎」に、
【あるYの】は「スイス時計の謎」に、
【比類のない】は「白い兎が逃げる」に元々収録されていました。

ちなみに【あるYの】はアンソロジー「Y」の悲劇 にも収録されていました。
有栖川さん、篠田真由美さん、二階堂黎人さん、法月倫太郎さんと中々に豪華なメンバーの1冊なのでそっちで読んでる方もいるかもしれませんね。
ちなみに、私は「「Y」の悲劇」も「スイス時計」も持ってるので、【あるYの】に限っていえば3冊目だったりします(笑)


正直、どれも比較的印象に残っていたので肝心の暗号に関してはだいたい覚えていました。
細かいことは覚えてなくても、解読方法を覚えていたので……。
まあ、細かな点は結構忘れてるんで面白いことには面白いんですけど。


イラストを担当されている麻々原さんが暗い宿のコミカライズされるらしいです。
正直、表紙イラストとかは別に気にならなかったんですが、挿絵いらないよなーと思って読んでました。
朝井さんとかイメージと違って「えっ」ってなってしまいましたし。
まあ、いいんですけど。

次はコミカライズに合わせてくるのかな?
そうなると、次は「館モノ」のアンソロジーとかでしょうか。
そろそろ、ビーンズ文庫版以外のものも読まないと追いつかれちゃいそうですね。
折をみて紹介していきたいと思います。

拍手[2回]

臨床犯罪学者・火村英生の推理 密室の研究

臨床犯罪学者・火 村英生の推理 密室の研究/有栖川有栖
推理作家の有栖川有栖と、クールな天才犯罪学者・火村英生。学生時代からの盟友である彼らには、常に難事件が寄ってくる。たとえば、人を招く魔性の多軌で起きた殺人事 件。死の滝目指して突き進む足跡に隠された真実とは……(「人喰いの滝」)。ほか今世紀最高に冴えてる名探偵・火村英生が、怖くて華麗、切なくて美しい、ミステリーの華「密室」を解き明 かす! 著者・有栖川有栖厳選、名作がコラボした、奇跡の密室アンソロジー!!


発売当時に購入していたんですけど、いろいろあって読むのがこんなに遅くなってしまいました。


【第1話 人喰いの滝】
【第2話 蝶々がはばたく】
【第3話 壺中庵殺人事件】
【第4話 雪華楼殺人事件】
【第5話 シャイロックの密室】
【第6話 あるいは四風荘殺人事件】

が収録されています。

前回までは再版というか新装版めいたものだったんですが、今回はちょっと趣きが違います。

あらすじにもあるとおり、密室アンソロジーといいましょうか。
過去に発表した火村シリーズの短編の中から密室ものを作者自身が厳選した1冊となっています。

元々、【人喰い】【蝶々】は「ブラジル蝶の謎」に、
【壺中庵】【雪華楼】は「絶叫城殺人事件」に、
【シャイロック】は「スイス時計の謎」に、
【四風荘】は「火村英生に捧げる犯罪」に収録されていました。

実は全作読んだことありました。
「火村英生に捧げる犯罪」だけはこのブログで紹介してませんが、図書館で借りてハードカバー版を読んだ記憶があります。
ちょっと時期は定かじゃありませんが多分ブログ開設前に読んだんでしょうね。


正直、【雪華楼】は後味が悪いなぁ、と。
未失の故意とはまたちょっと違いますが、悪意があったわけじゃないので、不幸な事故だったんでしょうが……。


読んでみて自分でもちょっと驚きましたが、以外と覚えているもんですね。
密室モノの肝でもあるトリックですが、【雪華楼】【四風荘】以外は覚えていました。
まあ、その2編もトリックこそ覚えていませんでしたが、展開はだいたい覚えてましたけど。

それでそれなりに楽しめました。 このシリーズは事件自体もそうですが、火村先生とアリスの会話を楽しむってのもありですからね。


次巻については不明ですが、この感じだとまた別のテーマのアンソロジーが発売されそうですね。
密室の次はなんだろう?
暗号とか時刻表とかでしょうか。
でも時刻表ものって火村シリーズではあんまりないような……。

何が来るかは不明ですが楽しみです。

拍手[0回]

カレンダー

08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

ad


ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2019年】
07 月( 01 )/ 06 月( 00 )/ 05 月( 03 )04 月( 01 )03 月( 03 )/ 02 月( 00 )/ 01 月( 04 )

【2018年】
12 月( 01 )/ 11 月( 00 )/ 10 月( 00 )/ 09 月( 00 )/ 08 月( 01 )/ 07 月( 00 )/ 06 月( 00 )/ 05 月( 04 )04 月( 04 )03 月( 06 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2017年】
12 月( 03 )11 月( 07 )10 月( 02 )09 月( 06 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR