忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【小説】有栖川 有栖」の記事一覧

ペルシャ猫の謎

ペルシャ猫の謎 (講談社文庫)ペルシャ猫の謎/有栖川有栖
「買いなさい。損はさせないから」話題騒然の表題作「ペルシャ猫の謎」。血塗られた舞台に愛と憎しみが交錯する「切り裂きジャックを待ちながら」、名バイプレーヤー・も利した刑事が主役となって名推理を披露する「赤い帽子」など、粒よりの傑作集。<国名シリーズ>第五弾、火村・有栖川の名コンビはパワー全開!


今回は若干、異色っぽい作品が多かったです。
火村先生とアリスのやりとりは相変わらずではありますが、謎解きという点ではちょっと物足りないかもしれません。


『切り裂きジャックを待ちながら』
劇団におくられてきたビデオレターには主演女優の誘拐された姿が映っていて、その後女優が舞台で死体となって発見される話。

なんかテレビ的というか、相棒とかコナンとかそういうのを見てるような気分になったんですが、あながち間違っていなかったようですね。
それというのもこの作品、有栖川さんが原案の推理ドラマのノベライズとのこと。

納得しました。道理で火村先生の登場シーンがあんなにもかっこいいわけです。
あの登場シーンにはびっくりしました。


『わらう月』
アリバイ工作を行った女性視点の話。

南半球では太陽(月)の軌道がそういうことになるとは、理屈ではわかります。
が、言われるまで気づかなかったです。

人間の顔が左右対称でないってことは知っていましたが、女性のちょっとした一言まで伏線になるとは思いませんでした。


『暗号を撒く男』
殺された男性宅に配置された奇妙なものたちの話。

朝井さんが登場します。
形としてはアリスが火村先生に聞いた話を朝井さんに語るというもの。

アリスの記憶力にちょっと驚きました。
というか、火村先生ったらそんな不機嫌になるような事件もアリスには話してるのね、と思ってしまいました。

これ別にアリスが語る必要性なんてないんですよ。
その場に火村先生がいないのならともかく、横に座っているんですから。

それなのに、語り部を譲った火村先生に思わず深読みしたくなりました。


『赤い帽子』
森下刑事が主役の大阪府警が事件を追う様子を描いた作品。

アリスも火村先生も登場しない作品です。
どちらか片方しか現場にいないとか、語って聞かせるとかならありましたけど、どちらも登場しないのってはじめてじゃないでしょうか。

思っていたよりおもしろかったです。

森下刑事がアルマーニを着ている理由が明らかになります。
アルマーニを着ている刑事というと、この森下刑事と夢水清志郎シリーズに登場する岩清水刑事くらいしか知りません。
岩清水刑事はただのおしゃれだろうと思うので、この森下刑事の「鎧」にはちょっと納得してしまいました。

早く立派な刑事になれたらいいですね。


『悲劇的』
火村先生が書いた「小説」の話。

妙に納得してしまいました。
作中で語られるK君の憤り。
これだけを読んだら暗く終ってしまうだろうに、それをうまく回避しています。

K君の怒りはまったくもってその通りなだけに、どのように終わらせるのか、ちょっとハラハラしてたんです。
この手の問題に下手な回答をしたら面倒なことになるだけですし。

思わずくすりとしてしまったんですが、本当はそれじゃダメなんでしょうね。

神はいつになったら起きるのでしょう。


『ペルシャ猫の謎』
弟に殺されかけたという被害者だが、弟にも猫にもアリバイがあるという奇妙な話。

表題作です。

え、そういうのなの?と首をかしげてしまいました。

コズミックを読んだことがある身としては全然問題ない感じ。
読んでから何年もたちますが、あれよりイラつかされる作品には出会ったことありません。
4日もかけて読んで、結末がアレで投げつけたくなりましたからね……。(借り物だったので投げませんでしたが)

当時高校生だった私には受け入れられませんでしたが、今読めばまた感想も変わってくるんじゃないかな。
まあ、あの分厚く、かつ結末を覚えている本を読むだけの気力もないのも確かです。


『猫と雨と助教授と』
SS。ばあちゃんとアリスの電話。

火村先生が思いのほか可愛らしい。
なんかこの調子じゃまだまだ増えそうですね。

猫の方が寿命は短いだろうから、火村先生もばあちゃんも悲しむんだろうなぁ、ってところまで考えてしまった自分がちょっと嫌でした。



異色ぞろいの短編集でしたが、中々おもしろかったです。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

朱色の研究

朱色の研究 (角川文庫)朱色の研究/有栖川有栖
“2年前の未解決殺人事件を、再調査してほしい。これが先生のゼミに入った本当の目的です”
臨床犯罪学者・火村英生が、過去の体験(トラウマ)から毒々しいオレンジ色を恐怖する教え子・貴島朱美から突然の依頼を受けたのは、一面を朱で染めた研究室の夕焼け時だった――。
さっそく火村は友人で推理作家の有栖川有栖とともに当時の関係者から事情を聴取しようとするが、その矢先、火村宛に新たな殺人を示唆する様な電話が入った。2人はその関係者宅に急行すると、そこには予告通り新たなる死体が……?!
現代のホームズ&ワトソンが解き明かす本格ミステリの金字塔。


久しぶりに平日にラノベと児童書以外の小説を読んだ気がしますがやっぱり平日に一般向けの作品を読むのは厳しいものがありました。
感想書く時間だとかその他もろもろ生活ペースなんかを考えると7時くらいまでには読み終わっていたいんですが、これは大幅にオーバーして8時ころまでかかりました。
この朱色の研究は400ページ超。厚い分それだけ時間がかかりますからね。
基本的に平日は1日2時間程度しか読書時間がとれないので、これだけ厚いとちょっと。

正直、ラノベでも電撃文庫なんかは他と比べてちょっと厚めなのでちょっと厳しかったりします。


長編です。そして初読でした。タイトルだけは知っていたのですが、図書館にもなく、いつだったか古本屋で手に入れて積読状態だったものです。
正直、この作品はあんまりおもしろいと思えませんでした。

トリック自体はすごいと思いましたけど。
物語序盤にやたら時間かけてトリックを暴くなぁ、と感じていたんですけど、最後のどんでん返しを思えばなるほど、と。

犯人の目論見どおりというか、そういう方向で動いてましたからね。

作品冒頭で、夕陽のお告げというかそういう夕占(ゆうけ)をうけるシーンがあるんです。
正直、あれない方が良かったんじゃないかな、とか思いました。
なんとなくそんな印象を覚えました。

途中、火村先生とアリスで恋人岬に行くんですが思わず突っ込みました。
観光地みたいですし、そこまで問題ないのかもしれませんけどね。作中でアリスも突っ込んでましたが、男2人で行くようなとこじゃないだろうに。
まあ火村先生とアリスは夫婦じみてますから、そこまで違和感ないのかなぁ(笑)


ダリの繭か何かの感想でも書いた気がするんですが、あいかわらず有栖川さんの書く女性を綺麗だな、と。
今までの作品は綺麗すぎて違和感を覚えていたんですが、今作は綺麗でも問題ないキャラクターというか。
そんな感じだったのでそこまで違和感を覚えませんでした。


ようやく、火村先生の悪夢の内容が明らかになります。
今作のヒロインとでもいうべき少女が悪夢に苦しんでいる、って描写があって「実は私も」ってな具合で明かされるんです。
少女を安心させようって思惑があったんでしょうけど、火村先生はアリスにその内容を知られても問題ないって考えてるんでしょうかね。

アリスは火村先生が悪夢に飛び起きているところに出くわしても気づかないふりをしていたはずなんですが。
お互い気づいていることに気づいているんでしょうからいいのか。

「夢の中で殺している人物」と「人を殺したいと思ったことがある」。
この人物ってきっと同一人物なんでしょう。個人的に父親とかなんじゃないのかなぁ、と思ってるんですが、まだ明かされぬままです。
いつか火村先生も悪夢を見なくてすむようになればいいんですけど。



今週末はこの間借りてきた「殺気!」を読みたいなぁ、と思ってます。
もしかしたら明日は時間がなくて読めないかもしれないので、明日はなにか別な本読もうかな。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ  ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

英国庭園の謎

英国庭園の謎 (講談社文庫)英国庭園の謎/有栖川有栖
資産家の人知れぬ楽しみが、取り返しのつかない悲劇を招く表題作。日本中に大パニックを起こそうとする“怪物”「ジャバウォッキー」。巧妙に偽造された遺書の、アッと驚く唯一の瑕疵を描いた「完璧な遺書」――おなじみ有栖川・火村の絶妙コンビが活躍する傑作ミステリ全六篇。待望の<国名シリーズ>第4弾!


今日はゆっくり本が読めるはず……だったんですが、ネウロの世界に引き込まれすぎて次から次へと読んでしまいまして(^^;)
結局全巻読んでしまいました。
そして、ジャンプ掲載時同様泣いてしまいました。
やっぱり“あれ”は卑怯です。

それから慌ててこの本を読みました。ホントぎりぎりでした。


『雨天決行』
雨のふる中殺された女性の話。

ウテンが雨天のことではなくヴのことをしめすのかー、とちょっと関心してしまいました。

作家だから分かることというか、なるほどと思ってしまいました。


『竜胆紅一の疑惑』
とある作家が命を狙われているのではないか、と家族を疑う話。

まあ、偶然も続けば気持ちわるくなるものですしね。
極めつけが放火騒ぎでは作家が狙われているのでは?と思うのも仕方ないかな。

犯人はちょっと怖かったです。
そんなことで殺そうとしてしまうのか、と。

私はいろんな本読みますから、遅筆だったりして続編が何年も出版されていない作品もしっています。
たとえそういうことが出来るチャンスがあったとしてもそんなことはしないだろうなぁ。
まあ、そこまで思いいれがないだけ、ってことなのかもしれませんけど。


『三つの日付』
アリスが犯人のアリバイを握っている話。

ちょっと珍しい形態の話でした。
でもアリスの間違いは誰にでもありそうですよね。
会社勤めしていても一瞬、今日って何日だっけ?となることは多いですから。

海のある奈良に死すで殺されたアリスの友人・赤星楽が登場してちょっと物悲しい気持ちになりました。


『完璧な遺書』
男が遺書を偽造し、女を自殺に見せかけようとする話。

正直、偽装を企てている男をみていてミステリをそれなりに多く読んでいる身としては、そんな上手くいくわけないだろ、と突っ込みたくなりました。

まあ、火村先生があくまでも遺書から迫ったのでそれはよかったです。

そして、テンサイの変換候補を自身の名前にしていたというアリスはかわいい。
でもまあ、『有栖川有栖』は普通に打つのがめんどくさい名前ではありますね。「アリス」では変換されませんし。


『ジャバウォッキー』
妙な言葉回しをする男の犯罪を未然に防ごうとする話。

「ナハ」「ワッカナイ」「パンドラ」に関してはまあおいておいて。
「時計が遅れている」はわかりました。

なので思わず近くにいた弟に「子午線ってどこにあるっけ?」と聞いてしまいました。
なんとなく関西にあった気はしていたのですが、場所を忘れてしまいまして。

当っていてちょっと気持ちよかったです。
そして普通におもしろかったです。


『英国庭園の謎』
英国式庭園で宝探しの最中に主人が殺されてしまう話。

こういう暗号は正直解く気がしないので素直に読み進めていったのですが、主人のサディストっぷりが最低だな、と。
こういうのこそ「情状酌量の余地がある」んでしょうね。

正直、殺されても自業自得っぽかったです。



この本、雨天決行は読んだ覚えがあるので再読だと思うのですが、他の作品はほとんど覚えていませんでした。
自分の記憶力に自信がなくなってきたなぁ……。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[1回]

カレンダー

05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ad


ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2019年】
05 月( 03 )04 月( 01 )03 月( 03 )/ 02 月( 00 )/ 01 月( 04 )

【2018年】
12 月( 01 )/ 11 月( 00 )/ 10 月( 00 )/ 09 月( 00 )/ 08 月( 01 )/ 07 月( 00 )/ 06 月( 00 )/ 05 月( 04 )04 月( 04 )03 月( 06 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2017年】
12 月( 03 )11 月( 07 )10 月( 02 )09 月( 06 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR