忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【小説】有栖川 有栖」の記事一覧

臨床犯罪学者・火村英生の推理3 ダリの繭(上)

臨床犯罪学者・火村英生の推理3 ダリの繭(上)/有栖川有栖
推理作家・有栖川有栖と、友人で相棒の犯罪学者・火村英生。有栖の新作完成と火村の誕生日を祝うささやかな宴で、2人は宝石チェーンの社長で資産家の堂条秀一と遭遇する。しかし後日、彼は死体となって発見された。まるで繭のような高級ヒーリング機材の中で、自慢のヒゲを失って。堂条の義弟と知り合いだったことから、有栖は事件に巻きこまれることに。火村先生はこの難問にどう挑む!? シリーズ屈指の人気を誇る傑作!!


今月頭に購入してきた1冊ですが、ようやく読みました。
上下巻ということもあってわざと残していたのですが、地元でもそろそろ入手できるかな?


46番目の密室ロシア紅茶と同じく、過去作をビーンズ文庫で刊行しなおしているシリーズ。
なので以前紹介したダリの繭と基本的には同じです。
ビーンズ文庫で刊行されるにあたり上下巻になったり、挿絵があること、登場人物紹介が絵入りで挿入されているためイメージがしやすいなどそういう点が若干変わっている程度です。

あ、あとは初回限定でイラストカードがついてます。
前2作がアリス、火村先生の名刺だったので次は何が来るのかなーと楽しみにしてました。
イラストカードは、ダリの繭上下の表紙です。
実際の表紙ではタイトルで隠れているところに盛大なネタバレが(笑)
これは私が過去にこの作品を読んでいるからわかることですね。正直、初読ではアリスの後ろにあるものがどう関係してくるのか分かる人いないと思います。

ちなみにポストカードの裏側は2人のプロフィールが対比するようにかかれてます。
でも特に目新しいことはないかな?


3年前に1度読んでいる作品なので、細部はともかくなんとなくは覚えていましたが、楽しめました。
細部を思い返しつつ、2人に萌えてました。

あらすじにもある、冒頭の宴シーンで萌え殺されるかと思いましたよ。
なんでいい年した男2人でカップルばっかりのフランス料理店でディナーしてるの、と。

周りをふと見渡すと、楽しげに語らうカップルで私たちが包囲されていることに気がついた。結構なことだ。他人の幸せそうな様子を見ることは私の喜びである。(p12、13)

結構じゃねえよ!って叫んだ私は悪くない(笑)
あとは新婚ごっこ云々。その場の冗談というか悪乗りだとはわかってる。
でも萌えるのは止められない。
鳴かないカナリアの彼女とか、ノマカプに走れる要素はあるんですけどねぇ。

それでもそっちに走っちゃうのは、基本アリス視点で進むこの作品において、火村先生を気にかけるシーンが多いからなのかな、と。
シリーズ初期作品ということもあり、火村先生が犯罪捜査に関わる理由の考察だとかそういうのが語られているんですが、その締めくくりを見てもらってもわかるかな。

(略)私は微かに不安を覚えたこともある。そうであるかないかは、フィールドワークをともにしていれば判ることだろう。大きなお世話かもしれないが、気にかけておいてやりたい。この偏屈な男が持っている友人らしい友人は、私ぐらいなのだから。(p90)

ここまで思われていることに火村先生は気づいているんだろうか。
気づいていても気づかないフリくらいはするだろうけど、いつの日かその思いに答えてあげて日が来て欲しいものです。


上下巻となったことでめちゃくちゃいいところで上巻は終わっています。
アリスの友人である吉住さんが警察に任意で引っ張られたところで今巻は終了。

下巻の発売は29日?
7月1日には全国に出回るように設定されているはずなので、地元でも多分買えるはず。
明日にでも本屋行ってこようと思います。

拍手[1回]

臨床犯罪学者・火村英生の推理 2 ロシア紅茶の謎

臨床犯罪学者・火村英生の推理 II ロシア紅茶の謎 (角川ビーンズ文庫)臨床犯罪学者・火村英生の推理 2 ロシア紅茶の謎/有栖川有栖
冴え渡る推理で名を馳せる、若き「臨床犯罪学者」、火村英生。彼のフィールドワークに欠かせない存在が、相棒の推理作家、有栖川有栖だ。年の瀬も押し迫ったある日、神戸の豪邸で売れっ子作詞家が殺された、依頼を受け捜査に出かける2人だが…。
「俺だって、胸を掻きむしられる思いをしたことはあるさ」
火村先生の呟きに心も騒ぐドラマティックな表題作に加え、動物園、劇場etc.
で火村とアリスが大活躍!! 傑作シリーズ第2弾!


昨日購入してきたビーンズ版ロシア紅茶、早速読みました。
以前にも講談社文庫版を紹介しているのですが、ご了承下さい。


【第1話 動物園の暗号】
【第2話 屋根裏の散歩者】
【第3話 赤い稲妻】
【第4話 ルーンの導き】
【第5話 ロシア紅茶の謎】
【第6話 八角形の罠】


が収録されています。
相変わらず、加筆修正はなさそうですね。
あとがきくらい?


なんというか、このコンビは読んでいてすごく萌える。
今回は短編集だからなのか、比較的そういう要素は薄めなんですが、それでもふとした瞬間に「お互い大事なんだろうなぁ」と。

2人の掛け合いがすごく自然だからそう感じるのかもしれません。
隣にいることが当たり前になっているんでしょうね。

もういい年した大人ですから本音と建前だとか、お互いを思いやることが出来てるわけじゃないですか。
だから関係をこじらせることなく、仲良く出来るんだろうなぁ。
これでこじらせるとべるぜバブの古市パニックみたいになるんだろうなぁ、とどうでもいいこと思ってました。
まあ、男鹿と古市も三十路越えしたころにはお互いの存在が隣にいるのが当たり前になってそうですが。
閑話休題。


火村先生の過去にはあまり触れられていません。
あらすじにあるセリフくらい?
まあ、短編ですからね。ミステリを名乗っている以上、謎を解明することが第一。
それ以外の登場人物の過去など、少しずつ散りばめていくしかないのでしょう。


次は、ダリの繭のよう。
上下巻で今年の初夏(6、7月くらい?)に連続刊行予定だとか。
さらに、この作品のコミカライズの新装版が2月末に発売されるようです。
読んだことないんで買ってみようかな。

ダリは、私でも矛盾に気付いてしまっている作品なんですが、その辺がどうなるのかちょっと楽しみだったりします。

拍手[0回]

臨床犯罪学者・火村英生の推理1 46番目の密室

臨床犯罪学者・火村英生の推理 I    46番目の密室 (角川ビーンズ文庫)臨床犯罪学者・火村英生の推理1 46番目の密室/有栖川有栖
英都大学社会学部の若き助教授、火村英生。その明晰な頭脳で難事件を解決し、「臨床犯罪学者」と呼ばれている。そんな火村が心を許す唯一の存在は、大学時代からの親友である推理作家、有栖川有栖。冬のある日、有栖川が大御所推理作家・真壁聖一の別格に招かれたことから、2人は軽井沢を訪れることに。しかしなんと真壁自身が「密室」で殺される事件が起き……!?
伝説の名探偵と推理作家の最強コンビ、ビーンズ文庫に登場!!


以前紹介した46番目の密室と同じものなんですが、紹介してから2年以上たっていること。
出版レーベルが違うことから再度紹介させてください。


本編はまったくいじってないと思われます。
火村先生は助教授のままだし、真帆ちゃんのソ連云々のセリフもそのまま残っています。
なので、今回は本編のことはあまり語らずにすませようと思います。


今回ビーンズ文庫から刊行されたこのシリーズ。
ビーンズって何かしらファンタジー要素ないとダメだと思っていたんですが、そういうこともないんですね。

この作家アリスシリーズは多くの出版社にまたがって刊行されています。
(講談社・角川書店・双葉社・新潮社・光文社・文芸春秋・徳間書店かな?)
出版社の枠をまたいで再度出版されるっぽいので新規で入る方はこっちの方がわかりやすいかもしれませんね。

ただ、ちょっと疑問もあって。
出版順からすると次に刊行されるべきは「ダリの繭」なんですよ。
しかし、巻末の予告によると1月に発売される「火村英生の推理2」は「ロシア紅茶の謎」。
46番目もロシア紅茶も元々講談社から発売されていたものなんで、出版社の壁は越えているのは間違いないんですけどね。
ダリの繭こそ角川書店から出版されているんで、再刊行しやすいと思うんですがどうなっているんだろう?


ビーンズ文庫で出版されることもあり、表紙が麻々原絵里依さんのものとなり、挿絵も挿入されています。
あらすじを読んでもわかるかもしれませんが、今回出版社側が見込んだであろう読者層は腐女子。
挿絵のシーンがかなりですね、萌えました。

この感想書くのにあらすじを読んだのですが、すっごいですね。
確かにその通りなんだけど、その言い様だと2人の関係がすごく怪しいもののように見えますよ(笑)
あらすじで思ったのは火村先生は「伝説」というとちょっと御幣があるような気がしました。
今も変わらず活躍されている火村先生を伝説にしてしまうのはちょっとなぁ、と。
まあいいんですけど。

初回限定特典で「有栖川有栖」の名刺が封入されているんです。
ちゃんと住所が夕陽丘になっていたり、有栖の綴りが「Alice」だったりと細部まで楽しませてもらえる一品でした。
2巻には、火村先生の名刺が封入されたらいいな、と期待しています。
前述の通り、次巻は来年1月1日発売予定。
楽しみです。

拍手[0回]

カレンダー

05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ad


ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2019年】
05 月( 03 )04 月( 01 )03 月( 03 )/ 02 月( 00 )/ 01 月( 04 )

【2018年】
12 月( 01 )/ 11 月( 00 )/ 10 月( 00 )/ 09 月( 00 )/ 08 月( 01 )/ 07 月( 00 )/ 06 月( 00 )/ 05 月( 04 )04 月( 04 )03 月( 06 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2017年】
12 月( 03 )11 月( 07 )10 月( 02 )09 月( 06 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR