忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【小説】有栖川 有栖」の記事一覧

臨床犯罪学者・火村英生の推理3 ダリの繭(下)

臨床犯罪学者・火村英生の推理3 ダリの繭(下)/有栖川有栖
高級宝石チェーンの社長・堂条秀一殺人事件。その容疑がかかったのは、推理作家・有栖川有栖の友人・吉住だった。彼が警察で語り始めたのは、驚くべき事実。なんと目覚めた時、既に秀一は死んでいたという。動転し疑わしい行動を取ったが、殺してはいない。そう言う彼に、天才的犯罪学者の火村英生は、信じると告げる。更に発見された凶器により、事態は混迷を深め……。手掛かりを求め、火村とアリスが旅に出る、解決編登場!!


早速読みました。元々1冊だったものを2冊にしているんで、大したページ数ではないんですが、やはり平日に読むものではないですね。
2日かかってしまいました。


先日紹介したものの下巻です。
下巻の方には今までのような初回限定の「おまけ」はありませんでした。
ちょっと楽しみにしていただけに残念でした。

その変わりといってはなんですが、角川文庫版には収録されていなかった掌編「シュルレアリスムの午後」が収録されています。
初出はハードカバーの愛蔵版に読者サービスとして加えられたものなんだとか。

私が持っているのは文庫版だったのでこれ初めて読みました。


作者があとがきで語っているとおり、この作品は元々1993年に発売されたもの。
そのためスマホどころか携帯自体なかったり、パソコンではなくワープロ。
北海道に球団がないがために火村先生が冗談に使ったりしています。

そういう微妙な違和感こそありますが、発売から20年たった今でも十分楽しめます。
だからこそ、今こうして新レーベルで発売、なんて運びになったんでしょうね。


この作品を始めて読んだときから気になっていた「靴」について。
直されてますね。
私が前から持っていた角川文庫版では「靴は下駄箱に入っていたそうだ」とあったものが「靴はなかったけれど」に変わっていてなんか感動(笑)

それを確認するために、わざわざ角川文庫版を引っ張り出しましたよ。
まあ、手元にある角川文庫版は第11版で平成9年――1997年のものなので、前述の愛蔵版(発売は1999年)の時に直されていた可能性が高いんですが。


あとがきで、冒頭の火村先生とアリスのディナーシーンについて言及されていてなんか驚いてしまいました。
うーん、やっぱり男性と腐女子じゃやっぱり違うんだろうな、ってのが正直な感想です。
腐女子はなんてことない一言からでもそういう方向に妄想を膨らませることが得意(というかもう職業病みたいなもの)と言っていいでしょうからね。

多分、「どうよ?」って言って騒いでいるのは女性が大半だと思うんで、男性の意見を聞いてみたいなとちょっと思いました。
あと個人的には男3人でフレンチディナーにおける「どうよ」具合は、男2人より弱まるんじゃないか、と思います。


次巻は何が発売されるのかはわかりませんが(奈良かスウェーデンかな?)、発売時期は今秋のよう。
おまけがあるのか否か、あるなら何がくるのか。今から楽しみです。

拍手[0回]

臨床犯罪学者・火村英生の推理3 ダリの繭(上)

臨床犯罪学者・火村英生の推理3 ダリの繭(上)/有栖川有栖
推理作家・有栖川有栖と、友人で相棒の犯罪学者・火村英生。有栖の新作完成と火村の誕生日を祝うささやかな宴で、2人は宝石チェーンの社長で資産家の堂条秀一と遭遇する。しかし後日、彼は死体となって発見された。まるで繭のような高級ヒーリング機材の中で、自慢のヒゲを失って。堂条の義弟と知り合いだったことから、有栖は事件に巻きこまれることに。火村先生はこの難問にどう挑む!? シリーズ屈指の人気を誇る傑作!!


今月頭に購入してきた1冊ですが、ようやく読みました。
上下巻ということもあってわざと残していたのですが、地元でもそろそろ入手できるかな?


46番目の密室ロシア紅茶と同じく、過去作をビーンズ文庫で刊行しなおしているシリーズ。
なので以前紹介したダリの繭と基本的には同じです。
ビーンズ文庫で刊行されるにあたり上下巻になったり、挿絵があること、登場人物紹介が絵入りで挿入されているためイメージがしやすいなどそういう点が若干変わっている程度です。

あ、あとは初回限定でイラストカードがついてます。
前2作がアリス、火村先生の名刺だったので次は何が来るのかなーと楽しみにしてました。
イラストカードは、ダリの繭上下の表紙です。
実際の表紙ではタイトルで隠れているところに盛大なネタバレが(笑)
これは私が過去にこの作品を読んでいるからわかることですね。正直、初読ではアリスの後ろにあるものがどう関係してくるのか分かる人いないと思います。

ちなみにポストカードの裏側は2人のプロフィールが対比するようにかかれてます。
でも特に目新しいことはないかな?


3年前に1度読んでいる作品なので、細部はともかくなんとなくは覚えていましたが、楽しめました。
細部を思い返しつつ、2人に萌えてました。

あらすじにもある、冒頭の宴シーンで萌え殺されるかと思いましたよ。
なんでいい年した男2人でカップルばっかりのフランス料理店でディナーしてるの、と。

周りをふと見渡すと、楽しげに語らうカップルで私たちが包囲されていることに気がついた。結構なことだ。他人の幸せそうな様子を見ることは私の喜びである。(p12、13)

結構じゃねえよ!って叫んだ私は悪くない(笑)
あとは新婚ごっこ云々。その場の冗談というか悪乗りだとはわかってる。
でも萌えるのは止められない。
鳴かないカナリアの彼女とか、ノマカプに走れる要素はあるんですけどねぇ。

それでもそっちに走っちゃうのは、基本アリス視点で進むこの作品において、火村先生を気にかけるシーンが多いからなのかな、と。
シリーズ初期作品ということもあり、火村先生が犯罪捜査に関わる理由の考察だとかそういうのが語られているんですが、その締めくくりを見てもらってもわかるかな。

(略)私は微かに不安を覚えたこともある。そうであるかないかは、フィールドワークをともにしていれば判ることだろう。大きなお世話かもしれないが、気にかけておいてやりたい。この偏屈な男が持っている友人らしい友人は、私ぐらいなのだから。(p90)

ここまで思われていることに火村先生は気づいているんだろうか。
気づいていても気づかないフリくらいはするだろうけど、いつの日かその思いに答えてあげて日が来て欲しいものです。


上下巻となったことでめちゃくちゃいいところで上巻は終わっています。
アリスの友人である吉住さんが警察に任意で引っ張られたところで今巻は終了。

下巻の発売は29日?
7月1日には全国に出回るように設定されているはずなので、地元でも多分買えるはず。
明日にでも本屋行ってこようと思います。

拍手[1回]

臨床犯罪学者・火村英生の推理 2 ロシア紅茶の謎

臨床犯罪学者・火村英生の推理 II ロシア紅茶の謎 (角川ビーンズ文庫)臨床犯罪学者・火村英生の推理 2 ロシア紅茶の謎/有栖川有栖
冴え渡る推理で名を馳せる、若き「臨床犯罪学者」、火村英生。彼のフィールドワークに欠かせない存在が、相棒の推理作家、有栖川有栖だ。年の瀬も押し迫ったある日、神戸の豪邸で売れっ子作詞家が殺された、依頼を受け捜査に出かける2人だが…。
「俺だって、胸を掻きむしられる思いをしたことはあるさ」
火村先生の呟きに心も騒ぐドラマティックな表題作に加え、動物園、劇場etc.
で火村とアリスが大活躍!! 傑作シリーズ第2弾!


昨日購入してきたビーンズ版ロシア紅茶、早速読みました。
以前にも講談社文庫版を紹介しているのですが、ご了承下さい。


【第1話 動物園の暗号】
【第2話 屋根裏の散歩者】
【第3話 赤い稲妻】
【第4話 ルーンの導き】
【第5話 ロシア紅茶の謎】
【第6話 八角形の罠】


が収録されています。
相変わらず、加筆修正はなさそうですね。
あとがきくらい?


なんというか、このコンビは読んでいてすごく萌える。
今回は短編集だからなのか、比較的そういう要素は薄めなんですが、それでもふとした瞬間に「お互い大事なんだろうなぁ」と。

2人の掛け合いがすごく自然だからそう感じるのかもしれません。
隣にいることが当たり前になっているんでしょうね。

もういい年した大人ですから本音と建前だとか、お互いを思いやることが出来てるわけじゃないですか。
だから関係をこじらせることなく、仲良く出来るんだろうなぁ。
これでこじらせるとべるぜバブの古市パニックみたいになるんだろうなぁ、とどうでもいいこと思ってました。
まあ、男鹿と古市も三十路越えしたころにはお互いの存在が隣にいるのが当たり前になってそうですが。
閑話休題。


火村先生の過去にはあまり触れられていません。
あらすじにあるセリフくらい?
まあ、短編ですからね。ミステリを名乗っている以上、謎を解明することが第一。
それ以外の登場人物の過去など、少しずつ散りばめていくしかないのでしょう。


次は、ダリの繭のよう。
上下巻で今年の初夏(6、7月くらい?)に連続刊行予定だとか。
さらに、この作品のコミカライズの新装版が2月末に発売されるようです。
読んだことないんで買ってみようかな。

ダリは、私でも矛盾に気付いてしまっている作品なんですが、その辺がどうなるのかちょっと楽しみだったりします。

拍手[0回]

カレンダー

08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

ad


ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2019年】
07 月( 01 )/ 06 月( 00 )/ 05 月( 03 )04 月( 01 )03 月( 03 )/ 02 月( 00 )/ 01 月( 04 )

【2018年】
12 月( 01 )/ 11 月( 00 )/ 10 月( 00 )/ 09 月( 00 )/ 08 月( 01 )/ 07 月( 00 )/ 06 月( 00 )/ 05 月( 04 )04 月( 04 )03 月( 06 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2017年】
12 月( 03 )11 月( 07 )10 月( 02 )09 月( 06 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR