忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   

アニメ マギ


アニメ マギ


更新再開とか言っておきながら全然更新してなくてすみません。
今日も小説の感想じゃないですし(汗)
これから頑張ります。


今日は、レンタル半額キャンペーンをやっていたのでまったく知らない物語が見たくてマギの1期を借りてみました。

前知識は主要キャラ(アラジン、アリババ、モルジアナ、シンドバット)の名前を知っているぐらい。
あとはサンデーで連載してるってことぐらいでしょうか。
なので漢字とか表記とか間違っていたらすみません。
こっそり教えていただけると助かります。

そのような状況で見始めた訳ですが、結構面白かったというのが正直な感想です。
ただ今日1日で後半1クール分見たのでちょっと疲れてます(笑)


前知識0のため、OPとEDを見て「3人が一緒に力を合わせて迷宮を制覇しつつ冒険していく物語なのかな?」と思ったら全然違うんですね。
いやーびっくりしました。

アモン編?はドキドキワクワクしながら見てたんですよ。
領主様やブーデル?の存在にイラつきつつもアリババとアラジンの「友達」宣言にこの子ら可愛いなと。

が、バルバット編は毛色が全然違うじゃないですか。
正直見てて痛かったです。
さっき調べてみたらバルバット編って単行本4~8巻の内容なんですね。
ぶっちゃけ4巻って長編をやりだす時期でこそありますが、物語序盤でやるのにこの話は重すぎますよ……。
序盤でこれってことは、ここから先アリババやアラジンはどんどん過酷な状況に追いやられてくということ。
2人とも可愛いな!と思って見てる身としてはいったいどこまで行っちゃうの、と。

何度も何度も全力で挑み、弾かれて、自分の力量不足に悩みへこみそれでもがんばろうとする姿が描かれるわけですが、ここで登場するシンドバットがなぁ……。

登場シーンこそ変態じみていましたが、腐っても一国の王。
人心掌握術やら自信やらがアリババとはけた違いなわけです。

ぶっちゃけ、シンドバットの親切すぎるのが怪しいと思ってしまうのは私だけでしょうか。
シンドバットがただの冒険家であったのならそこまで気にしなかったと思うんです。
でも、シンドバットは王です。
王として、貿易国であるバルバットとの貿易再開のために動くというのはわかる。
紅帝国の支配下に落ちないようにアリババを逃がすのもわからなくはない。
でも、シンドリアにまで招くのはぶっちゃけやりすぎな気も。

作中でもジュダルやイスナーンが触れていましたが、アリババとアラジンを匿うことが組織との火種になるようですし。
うーん。それ以上の益があるってことなんでしょうけど、アニメ1回見た程度じゃわかりませんね。

アリババとカシムの関係はどうにかならなかったのかな、とはすごく思います。
近くにいたはずなのにすれ違ってしまった2人。
カシムは確かにアリババが嫌いだったんだろうけど、それ以上に大好きだったんだろうなぁ。
ラスト笑ってルフに戻っていけたのが救いでしょうか。


お次はシンドリア編。
ジャーファルさんがさらっと流した「1月ほどは荒れていましたが」というのがすごく気になります。

あとはそうですね。
OPの時点で気づいていたんですが、カシムのピアスを貰い受けてるんですよね。
シンドリアへ向かう船上ではまだアリババの耳に赤いピアスはありませんでした。
アリババが何を思ってピアスを付けたのか。そこも見たかったな、と。

夏黄文の策略(笑)で紅玉とシンドバットのやりとりには笑いました。
シンドバットの信用のなさが逆にすごい。
いやー嫌いじゃないわ夏黄文(笑)


ザガン編の両おうじの涙にこいつら可愛いなぁ、と。
でもまあ、モルジアナは不本意とはいえ他の3人はアモンの迷宮をクリアしてるわけですから、迷宮の雰囲気?空気?みたいなものを知っているわけです。
さらに、彼らはバルバットで協力して戦っているわけです。
そりゃあ、新参者の白龍が最初っから同じような連携が出来るわけがないんですけどね。

白龍って色々溜め込んじゃう子なんですね。普段しっかりしてるだけに爆発したら大きいと。
その後普通に出来るあの子ら本当にいい子だわー。

イスナーンの呪い云々は、なんか取ってつけた感が否めなかったです。
組織は、アリババを殺したいの?堕転させたいの?
どっちなのかがいまいち把握できないなぁ。
(まあどちらかがブラフの可能性も否定できないわけですが)

アリババが堕転したことにちょっとどうなの?と思わなくもないです。
彼はめちゃくちゃ悩んでぐらぐらしつつも周りの人に恵まれてギリギリの所で戻ってこれる人だと思います。
ドゥニヤの境遇に自分を重ねてしまったとしても、アラジンの声に引き留まるぐらいの展開でやめておいてほしかったなぁ、なんて思ってしまいました。

でも、カシムがアリババの背を押したシーンは滾りました。
(けど、それだけでやめておいてほしかったかな。しっかり形作らないでほしかったような……)


ごめんなさい。正直、物語序盤のモルジアナに対して私は「ヒロインなのにあんまり可愛くないな」と思っていました。
多分、奴隷としての境遇がモルジアナの表情にも表れていたという描写なんですよね。
後半になるにしたがってどんどん可愛くなっていくんですよ。
アリババとアラジンの力になろうとするモルさん可愛いかったです。


どこかでネタにされてたのを見たのかな?
マギのアリババと、べるぜバブの古市とデュラララの紀田くんのキャラがかぶっていると見た記憶があったんです。
確かに要素要素を見たらそれっぽいかな、と。
お調子者で女好き(年齢考えたら普通の気もしますが)、自分よりも友のために動こうとする姿勢なんかは確かに似ています。
紀田くんもアリババも集団率いてますから、古市にもベヘモット34柱師団を……とか思ったのは内緒です(笑)


マギって確か2期あるんですよね。
またキャンペーンの時に一気に借りてきたいな。
多分、私の想像よりも格段に酷い(というか辛い?)展開になるでしょうから、比較的元気な時にみたいなと思います。

拍手[0回]

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 15 16 17 18 19
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2017年】
08 月( 02 ) 07 月( 01 ) 06 月( 04 ) 05 月( 05 ) 04 月( 02 ) 03 月( 07 ) 02 月( 02 ) 01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR