忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   

アホリズム aphorism 1

アホリズム aphorism 1/宮条カルナ
空に島が見える者のみ入学を許される全寮制の共学「楢鹿高等学校」。
卒業した者には未来が約束された。
だが、夢と希望を抱く生徒たちを待つのは「神蝕」。
それは、現実を残酷に蝕む絶望の試練。
戦う者、抗う者のみが生き残る事を許される神の試練。


先日購入してきたアホリズムの1巻です。
表紙買いしたのが懐かしいです。


【第壱話 序】
【第弐話 始】
【第参話 曇】
【番外編壱 係】
【番外編弐 誰】
【あほりずむ的蛇足講座 壱】
【あほりずむ的蛇足講座 弐】

が収録されています。

1巻が発売された当時、帯の文句に惹かれて思わず購入しました。
「学校に殺される。」
何がどうしてそうなるの?と。
タイトルが軽い印象をうけるんですが内容はかなり思いです。
アホリズムって「格言」って意味らしいです。


内容としては結構グロイです。
ゲームだったらC以上にはなるんじゃないかな。死者がバンバン出ます。
入学者は204名だったらしいのですが、翌日翌々日くらいには105名とほぼ半分になってるくらいですから。

物語の舞台は、楢鹿高校。
そこに軟禁された学生たちが、「神蝕」で登場する化け物たちと戦い、どうにかして生き延びようとする話です。

生徒たちはそれぞれ1つ文字を持っているんです。
主人公である六道黄葉(もみじ)は「変」→姿を変えることができる
ヒロイン・比良坂アイラは「刀」→愛刀を具現化できる

とまあ、それぞれの能力を使い、時には協力しあい、時には敵対しながら過ごしていくわけです。
というか今回改めて読み直してみるとこの名字には悪意がありますよね(笑)

六道は六道輪廻からだろうし、比良坂は黄泉比良坂から来てるんでしょう。
そして作中でも語られている通り、楢鹿=ナラカはインドでは地獄を意味するんだとか。
全て死後の世界の話な訳ですね。


1巻を読んだのって結構久しぶりなんですが、先生方の存在をすっかり忘れていました。
むしろ先生とかいたんだ、と驚いてしまいました。

今巻は袴田くんがルームメイトに刺されたところで終了。
まあ、袴田くんですから問題はないんですけど、はじめて読んだときは驚いたなぁ。

近いうちに続巻も紹介したいと思います。

拍手[0回]

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
2
4 5 6 7 8 9 10
11 12 14 15 16 17
19 20 21 22 23 24
26 27 28 29 30

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR