忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   

ローゼンメイデン 全10巻

ローゼンメイデン 全10巻/PEACH-PIT


だいぶ昔に紹介したこれの続編になります。
ごちゃごちゃしてしまうので各巻のあらすじと収録話数は追記に載せますね。


旧版である前作があまりにも唐突な終わり方だっただけに、連載再会の話を聞き、ワクワクされた方も多いのではないでしょうか。
私自身は気になっていたものの、ヤングジャンプを立ち読みするのは色々と厳しかったため、コミックを購入。

はじめ、また購入するのを間違えてしまったのでは?と思いました。
冒頭の「まきますか まきませんか」に見覚えがめっちゃあって。
それというのも、私バーズコミック版の新装版を間違って買ってしまったんですよね。
実際は違ったんでよかったです。


序盤は大学生の"まかなかった"世界のジュンの視点で進んでいきます。
中学生のジュンの選択により、ローゼンメイデンが存在しない世界となっているわけですね。

中学は引きこもりのまま卒業し、大検で大学に通い、本屋でチャラい店長に文句を言われ続けたりするわけですが、ものすごく読んでいて痛かったです。
無力感にさいなまれる様は見ていて辛い。

契約者であるメグが雪華綺晶の手に落ちていることもあり、水銀燈とも共闘することになるわけです。
が、雪華綺晶に捕えられているはずのメグは転校生としてジュンのクラスにやってきていたりともうわけがわからなくなりそうでした。

途中途中で平和な生活が描かれているわけですが、その平和な生活すら怖いってどういうこと?って感じでした。
雪華綺晶の魔の手が静かに忍び寄ってくる感じも怖いんですが、それ以上にメグの存在も怖い。
作中で水銀燈が「壊れた子」と表現しているのがわかるなぁ、と。

というか、金糸雀のパートナーであるみっちゃんが想像していたより活躍していてびっくりしてしまいました。
あの人ってドールに関する思考こそぶっとんでいるものの、ジュンにとっては良き理解者であり仲間だったのでしょう。

両親が家におらず、姉とはいえのりもまだ高校生。
担任の先生は勘違いした熱血教師ですし、ジュンが全面的に頼ることが出来た人だったんだろうな。
最終局面でつかまってこそいるものの、その技術を買われて雪華綺晶の苗床とならなかったりと悪運も強いですし(笑)


物語としてはやっぱりどことなく途中な感じがしてしまいました。
終わり方としては綺麗なんですが、さらっと読んだだけでは難しすぎて理解しきれなかったというのが正直なところです。

今度前作から読み直したいなぁ、と思いました。

以下、前述の通り各巻のあらすじと収録話は追記に載せておきます。



ローゼンメイデン 1/PEACH-PIT
「まきますか まきませんか」
大学にもバイト先にも居場所を見つけられない青年が偶然手にとった雑誌「週刊少女のつくり方」。
その日を境に青年を取り巻く世界は変わり始める。
謎多きアンティークドール"ローゼンメイデン"を巡る不思議な物語が今、動き出す…!
【TALE1 「まきません」】【TALE2 過去からのメール】【TALE3 まいた世界 まかなかった世界】【TALE4 新たなる訪問者】【TALE5 僕の居場所】


ローゼンメイデン 2/PEACH-PIT
「作ってしまえよ、お前だけの人形を」
辛い現実に直面したジュンは、誘惑に負けて新たな人形を組み立て始める。
そして、ついに迎えた劇団の公演初日。
それは、真紅の「まかなった世界」最後の日でもあった。
雪華綺晶の影が忍び寄る中、波乱の幕が開く――。
【TALE6 記憶】【TALE7 僕だけの人形】【TALE8 最後の1日】【TALE9 プラクティカドールズ】【TALE10 繋がる世界】【TALE11 至高の少女】【TALE12 決意】


ローゼンメイデン 3/PEACH-PIT
翠星石が登場して混戦を極めるアリスゲーム。
真紅と契約しようと立ち上がるジュンだが、実体化を目論む雪華綺晶に行く手を阻まれる。
翠星石が「まかなかった」世界にやって来た真の目的とは?
薔薇乙女それぞれの思惑が交錯する中、ジュンはある重大な決断を迫られる――。
【TALE13 敵か味方か】【TALE14 薔薇の指輪】【TALE15 誓いのキス】【TALE16 声】【TALE17 過去・現在・未来】【TALE18 次の扉】【TALE19 まやかし】


ローゼンメイデン 4/PEACH-PIT
元の世界に戻る鍵の大時計を動かすには、翠星石と蒼星石、双子の庭師の力が必要だった。
蒼星石は、奪ったローザミスティカを返すよう、水銀燈に取引を持ち掛けるのだが…。
"まかなかった"ジュンと"まいた"ジュンは元の世界に戻るため、それぞれ試練に立ち向かう!!
【TALE20 眠り姫と王子様】【TALE21 双子の庭師】【TALE22 ひとつだけ】【TALE23 タイムリミット】【TALE24 二人のジュン】【TALE25 まきますか まきませんか】


ローゼンメイデン 5/PEACH-PIT
雪華綺晶との壮絶な戦いを経て、薔薇乙女と「まいた世界」に戻ってきたジュン。
桜田家に束の間の平穏が訪れる。
姉ののり、そしてドール達が見守る中、ジュンは再登校への想いを募らせていく。
「まいた世界」の物語が始まる…!
【TALE26 まきました】【TALE27 諦めない】【TALE28 危機襲来】【TALE29 ドールとマスター】【TALE30 乙女の休息】【TALE31 秘密】


ローゼンメイデン 6/PEACH-PIT
決意を胸に再び登校を始めたジュンだが、初日は気分が悪くなり、教室まで辿り着けない。
そんな中、ジュンのクラスに転校生がやって来る。
彼女はジュンに会うために転校してきたと言うのだが!?
いっぽう、薔薇乙女たちは雪華綺晶の手がかりを求め、再び" nのフィールド"に向かっていた…!
【TALE32 新しい朝】【TALE33 視線】【TALE34 籠の中】【TALE35 友達】【TALE36 絆】【TALE37 硝子の靴】【EXTRA TALE <番外編>】


ローゼンメイデン 7/PEACH-PIT
学校で倒れ、深い眠りに落ちてしまったジュン。
ジュンの幼なじみ・柏葉巴は原因を突き止めようと転校生・柿崎めぐを問い詰める。
いっぽう、金糸雀のマスター・草笛みつの前に薔薇乙女とは異質な人形が現れて!?
ドールのマスター達を巻き込み、物語は加速する…!
【TALE38 胸騒ぎ】【TALE39 疑惑】【TALE40 白い悪魔】【TALE41 別れ】【TALE42 絶望と希望】【TALE43 平穏な日常】

ローゼンメイデン 8/PEACH-PIT
新しいお父様。新しい姉妹。
雪華綺晶が創り出した「まやかし」の世界で、薔薇乙女とマスター達に次々と襲い掛かる罠…!
"まかなかった"ジュンと巴は、眠り続ける"まいた"ジュンの記憶の扉を開く。
ドールとマスター、それぞれの決意…!
【TALE44 城の主】【TALE45 夢の中で】【TALE46 祈り】【TALE47 心の奧】【TALE48一緒に】【TALE49 存在理由】【番外編 ガールズトーク】


ローゼンメイデン 9/PEACH-PIT
雪華綺晶の世界で翻弄される薔薇乙女とマスター達。
蒼星石から最後の願いを託された水銀燈の心は揺れ動く。
いっぽう、迷路を抜けた真紅と金糸雀は、「女王様」から激しい攻撃を受け、追いつめられていく。
城の主・鳥海の「至高の少女」が完成に近づく中、有栖ゲームはいよいよ最終局面へ…!
【TALE50 最後の願い】【TALE51 蜃気楼】【TALE52 おとぎの国】【TALE53 歪な女王】【TALE54 届かぬ手】【TALE55 罪と罰】【TALE56 はじまりの場所】


ローゼンメイデン 10/PEACH-PIT
アリスゲーム採取決戦。
愛、悲しみ、マスターとの絆。
それぞれの想いを胸に、ジュンはローゼンと邂逅するが…!?
少女たちの戦いの行方、そしてその先にあるものは――。
「ローゼンメイデン」感動の完結編!
【TALE57 箱庭の楽園】【TALE58 アリスゲーム】【TALE59 最期の戦い】【TALE60 人間と人形】【TALE61 宝物】【TALE62 邂逅】【TALE63 少女の条件】【TALE64 消えゆく世界】【TALE65 アリスの行方】【FINAL TALE 薔薇乙女】 

拍手[0回]

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2017年】
08 月( 02 ) 07 月( 01 ) 06 月( 04 ) 05 月( 05 ) 04 月( 02 ) 03 月( 07 ) 02 月( 02 ) 01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR