忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【漫画】椎橋 寛」の記事一覧

ぬらりひょんの孫 6

ぬらりひょんの孫 6 (ジャンプコミックス)ぬらりひょんの孫 6 邪魅の漂う家/椎橋寛
激化の一途を辿る大将同士の死闘。恐るべき力を持った伝説の神刀「魔王の小槌」を振りかざす玉章に対し、真っ向から立ち向かうリクオだが…!? 奴良組の運命を懸けた四国勢との全面対決、ついに終止符――!!


また間が開いてしまいました。
なんでなのか、ぬら孫って間が開きやすいんですよねぇ。


【第四十三幕 闇に際立つ白い雪】【第四十四幕 幹部戦】【第四十五幕 魔王の小槌】
【第四十六幕 隠神刑部狸・玉章】【第四十七幕 野望の終幕】

四国編最終決戦決着。

リクオがぬらりひょんの特性をいかし乱戦の中を気づかれることなく敵将・玉章のもとに到着。
しかし夜雀の能力で視界を奪われ、絶体絶命のところに雪女が助けに入った、ってところで前巻は終わったんでしたか。

幹部勢の戦いなんかも描かれているのですが、黒田坊のみが活躍してないです。ええ(笑)
でも黒は4巻で袖モギ様を倒して、苔姫様や鳥居さんを救っているから一応美形としての面目は保たれてますね。

玉章が持っていた刀「魔王の小槌」。
蠱毒をなす刀です。
蠱毒というのは呪術の一種で、毒を持つ虫なんかを1つの入れ物にいれて生き残った恨みなんかの負の感情がこもった1匹を使役して呪殺に用いるってやつ。
確か、犬夜叉レンタルマギカ0能者ミナトなんかにも出てきてたはず。比較的メジャーな方かもしれませんね。
今、ナルトの大蛇丸やカブトも似たようなことやってたなぁと思いました。あれは術はまったく関係ないですけどね。

四国勢にとってある種因縁のあるその刀を与えたのは奴良組・三ッ目八面。
しかしそれは変装で正体は「山ン本五郎左衛門」。夜雀は山ン本の命を受けて玉章の配下として振る舞っていたようです。

玉章たちにお咎めはなし。
ただ犠牲者を弔うことだけは条件。
これ、リクオがピンチになったとき助けにきてくれるとかないのかなー。とか思ってしまいます。
でも、遠野組がその役目を担ってしまっているので、しばらくは再登場はなさそうです。


【第四十八幕 邪魅の漂う家 その1】【第四十九幕 邪魅の漂う家 その2】【第五十幕 邪魅の漂う家 その3】
清十字団の面々で邪魅退治に向かう話。

港町にすむ少女・品子ちゃんから清十字探偵団に依頼があるんです。

邪魅騒動の正体は地上げ屋と神主による自作。
式神を操ることで、品子ちゃんたちを怖がらせ、家(というか土地)を手に入れようとしていたわけです。

で、品子ちゃんは邪魅の生前の主・定盛の子孫であったがゆえに、邪魅によって守られていたということらしいです。
邪魅は何百年たった今も主を守り続けていた、と。
すごいな。

邪魅の説明の時にBLの話が出るんですが、清継くんBLはともかく、衆道くらい知っててもいい気がするんですが。
というか、なんで神主さんBLわかるんだ……。

今回、ゆらが登場しないのは神主さんが花開院の術を使っていたからなんだろうなぁ。
もしゆらがいたらお札を渡された時点でぜんぜん別の術のものだとわかったでしょうから、品子ちゃんは恐怖におびえることなくすんだんでしょうけどね。

ラスト、リクオは邪魅と盃を交わす訳ですが、あのタイミングで名乗るってことは品子ちゃんに完璧正体ばれてるかと思うのですが、いいのか?
まあ、品子ちゃんにとってリクオは恩人の一人の訳ですし、そういう子じゃなさそうだし、秘密を無闇に言い触らしたりはしないでしょうけどね。


【第五十一幕 二人の正義】
謎の二人組が浮世絵町にやってくる話。

前半は奴良組の勢力事情だとかの説明がちらりとされています。
ぬらりひょんが百鬼を従えていた全盛期が400年前、鯉伴(リクオの父)の時代が100年前として、その中で幹部の入れ替わりだとかも起きていますし、そういう名前だけの幹部がいてもおかしくはないですよね。

牛鬼組のやりとりがかわいい。
そして、鴆くんの嬉し吐血にも笑ってしまいました。
基本血吐いてますがホント大丈夫だろうか?

そして、後半二人組の男が登場します。
花開院家の陰陽師。魔魅流と竜二。
竜二、竹筒を持ってるんですが、それ名前入ってるんですね。
今まで気づきませんでした。

この二人はゆらを訪ねてやってきたようなんですが、連絡がついていないのだとか。

この時点からすでに竜二の性格は悪そうです(笑)
そして、竜二と魔魅流の身長差がすごい。
高下駄履いた上で頭1つ分以上違うんだからなぁ。

ラスト、青と黒が飲みに出かけているという描写が意味深にあって次話へ。


【番外編 浮世絵町奇譚】
赤マルに掲載された番外編。

夜のリクオの散歩風景です。
わずか3ページの短編なので、感想も書きにくいのですが、夜若って足癖悪い気がするなぁ。



次巻は今度こそそんなに間を空けずに紹介したいです。

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

ぬらりひょんの孫 5

ぬらりひょんの孫 5 (ジャンプコミックス)ぬらりひょんの孫 五 闇より暗い翼を持つ妖怪/椎橋寛
四国のとある山中を訪れたぬらりひょん。再開を果たした大物妖怪の口から、玉章の思わぬ事実が明らかに! 一方、四国勢による怒涛の侵攻を受け窮地に立つリクオは、牛頭丸と馬頭丸に敵の密偵を命じるが…!?


アニメ2期やるとか聞きましたが、最近掲載順が危うい感じのぬら孫です。
ここ最近ずっとあの位置ですよね。なんか安倍晴明との再戦の前に終ってしまいそうでハラハラしてます。


【第三十四幕 妖怪・犬神 その6】
犬神の最後と、玉章の正体が明かされる話。

犬神がリクオを畏れてしまったから力が使えなくなる、ってのは予想できましたが、まさか玉章自らが手を下すとは思いませんでした。
ジャンプ掲載時びっくりした覚えがあります。

そして、清継くんの運の良さには笑ってしまいます。
まさに「清継すげー」って感じ。ていうかああいう演出が出来ると思われてるほど裕福な清継くん家がいったい何やってるのか気になる。
金持ちであるってことくらいしか明かされてませんよね、確か。


【第三十五幕 総大将(ぬらりひょん)四国への旅】
じいちゃんが四国で今回の出来事の背景を知る話。

玉章の野心が半端ないってことが明らかになるわけですが、ぶっちゃけそっちの話よりもリクオサイドの話の方が気になりました。

妖怪と人間。その両方で生きるリクオだからこその行動につららが何か思うところがある、って描写がされてます。
これがこのあとの40話にいきるわけですね。

そして、とうとうゆらがリクオを怪しみ、カナちゃんから情報を得ようとして――、ってところで次話へ。


【第三十六幕 反撃】
幹部会の話。

前話のひきはあんまり触れられてません。かわりに巻末に収録されている番外編がそのときの様子みたいです。

幹部会は一つ目が鼻息荒く騒ぎ、鴆くんがリクオを擁護し、牛鬼が冷静にたしなめるってのが恒例になってしまいましたね。
今回、ムチに殺された狒々さまの息子の猩影くんが登場します。
猩影くんの顔が好きです。普通にかっこいいですよね。

牛頭と馬頭が敵のもとに潜入したらしいことがわかって終了。


【第三十七幕 牛頭馬頭密偵隊 その1】【第三十八幕 牛頭馬頭密偵隊 その2】【第三十九幕 牛頭馬頭の帰還】
牛頭と馬頭が四国組のもとへ潜入し、やれられて帰ってくる話。

玉章の怖さがどんどん明かされていきます。
仲間ごとたたっきるとか普通に怖い。

三羽鴉が助けに来るタイミングはかっこいいです。
なぜかささ美だけ中途半端な変化なんですね。
女の子だから、とかなんでしょうか?

三羽鴉によって奴良組に連れ帰られた牛頭と馬頭。
その酷い有様を見て、好き勝手いう妖怪たち。
この様を見てると猩影くんのいうこともわかるなぁ。
腐敗ってほどじゃないですけど奴良組の内部って結構ひどいですね。

鴆くんに「自分自身の百鬼夜行を作る」ことを言われて次話へ。
本当に鴆くん、リクオについていく気満々ですね。
それだけ期待しているってことであり、弟分として導いていく気もすごいあるんでしょう。

鴆好きとしては、嬉しい展開ですね。


【第四十幕 百鬼夜行と盃】【第四十一幕 百鬼夜行対八十八鬼夜行】【第四十二幕 闇より暗い翼を持つ妖怪】
リクオと雪女たちが盃を交わし忠誠を誓い、奴良組VS四国組の戦いがはじまります。

ちょっと気になったのですが、青田坊、黒田坊、首なし、雪女、河童の順で盃を交わしてます。
河童と盃を交わす様子は本編内で描かれていませんが、おまけでの描写からして雪女の次らしいことは窺えます。
じゃあ毛倡妓は?
このメンバーなら毛倡妓がいないほうがおかしい気がするのですがどうしたんだろ。

あと本編とはまったく関係ないのですが、手元にこの巻ある方は確認してほしいのですが、両軍がぶつかり合う直前。
見開きで数多の妖怪が描かれてるページがありますよね、そこの百鬼側上部にカービィいませんか…?
なにげなくどこに誰がいるのかなぁ、と見ていたら発見して。ちょっとびっくり。
ぬのハンカチや、3の口など遊びがある作品ではありますが、モブとはいえまさかこんなどシリアスなシーンであるとは。

乱戦でしかも自身の能力を発動させていたがために、雪女たちはリクオの姿を見失ってしまいます。
が、夜雀の攻撃により、視界を奪われ能力は解除され、危機一髪というところで雪女が助けに入って次巻へ。

かくれんぼをしていた回想シーンがあるからこそ「見ぃつけた」なんでしょうけど、ちょっと違和感を覚えてしまいました。


【番外編 ゆら at the HOUSE OF KANA ~ゆらあっとざはうすおぶかな~】
36話でカットされたゆらがカナちゃんの家に訪問して、リクオのことを調べようとした話です。

ぶっちゃけ、ゆらちゃんの想像と行動が訳解らん。
カナちゃんが妖怪を怖がるのは解らなくないんですけどね。

フルーツに気をとられてゆらは目的を果たせなかったんですけど、ホント何しに来たんだかって感じ。



今回の感想にめちゃくちゃ時間かかりました。
確かに文章量も多いんですが、それでも3時間近くかかるとは思わなかったです。
なんでこんなに難産だったんだろう…?

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[1回]

ぬらりひょんの孫 4

ぬらりひょんの孫 4 (ジャンプコミックス)ぬらりひょんの孫 4 四国八十八鬼夜行/椎橋寛
ぬらりひょんを襲った四国からの刺客・ムチ。だが、それは序章に過ぎなかった――。突然リクオの前に現れた、四国八十八夜行の組長・玉章。奴良組を狙う新たな勢力からの挑発的な宣戦布告に、リクオは…!?


【第二十五幕 七人同行】【第二十六幕 四国八十八鬼夜行】
四国組がやってきて大暴れする話。

四国組の七人同行ってどこまでですか。
夜雀、袖モギ様、犬鳳凰、手洗い鬼、岸涯小僧、針女で6人。それに犬神がプラスされて7人なのかな?
そうなら「ついたね七人同行」っていう玉章のセリフに違和感を覚えますね。
ムチか先遣隊だとして、玉章と犬神は一緒に来たんでしょう?
まあその辺はいいや。

ぬらりひょん(じいちゃん)が行方不明になったことから混乱する奴良組。それを木の上から見ている牛頭と馬頭が可愛い。
今はまだリクオをちゃんと認めたわけじゃありませんが、牛頭みたいなやつって一度認めたら最後まで忠誠をつくしそう。


【第二十七幕 袖モギ様】【第二十八幕 ひばりと千羽様】
四国組幹部・袖モギ様と鳥居さんと千羽様と黒田坊の話。

千羽様の話がすごく夏目友人帳っぽいなと思いました。
人の信仰が薄れたことにより小さくなってしまった、とか露神さまっぽい。

黒にとって鳥居さんには痴漢(誤解)を見逃してくれたって恩があるから「この娘はちと困る」ってことなんだと思うのですが、もし恩がなかったらどういう反応をしたのかちょっと気になりました。
「若(リクオ)のご学友だから」守るくらいだったのかなー。


【第二十九幕 妖怪・犬神 その1】【第三十幕 妖怪・犬神 その2】【第三十一幕 妖怪・犬神 その3】【第三十二幕 妖怪・犬神 その4】【第三十三幕 妖怪・犬神 その5】
四国組幹部・犬神がリクオの学校を襲撃する話。

玉章の説明によると犬神は元々人間だったってことですかね。
というか人間として普通に暮らしていたのに、玉章が無理矢理妖怪として目覚めさせたってことですかね。

制服着てる夜雀にすっごい違和感を覚えました。

首なしと夜若が麗しかったです。
この2人の背格好が似ているのはわかってましたが、本誌掲載時も髪色にちょっと違和感を覚えてました。
というのもカラーになるのって夜若ばっかで昼若ってあんまりカラーにならないんですよ。
なので「あれ昼間の髪って何色だっけ?」と。
カラーを見るとリクオは茶髪、首なしは金茶とでもいうのかな?
まあ替え玉としてはありかな?と。

犬神を撃破したところで次巻へ。



妖怪モノが続いたので明日はなんか違うのにしたいなぁ。

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

カレンダー

08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

ad


ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2019年】
07 月( 01 )/ 06 月( 00 )/ 05 月( 03 )04 月( 01 )03 月( 03 )/ 02 月( 00 )/ 01 月( 04 )

【2018年】
12 月( 01 )/ 11 月( 00 )/ 10 月( 00 )/ 09 月( 00 )/ 08 月( 01 )/ 07 月( 00 )/ 06 月( 00 )/ 05 月( 04 )04 月( 04 )03 月( 06 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2017年】
12 月( 03 )11 月( 07 )10 月( 02 )09 月( 06 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR