忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   

サイコバスターズ 全7巻

サイコバスターズ(1) (講談社コミックス)サイコバスターズ(2) (講談社コミックス)サイコバスターズ(3) (講談社コミックス)サイコバスターズ(4) (講談社コミックス)
サイコバスターズ(5) (講談社コミックス)サイコバスターズ(6) (講談社コミックス)サイコバスターズ(7) <完> (講談社コミックス)
サイコバスターズ 1~7/奈央晃徳(原作/青樹佑夜)


先日紹介したサイコバスターズのコミカライズです。
細かな点はかなり忘れていたので楽しめました。


原作を紹介したときにも書いた気がしますが、この作品原作とコミカライズでかなり展開が違うんです。

基本的な設定――翔が超能力者養成施設から逃げ出した超能力者たちと出会い戦いに巻き込まれていき、何の能力も持っていないと思われていた翔がすべての鍵を握る人物だった、ってことは変わっていません。

でも、ラストの展開は原作とは全く別物といっていいでしょうね。

原作だと結構な重要人物であった馳龍馬は登場すらしてません。
単身赴任中の父親として、存在がちらりと登場したくらい。
伝説のサイキック云々の設定はまったくありません。

というか、物語のキーとなる翔の能力名すら違うんですよ。
原作だとタイムリワインダー。こちらだとクロノダイバー。
どちらも時間を操る能力であることは変わりないんですけどね。


一番の違いは、百々路樹かなぁ。
生島と条威の関係にもかなり驚きましたが、やっぱり百々路樹ですね。

初登場時に、原作の印象よりかなり線が細くて「あれ?」ってなったんです。
正直、ボーイッシュな女の子に見えるくらいなんですよね。
だから読み進めていって、百々路樹の正体が明らかになって、納得したと同時に驚いてしまったんです。


最終的な結末は、いいんだか悪いんだかって感じ。
なんとなく納得できない。綺麗に終わらせている感じだけど、無理矢理感があるんですよね。
条威の存在が生島と同一という設定のせいで、世代が変わっちゃってますし。
あ、でも条威と灯山さんの間にあるフラグを成立させようとしたらそっちの方がいのかな。

まあ、猛丸や麻耶など栽培種のサイキックたちが幸せそうなんで、良かったかな、と。


この作品、掲載紙がマガスペだからってこともあって、基本的にちょっとエロいシーンが多いわけです。
で、それを裏切るのがおまけの4コマ。

おまけだから出来ることなんでしょうが、猛丸→翔のフラグたってるんですよね。
海人と将もケンカップルっぽいですけど、猛丸の方は、一方的な片想いって感じ。
そういうの大好きなんでいいんですけども(笑)


お正月の暇つぶしをかねてこの作品を読んだのですが、ちょうど良かったです。

拍手[0回]

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
9 10 11 12 14
16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2017年】
10 月( 02 )09 月( 07 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR