忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【小説】阿部 智里」の記事一覧

黄金の烏

黄金(きん)の烏/阿部智里
人を喰う大猿の出現!
若き主従は世界を救えるか――
書き下ろしスペクタル長編

八咫烏の一族が支配する世界山内で、仙人蓋と呼ばれる危険な薬の被害が報告あれた。
その行方を追って旅に出た、日嗣の御子たる若宮と郷長のぼんくら次男雪哉が、最北の地で発見したのは、何と村人達を襲い、喰らい尽くした大猿だった。
生存者は小梅と名乗る少女がひとりだけ――。
一体、この世界で何が起こっているのだろう?


図書館で借りてきました。
これで阿部さんの作品は3冊目になるのでカテゴリ作りますね。


烏に単は似合わない』『烏は主を選ばない』に続くシリーズ3作目です。
しばらく前に図書館で購入していたみたいなんですが、いつ行っても借りられていて。
ようやく借りることが出来ました。


タイトルの通り、前2作では不明というかよくわからなかった「真の金烏」について触れられています。

今回は雪哉の故郷・垂水に「仙人蓋」が流れていることがわかったところから始まります。
それを調べに若宮が身分を隠して現れる訳ですが、もう初っ端から怪しすぎて「これ絶対若宮だろ」と(笑)
さらに、時を同じくして大猿による被害も見つかり、雪哉は故郷を守るため若宮と共に調査をしていくことになります。

個人的に、雪哉が再登場してくれたのがすごく嬉しい。
前作のラストがラストだったので、雪哉はもう登場しないのだろうな、と思っていたのです。
だから、舞台を雪哉の故郷である垂水にうつすことで無理なく登場させ、巻き込んでいくってのには思わず「なるほど」と。

ついでに浜木綿と真赭の薄なんかも登場してます。
この2人、中々に美味しい位置にいるよなぁなんて思いながら読んでました。
元々それっぽい描写はありましたが、浜木綿がかっこよくて辛かったです(笑)


面白かったです。
ミステリといっていいのかは謎ですが、十分楽しめました。
(メタ要素として、冒頭の謎の少女の描写=……なので気づく人は結構序盤で気づくかも)


今まで引っ張ってきた真の金烏については多少情報開示されましたが、今度は謎の大猿が登場しました。
あの言葉を解する井戸の中の大猿はいったい何なのでしょうね。

そして、今までただの(というと語弊がありますが)和風ファンタジーだと思っていたこの作品。
実は現代のどこか見えない所に存在するある種異世界みたいなものだということが判明しました。
ちょっとびっくり。


4冊目があるかは不明ですが、きっとあってくれると信じています。
3年後の、元服を終え青年に成長した雪哉が見たいです(笑)
その時に小梅がどうなっているかも気になるなぁ。

気長に待ちたいと思います。

拍手[1回]

烏に単は似合わない

烏に単は似合わない/阿部智里
八咫烏が支配する世界山内で始まった日嗣の御子たる若宮の后選び。
春殿のあせび、夏殿の浜木綿、秋殿の真赭の薄、冬殿の白珠
大貴族四家から集められた四人の姫は陰謀や恋心を胸に美貌と才気を競い合う。
だが肝心の若宮不在のまま次々と事件が起こる。
后に選ばれるのは誰……?

后の座を巡る姫君たちの熾烈な争い(バトル)

八咫烏が支配する世界で始まった、世継ぎの若宮の后選び。
宮廷に集められた四人の姫それぞれの陰謀や恋心が火花を散らす。
だが肝心の若宮が一向に現れないままに次々と事件が!
失踪する侍女、後宮への侵入者、謎の手紙……。
后選びの妨害者は誰なのか? そして若宮に選ばれるのは誰なのか?


図書館で借りてきました。
松本清張章受賞作らしいです。


先月紹介した「烏は主を選ばない」の前作に当たります。
前作といいつつも、作中時間軸は同じです。

「主」の方が若宮サイド、若宮の近習である雪哉視点で物語が進むのに対し、こちら「単」の方は姫君たち視点で進みます。

メインとなる登場人物は、表紙にもなっている4名の姫君。
表紙左上の東家二の姫、春殿のあせび、
表紙右上の南家一の姫、夏殿の浜木綿(はまゆう)、
表紙右下の西家一の姫、秋殿の真赭の薄(ますほのすすき)、
表紙左下の北家三の姫、冬殿の白珠(しらたま)。

彼女らが若宮のおとずれを今か今かと待ちつつ、家も絡んだ権力争いに関わる駆け引きしつつの1年を描いた物語です。

読み終わった感想としては、「女って怖い」でした。
1年の間の出来事が描かれているだけあって、作中でも姫君たちの印象が変わっていくんです。

白珠の話には思わず泣いてしまいました。
はじめ、おとなしそうに見えて怖い女というイメージが先立っていたんですが、背景がわかるともうやばかったです。
というか、「主」の方読んでるのに騙されてしまったのがすごく悔しかったです。
怪我したって話はあったけど、確かに死んだとはなかったと思うんだよなぁ。

白珠に限らず、はじめは高慢なイメージがあった真赭の薄も話が進むにつれ、普通にいい人であったことがわかりましたし。

この作品、時々他の姫君視点になることもあるんですが、基本的にあせびの視点で進んでいくんです。
それだけに種明かしには驚いてしまいました。

無意識とは違うかな。他者の優しさに寄生しているとでもいうのか。
幸せになるために、他者の幸せを壊さざるを得ない「性質」とでもいえばいいのか。
うーん、怖いです。

今のところ、この方の作品は「単」と「主」の2冊のみ。
どちらも読み終わってからタイトルを確認すると「なるほど」と思わされるのでそれは単純にすごいですよね。

3冊目の予定はあるようですが、まだ発売はされていないようです。
発売後、図書館で見かけたら借りてきたいと思います。

拍手[0回]

烏は主を選ばない

烏は主を選ばない/阿部智里
八咫烏が支配する山内では次の統治者金烏となる日嗣の御子の座をめぐり、東西南北の四家の大貴族と后候補の姫たちをも巻き込んだ権力争いが繰り広げられていた。
賢い兄宮を差し置いて世継ぎの座に就いたうつけの若宮に、強引に朝廷に引っ張り込まれたぼんくら少年雪哉は陰謀、暗殺者のうごめく朝廷を果たして生き延びられるのか……?

松本清張賞受賞者が放つ華麗なるファンタジー絵巻
うつけの若宮と少年が挑む朝廷権力争い
暗殺者は誰? 陰の味方は誰?

 人の姿で暮らしながら、鳥形に転じることもできる<八咫烏>の世界。朝廷では、后候補の姫を擁する四家の有力貴族を巻き込みながら、支配者である宗家の跡目をめぐる陰謀が水面下で渦巻いていた。
 兄を追い落として世継ぎの位についた弟・若宮は評判のうつけ者。暗殺者まで現れても「自分には味方がいる」と余裕の構えで……!? 突然宮中に放り込まれたぼんくら少年は、若宮と共に ピンチを乗り切れるのか!


図書館で借りてきました。
はじめて見る作家さんだなーと思って借りたんですが、デビュー2作目らしいです。道理で。
てか1991年生ってことは21、2?若いなー。


帯にもあらすじにもなかったので読むまで気づけなかったんですが、これデビュー作「烏に単は似合わない」の続きというか別視点らしいです。
単の方は姫君たちの話であり、主の方は若君主従の話です。
今度図書館行ったら姫君の方探してみます。多分両方読んでも結構な謎が残りそうな感じなんですが、その辺は続編で語られるってことになるようです。
ただ、ブクログの感想を読むと、前作より今作の方が数段おもしろいよう。先にこっちを読んでしまったのは失敗だったかなぁ。

結構読みやすかったです。
340ページ超と比較的厚い本だったんですが、3時間かからず読めました。


あらすじにもあるとおり、和風ファンタジーです。
田舎貴族の次男坊・雪哉が若宮の側仕えとして宮中にあがり、翻弄される話。

八咫烏云々は正直、途中で忘れそうになってしまいました。
宮中の権力争いがメインなので、時々八咫烏に変身したときにそういやそんな設定だったな、となってしまいました(笑)

はじめ想像していたより数段おもしろかったです。久しぶりにあたりだったかも。
この手の貴族の話って、呼び名が役職だったり字だったり普通に名前だったりと1人で複数持ってることが珍しくない上、登場人物のほとんどが親戚で似たような名前だったりするので、読んでいて訳わかんなくなるんですが、この作品はそういう心配は不要でした。
雪哉が関わる人物がかなり少ないってのが一番の要因ですね。

誰が敵で誰が味方なのかわからない状況というのにすごくハラハラドキドキさせられました。
生家での立ち位置が「ぼんくら」雪哉が頭のいい少年だということは序盤で語られているんですが、正直雪哉の行動なんかを見ているととてもそうは見えないんですよ。
だから、わざと「ぼんくら」というか能のないフリをしているんだろうな、とはわかっていました。
さすがに、最後のオチまでは想像してませんでしたが。


この1冊では若宮は4人の姫君の中から誰を選んだのかわからないんですね。
その辺は、1作目で語られているんでしょうね。こうぼかされると読みたくなってしまいますから上手いなぁ。

ラスト、当初の約束どおり1年で雪哉は故郷に戻ることになったようです。
雪哉は若君の味方となり、共にあることを拒否しました。
正確には、若君が雪哉の出した条件を呑むことが出来なかったわけですが、そりゃそうだ、って感じです。
きっと雪哉はぼんくらのフリをしつつ、家族が危機に陥ったのならその才を余すことなく使い上手く立ち回っていくのでしょう。
そして、朝廷の権力争いとは関わることなく生きて死んでいくんだろうな、と思います。

うーん、それにしても結局「真の金烏」とは一体何だったんでしょう。
どうやら3冊目があるようですから、そこでその後の出来事が語られれば自然とわかるのかな?
とりあえず3冊目が出る前に1冊目が読めたらいいな。とりあえず図書館で探してみます。

拍手[0回]

カレンダー

05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ad


ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2019年】
05 月( 03 )04 月( 01 )03 月( 03 )/ 02 月( 00 )/ 01 月( 04 )

【2018年】
12 月( 01 )/ 11 月( 00 )/ 10 月( 00 )/ 09 月( 00 )/ 08 月( 01 )/ 07 月( 00 )/ 06 月( 00 )/ 05 月( 04 )04 月( 04 )03 月( 06 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2017年】
12 月( 03 )11 月( 07 )10 月( 02 )09 月( 06 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR