忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   

天華無敵! 6

天華無敵!(6) (富士見ファンタジア文庫)天華無敵! 6/ひびき遊
[PROTE>>>TENKA YGGDRASILL-NET]
プロテからお姉さまへ。お父さまのココンさんが、浮遊都市にやってきました!
………………………………………
 バカンス中の天華のもとに届いた一通のメール。それは、一年半会っていない父・虎近の消息を伝えるものだった。
 豊富な知識量から『完璧なる記憶人』と呼ばれる超一流の遺跡探求者(ロスト・リサーチャー)・虎近。父を超えたいと願う天華は、彼が大切にしていたデータ・ディスクを盗み出す。プロテクトを解除し「円筒遺跡」の情報を見つけた天華は、この遺跡を攻略することを決意。目指すは、精脈の流れを断絶する高度一万メートルの断崖絶壁の地「孤高の大地」! 遺跡には、父の重大な秘密が隠されていて……!
 双子冒険ファンタジー、堂々完結!!


借り物だから早く読みたいとか言っていた結構間があいてしまいましたね。

前回までの精書編に比べるとけっこう穏やかな感じです。
いや、お父さんの告白だとか、お母さんの行動の裏に隠されたことだとかを鑑みるにけっこう重たい内容もあるんですけど、いきなり出てきたお父さんへの感情移入はなかなか難しいものがありましたね。


前巻の最後で白華をつれて、神殿を飛び出した天華。
天華のもとにプロテからのメールが届いたところから物語ははじまります。

天華と白華の父・ココンが残していたデータを発見し、天華たちは「円筒遺跡」に挑戦します。


そこで父に突き放されて、へこんでアルにメールして、Gや白華と会話してまた元通りになって……と天華の感情の揺れ幅が大きめ。
「父を超える」それが天華の目標であったがために、それだけへこむってことなんだでしょうね。


天華が錬精オンチである理由も明らかになります。
それはココンが作られた人間だから。

旧精紀の人間たちが生き返るために自身の遺伝情報を残していたんだとか。
世界がマシになるのに時間がかかりすぎて、遺伝情報に欠落が生じてしまったがために、誰一人として生き返ることが出来なかった。

ならばと機械が考えたのは大勢のデータをごちゃ混ぜにして欠けた部分を補うことで新たなる人間を作れるのではないかということ。
その行為の末作られたのがココン。

長い時間をかけて精霊術を使えるように進化してきた人々の中にポツンと現れた旧精紀の人間であるココン。
その血を濃くひいた天華もまた錬精術が使えないってことなんですね。納得。


いつものごとく、扱いの悪いアル。
でも最後の最後でちょっといい目を見たんじゃないでしょうか。

10年後で8歳の子どもがいるってことは、けっこうすぐちゃんと結婚できたってことですもんね。

前巻で予想していた通り、ユイファは初代精霊巫女だったよう。
1000年の間にかなり血が薄まっているとはいえ、Gの前身であったグランと天華は遠縁ってことになるらしいですよ。

精書編に比べるとちょっと大人しい印象でしたが、シリーズの終わりとしてはよかったのではないでしょうか。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

カレンダー

08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

ad


ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2019年】
07 月( 01 )/ 06 月( 00 )/ 05 月( 03 )04 月( 01 )03 月( 03 )/ 02 月( 00 )/ 01 月( 04 )

【2018年】
12 月( 01 )/ 11 月( 00 )/ 10 月( 00 )/ 09 月( 00 )/ 08 月( 01 )/ 07 月( 00 )/ 06 月( 00 )/ 05 月( 04 )04 月( 04 )03 月( 06 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2017年】
12 月( 03 )11 月( 07 )10 月( 02 )09 月( 06 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR