忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   

1/2のヒーロー 玄武の巻

1/2のヒーロー 玄武の巻 (コバルト文庫)1/2のヒーロー 玄武の巻/七穂美也子
京都観光を楽しむ聖たちは、死者が集うという鬼市へと迷い込み、現世に戻る際に騒ぎを起こした。
名刀・小狐丸の力を借り、冥界と現世を繋ぐ門を無理やり閉じてしまったのだ。
それはもともと未完成だった京の結界を歪め、怪異を呼び込む原因となってしまう。
その上、古の武将・坂上田村麻呂と出会った聖は、京の結界を完成させてほしいと頼まれて……!?
さらなる難題を前に聖が挑む勝負の結果は?


前巻がBL要素薄かったからなのか、今回はちょっと濃い目です。

<第八話 鬼市の章>、<第九話 息壌の章>の2編を収録されてます。

三途の川の渡し賃・六銭は知ってましたけど、紙銭というのははじめて知りました。
六銭を知ったのっていつだったかなぁ。KYOの幸村だったかな?
当時、立ち読みしていまいち意味が分からなくて調べたような……。


鬼市の食堂で、賭けをした際に何枚もお金を燃やして逃げたのですが、そこまでする必要があったのか、ちょっと疑問に思いました。
でも、改めて考えてみるとコップに乗せていた1枚を燃やした時点で激怒されていたでしょうから、混乱に乗じて逃げた聖の判断は間違っていなかったのかもしれません。

門の鐘を小狐丸の力を借りて閉じた、ってその説明だけ聞いたらどんな不思議なことをしたんだろうと思ったのですが、正体は共振でした。
小狐丸の力もほとんど明らかになってませんし、もうちょっと不思議なことでもよかったのになぁ。


譲葉が「なんちゃって舞妓さん」やってますが、これ結構高いですよね。
高校の修学旅行で例に漏れず、京都にいったのですが、舞妓さんに変身してるクラスメイトがいました。
外を散策できるお店と、スタジオで写真撮影をして終了のお店があるみたいですけどね。
お金は結構飛びますが、中々楽しそうでしたよ?
閑話休題。

朱雀・巨椋池って少年陰陽師で窮奇が隠れていた池ですよね。
そして、レンタルマギカでイツキのグラムサイトから種を抜かれた場所。そういや、レンタルマギカで埋め立てられたって説明があったような気がします。
すっかり忘れてましたけど。

息壌ってようは土で出来た使い魔みたいなそんな認識でいいんでしょうか。
白澤=しゃばけの仁吉ですよね。
犬神はともかく、白澤ってどんな妖怪なのかいまいち分かってなかったのですが、今回でちょっと分かった気がします。


鈴鹿御前がかっこいい。譲葉もかっこいいですけど、鈴鹿御前のが上ですね。
ほんのちょっとしか出ていないのに、挿絵までついてなんとも豪華な扱いです。

譲葉はなぜああまでも男性に厳しいのでしょう。
けど、男性の意見を聞く際に鷹矢には聞いても聖に聞かない辺り聖は男性として見られてないのがわかります。
聖は自分と近すぎるってのもあるでしょうし、まだ子どもだってのもあるでしょう。
聖は鷹矢の嫁ってのがあるからかもしれないですね。


次巻はようやく村へと帰るようです。
長かったですねぇ。そして結局晴明神社には行かないんでしょうか。
いいのかなぁ。

ブログ王 ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

拍手[0回]

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

カレンダー

03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ad


ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2020年】
03 月( 02 )02 月( 01 )/ 01 月( 00 ) 【2019年】
12 月( 00 )/ 11 月( 00 )/ 10 月( 00 )/ 09 月( 00 )/ 08 月( 00 )/ 07 月( 01 )/ 06 月( 00 )/ 05 月( 03 )04 月( 01 )03 月( 03 )/ 02 月( 00 )/ 01 月( 04 )

【2018年】
12 月( 01 )/ 11 月( 00 )/ 10 月( 00 )/ 09 月( 00 )/ 08 月( 01 )/ 07 月( 00 )/ 06 月( 00 )/ 05 月( 04 )04 月( 04 )03 月( 06 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2017年】
12 月( 03 )11 月( 07 )10 月( 02 )09 月( 06 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR