忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   

ぼくがバイオリンを弾く理由

ぼくがバイオリンを弾く理由 (ノベルズ・エクスプレス)ぼくがバイオリンを弾く理由(わけ)/西村すぐり
「うそだ……」
バイオリンコンクールの審査結果がはりだされた掲示板に、カイトの名前はなかった。
(審査員にアピールする、わざとらしい演奏をしなければダメなのか……)
絶望したカイトは、バイオリンをやめる決意をする。
しかし1枚の楽譜と出会ったことから、カイトの運命はしだいに変化していく――
少年バイオリニストのひと夏の成長物語。


昨日言っていたのとは別の図書館で借りてきた本です。
図書館で借りてきた本もう1冊あるんですよ……。返却は日曜までなので明日読んでしまいたいのですが。
でも気がのらなければ読まずに返すかもしれません。
そればっかりはその時になってみないと。


物語の主人公・カイトは小学5年生なのかな?
私が見落としただけなのかも知れませんが作中で明言されてない気がするのですが。気のせいかな。
最後に「なんと11歳だ」って紹介されていること、
小学3年生で転校していること、転校してから1年ちょっとたっていること、
その辺から総合して5年生だと思います。


途中で「視覚情報を脳から筋肉まで伝える速さ」云々って出てくるんです。
それを読んで、アイシールド21の阿含を思い出しました。
えっと、なんでしたっけ“神速のインパルス”だったかな?
確かに初めて見た楽譜をすらすらと弾けてしまうってことはそういうことなんだろうなぁ。


読んでいて、あさのあつこさんの作品っぽいな、と思いました。
主人公と地の文が標準語で、他の人のセリフは方言が多様されているんです。
それだけならそこまで気にならないかと思うのですが、この作品の舞台は大阪と広島なんです。

あさのさんも広島とか大阪とかそういう方言が多いので、ちょっと気になってしまいました。
ついでに、あさのさんの作品だったなら、カイトを導いてくれる存在がカンナさんではなくヒロムになっていたんだろうなぁ、とか思ってました。


コンクールで偽り、というか“コンクール用の演奏”に疑問を覚えて、それに反発するカイト。
自分自身に枷をはめてしまい、バイオリンを弾きたいという気持ちをおさえようとしてそれでもバイオリンが好きで……。
カイトが悩んで悩んで、ようやく出した答えは音楽とかまったく詳しくない私でも現実にはちょっと厳しいんじゃないかなーと思いますが頑張って欲しいものです。

これその後の物語が読んでみたいですね。
バイオリンという部活などにするにはちょっと難しい楽器ではありますが、中学に進学したあとの話とか楽しそうだなぁ、と思いました。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[1回]

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 4 5
7 8 9 10 11 12 13
15 16 17 18 19
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR