忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   

ウェルカム・ホーム!

ウェルカム・ホーム!ウェルカム・ホーム/鷺沢萠
「フツーの家族」って、なに?
ふつうとは少しカタチが違うけど、とっても温かいふたつの家族の情景を描いた心ぬくぬくの物語。

「結婚」なんかしてなくたって、血なんかつながってなくたって、家に帰ってきたときに、こう言ってくれる人が、たぶんあなたのほんとの家族。
「おかえりなさい!」


図書館で借りてきました。
初めて読む作家さんだったのですが、思ったより好みで。
ほかの作品も読んでみたいと思ったのですが、すでに亡くなられているよう。
それでも図書館に何冊かはあったので今度また借りてきたいと思います。


『渡辺毅のウェルカム・ホーム』と『児島律子のウェルカム・ホーム』の2編が収録されています。

作品間のつながりはとくにありません。
どちらも一般的には普通とはいえない家族の話。
けれど、最終的には幸せな家庭の話です。


まずは、『渡辺毅のウェルカム・ホーム』から。
小学生の作文からはじまります。
「ぼくの家族」というありがちな題材なんですが、そこに書かれている内容を読んで思わず「え、これってホモ?」と思ってしまいました。
まさに作中でツヨシが気にしていたことですね。

いや、だってね?
「お父さんがふたりいて、お母さんはいない。タケパパは家事をしている」って内容なんですよ。
そりゃ勘違いしちゃいますよ。

父子家庭に居候しているタケシの視点で話は進んでいきます。
タケシの過去や今の思いなんかが語られて。

一般的には「フツー」じゃないことも普通に受け止めらて。
すごくいいな、と思いました。

汚れてしまったから書き直された完成した作文にすごくあたたかい気分になりました。

ちなみに、ノリが作文に漢字を使わないのは文字数を稼ぐためなのかと思いました。
やりませんでした? 漢字を少なくしたり改行を多くしたりとかそういうこと。


次は『児島律子のウェルカム・ホーム』。
バリバリのキャリアウーマンである律子の話。

なんというかこの人、男運悪すぎる気がする。

自分で子どもを産むことは出来なかったし、愛し育てていた娘にも反抗されて……。
これもまた回想シーンが長いんですが、バブルを知らない世代としてはそうなのかーと。
ランチに2万とかないわ。しかもそれが普通とかびっくりしました。

最後の方のすし屋さんでの会話に思わず涙してしまいそうになりました。
この話を読むと血の繋がりなど本当に些細なことなんだな、と思わされました。


2編とも途中まではいったいどうなるんだろうと思っていたのですが、読後感がすごくよかったです。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 4 5
7 8 9 10 11 12 13
15 16 17 18 19
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR