忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   

サクラ・タイムトラベル

サクラ・タイムトラベル/加部鈴子
歴史博物館の非常扉は、江戸時代に通じていた!?
江戸の町に迷い込んだ子どもたちが歴史を動かす力となる物語

歴史博物館の非常扉を開けた先は、なんと江戸時代だった。
志保といとこの龍之介は、混乱の中で、ある特命を引き受けるはめに――。
はたして、ふたりは、目的を遂げることができるのか。そして、無事に現代にもどってくることができるのか。
めくるめくタイムトラベルが、いま、始まる!


図書館で借りてきました。
やっぱりスカイエマさんのイラストは目を惹くんだよなぁ。

あらすじにもあるとおり、主人公は志保と龍之介。2人はいとこ同士で、同い年のクラスメートってことらしいです。
学期が開けたら最高学年とあるので、春休み中である作中ではまだ小5になりますね。

2人がタダ券を手に入れ、せっかくだからと歴史博物館に向かったことで物語は動き出します。


200ページもない児童書なので1時間ほどで読み終わりました。
さらっと読めるタイムトラベルものです。

もう初っぱなから館長が怪しすぎる(笑)
画像では表側しか見えないんであれですが、裏表紙に館長らしき人物が描かれてるんですね。
ロングの灰色髪、黒服ってだけでもう怪しい。イラストだけで「絶対こいつ黒幕だろ」なんて思ってしまいました。

内容としては可もなく不可もなくといった感じ。
もう何年も前のことなので記憶が定かじゃないんですが、歴史を習うのって小6じゃなかったですっけ?
龍之介を本の虫にして知識不足を補っていますが、素直に小6にしても良かったんじゃないのかなぁなんてことも思ってしまいました。
まあ、そこは別にいいんですけど。

思春期の女の子が持つ親への反感だとか、恋について自覚がなかったりするあたりが可愛らしいなぁ、と。


この手の話でよくある「正しい歴史」だとか「歴史を変えてしまう」といった話。
タイムパラドッグスみたいな大きなことには気をつけるだろうけど、「風が吹けば桶屋が儲かる」みたいな話にまでは気をつけないし気づかないよなぁ、と。

江戸の町で出会った火消し親子。
勝次郎と清太郎。
清太郎を野犬から助けたことで歴史が変わってしまい、将軍が命の危機に陥ることになってしまうんです。
2人は将軍を助け出すために奔走することになります。

清太郎の恋心にはなんというかもの悲しくなりますね。
未来から来た志保に恋しても、志保は答えることなどできずに未来へかえってしまいますから。

正直、私は歴史は大の苦手なんでどこまでが本当にあった歴史で、どこからが作者の創作なのかはわかりませんし、調べる気もありません。
でも、こういうラストはありかなと思いました。

副館長にのみ伝えられる館長の正体。
館長が再び2人の前に姿を見せることがあるのかな?なんてちょっと想像してしまいました。

拍手[4回]

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 4 5
7 8 9 10 11 12 13
15 16 17 18 19
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR