忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   

ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンズ

ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンズ/浅倉卓弥
『四日間の奇跡』から7年、異色のファンタジーノベルの誕生。
ビートルズの同名タイトル曲、不思議の国のアリス……
サニーサイドアップの目玉焼きが大好きな7歳の少女ルーシーとヘンダーソン先生。そしてセイウチのお話。
奇妙で切ないファンタジーの世界で遊んでみませんか。
でもいったい、なんでセイウチなんだ!? その答えは――


たまたま目に付いたんで図書館で借りてきました。
この作者さんの作品はじめて読みました。


読んでいてすごく不思議な感じがしました。
物語は語り部の男性(30半ば)が7歳のころ、セイウチから聞いた物語――7歳の少女・ルーシーが井戸の底の世界を冒険する話――に脚色を加えて語る、という体裁をとっています。
が、語りの途中でさもルーシーも一緒に話を聞いているような体裁をとっているので一体どういうことなんだろう、と首をかしげてしまいました。

ニヤニヤ笑いを残して消えることの出来ない半人前のチェシェ猫、お茶会をする青年たち、巨大な芋虫などなど。
私、不思議の国のアリス読んだことないんですけど、すごくそれっぽいです。

大人向けの童話といえばいいんでしょうか。
児童書やヤングアダルトではないかな、と思います。この作品はあくまで一般向け。

この作品、文庫にしたらかなり薄くなると思います。
というのも、この本ハードカバーなんですけど普通のもの比べてかなり紙が厚い上、文字が大きく、行間も広いんですよ。
前半会話がほとんどないので、文字数的には結構多いと思うんですけどね。

あらすじを読むと、まるでなぜセイウチなのかわかるような印象を受けますよね?
正直な話、まったくわかりません。
セイウチの正体はまあわかるといえばわかりますけど、それだけです。
なぜセイウチなのか、セイウチはなぜあそこにいたのかなどは特に触れられていません。

ルーシーが最後どうなったのかもぼかされているというか。
私がきちんと読み取れていないだけなのかもしれませんが……。


普段、この手の作品を読まないこと、ルーシーが井戸の底の世界に迷い込むまでの前置きがかなり長いことなどがあり、中々物語に入り込めませんでした。
語り部の自己ツッコミが若干ウザイことなんかもあり、途中で読むのやめてしまおうかとも思いましたよ(笑)
我慢の限界が訪れる前に物語に入り込めたので最後までなんとか読めましたけど。

前述の通り、この作者さんの作品初めて読んだんですけど、ブクログを見てると「他が面白かったから期待したけど~」というレビューがいくつかあるのでこれはハズレだったのかもしれませんね。
機会があったら他の作品も読んでみたいと思います。

拍手[0回]

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
2
4 5 6 7 8 9 10
11 12 14 15 16 17
19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR