忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   

博物館のファントム 箕作博士のミステリ標本室

博物館のファントム 箕作博士のミステリ標本室/伊与原新
自然史博物館に棲みついた変人博物学者と片付け魔の新人研究者、でこぼこコンビが事件解決のために動き出す――!
新感覚サイエンスミステリー誕生!!

どんなものも絶対にすててはならない。
――これは博物館の第一原則だ。


図書館で借りてきました。
初めて読む作家さんですね。


【標本No.1 呪いのルビーと鉱物少年】
…宮沢賢治が集めた鉱物標本?そんなもの実在するの?
【標本No.2 ベラドンナの沈黙】
…あいつの毒草円には呪力のありそうな植物がそろってるぜ。
【標本No.3 送りオオカミと剥製師】
…この世にニホンオオカミの剥製が何体あるか、知っているかね?
【標本No.4 マラケシュから来た化石売り】
…デボン紀のモロッコ産三葉虫には、それぐらい偽物が多いんだ。
【標本No.5 死神に愛された甲虫】
…旦那だけが昆虫館でその死神とやらを見たということか?
【標本No.6 異人類たちの子守歌】
…これが密かに日本に持ち出された北京原人の骨だと?

の6編が収録された短編連作集です。
元々は小説すばるに掲載されていたそう。
【…】の後の文言は、帯に記載されているものになります。


ファントムこと箕作と、新人の環のコンビが様々な事件に巻き込まれ、首を突っ込んでいく話になります。
事件といいつつも、殺人とか血生臭い話はないので、さらっと読めますね。
帯を読んだ時点で、新人研究者が振り回されるんだろうなぁと思っていたのですが、途中からはいい意味で裏切られました。
環の成長っぷりが中々に小気味いい感じ。


専門家たちがたくさん登場するので、学名がガンガン出てきてそこはちょっと困りました。
ほとんど知らなかったです。
知っていたのは序盤で出ていたフタバスズキリュウと2話で出てきたロサ・キネンシスくらいでした。
まあ、フタバスズキリュウはドラえもん、ロサ・キネンシスはマリア様がみてるで知っていたんですけど(笑)

この作品のあとがきは、事実と創作をきちんと分けるためとはいえ、多少ネタバレがされていますから、あとがきは最後に読むことをおすすめします。

なんだかいい雰囲気になった2人でしたが、この後も言い合いしながらも仲良くしていくんだろうな。

拍手[0回]

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
2
4 5 6 7 8 9 10
11 12 14 15 16 17
19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR