忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   

幽霊弁護士・桜井結人の事件ファイル2

幽霊弁護士・桜井結人の事件ファイル2/望月もらん
幽体になってもマイペースな日向陽一の法律事務所を継ぎ、彼の相棒になった桜沢結人。"視える"体質を見込まれ、幽霊まで弁護する日々。そんな結人は、子供ばかりを狙う連続「魂抜き」事件をめぐり、重要な証人である、幽霊の少年・翼と出会う。けれど、事件を捜査する後輩弁護士・来栖澪は、翼こそが事件の犯人だと言い…!? 「依頼人が無実を主張している異常、信じるのは弁護士の務めだ新感覚・怪奇ミステリ、続刊登場!


先日、購入していたんですがようやく読めました。
これの続編になります。


前巻の終わりが終わりだっただけに、今回購入するか実は迷っていました。
他の方のレビューを見ても、やっぱり最後に難色を示している人いましたね。
私もあれはないわー、って思って読んでましたから。


そういう意味では今回はそこまで無茶な展開はないのであまりそういうことに気にせず読めました。

今回のメインとなるのは、来栖になります。
来栖の過去だとかが若干明らかになってます。

が、相変わらず大本の謎は謎のままなんですよね。
今回の事件を起こした人物は裁かれることになりました。

手段はまあいいんです。元々似たような技術があるわけですし。
前回の騒動もまたそれですからね。

けれど、その事件を起こした目的が相変わらず不明。
子供たちの魂を抜いて、その魂は閉じ込めてしまう。抜け殻になった体には「天使」を埋め込んだってことらしいんですが……。
天使って何よってのもそうだし、何より動機がわからん。


今回、結人の父親が登場してるんですが、この人は王城法律事務所の弁護士なんですね。
霊能力の有無が血に関係してくるかは不明ですが、この人は霊界の事に関して知っているのか。それとも知らずに自分の正義のために戦っているのか。
それによってここからの展開が革ってきそうです。


法廷での描写より証拠集めの描写が多く描かれているためか、やっぱり逆転裁判のイメージが離れませんでした。
ほら、逆転裁判もそんな感じじゃないですか。足で矛盾となる証拠品を集め、法廷で突きつけて無実をつかみ取る感じ。


次巻の予定についてのは特に記載されていません。
作者あとがきに「またお会いできることを」ってあるんですが、これだけじゃなんともいえないかなー。
ぶっちゃけ、次巻が刊行されなくても驚かないかもしれないです。
とりあえず続きが出たら購入すると思います。

拍手[1回]

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
2
4 5 6 7 8 9 10
11 12 14 15 16 17
19 20 21 22 23 24
26 27 28 29 30

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR