忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   

彩雲国物語 はじまりの風は紅く

彩雲国物語―はじまりの風は紅く (角川ビーンズ文庫)彩雲国物語 はじまりの風は紅く/雪乃紗衣
秀麗は彩雲国でもピカいちの名家・紅家のお嬢様。なのに家計は火の車。明日のごはん代を稼ぐため、舞い込んだオイシイ話に飛びついたのいいけれど、その依頼ときたら即位間もない「ダメ王様」教育係で、しかもお仕事(アルバイト)期間中は貴妃として後宮に入れというものだった。ほかに妃嬪(おくさん)のいない空室アリの後宮で、まったく女に興味ナシの困った王様と秀麗師(せんせい)の、奇妙な関係が始まる! <第1回ビーンズ小説賞奨励賞・読者賞受賞>


妹の部屋になぜか1、2巻だけある彩雲国物語です。
私がこの作品を知ったのはNHKBSでやっていたアニメ。
声優がかなり豪華だったんですよね。
今考えてもすごいな。

中途半端に見ていた記憶があります。


何でも出来る主人公・秀麗が頑張る話。
普通に面白いんですが、秀麗が完璧かつみんなに好かれまくっているので嫌っていう人もいるかもしれません。
後宮とか大奥とかそういう女の園って愛憎うずめくドロドロってイメージがあるんですが、この作品だと秀麗以外に妻がいないから女どおしのドロドロはなしです。


おもしろかったです。
が、だいたいの展開をアニメで知っていたためあんまり楽しめなかったというか……。
アニメでは8年前の話は秀麗の家でしていた気がしたんですが、その辺はアニメオリジナルだったもよう。


この作品、中心はあくまで秀麗なんですが、秀麗がおいてけぼりくらってるような気がします。
というか、全員が全員、霄太師の手のひらの上みたいな。

茶太保と霄太師のやりとりは、はじめてみたときは一体何事!?と驚いた覚えがあります。
正直、アニメじゃ彩八仙の存在なんて忘れ去っていましたからね。


今改めて見ると秀麗のお父さん・邵可様の設定がありえない。
国で1、2を争う名家の跡取りだったんですよね?
弟に家を譲ったもののいいとこのお坊ちゃんだったことに変わりはないわけです。

それなのに、なぜ兇手(ころしや)に?
訳がわからん。
名家であるからこそ、剣を習う、くらいはあったでしょうけどそれと暗殺だとかは全く違うと思うんですけど
うーん、謎。

この作品、後半に行けば行くほど苦手になってくるので、この辺は楽しかったです。


原作は2巻以降まったくなく、アニメも中途半端にしかしらないのでどうなったのか気になるには気になるんですが、買おうとは思えない。
そんな作品でした。

もう1冊もそのうち読んでしまいたいと思います。

ブログ王 ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

拍手[0回]

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
2
4 5 6 7 8 9 10
11 12 14 15 16 17
19 20 21 22 23 24
26 27 28 29 30

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR