忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   

気障でけっこうです

気障でけっこうです/小嶋陽太郎
史上最年少受賞の現役大学生作家が描く、極上の青春小説。
笑、涙、謎、友情――
大切なこと、みんな幽霊(シチサン)が教えてくれた。
第16回ボイルドエッグズ新人賞受賞作
女子高生のきよ子が公園で出会ったのは、地面に空いた穴に首までぴっちりと収まった"おじさん"だった……男は、なぜおとなしくしっぽり穴に収まっているのか!? きよ子は男を助けるために奔走するが、その途中運悪く車にはねられ病院へ。そして意識を取り戻した彼女の前に、公園で埋まっていたあの男が突然現れた。「私、死んじゃったんですよ」そう、男は幽霊となっていた!? 髪をピタッと七三に分けた、"シチサン"と名乗るどこか気弱な幽霊と、今時女子高生の奇妙な日々が始まった――。


図書館で借りてきました。
よく見ると表紙がかなりシュールですね。


ボイルドエッグ新人賞受賞作を読むのはこれが2つ目かな?
以前、読んだ『片桐酒店の副業』がかなり微妙な代物だったので、あまり期待してなかったのですが、期待以上でした。
それでもまあ、絶賛するほどではないですが。

物語は、女子高生・きよ子とおじさんが出会うところから始まります。
おじさんは寂れた公園で穴にすっぽりとはまっているんです。おじさんを助けようとしたきよ子はその途中で車にはねられてしまいます。
病院で目覚めたきよ子の前に、幽霊となったおじさんが現れるわけです。


前半はきよ子が入院中のため、病院内の描写に終始するんですが、正直だれます。
きよ子の脳内が結構ぶっとんでるので、ちょっと読みにくいし、正直なくても問題はなさそう。
(美人なお姉さん・由香さんの表現に「悩ましげな睫毛」とあって修羅?とか思ってましたが)

この手の話で一番はじめに聞くであろうことを全く気にしないのはちょっとどうなのかな?と思ってしまいました。
だって、幽霊が自分に憑りついて会話も出来るのに、名前も目的(未練)も何にも聞かないんですよ?

物語が動き出すのは、中盤になってから。
正直、キエちゃんが怖い。
他の方の感想を読むとキエちゃんかっこいいとかそういうのも見かけるんですが、私はそうは思えなかったです。
キエちゃんは初登場時こそそうでもなかったですが、だいたい怖い存在でした。


シチサンと早苗さんの恋に関しては、すごく悲しいなと思う一方でまあそんなもんだよなとも思いました。
櫻田が逃がすわけないですよね。

ラストの展開は、結構好きでした。
シチサンがやらかしたことはともかく、その後のきよ子の行動は「ああいいな」と。

この方はこれがデビュー作。
先日、図書館に行ったら2冊目「火星の話」があったので、いつか読んでみたいです。

拍手[0回]

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 4 5
7 8 9 10 11 12 13
15 16 17 18 19
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR