忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   

片耳うさぎ

片耳うさぎ片耳うさぎ/大崎梢
片耳うさぎに気をつけろ。屋敷に入れるな。入れれば人が殺される。
古くて大きなお屋敷の謎を前に、二人の少女が大奮闘!
この家に、入れちゃいけない「うさぎ」は誰だ?

あっちもこっちも謎だらけだけど、私、思うのよ。これら全部がすべてきれいにつながる瞬間があるんじゃないかって。
蔵波奈都は小学六年生。引っ越してきた父の実家は、古くて大きなお屋敷で、どうしても馴染めない。しかも、このお屋敷には不吉な言い伝えがあるというのだ。弱った奈都が頼ったのは、ひ とりの謎めいた女子中学生だった……。優しい読後感が嬉しい、傑作ミステリー長編。


図書館で借りてきました。表紙とタイトルに惹かれて思わず手にとっていました。

あらすじにもある通り、少女たちが旧家を舞台に冒険というか推理を繰り広げる話です。
はじめのうち、物語に中々入り込めなくて読むのが大変でした。
が、お屋敷での冒険や片耳うさぎの伝説などが明らかになるに従い、どんどんひきこまれていきました。

お屋敷の大きさイメージはサマーウォーズの陣内家くらいなのかなーと。
古さと探検とかのイメージならトトロですが(笑)

作品冒頭に見取り図があるんですが、あんまり使わなかったです。
正直、読みながら見取り図と見比べていてもよくわからなかったので「もういいや」と。
見取り図はなくても特に問題ないです。

本編が悪いわけではないのですが、この作品の文字、慣れるまでちょっと見辛い。
「っ」「ゃ」「ゅ」「ょ」が他の本よりサイズが大きいんです。なので「なっちゃん」なのか「なつちゃん」なのかでちょっと悩んでしまいました。
すらすら読めないというのはちょっと問題じゃないかなーとか思ってみたり。


さゆりさんが最初から「ガンガンいこうぜ!」なわけですが、それに影響されてビクビクしていたなっちゃんもどんどん積極的になっていく様は読んでいておもしろかったです。
さゆりさんを紹介した手前、ちょっと責任を感じている祐太くんが可愛かった。
「泊まる」ってことがなければ祐太くん活躍の場がもう少しあったんだろうなぁ、とか思いつつ読み終えました。
彼はある意味キーのひとつを握っているからこそのあの出番の少なさだったのかもしれませんね。
さゆりさんはなっちゃんの勘違いを利用していたようですし、祐太くんがポロリとこぼしてしまえばまた話が違ってきますしね。


いろいろな謎がスルスル解けていく様はよかったです。

ただあの人の正体については微妙。
おひたしの話はともかく、手紙の筆跡なんて文章で読む側としてはわからないじゃないですか。
だからこそ屋根裏に隠されていたってことなんでしょうけど、反則だとはいいませんが、ちょっと納得いかなかったです。

最後、1人蚊帳の外状態だった良くんの扱いの悪さに笑ってしまいました。
確かに良くんとさゆりさんじゃ釣りあわないなとか思ってしまいましたもん(笑)

おもしろかったです。
この方の作品図書館に何冊かあったはずなのでそのうちまた借りてきたいと思います。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
2
4 5 6 7 8 9 10
11 12 14 15 16 17
19 20 21 22 23 24
26 27 28 29 30

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR