忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   

100万回生きたねこ&おじさんのかさ

100万回生きたねこ/佐野洋子
おじさんのかさ/佐野洋子


図書館で借りてきました。
絵本を紹介するのははじめてですね。


有名な作品である「100万回」ですが、読んだことあるようなないような?といったレベルの記憶しかなかったんです。
我が家にこういう絵本ってあまりなかったんですよね。

先日、妹と話していてこの作品の話になったので思わず借りてしまいました。
「おじさんのかさ」は、「100万回」の隣においてあったんですが、懐かしさのあまり借りてしまいました。
同じ作者さんだったんですね。知らなかったです。


まずは、「100万回」。
100万回生きて死んだトラネコが愛するということを知り、死ぬ話。
正直、これは子供向けじゃないよな、というのが正直な感想。
100万回生きる云々というのはつまり輪廻転生。生まれ変わりの概念を子供に説明するのは難しいし、たんたんと描かれるネコの死にざまもちょっとグロイ。
サーカスで真っ二つとか、女の子のおんぶひもでぐったりとかそういうの。
これは読み聞かせる大人を対象に描かれてるんだろうなぁ。

白猫を見送ったトラネコは、とうとう転生することなく永遠の眠りにつくわけです。
それはいったいなぜなんだろう?と。
愛することを知ったから転生しなかったんでしょうが、逆になぜトラネコは今まで100万回も転生しつづけたんでしょう?
ちょっと他の人の見解を聞いてみたいです。


次は「おじさんのかさ」。 この作品って私が小学校1年生のときの教科書に載っていた作品なんです。
めちゃくちゃ懐かしかったんですが、だいたい記憶にある通りでした。

おじさんは傘が大好きすぎて雨が降っても傘を使わないという変わった人。
そんなおじさんが子供の言葉に影響されて傘を使うようになるというお話。

「100万回」と比べるととても子供向け。読んでいてほほえましい気分になる話でした。
こちらもなぜおじさんはそこまで傘を大事にしていたのだろう?とか疑問点はあるんですが、こちらはそこまで深読みしなくていいかな、と思いました。


今回、このブログで初めて絵本を紹介したんですがたまにはこういうのもいいですね。

拍手[0回]

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 4 5
7 8 9 10 11 12 13
15 16 17 18 19
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR