忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   

創竜伝 9 妖世紀のドラゴン

創竜伝(9)妖世紀のドラゴン (講談社文庫)創竜伝 9 妖世紀のドラゴン/田中芳樹
香港に戻ってきた竜堂四兄弟。日本では大地震に大噴火と、四人姉妹(フォー・シスターズ)の人類五十億抹殺計画が進行中。さらに香港に向け核ミサイルも発射された! 人類の危機を救うため、四匹の巨竜は宇宙に飛び出し、月面で激闘を繰り広げる……。
松永クンの秘話も明かされる今巻、次章“美人”の小早川奈津子嬢も当然大活躍!?


小早川奈津子に”嬢”をつけるのはいささか疑問なんですが、そのへんどうなんでしょう。


香港に到着し、茉理ちゃんたちと再会した四兄弟ですが、平穏はあんまり続きません。
兄弟は平和に暮らしたいだけなんですけど、そうは問屋がおろしません。

今回は間接的にランバート・クラークVS竜堂兄弟の図式ですね。

今までもそうだったといえばそうなんですけど、今までは大君の命令を下っ端が聞いていたというかそんな感じ。
でも、今回はランバート・クラークの皮を被った牛種が直接指示を出しているというかそんな感じ。


今回も話があっち行ったりこっち行ったり、ひどかったです。
正直読んでいて混乱してくるというか。

四兄弟が現世で大暴れすると同時に、過去の竜王だったころの夢の話も語られ、小早川奈津子サイドの話や、四姉妹サイドの話、崑崙の話。
そういや、日本サイドの話ももありましたっけ? 竜堂家の隣人・花井さんだとか、茉理ちゃんのお母さんとか、虹川さんの元上司とか、マッドドクターの仲間たちとか。
ちょっと視点が多すぎるなぁ、と。

ストーリーが長くなってきたから仕方のないことかもしれませんけどね。


今回、余の見た夢の中で赤城王なる人物が登場するんです。
赤城王は松永くんの飼い主みたいなんですが、中国史とかそういう仙人とかまったく詳しくないんで、赤城王という名前は聞いたことないなー程度だったんです。
が、赤城王=二郎真君とのこと。

二郎真君ってなんか聞いたことあるけどいったいなんだ!?と思い出せなくて、すごくもどかしい思いをしました。
ようやく思い出しました。封神演義ですね。

藤崎竜さんの封神演義は当時アニメを何話かと、高校生くらいのときに全巻立ち読みしたんですが、すっかり忘れてしまっています。
なんか青っぽいイメージと、犬つれてたイメージが微妙に残ってるんですが、それですよね?


今巻は現代の四兄弟がヨーロッパに侵入をはたし、白竜王(終)が青竜王(始)を探しに出かけたところで終了。
茉理ちゃんたちは日本に一度もどることになります。
小早川奈津子も日本に戻るようですし、また接触することになるんだろうなぁ。

次巻もまた楽しみです。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
9 10 11 12 14
16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2017年】
10 月( 02 )09 月( 07 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR