忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

赤髪の白雪姫 3

赤髪の白雪姫 3/あきづき空太
クラリネス王国・王城ウィスタル――。第一王子イザナの帰還によって穏やかな日々はその流れを変えた…。第二王子ゼンと宮廷薬剤師の白雪、二人の関係を快く思わないイ ザナは白雪が国を出る原因にもなったタンバルン国のラジ王子を城に招待することに…!? 波乱の第3巻!


今日も少女漫画です。
これであきづきさんの作品3作目なのでカテゴリ作りますね。


【第9話】から【第12話】までが収録されています。


9話10話はラジ王子がクラリネスにやってくる話。
ラジは以前、髪色を珍しがって白雪を手に入れようとしていたんです。
その時に、ゼンが王子だと知らずに毒をもってしまった。外交問題ですよねw

「白雪に関わらないよう」釘をさされているんですが、イザナには逆らえず……といったところです。

今巻ではまだ「うつけ」の印象が強いラジ。
彼は白雪と関わったことでいい方向に変わっていく訳ですが、今はまだきっかけでしかないですね。


11話は、白雪の元にオビがつく話。
ラジの空気読んだのか読んでないんだかよくわからない発言のせいで、白雪に取り入る価値があるかを調べる輩が現れたりするんです。

それの対策という意味を込めて、オビが白雪のもとにやってくるわけですね。
『クラリネス第二王子付伝令役』。
そんな身分のオビを白雪につけるということは、白雪の身に起きた出来事はゼンに筒抜けになる、という牽制なわけですね。

オビと白雪のコンビが大好きな私としてはすごくうれしいです。
出会いが出会いですし、白雪はオビをまだ信頼しきっていないというか、若干距離のあるんです。なんか初々しくて可愛い。

白雪の笑顔に思わず手が伸びてしまうオビにニヤニヤしてしまいます。


12話は、友達である鳥・ポポとその仲間たちを守りたい娘・キハルが登場する話。

鳥が青と緑の綺麗な羽根を持つことから、領主たちはそれを狩って楽しんだり高値で売ったりしているわけです。
虫唾が走るような話で個人としてはキハルの味方をしたいゼンですが、王子としての立場では動けません。

そんなどうしようもない状況を変えたのはたまたまキハルと知り合った白雪でした。
鳥にも、鳥を操る笛・胡桃石にも価値はない。
ならば、鳥を操る技術には?

オビを通して、ゼンへと伝わったそれは、キハルに希望を見出すものでした。
馬で往復40分かかる見張り台へ25分以内で行って帰ってくることが出来るかどうかのテストを行うことになるんです。

出発前にミツヒデと話しているザクラ殿が気になります。
冷静に物事を見て判断しているらしいザクラ殿。再登場してる覚えがないんですが、また出ないかな。


見張り台でポポを待つ白雪でしたが、領主によって鈴を湖に落とされ室内へと閉じ込められてしまいます。
領主からするとここで鳥に価値が見出されてしまうと、それをただ売りさばいていた自分は大馬鹿者であると宣言するようなものだから、と。
知るか、って感じです。

しかし、白雪はただそこで嘆くだけの娘ではありません。
窓から湖に向けて飛び出した、ってところで今巻は終了。

どうなるかはわかってますが、面白いし続きが読みたくなってしまいました。
近いうちに紹介できたらな、と思います。

拍手[0回]

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ad


ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2019年】
07 月( 01 )/ 06 月( 00 )/ 05 月( 03 )04 月( 01 )03 月( 03 )/ 02 月( 00 )/ 01 月( 04 )

【2018年】
12 月( 01 )/ 11 月( 00 )/ 10 月( 00 )/ 09 月( 00 )/ 08 月( 01 )/ 07 月( 00 )/ 06 月( 00 )/ 05 月( 04 )04 月( 04 )03 月( 06 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2017年】
12 月( 03 )11 月( 07 )10 月( 02 )09 月( 06 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR