忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   

しましま

しましま (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)しましま/群青
“しましま”と呼ばれる妖怪が、人間と共存して生きる町――。
大葉屋は、しましま神nおわすしましま山を護りながら、しましま向けの道具を販売して生計をたてている。
しかし、大葉屋の次男、次男(つぎお)は大のしましま嫌い。
なのになぜかしましまに気に入られてしまう特異体質の持ち主で……。


今日は漫画です。
タイトルの不思議さに惹かれて手にとって、妖怪好きなので購入を決めた作品。
絵柄も可愛らしいものなので期待していたのですが、うーん微妙でした。

“しましま”という独自の存在が登場するわけですが、1冊だとどうも語りきれてない感じがするんですよね。
なんとなく理解したようなしてないような……なまま話が進んでいきました。

半妖(ようはハーフ)ってことなのかと思いきや、そういうわけでもないようですし。
さらりと読む分にはそこまで問題はないんですが、感想書こうとなると困ります。


物語はしましまにみやげ物を売る大葉屋が舞台。
長男の長男(ながお)、次男の次男(つぎお)。三番目・長女のみつ。
そのまんまな名前の兄弟と謎の幼女・祝子(のりこ)がメインなのかな?

みつに関しては「みつ」が名前なのかちょっと微妙。
登場人物たちは「みつ」「みっちゃん」としか呼んでないんですよね。
みっちゃんが小学校就学前の子供であることから「みつ○○」な可能性も捨てきれない。

祝子は正体すら不明。人でもしましまでもない謎の幼女です。
次男を護るためにやってきた云々なのかな、と勝手に想像してます。


物語の本筋としては、しましま神と呼ばれる大きなしましまと次男が過去に触れ合い、しましま神は次男をのりこに重ねて最後にお礼が言えて幸せに逝ったってことなんでしょう。
ストーリーは好きなんですが、別に中村くん出さなくても良かったんじゃないのかなぁ、とも思いました。

いや、ああいう腹黒キャラ嫌いじゃないですよ?
長男の二重人格っぷりと並んでかなりいいキャラですし。
でも、しましま神の最後の願いを叶えてやるってのは中村くんがいなくてもどうにかなったんじゃないかなぁ。
けど、ああいう状況にならないと次男が逃げるか。
でもそれこそみっちゃんがいなくなって探して……とかでもどうにでもなったんじゃないかとも思います。

いっそのこと本編全て番外編みたいなノリでもよかったんじゃないのかなぁとか思ったり。
そういうほのぼのでもおもしろかっただろうな。


本編はかなり中途半端なので謎が一杯残ってます。
のりこが生きていた時代から生きていたということは中村くんはかなりの長命。少なくても数百年は生きていた模様。なのになんで高校生やってたんだろう、とか。
火野さんと祝子の正体はいったいなんだったんだろうとか。
次男の“かおり”は結局体質ってだけだったのかとか。

どうにも消化不良な感じなので、せめてあと1冊続編を描いて欲しかったです。

ブログ王 ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

拍手[0回]

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
2
4 5 6 7 8 9 10
11 12 14 15 16 17
19 20 21 22 23 24
26 27 28 29 30

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR