忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   

夢幻スパイラル 1、2

夢幻スパイラル 1/草凪みずほ
鈴鹿家78代目当主の弥生は、強力な霊力を持つ霊術師。鬼族の王になるために弥生の強力な霊力を狙った温羅(うら)は返り討ちにあって、黒猫の姿に封印されてしまう。そして、弥生は温羅とともに霊力目当てで襲い来る鬼と戦うことになり…!? 人と妖が織りなす封魔奇譚第1巻登場!
夢幻スパイラル 2/草凪みずほ
強大な霊力を狙い、夢幻郷から温羅の弟・皇雅がやってきた。常に兄と比べられ、いつしか温羅を恨む気持ちが押さえ難くなった皇雅。禁じられた闇の力を操り、兄に復讐し弥生をさらおうとする! そんな皇雅に向かって、突如闇が暴走し始め…!? 弥生と温羅の過去編も目が離せない!!


昨日言っていた通り、少女漫画です。
土日は小説読もうかと思っているんですが、いいでしょうか……。


暁のヨナNGライフの草凪さんの作品です。

物語としては人外×美少女。
鬼である温羅が、弥生の持つ霊力を求めて人間界にやってくるんです。
はじめは狙い狙われる存在だった2人だったんですが、少しずつそれが変化していく様が描かれています。


読み終わった感想としては、すごく中途半端だな、というものでした。
設定というか風呂敷広げすてるだけなんだと思うんですが、正直問題はほとんど解決していないんです。

あらすじにも登場している皇雅なんかその最たるものですよね。
それに関連して温羅の父の病(というか呪)についても……。
弥生にそれを癒す力があるんですが、弥生が王のもとまでたどり着けるかはまた別問題なわけでそこまで見たかったなぁ。

温羅が王になるとかならないとかまで進まなくても、せめて皇雅と呪に関しては解決してほしかったですね。
まだ皇雅の性格が捻じ曲がる前、幼い頃の番外編が描かれているだけあって余計そう思いました。

正直、本編より特別編のが好きだったり(笑)
というか特別編があるから「この作品いいな」と思えるんだと思います。
さすがに、本編の終わり方が非常に中途半端なので。


あと本編全然関係ないんだけど弥生ってちょいちょいよいこの心得のつくみん家のスーパー行ってるっぽいですね。
そういう作品跨いでるのって大好きです。

それなりに楽しめました。
せめてもう1巻続けばよかったのにな、って思いましたがこればっかりは仕方ないですね。


草凪さんの作品はあとNGNGライフも持っているのでいつか紹介したいと思います。

拍手[0回]

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
2
4 5 6 7 8 9 10
11 12 14 15 16 17
19 20 21 22 23 24
26 27 28 29 30

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR