忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   

ぼくが死んだ日

ぼくが死んだ日/キャンデス・フレミング
「ねえ、わたしの話を聞いて……」偶然車に乗せた少女に導かれてマイクが足を踏み入れたのは、子どもだけが葬られている、忘れられた墓地。怯えるマイクの周辺に現れた子どもたちが、彼らの最期の物語を次々と語り始めた。廃病院に写真を撮りにいった少年が最後に見たものは。出来のいい姉に悪魔の鏡を覗くよう仕向けた妹の運命は。ノスタルジー漂うゴーストストーリーの傑作。


本が好き!さんを通じて東京創元社さんからご恵贈いただきました。
(本が好き!さんについてはこちら)
本当、よく当たるので実はもう1冊到着済みだったりします(笑)


【マイク】
【ジーナ】1949-1964
【ジョニー】1920-1936
【スコット】1995-2012
【デイヴィッド】1877-1893
【エヴリン】1877-1897
【リリー】1982-1999
【リッチ】1965-1981
【エドガー】1853-1870
【トレイシー】1959-1974

10篇が収録されています。
章タイトルの後ろは彼らの生没年です。

キャロルアンと名乗るずぶぬれの少女に導かれ、マイク少年が忘れられた墓地を訪れるところから始まります。
墓地で眠る少年少女たちが語る最期の物語をマイクは聞き遂げます。

面白かったです。
幽霊がたくさん登場するのですが、幽霊よりも彼らの死の原因となった存在たちの方が怖いです。
どこか不気味で哀愁ただよう一晩の物語です。
タイトルがタイトルなので、もしかして最後マイク少年は死んでしまうんじゃ……とか思っていたのですが、そうはならなくて良かったのか悪かったのか。

ちょっと不思議なのは、マイクを導いたキャロルアンの生没年が1941-1956年なんですね。 そこから56年の年月が経っている――つまりマイクが墓を訪れたのは2012年の10月のことだとうのがわかります。
廃病院で亡くなったスコットの没年が2012年なんですね。高校最後の展覧会がどうのと語っているので夏ぐらいまでにはなくなっているのだろうなということが推測できます。
たかだが数か月でそこまで荒れ果てるかな?荒れ果てた墓に自分の子どもを埋葬するかな?なんてことを考えてしまいました。
スコットだけ没年が若いので何か裏があるのだろうか……と。
もしかしたら何か意味があるのかも知りませんが、私にはわかりませんでした。

そして、死にかけた人間を導き、幽霊たちの話を聞かせることを何年も続けているキャロルアン。
最期を語った幽霊たちは順番にこの世を去っているようですが、彼女だけは違うよう。
いつか彼女も天へのぼることができるのでしょうか。

拍手[0回]

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 4 5
7 8 9 10 11 12 13
15 16 17 18 19
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR