忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   

ゴールドフィンチ 全4巻

ゴールドフィンチ 1/ドナ・タート
美術館爆破テロ――少年は母を失い、1枚の小さな鳥(ゴールドフィンチ)の名画を持ち去った。
美術館爆破テロで母を亡くした少年・テオは、その時美術館から1枚の名画を持ち去った――レンブラントとフェルメールを結ぶ画家、ファブリティウスの「ごしきひわ」。 孤児となったテオはそのオランダ黄金時代の小さな名画とともに、波乱万丈の運命を辿ってゆく。友情と裏切り、恋と失望、ドラッグとギャング、そして名画をめぐる恐れと魅了……。現代という災難を前に、不器用にも生を貫く人物たち。「21世紀のディケンズ」とも称された長編大作全4巻、刊行開始。
ゴールドフィンチ 2/ドナ・タート
舞台はカジノと砂漠の街へ――
悪友・ボリスと出会い、テオの運命は回りだす
突如現れた父とその恋人に連れられ、テオはようやく希望を見出しかけたニューヨークを後にした。ラスベガスの突き抜けるほど青い空、砂漠、ギャンブル、そしてドラッグ。そこではじまる新たな学校生活――ニューヨークとは全く異なるその地で、テオは生涯の友となるボリスと出会う。数ヶ国語を操るボリスとの狂騒的日々のなか、テオの運命は周り出し、物語は意外な方向へと動き始める……。世界32カ国で翻訳された大ベストセラー、待望の第2巻。
ゴールドフィンチ 3/ドナ・タート
激動のベガスから8年。再会と死別、詐欺と脅迫、そして人生の決断へ――
8年後、天才家具職人ホービーのもとで骨董ディーラーとしての道を歩みはじめたテオはある日、かつて身を寄せたバーバー家の長男プラットと出会った。そしてバーバー家の変わり果てた姿を目にする。一方で、骨董店の顧客から何度も届く手紙に、テオは焦りをつのらせる。運命は残酷で、生きるとは災難なのかもしれないが、この世界から退却するわけにはいかない――寡作の世界的ベストセラー作家による11年ぶりの超大作、第3巻。
ゴールドフィンチ 4/ドナ・タート
「流血」、「殺人」、そして物語は最終章(クライマックス)へ
人生は災難だ――だがぼくは、決して世界から退かない
ボリスとの再会で絵が奪われたことを知ったテオ。裏社会のルートを流れた絵を追い、キッツィとの結婚パーティーの最中、テオはボリスとともにアムステルダムへと飛んだ。流血と殺人、そして「独房監禁生活」……、テオの運命は1枚の名画とともに、ついに最終章へ――運命は残酷だが、でたらめではない。「死」はつねに勝つが、ぼくたちはそれにひれ伏せなければならないわけではない。全世界絶賛、当代最高のストーリーテラーによる大長編、ついに最終巻。


先日の感想でちらっと書いていた本が好き!さんからすでに頂いていた次の本というのはこちらでした。
いやー、色々大変でした。


テオことシオドア・デッカーが主人公。
彼の少年期から青年期にかけての運命と小さな絵画「ごしきひわ」に翻弄される様が描かれています。

この作品のタイトルでもあるごしきひわ(ゴールドフィンチ)はカレル・ファブリティウスによって描かれた作品のことを指します。
表紙のイラストがそうです。全体を見たい方は「ごしきひわ」で検索してみてください。
ファブリティウスは17世紀前半の画家で、あのレンブラントの弟子でもあった存在とのことで将来を有望された画家だったんだとか。
しかしながら、彼は大規模な爆発事故に巻き込まれ、わずか32歳で亡くなったそうです。その時に彼の作品の多くは失われ、現存するのはこのごしきひわをはじめ10点あまりといわれています。

テオはある日、母とたまたま訪れた美術館で爆破テロに巻き込まれます。
混乱の最中、謎めいた老人に絵を持っていくように指示され実際に持ち出してしまうのです。
様々なことに翻弄されながらもどうにかこうにかテオが生き抜いていく様子が描かれています。


いったいどうなってしまうのだろう?とドキドキしながら読み進めることができました。
が、作品全体に漂う欝々とした死の雰囲気に読んでいてちょっと疲れてしまったのも事実です。
テオの経験は悲惨ですし、PTSDに苦しむのもわかります。
それでも現代日本人として普通に生活している身としては次々出てくる麻薬(ドラッグ)がどこまで合法でどこからか違法なのかもわからず、テオが転落していく様を見ているのもつらかったです。

このブログのカテゴリわけを見ていただいてもわかると思うのですが、私は翻訳作品を読むことはあまりありません。
せいぜいがYAや児童書のファンタジーぐらい。 翻訳独特の雰囲気というか、文化圏の違いによる常識や基礎知識の違いなどが目に見えないながらも存在しているように感じられてしまって。私はそれがどうも苦手で(汗)
多分、数をこなしていけばそういった違和感も薄れていくのでしょうけど、そんな機会もないまま今を迎えています。

そんな私が読むにはこの本は非常に難しかったっていうのもあるんですが、時間制限があったこともあり物語の表層程度をなぞっただけの私が何か語るのはおこがましい気がしてなりません。

短いですが、今回はこんなところで。
いつの日か、じっくり時間をかけて読み直したいと思います。

拍手[0回]

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ad


ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2019年】
05 月( 03 )04 月( 01 )03 月( 03 )/ 02 月( 00 )/ 01 月( 04 )

【2018年】
12 月( 01 )/ 11 月( 00 )/ 10 月( 00 )/ 09 月( 00 )/ 08 月( 01 )/ 07 月( 00 )/ 06 月( 00 )/ 05 月( 04 )04 月( 04 )03 月( 06 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2017年】
12 月( 03 )11 月( 07 )10 月( 02 )09 月( 06 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR