忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   

パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 盗まれた雷撃

パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 盗まれた雷撃(ライトニングボルト)/リック・リーダン(訳/金原瑞人)
アメリカの寄宿画工に通う12歳の少年パーシー・ジャクソンは、ある時突然、ギリシャ神話の神々の息子のひとりであると告げられる。仲間のアナベスとグローバーとともに、旅に出ることになったパーシーに、予言の神が下した神託は4つ。
 おまえは西へ行き、そむいた神と対面する
 おまえは盗まれたものを見つけ、持ち主に無事に届ける
 おまえはおまえを友と呼ぶ者に裏切られる
 おまえは結局、もっとも大切なものを守りそこねる
さらわれた母親の運命と、まだ見ぬ父親への複雑な思いをかかえて旅するパーシーの冒険の結末は……。

アメリカ探偵作家クラブ賞受賞の実力はミステリ作家によるギリシャ神話とミステリの融合。スピーディな天界、二転三転する犯人……、新感覚ミステリ・ファンタジーシリーズ第一弾!


図書館から借りてきました。
映画化もされているので、ご存じの方も多いのではないでしょうか。
私自身はCMを見て、気になってはいたもののそれだけで、映画自体は見ていません。


アメリカを舞台に物語は進んでいきます。
命を狙われたパーシーは、自身がギリシャ神話の神と人間の母の間に生まれたハーフ(半神半人)であることを知ります。
そうして、その父の正体ゆえに神々の駆け引きに巻き込まれていくことになります。

パーシーとアテネの娘であるアナベス、サテュロス(半人半山羊)のグローバーとともに冒険をしていきます。
アメリカを横断するその冒険は彼らの絆を深め、成長を促すには十分だったのでしょうね。


神々の世界と普通の現代世界を行き来するパーシーたちにどことなく、ハリーポッターを思い出しました。
あれも近いけれど遠い異世界みたいなものでしたし。

本自体は530ページ近くあるハードカバー本。児童書(というかYA?)なので字は大きいものの中々に長い作品です。
正直、途中で飽きました。

予言にある裏切りものの神と友に途中で気づいてしまったのが一番問題だったんだろうな、と。
そこが一番「謎解きの面白さ」ってやつだったと思うので。

気になる点といえば、予言の4つ目がまだ明かされたというには問題がありそうな感じだということでしょうか。
作中でパーシーはこじつけていましたが、それってことはないと個人的には思います。

今回冒険した3人は、それぞれの道を進みだしたみたいな感じで終了しました。
が、まだまだシリーズは続くみたいですからどう絡んでくるのか……。

そのうち図書館で続きを借りてきたいと思います。

拍手[2回]

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3
7 8 9 10 11
13 15 16 17 18
20 21 22 23 25
26 27 28 29 30

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2017年】
11 月( 08 )10 月( 02 )09 月( 06 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR