忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   

弥栄の烏

弥栄の烏/阿部智里
断末魔のような悲鳴が響き渡った――
未曾有の大地震が山内を襲い、禁門の扉がひらく。
失った記憶を必死にさがし求める日嗣の御子・若宮
真赭の薄は、浜木綿の決意に衝撃をうける。
宿敵・大猿との最終決戦がついに始まったその時、八咫烏の軍を率いる参謀・雪哉のとった作戦とは。
壮大な世界の謎が、いま明らかになる!

八咫烏と猿、最終決戦。
若宮の記憶は戻るのか
大ヒット和風ファンタジー完結


購入されているのは知っていたのですが、何かとタイミングが悪くて。
今回ようやく図書館で借りてくることが出来ました。


今回もいつも通りといっていいでしょうか。
前作玉依姫の八咫烏側のストーリーになっています。

この作品を読むことでようやく、なぜ山神の配下に八咫烏がついていたのか。
さらに、若宮や山内衆といった面々はまあともかくとして、神域に真赭の薄がいた理由などが明らかになります。

ずっと言われ続けてきた『真の金烏』が持つという初代からの記憶。
それがないゆえに、若宮は真の金烏として認められず即位できずにいたのですが、今回それがようやく解決します。
さらには猿たちとの戦いにも決着がつきます。

ラスト、大猿が若宮に求めたこと。
そして、それに対しての大猿の行動は読めました。むしろなんで若宮は簡単に大猿の話を聞いてしまったのか。
まあ若宮も大混乱の最中だったでしょうし、仕方のないことなのかもしれませんが。


私ずっと言っているんですが、このシリーズで一番好きなキャラクターは雪哉です。
今回、雪哉がたくさん登場してはいるんですが、なんというかな。
可愛げがなくなったというか、擦れてしまったというか。
きっと、雪哉が軍師であろうとしているがゆえのことなんでしょうが、ずっと気を張っている様子が見ていて痛ましい。
それゆえにラストでそれがほどかれた様子には安心しました。

……でも、茂さんの存在が大きなものだったことを思うと、今後の雪哉が心配ではあります。


ゆるやかに破滅していくことが余儀なくされた山内の世界。
若宮がただの烏になるまで、最後まで見届けたいものですね。

今回、『完結』の文字があるのですが、前巻ではそれに『第一部』の文字があったので『第二部』があるものと信じています。
現在は外伝が発表されつつあるようですから、そちらの書籍化も楽しみにしつつ第二部を待ちたいと思います。
それまでに1巻から読み返したいものです。

拍手[0回]

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ad


ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2019年】
05 月( 03 )04 月( 01 )03 月( 03 )/ 02 月( 00 )/ 01 月( 04 )

【2018年】
12 月( 01 )/ 11 月( 00 )/ 10 月( 00 )/ 09 月( 00 )/ 08 月( 01 )/ 07 月( 00 )/ 06 月( 00 )/ 05 月( 04 )04 月( 04 )03 月( 06 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2017年】
12 月( 03 )11 月( 07 )10 月( 02 )09 月( 06 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR