忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   

新ほたる館物語

新ほたる館物語 (ピュアフル文庫)新ほたる館物語/あさのあつこ
一子は、雪美ちゃんや柳井くんと一緒に、この春六年生になる。だけどまだ小学生だ。毎日ほたる館でいろいろな人を見てはいても、大人が、よくわからない。
突然特別室に予約を入れた一条さんもそう。身なりはしっかりしてるのに、なんとなく変な感じがする。おばあちゃんの曇った表情も気にかかる……。
多感な少女の成長を一年を通じて描く著者デビュー作シリーズ、ついに完結。
<解説・菅聡子>


前巻を紹介したのが2月なので、けっこう間があいていたのですね。
あらすじにもあるとおり、これで「ほたる館物語」は完結らしいです。
といっても、いつか続きが出てもおかしくないような内容でしたけど。


今回は春休みので出来事が描かれてます。
なので、ほとんどがほたる館の中でのやりとりです。
まあ、柳井くん家にいったり駅へお迎えにいったりしてますが、それは枝葉に過ぎませんしね。

今回もまた一子と柳井くん、雪子ちゃんの子どもたちがほたる館に出入りする大人たちを見ている話。
このシリーズって役割分担がきちんとしているんですよね。

一子たちはよく手伝いを言いつけられます。
お膳をふいたり掃除をしたりとそういったことをよくしているんです。
でも、一子は自分のやるべきこととやってはいけないことをきちんと理解しているんです。

だから思ったことをすぐ言ってしまう性格である一子でも口出ししてはいけないことには何も言わないんですよね。
その辺は偉いなぁ、と。
ほたる館の大人たちのプロ意識というかそういうのを見て育ったからなんだろうな。


今回は、特別室のお客さんについての話です。
特別室に泊まる一条さん親子。一流ビジネスマンらしい旦那さんにブランドものに身を包んだ奥さんと高校生らしき息子の3人。
その一条さんが起こす騒ぎについて描いてます。

一条さんたちは実は詐欺師だったんですが、その詐欺の手口が中々にうまい。
ああやってしまわれれば、旅館側は弁償せざるを得ませんからね。

巻末で「これ見よがしにいい服を着ている人たちは見栄はりか詐欺師か、パリッとした格好をしていないと自分をパリっと見せられない人のどれか」(要約)とおばあちゃんがいっているんです。
それを読んで私が思いだしたのは何かで読んだ「本当の金持ちというかいい家の人は所作からして違う」ってことでした。
何で読んだのかは忘れてしまいましたが。確かになぁ、と妙に納得した覚えがあります。


ほたる館物語自体はこれでおしまいです。
中学生、いや高校生くらいになった一子が見てみたかったなぁ。
恋に勉強に、旅館のこと。そんなことに悩んで成長していく様を読んでみたかったです。

でも文庫じゃなくて(多分)ハードカバーが発売されたのは2002年。もう10年近く前のものみたいです。
ちょっと難しいかもしれませんね。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3
7 8 9 10 11
13 15 16 17 18
20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2017年】
11 月( 07 )10 月( 02 )09 月( 06 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR