忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   

天華無敵! 4

天華無敵!(4) (富士見ファンタジア文庫)天華無敵! 4/ひびき遊
「まったく、天華姫とたら! 父上の虎近殿を真似るのも、いい加減にしていただきたいですな!」
 精霊神殿に帰還した、家出姫・天華。彼女を待っていたのは上級神官たちの小言。そして、精霊巫女で妹の白華だった。誘拐事件以降、白華は、亡くなった母の部屋に閉じこめられていた。天華は、白華、Gとともに、放浪中の父の隠し部屋――かつてGが封印されていた場所――に入り込む。精書Mの襲撃に備え、「精書」について調べるために。一方、鋼の剣聖アルバルドは、憧れの人、火の剣聖ガドと再会して……。
 少女と果てなき世界の物語。明日へと向かう第4弾!!


今月中にある程度読んでしまいたいとか言ってたんですが、気づけばもう20日も過ぎてしまいました。
来月にでも読み終えられるかな?
GWに読もうと思えば読めなくもないですが、長期休みは平日に読めないような分厚い本――霧舎巧さんとか日明恩さんとか篠田真由美さんとかそういうのか、
ナルトとか巻数が多すぎてちょっと、っていうのを一気読みできたらなぁ、とか思ってます。

まあ、予定は未定なんですけどね(笑)


さて、本編の感想をば。

今巻の舞台は精霊都市の神殿。
精霊巫女の役割だとか、そういうものが明かされます。

あらすじにある「母の部屋に閉じこめられていた」って、『誘拐されて警備が強化されたから』ではなく、『精書が復活したから』なんでしょうね。
読み終わったあとならわかりますね。


今巻は読んでいてすごく痛かったです。
精神的にも肉体的にもみんなもうボロボロです。

前巻で登場した精書はMとS。
Sはアルの元で簡易封印が施され、Mはかなりのダメージを負わせたものの逃げられていました。
Gの話では、Mのダメージは2週間やそこらで治るものではないとのことだったのですが、Gの予想は外れてしまいます。

Gは1000年近く封印されていた上に、核を記憶(記録?)を失っていているためにいろいろと誤算が多いのですね。


今回はあんまり天華が活躍していないような気がします。
仕方ないのかな、とも思いますが。

だって今回の舞台は遺跡じゃないですし。VS剣聖なんて天華が手出しできるものではありません。
まあ相手がアルだったら話は別ですけどね。アルは天華に本気なんて出せないでしょうし。


最後、生死不明となった白華。
結局は守られていたのですが、白華は白いGに連れ去られてしまいます。
Mに作られたとありましたが、Mには【MAKE】とかがあるからかな。
【精書図書館】なるものの存在が仄めかされて今巻は終了。

めちゃくちゃすごい気になるところで終ってしまってます。
続きは来月かもとか上で書いてますが、もしかしたら今月中に読んでしまうかもしれません。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

カレンダー

08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

ad


ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2019年】
07 月( 01 )/ 06 月( 00 )/ 05 月( 03 )04 月( 01 )03 月( 03 )/ 02 月( 00 )/ 01 月( 04 )

【2018年】
12 月( 01 )/ 11 月( 00 )/ 10 月( 00 )/ 09 月( 00 )/ 08 月( 01 )/ 07 月( 00 )/ 06 月( 00 )/ 05 月( 04 )04 月( 04 )03 月( 06 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2017年】
12 月( 03 )11 月( 07 )10 月( 02 )09 月( 06 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR